ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

   

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

腸内環境をチョコレートで改善?含まれる成分とは

腸内環境を整えることは健康維持のために大事なことです。

チョコレートは腸に作用し、肌の悩みや便の悩みを

解決してくれるそうです。チョコレートの効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

髄膜炎とはどんな病気?

髄膜とは頭蓋骨と脳の間にあって脳を包み込み、いわば脳を保護するクッションのような役目をしている膜です。詳しく言えば髄膜は3枚の膜、すなわち、脳に近いほうから軟膜、クモ膜、硬膜からなっていて、この軟膜とクモ膜との間にクモ膜下腔というスペースがあり、脳脊髄液という栄養豊富な液体がたまっています。この髄膜に細菌やウイルスがはいりこむと髄膜炎になります。髄膜についた細菌やウイルスは居心地のよい脳脊髄液の中で、あっという間に増えて、脳脊髄液は細菌やウイルス、それを退治しようと集まってきた白血球やそれらの出すたんぱく質でどろどろになります。髄膜は脳を被っている膜ですので、髄膜炎になれば、まさに脳炎と紙一重の状態になっていくのです。

引用元-髄膜炎の症状と治療

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

後頭部の頭痛や発熱などの風邪に似ている髄膜炎の症状

髄膜炎は「発熱」「頭痛」「嘔吐」が「髄膜炎の3大兆候」と言われています。
具体的には…

5日以上、38度以上の熱が続く。
酷い頭痛が続く
繰り返し嘔吐が起きる
この他にも首を前に倒すと首が硬く曲げにくく、痛みがある等があります。

風邪の症状に似ている為に、病院に行かずに市販薬で対処しようとされる方が居ます。
髄膜炎は大人に比べて抵抗力の弱い乳幼児が発症しやすい病気ではありますが、大人でも

抵抗力が弱くなっていると髄膜炎になりやすくなります。

髄膜炎の3大兆候である、発熱や頭痛、嘔吐があり、首を前に倒すと
硬くなっていて痛みがある場合は髄膜炎を疑われてください。

また、首を横に1秒間に2〜3回、子供がイヤイヤをするように横に水平に振って、
頭痛や首に痛みが走るようならば、髄膜炎が疑われます。

引用元-髄膜炎は首振りが辛いかどうかで判別可能!痛かったらすぐ病院へ! | Antivirus Life

スポンサーリンク



髄膜炎になる原因について

髄膜炎は無菌性(ウィルス性)、化膿性(細菌性)というふたつに大別されます。
無菌性髄膜炎の大部分はウィルス性のものでありおたふくかぜウィルス、インフルエンザウィルスなどを原因としている場合が多くなっています。

診断にあたっては腰から髄液を抜いて培養すると確実であり、その結果として原因になっている細菌が見つかれば化膿性髄膜炎、見つからなければ無菌性髄膜炎ということになります。
しかしながら髄液の中にある原因ウィルスを調べるためには時間がかかり、治療を遅らせる危険もありますから一般的ではありません。

たとえばおたふくかぜは「流行性耳下腺炎」であり、症状として両側か片側で耳の下が腫れます。
化膿性耳下腺炎などの疾患と判別することが難しいところもあり、血液検査によって診断することができます。
熱や腫れの症状は1週間程度で治まるのですが、併せて吐き気や急な発熱などの症状もあれば、髄膜炎を含めた脳の病気も疑われます。

化膿性髄膜炎は無菌性髄膜炎よりも発症する割合が低いものであり、乳幼児のうちに発症するケースが多く見られます。
特に新生児、中でも未熟児としてお母さんから抗体が十分に得られていない状態で産まれた赤ちゃんですと、大腸菌や溶連菌が髄膜炎の原因になります。
乳幼児期の発症には、髄膜炎菌や肺炎球菌などがかかわっています。

通常ですとのどや鼻に存在していて特に身体へ害を及ぼすようなこともないのですが、幼稚園のような集団活動をする場所ですと咳やくしゃみなどによって菌が飛散します。
身体が弱っているときに体内へ菌が入ってしまい、血液を通じて髄膜へ至ると髄膜炎が発症するのです。

引用元-髄膜炎の原因・症状・検査・治療について

髄膜炎の治療法とは?

細菌性髄膜炎の治療

髄膜炎菌性髄膜炎および細菌性髄膜炎の場合、その原因となっている細菌を確定するまでに時間がかかります。

どの細菌によって発症したのかが分かると、対応した抗生物質によって治療が行われますが、細菌の種類によっては症状が急激に悪化することがあり、最悪の場合死に至るケースもあります。

早期の対処が行われれば、急性の場合でも死亡率は10%未満となりますが、遅れた場合や新生児、高齢者等の免疫が低い者、また免疫不全等の疾患がある場合は死亡率が上がり、生存した場合にも30%程の確率で難聴や脳神経障害、認知機能障害等の後遺症が残る場合があります。

無菌性髄膜炎の治療

無菌性髄膜炎の場合、細菌感染ではない為、抗生物質の効果がありません。脱水症状の為の点滴や、ウイルスにより現れている症状に対して投薬を行うことが主な治療方法となります。

頭痛については検査時の髄液採取により、頭蓋内の圧が減少し軽減することがよくあります。

無菌性髄膜炎は重症化することがほとんどなく、後遺症等も残らずにおよそ1~2週間で回復する場合が多いようです。

症状によって入院する場合と、通院、自宅休養による治療となります。回復まで安静にすることが大切です。

引用元-髄膜炎に大人がかかるとどんな症状?治療方法は? | Hapila(ハピラ)

子供の髄膜炎を予防するには予防接種が大切

早期発見が難しく、治療をしても後遺症が現れる確率の高い髄膜炎は、感染する前に予防することが大切です。現在は、赤ちゃんの予防接種に「小児用肺炎球菌ワクチン」と「ヒブワクチン」が導入されており、予防接種をきちんと受けていれば高い確率で細菌性髄膜炎を防ぐことができます。ウイルス性髄膜炎に関しては、原因の1つであるムンプスウイルスはおたふく風邪の原因菌でもあるので、おたふく風邪の予防接種を受けていれば予防になります。それ以外のウイルスは、手洗いやうがいといった感染症予防の習慣である程度防ぐことができます。危険な髄膜炎を回避するためにも、予防接種と毎日のうがい手洗いを忘れないことが肝心です。

引用元-子供の髄膜炎の原因と症状、治療法は?新生児や赤ちゃんもかかる? – こそだてハック

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て