ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

      2018/12/28

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

リウマチの原因はストレスかも?男性患者も増加している原因とは

精神的なストレスが積み重なる事が、

リウマチの原因となるようです。女性に多いとされるリウマチですが、

男性の患者も増加しているそうです。

また、既に関節リウマチになっている人でも、

ストレスによって進行を悪化させる場合もあります。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

溶連菌とは何か?

溶連菌とは、 ”溶血性連鎖球菌” という細菌(いわゆるバイ菌)のことです。

 血液を混ぜた培地の上で培養すると、菌の回りの色がなくなる、溶血反応を示すことから ”溶血性”と、球状の菌体がネックレスのように鎖の連なるような集団を作っていることから ”連鎖球菌” といいます。(ちなみに溶血反応にも3種類あり、溶血しない溶血反応なんて紛らわしいのまであるから、ちとややこしい。)

 溶連菌には、健康な身体の中にも住んでいてほとんど悪さをしないものから、あまり見かけない病原性の強いものまでいろいろな種類があります。このうち、よく小児科の外来で問題になるのはA群β(ベータ)型溶連菌(この型のものだけでも数十種あります)というものです。この菌は、無症状の保菌者も案外いるわりには実は比較的病原性が強い、つまり大きな病気の原因になりやすいということで知られています。

引用元-溶連菌とは何ですか?

スポンサーリンク



  人気記事

子供がかかりやすい溶連菌感染症の症状について

溶連菌に感染すると、2~5日ほどで症状が出始めます。のどの痛みと発熱から始まることが多いので、風邪と間違いやすいでしょう。ただし、溶連菌感染症の場合は、風邪に比べて咳(せき)や鼻水はほとんどなく、のどの痛みがより強いことが特徴です。口蓋垂(こうがすい=のどちんこ)や扁桃腺が赤く腫れ、のどの入り口付近も炎症を起こします。それにともない、首のリンパ節が腫れることもあります。

のどの痛みと発熱のあとには、発疹が出るのが一般的です。赤く小さな発疹が手足や体全体に現れてきます。かゆみをともなったり、1週間ほど経って皮がむける場合もあります。また、舌に赤い発疹ができてイチゴの表面のようにブツブツになる「イチゴ舌」も、溶連菌感染症の特徴的な症状のひとつです。

溶連菌感染症は季節を問わず発症する病気です。また、症状の出方や程度には個人差があり、発熱や発疹が出ない場合や、まれに嘔吐や頭痛をともなう場合もあることを知っておきましょう。皮膚や体の組織へ感染したり、敗血症※1や髄膜炎※2などの合併症を引き起こして全身へ感染が広がる可能性もあるので、注意が必要です。

※1(敗血症)~肺炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)など、感染症を起こしている部位から血液中に病原菌が入り込み、重篤な全身症状が引き起こされる病気。

※2(髄膜炎)~持続する頭痛とともに、発熱、うなじの硬直、髄液細胞の増加などが現れる病気。

溶連菌に感染するのは、幼児や学童がほとんどです。ただし、3歳未満の乳幼児に関しては典型的な症状がみられないケースも多いとされます。発熱や咳(せき)、鼻水、母乳やミルクの飲みが悪い、元気がないといった症状に気をつけましょう。

引用元-子どもに多く見られる溶連菌感染症の症状と原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



溶連菌の感染経路は子供同士や兄弟などが多い

溶連菌感染症は飛沫感染で広がります。飛沫感染とは、患者さんのくしゃみやせきで細菌が運ばれ近くにいる人にうつる感染経路です。

子どもが溶連菌感染症にかかったら、家族にも感染する可能性があります。特に一緒に遊ぶきょうだいは注意が必要ですね。

きょうだい間での感染は最も確率が高く、25%と言われています。

溶連菌感染症は大人も感染するのでパパやママも気を付けましょう。特に体力・免疫力が落ちているお年寄りや妊婦さんは注意してください。

溶連菌感染症が流行しやすい時期

冬…のどの症状が出るケースが多い
春~夏…肌の症状が出るケースが多い
溶連菌感染症が流行しやすい年齢
4歳~思春期くらいの子ども
※3歳以下の乳幼児や大人は、典型的な症状が出ないことが多いようです。

引用元-子供に多い溶連菌感染症の症状は発疹や発熱…すぐ対策を! | MARCH(マーチ)

溶連菌感染症による合併症に注意

溶連菌感染症の症状がなくなったとしても、溶連菌を退治しておかないと重大な合併症を起こすことがあります。溶連菌感染症の合併症としては、肺炎、髄膜炎、敗血症、リウマチ熱、急性糸球体腎炎などがあります。

合併症には非常に重いものもあります。合併症を防ぐためには、抗生物質を医師から指示された期間を飲み続けることが大切です。症状が改善してから2〜3週間たってから、尿の検査を行い、合併症などについて確認します。

主な合併症について、以下に説明しておきます。

急性糸球体腎炎

急性糸球体腎炎は溶連菌感染症が治ってから数週間後に起きることがあります。発症がみられるのは、子どもから若い世代で、主な症状は、疲れやすさ、浮腫、尿量の減少、血圧の上昇などがあります。

尿検査を行うと血尿や蛋白尿がでてきます。入院治療を受けて安静にし、腎臓が回復するのを待ちます。通常、後遺症などは残りません。

リウマチ熱

全身の関節が炎症を起こして痛みを伴います。さらに心臓の病気、心内膜炎を発症することがあり、心内膜炎により心臓の弁の動きが悪くなると、後遺症が残ることがあり、心臓外科手術が必要になることがあります。

引用元-溶連菌感染症 | 子どもの健康と病気の情報サイト

子供が溶連菌に感染した時の対処法や予防法について

保育園や幼稚園・学校などで大流行りの溶連菌。
夏場だと手足口病やヘルパンギーナなども流行りますから、
一概に「のどが痛い!」と言われても何が原因かわかりません。

子供への対処法としては、
自己判断をせずにまずはしっかりと病院へ受診することが大切です。
そしてしっかりと薬を飲み切ること!

そしてのどが痛いのが特徴ですから、食事に関しては
からいもの・冷たいもの・熱いもの・味の濃いもの
は避けましょう。

そして飛沫感染と経口感染・経皮感染が感染経路となりますので、
予防法としては
☆手洗い・うがい
☆外出時はマスクをする(難しいこともしばしば)
☆早寝早起きの規則正しい生活をする
☆3食しっかり栄養バランスの取れた食事をする
☆無理をさせない
☆睡眠を充分確保させる
☆体を動かす運動をする
になります。
どんな病気予防でも基本になる手洗い・うがい・マスクに加え、
やはり大切なことは規則正しい生活を送ることになります。

リズムを崩さずしっかりと栄養も取れていれば免疫力も上がっているはず。
そしてさらに免疫力を高めるために運動をしっかりすることです。

運動は体力をつけて体が丈夫になるだけでなく、
思考回路の向上にもなりますから、勉強をさせたいときは
まず運動!そのあとに勉強すると効果アップが期待できます。

同じ環境に居ても感染する子としない子がいるのは
免疫力や代謝がいいかどうかで違ってきます。

代謝がいい子は病気にならないので
日頃からバランスのいい生活を送ることを意識してあげましょう。

引用元-溶連菌で子供が入院!薬飲まないと合併症の恐れのある症状はコレ! | 季節の病気ナビ

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て