ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

      2017/03/27

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

腸閉塞の原因と前兆について

腸閉塞の原因は2パターンあると考えられているそうです。

まず1つ目に、腫瘍などの異物が腸内にできてしまって腸が詰まることで起こり、
腸の腫瘍だけでなく、女性の場合は卵巣癌などでも腸が圧迫されて起こる、
機械性イレウス(腸閉塞)というものです。

2つ目は、胃腸の手術痕などに腸管が麻痺したり痙攣したりして起こるもので、
機能的イレウスというものであるそうです。

腸閉塞に前兆はあるのでしょうか?

自覚症状としてはお腹のはり、
むかつきや気持ちの悪さ、また、嘔吐や排便・排ガスが、
なくなるといったことがあるそうです。

また、腫瘍などで機械性イレウスになっている場合は、
お腹がよく鳴ったり、カラカラ・コロコロ・ペチペチというような、
金属のような音が聞こえたりすることもあるそうです。

違和感があるときは、早めに医療機関でみてもらう必要があるでしょう。

スポンサーリンク



  人気記事

腸閉塞の初期症状について

腸閉塞は、大腸に内容物が詰まるとすぐに発症します。
 
初期症状として、大腸に内容物が溜まる事で、キリキリとした痛みを伴う痙攣性の腹痛が起こり、次第にお腹が張っている感じ(腹部膨満感)を覚えます。
 
腹痛は必ず起こる事が多く、強烈な痛みに耐えなければなりません。
腹痛が長時間続く事もあり、キリキリとした痛みのあと、しばらく痛みが治まり、再びキリキリと痛み出すような状態(疝痛発作)を繰り返します。
 
疝痛発作を繰り返すのは、腸の内容物が通過障害を招いている為で、しばらく痛みが遠のいたり、我慢すれば治るだろうと思っていても、自力で回復できるものではありません。
 
痛みが鎮まった時には、飲み物を飲んでみて、痛みが出ないか確認してみましょう。
痛みが出ないようなら食事を摂っても良いですが、食事が済んでから痛みが出てきたら、その後の食事はストップして、身体がどうなるか確認してみます。

引用元-腸閉塞の初期症状

スポンサーリンク



腸閉塞は緊急性の高い病気

糞便性イレウスによって腸が塞がっているのは、非常に危険な状態です。最悪の場合、命の危険に関わることもあるので、限りなく迅速な対応が必要となります。

便秘はそれだけだと軽視されがちな病気ですが、その影には重大な病気が潜んでいるかもしれないという可能性を忘れてはいけません。

そもそも、腸閉塞は危険な病気ですが、糞便性イレウスの場合、病気の進行度は便秘の程度と比例するので、急激に体調を持ち崩したりするような危険性はありません。

ですが、糞便性イレウスは初期段階では自覚症状が少ないです。ハッキリとした自覚症状が出るのは症状が相当悪化している証拠でもあるので、そうなると緊急な処置が必要です。

便秘が原因の病気なので、治療方法も便秘の改善で済むのが通常の場合ですが、自覚症状がでるまで悪化した糞便性イレウスは個人レベルで治療するのはほぼ不可能です。

引用元-重度の便秘による腸閉塞(イレウス)に要注意

腸閉塞による全身症状について

腸閉塞の全身症状のうち、最も多いのが「脱水症状」です。これは嘔吐を繰り返す事により出現し、脱水が進行してくると呼吸や脈が増加します。更に進行すると血圧が下がりショック症状を引き起こす事もあります。

脱水が進行する事により血管内の血液が減少します。すると、動きの悪い腸への血流がますます減る事に繋がります。そうすると腸に細菌が繁殖し、感染症などを引き起こす事になります。感染症を起こすと発熱などの症状が出現してきます。これは循環障害を伴う絞扼性イレウスの場合によくみられる症状です。

また、腸に長時間血流がいかなくなると、その部分の腸が腐ってくる事があります。そうなると腸に穴が空き、腸の中の内容物が腸から外へ流れ出します。これを腹膜炎と言いますが、腹膜炎になると腹部に激痛が持続し、あまりの腹痛のためショックを起こす事もあります。腹膜炎を起こした場合は早急に手術が必要になってきます。

腸閉塞は腹痛や嘔吐で始まる事が多い病気ですが、この症状は他の病気でもみられる事が多いので放置してしまいがちになります。しかし、腸閉塞の場合は自然に完治する事はないため早期に対応しなければ重篤化し命にも関わってくるような全身症状が出現してくる場合があります。

引用元-腸閉塞の症状にはどのようなものがあるのか

腸閉塞を予防するために食事から改善を

腸閉塞の予防には、何といっても暴飲暴食を避けることが大切です。無理な食事は体に負担をかけやすく、適度な量であれば正常な体内の機能も上手く働かなくなってしまいます。偏った栄養分や脂分の多い食事なども体内で不要な物を生じさせやすくなります。こうした体内で生じた毒素などが腸の環境を悪くしてしまい、腸の癒着や腫瘍を生じさせ、腸閉塞の原因になることも多いです。なるべく野菜を取り入れて規則正しい健康的な食事を心掛けるようにしましょう。
 
また、消化の悪い物も詰まりの原因になるので、腸閉塞の予防のためになるべく避けるようにしましょう。野菜は食物繊維が豊富に入っていて、お通じを良くする効果が高く、健康に良い食材が多いですが、中には筋が多くて消化しにくい物もあります。セロリやごぼうなどがその例ですが、摂り過ぎは禁物なので注意しておくと良いでしょう。他にも山菜やこんにゃくも消化しにくい食材です。特にこれまで腸閉塞になり、開腹手術の経験がある場合はこうした食材は避けるようにしましょう。
 
さらに、普段の体勢によっては腸を圧迫していることもあります。特にデスクワークが多い方は注意が必要で、知らず知らずの間に座っていることで腸を圧迫している可能性があるのです。腸が圧迫されると腸同士がくっつきやすくなり、癒着の原因になってしまいます。腸閉塞は腸の癒着によって形が変わり、消化、吸収、排出の流れが悪くなることによって起こります。お腹に無理な圧迫感が長時間続いていないかをチェックしておきましょう。

引用元-腸閉塞の予防

 - 生活の知恵, 美容・健康