ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

      2017/03/27

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

腸内環境をチョコレートで改善?含まれる成分とは

腸内環境を整えることは健康維持のために大事なことです。

チョコレートは腸に作用し、肌の悩みや便の悩みを

解決してくれるそうです。チョコレートの効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

入浴後から寝る前のストレッチの効果とは?ダイエットや冷えにも効果的

ストレッチには様々な効果が言われていますが、

そのストレッチをする時間帯は入浴後が良いとされています。

入浴後のストレッチが効果的なのはなぜなのでしょうか?

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

炭酸水の効能は高血圧や生理痛にも効果あり 飲む量が多いとデメリットも

炭酸水は健康や美容に効果があると言われますが、

高血圧や心臓病、生理痛にも効果があるとされています。

炭酸水の作り方や飲む量について確認しましょう。

デメリットもあるので、飲み過ぎには注意です。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

腸閉塞の原因と前兆について

腸閉塞の原因は2パターンあると考えられているそうです。

まず1つ目に、腫瘍などの異物が腸内にできてしまって腸が詰まることで起こり、
腸の腫瘍だけでなく、女性の場合は卵巣癌などでも腸が圧迫されて起こる、
機械性イレウス(腸閉塞)というものです。

2つ目は、胃腸の手術痕などに腸管が麻痺したり痙攣したりして起こるもので、
機能的イレウスというものであるそうです。

腸閉塞に前兆はあるのでしょうか?

自覚症状としてはお腹のはり、
むかつきや気持ちの悪さ、また、嘔吐や排便・排ガスが、
なくなるといったことがあるそうです。

また、腫瘍などで機械性イレウスになっている場合は、
お腹がよく鳴ったり、カラカラ・コロコロ・ペチペチというような、
金属のような音が聞こえたりすることもあるそうです。

違和感があるときは、早めに医療機関でみてもらう必要があるでしょう。

スポンサーリンク



  人気記事

腸閉塞の初期症状について

腸閉塞は、大腸に内容物が詰まるとすぐに発症します。
 
初期症状として、大腸に内容物が溜まる事で、キリキリとした痛みを伴う痙攣性の腹痛が起こり、次第にお腹が張っている感じ(腹部膨満感)を覚えます。
 
腹痛は必ず起こる事が多く、強烈な痛みに耐えなければなりません。
腹痛が長時間続く事もあり、キリキリとした痛みのあと、しばらく痛みが治まり、再びキリキリと痛み出すような状態(疝痛発作)を繰り返します。
 
疝痛発作を繰り返すのは、腸の内容物が通過障害を招いている為で、しばらく痛みが遠のいたり、我慢すれば治るだろうと思っていても、自力で回復できるものではありません。
 
痛みが鎮まった時には、飲み物を飲んでみて、痛みが出ないか確認してみましょう。
痛みが出ないようなら食事を摂っても良いですが、食事が済んでから痛みが出てきたら、その後の食事はストップして、身体がどうなるか確認してみます。

引用元-腸閉塞の初期症状

スポンサーリンク



腸閉塞は緊急性の高い病気

糞便性イレウスによって腸が塞がっているのは、非常に危険な状態です。最悪の場合、命の危険に関わることもあるので、限りなく迅速な対応が必要となります。

便秘はそれだけだと軽視されがちな病気ですが、その影には重大な病気が潜んでいるかもしれないという可能性を忘れてはいけません。

そもそも、腸閉塞は危険な病気ですが、糞便性イレウスの場合、病気の進行度は便秘の程度と比例するので、急激に体調を持ち崩したりするような危険性はありません。

ですが、糞便性イレウスは初期段階では自覚症状が少ないです。ハッキリとした自覚症状が出るのは症状が相当悪化している証拠でもあるので、そうなると緊急な処置が必要です。

便秘が原因の病気なので、治療方法も便秘の改善で済むのが通常の場合ですが、自覚症状がでるまで悪化した糞便性イレウスは個人レベルで治療するのはほぼ不可能です。

引用元-重度の便秘による腸閉塞(イレウス)に要注意

腸閉塞による全身症状について

腸閉塞の全身症状のうち、最も多いのが「脱水症状」です。これは嘔吐を繰り返す事により出現し、脱水が進行してくると呼吸や脈が増加します。更に進行すると血圧が下がりショック症状を引き起こす事もあります。

脱水が進行する事により血管内の血液が減少します。すると、動きの悪い腸への血流がますます減る事に繋がります。そうすると腸に細菌が繁殖し、感染症などを引き起こす事になります。感染症を起こすと発熱などの症状が出現してきます。これは循環障害を伴う絞扼性イレウスの場合によくみられる症状です。

また、腸に長時間血流がいかなくなると、その部分の腸が腐ってくる事があります。そうなると腸に穴が空き、腸の中の内容物が腸から外へ流れ出します。これを腹膜炎と言いますが、腹膜炎になると腹部に激痛が持続し、あまりの腹痛のためショックを起こす事もあります。腹膜炎を起こした場合は早急に手術が必要になってきます。

腸閉塞は腹痛や嘔吐で始まる事が多い病気ですが、この症状は他の病気でもみられる事が多いので放置してしまいがちになります。しかし、腸閉塞の場合は自然に完治する事はないため早期に対応しなければ重篤化し命にも関わってくるような全身症状が出現してくる場合があります。

引用元-腸閉塞の症状にはどのようなものがあるのか

腸閉塞を予防するために食事から改善を

腸閉塞の予防には、何といっても暴飲暴食を避けることが大切です。無理な食事は体に負担をかけやすく、適度な量であれば正常な体内の機能も上手く働かなくなってしまいます。偏った栄養分や脂分の多い食事なども体内で不要な物を生じさせやすくなります。こうした体内で生じた毒素などが腸の環境を悪くしてしまい、腸の癒着や腫瘍を生じさせ、腸閉塞の原因になることも多いです。なるべく野菜を取り入れて規則正しい健康的な食事を心掛けるようにしましょう。
 
また、消化の悪い物も詰まりの原因になるので、腸閉塞の予防のためになるべく避けるようにしましょう。野菜は食物繊維が豊富に入っていて、お通じを良くする効果が高く、健康に良い食材が多いですが、中には筋が多くて消化しにくい物もあります。セロリやごぼうなどがその例ですが、摂り過ぎは禁物なので注意しておくと良いでしょう。他にも山菜やこんにゃくも消化しにくい食材です。特にこれまで腸閉塞になり、開腹手術の経験がある場合はこうした食材は避けるようにしましょう。
 
さらに、普段の体勢によっては腸を圧迫していることもあります。特にデスクワークが多い方は注意が必要で、知らず知らずの間に座っていることで腸を圧迫している可能性があるのです。腸が圧迫されると腸同士がくっつきやすくなり、癒着の原因になってしまいます。腸閉塞は腸の癒着によって形が変わり、消化、吸収、排出の流れが悪くなることによって起こります。お腹に無理な圧迫感が長時間続いていないかをチェックしておきましょう。

引用元-腸閉塞の予防

 - 生活の知恵, 美容・健康