ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

      2019/05/09

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

腸閉塞の原因と前兆について

腸閉塞の原因は2パターンあると考えられているそうです。

まず1つ目に、腫瘍などの異物が腸内にできてしまって腸が詰まることで起こり、
腸の腫瘍だけでなく、女性の場合は卵巣癌などでも腸が圧迫されて起こる、
機械性イレウス(腸閉塞)というものです。

2つ目は、胃腸の手術痕などに腸管が麻痺したり痙攣したりして起こるもので、
機能的イレウスというものであるそうです。

腸閉塞に前兆はあるのでしょうか?

自覚症状としてはお腹のはり、
むかつきや気持ちの悪さ、また、嘔吐や排便・排ガスが、
なくなるといったことがあるそうです。

また、腫瘍などで機械性イレウスになっている場合は、
お腹がよく鳴ったり、カラカラ・コロコロ・ペチペチというような、
金属のような音が聞こえたりすることもあるそうです。

違和感があるときは、早めに医療機関でみてもらう必要があるでしょう。

スポンサーリンク



  人気記事

[wpp limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100 stats_comments=0 stats_views=0 excerpt_length=55 post_html="
  • {thumb} {text_title}
    {summary}
  • "]

    腸閉塞の初期症状について

    腸閉塞は、大腸に内容物が詰まるとすぐに発症します。
     
    初期症状として、大腸に内容物が溜まる事で、キリキリとした痛みを伴う痙攣性の腹痛が起こり、次第にお腹が張っている感じ(腹部膨満感)を覚えます。
     
    腹痛は必ず起こる事が多く、強烈な痛みに耐えなければなりません。
    腹痛が長時間続く事もあり、キリキリとした痛みのあと、しばらく痛みが治まり、再びキリキリと痛み出すような状態(疝痛発作)を繰り返します。
     
    疝痛発作を繰り返すのは、腸の内容物が通過障害を招いている為で、しばらく痛みが遠のいたり、我慢すれば治るだろうと思っていても、自力で回復できるものではありません。
     
    痛みが鎮まった時には、飲み物を飲んでみて、痛みが出ないか確認してみましょう。
    痛みが出ないようなら食事を摂っても良いですが、食事が済んでから痛みが出てきたら、その後の食事はストップして、身体がどうなるか確認してみます。

    引用元-腸閉塞の初期症状

    スポンサーリンク



    腸閉塞は緊急性の高い病気

    糞便性イレウスによって腸が塞がっているのは、非常に危険な状態です。最悪の場合、命の危険に関わることもあるので、限りなく迅速な対応が必要となります。

    便秘はそれだけだと軽視されがちな病気ですが、その影には重大な病気が潜んでいるかもしれないという可能性を忘れてはいけません。

    そもそも、腸閉塞は危険な病気ですが、糞便性イレウスの場合、病気の進行度は便秘の程度と比例するので、急激に体調を持ち崩したりするような危険性はありません。

    ですが、糞便性イレウスは初期段階では自覚症状が少ないです。ハッキリとした自覚症状が出るのは症状が相当悪化している証拠でもあるので、そうなると緊急な処置が必要です。

    便秘が原因の病気なので、治療方法も便秘の改善で済むのが通常の場合ですが、自覚症状がでるまで悪化した糞便性イレウスは個人レベルで治療するのはほぼ不可能です。

    引用元-重度の便秘による腸閉塞(イレウス)に要注意

    腸閉塞による全身症状について

    腸閉塞の全身症状のうち、最も多いのが「脱水症状」です。これは嘔吐を繰り返す事により出現し、脱水が進行してくると呼吸や脈が増加します。更に進行すると血圧が下がりショック症状を引き起こす事もあります。

    脱水が進行する事により血管内の血液が減少します。すると、動きの悪い腸への血流がますます減る事に繋がります。そうすると腸に細菌が繁殖し、感染症などを引き起こす事になります。感染症を起こすと発熱などの症状が出現してきます。これは循環障害を伴う絞扼性イレウスの場合によくみられる症状です。

    また、腸に長時間血流がいかなくなると、その部分の腸が腐ってくる事があります。そうなると腸に穴が空き、腸の中の内容物が腸から外へ流れ出します。これを腹膜炎と言いますが、腹膜炎になると腹部に激痛が持続し、あまりの腹痛のためショックを起こす事もあります。腹膜炎を起こした場合は早急に手術が必要になってきます。

    腸閉塞は腹痛や嘔吐で始まる事が多い病気ですが、この症状は他の病気でもみられる事が多いので放置してしまいがちになります。しかし、腸閉塞の場合は自然に完治する事はないため早期に対応しなければ重篤化し命にも関わってくるような全身症状が出現してくる場合があります。

    引用元-腸閉塞の症状にはどのようなものがあるのか

    腸閉塞を予防するために食事から改善を

    腸閉塞の予防には、何といっても暴飲暴食を避けることが大切です。無理な食事は体に負担をかけやすく、適度な量であれば正常な体内の機能も上手く働かなくなってしまいます。偏った栄養分や脂分の多い食事なども体内で不要な物を生じさせやすくなります。こうした体内で生じた毒素などが腸の環境を悪くしてしまい、腸の癒着や腫瘍を生じさせ、腸閉塞の原因になることも多いです。なるべく野菜を取り入れて規則正しい健康的な食事を心掛けるようにしましょう。
     
    また、消化の悪い物も詰まりの原因になるので、腸閉塞の予防のためになるべく避けるようにしましょう。野菜は食物繊維が豊富に入っていて、お通じを良くする効果が高く、健康に良い食材が多いですが、中には筋が多くて消化しにくい物もあります。セロリやごぼうなどがその例ですが、摂り過ぎは禁物なので注意しておくと良いでしょう。他にも山菜やこんにゃくも消化しにくい食材です。特にこれまで腸閉塞になり、開腹手術の経験がある場合はこうした食材は避けるようにしましょう。
     
    さらに、普段の体勢によっては腸を圧迫していることもあります。特にデスクワークが多い方は注意が必要で、知らず知らずの間に座っていることで腸を圧迫している可能性があるのです。腸が圧迫されると腸同士がくっつきやすくなり、癒着の原因になってしまいます。腸閉塞は腸の癒着によって形が変わり、消化、吸収、排出の流れが悪くなることによって起こります。お腹に無理な圧迫感が長時間続いていないかをチェックしておきましょう。

    引用元-腸閉塞の予防

     - 生活の知恵, 美容・健康