ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

   

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

abc-928383_1280
英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

bsN825_kouyoutojyosei
コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

144c0f784515efb98cfefd5829b680af_s
足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

01426e0de47f7d644403dd866f80e865_s
イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

5f9f6afccb0625037367ac926cdece0d_s
食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_s
何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

51ef68697172607af35eb605a53a5d90_s
コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

f53fbb0b9bda48b66d654751def6e757_s
子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

05815a0be109619694cc37dc07db528d_s
肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

30f4602b8a2a9755cf68ddbfbedd1f7f_s
大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

0416f5007c26cbcff3592f3cd822360b_s
耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s
突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

ダンボール
重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

1eb40c3c662b452f24a70dfb322dc2b0_s
足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

warm-559113_1280
冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

bs150711039221
セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

c17a9e0e8f6bb971a98490fa385a7791_s
日本三名園の由来とは?兼六園、偕楽園と後楽園の魅力について

四季が彩る日本は、どこをとっても美しいものがあります。

中でも、日本三名園と言われる兼六園、偕楽園、後楽園は、

一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

anjyu160103477551_TP_V
子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s
携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

oyster-989182_1280
牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

b740186b8267a2f92902659260fb791d_s

脳は2つのことを同時にできない

実際の見た目では色々なことが同時の処理されているように見えるんですが、人の脳は2つの事を同時の処理することができないんです。

同時に2つ以上の物事をすることを、マルチタスクといいます。スマホやパソコンでも一般的に使われる言葉なので、知っている人は知っていますよね。

テレビを見ながらスマホを見ているという状態は、いわゆるマルチタスクです。

見た目、上は同時にスマホを操作し、テレビをみるということが同時に進めれているように感じますが、これは同時にできていると思い込んでいるだけなんです。

引用元-テレビとスマホでSNS。マルチタスクで脳が壊れる!女性は注意!

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

テレビを観ながらSNSをすることは脳に大きな負担となる

脳にとって良くないといわれているのは、いわゆる「マルチタスク」と呼ばれる行為です。

複数のことを同時に行うことは脳の負荷となり、生産性が著しく低下することが研究によってわかっています。

テレビを見ながらスマホやSNSを行う行為もこのマルチタスクにあたり、本人は平気なつもりでも、実は思っている以上に脳に負荷がかかっているのです。

元来、人間の脳はマルチタスクができるような構造になっていません。

ひとつのことに集中する場合は能力を一極集中、マルチタスクの場合は能力を半分ずつ割り振っている、というイメージを抱く方は多いと思いますが、これは大きな間違いです。

実はマルチタスクをしているつもりでも、それは脳が集中する仕事を高速で切り替えているだけであり、複数同時並行をしているわけではありません。

そして、その激しい切り替えが脳にとって新たな刺激となってドーパミンが分泌され、脳はこの刺激が快感となるため、日常的にマルチタスクを繰り返すようになってしまいます。

そして、マルチタスクが習慣化すると、集中力の切り替えばかりを行うようになり、だんだんとひとつのことに集中する力が衰えていってしまうのです。

引用元-テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

スポンサーリンク



この症状は特に女性に注意が必要

女性は左右の脳を繋ぐ脳梁が太いので

右と左の脳の情報交換が激しく行われます

家事と育児を同時にこなすなど

女性は複数のことを同時に行う事に長けているのですが

その分マルチタスクが男性よりも

激しいため脳が疲れやすい

脳をより酷使している女性は男性よりも

20分長く睡眠が必要で

脳を休ませることが大事だという研究結果が明らかになりました

知らず知らずのうちに健康を損ねてしまうことになるので

脳のためにも適度な休憩が必要ですね

引用元-初耳学 テレビを見ながらスマホでSNSの操作は脳機能を破壊

テレビやSNSによるデジタル認知症にも注意

「デジタル認知症」とは、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器に頼りすぎる生活を続けた結果、記憶力、思考力が低下する症状のこと。

インターネットで何か調べ物をすると、本来必要のない情報まで大量に目にすることになり、脳が処理できず、記憶力、思考力が低下。これが認知症に似た症状であるため、「デジタル認知症」というそうですが、怖いのは、そのままにしておくと本当に認知症になってしまうリスクを抱えていることです。

番組によれば、インターネットやゲームを毎日10時間以上使用すると、脳内で「ドーパミン」が過剰に分泌され、脳の中のホルモンバランスが崩れて脳細胞が死滅、さらには認知機能が低下したり、幻覚をみたりするリスクがあるとのこと。

この「ドーパミン」は別名「快楽ホルモン」と呼ばれ、脳内で増えると、「もっともっと」という欲求が起こる結果、デジタル機器への依存度が高まっていきます。「スマホ依存」「ネット依存」とは最近いわれる言葉ですが、便利だから依存、というだけではなかったのですね。

引用元-ネットやSNSのし過ぎで「デジタル認知症」になる人が増加! 原因と予防法は?|セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

デジタル認知症を予防するために

デジタル認知症の治療あるいは予防としては、「デジタルダイエット」つまり、デジタル機器に対する依存を減らして、適切な休息と一緒に脳をよく活用する習慣をつけるということが一番のようです。

具体的な方法がいろいろ紹介されていますが、例えば、「寝る1時間前はデジタル機器を使わない」「起きてすぐにケータイをチェックしない」「インターネットで調べ物をしたらメモを取る(コピペをしない)」「リアル空間で他者と触れ合う」「意識的にスマートフォンから距離をおく(食事中・トイレ・お風呂・寝室 にはスマートフォンを持ちこまない)」など、可能な範囲で「デジタルダイエット」に心掛け、デジタル認知症にならないようにしたいものです。

引用元-デジタル認知症 | IoT

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学