ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

   

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

日々の運動で冷え性を改善!運動不足で冷え性に?

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

脳は2つのことを同時にできない

実際の見た目では色々なことが同時の処理されているように見えるんですが、人の脳は2つの事を同時の処理することができないんです。

同時に2つ以上の物事をすることを、マルチタスクといいます。スマホやパソコンでも一般的に使われる言葉なので、知っている人は知っていますよね。

テレビを見ながらスマホを見ているという状態は、いわゆるマルチタスクです。

見た目、上は同時にスマホを操作し、テレビをみるということが同時に進めれているように感じますが、これは同時にできていると思い込んでいるだけなんです。

引用元-テレビとスマホでSNS。マルチタスクで脳が壊れる!女性は注意!

スポンサーリンク



  人気記事

[wpp limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100 stats_comments=0 stats_views=0 excerpt_length=55 post_html="
  • {thumb} {text_title}
    {summary}
  • "]

    テレビを観ながらSNSをすることは脳に大きな負担となる

    脳にとって良くないといわれているのは、いわゆる「マルチタスク」と呼ばれる行為です。

    複数のことを同時に行うことは脳の負荷となり、生産性が著しく低下することが研究によってわかっています。

    テレビを見ながらスマホやSNSを行う行為もこのマルチタスクにあたり、本人は平気なつもりでも、実は思っている以上に脳に負荷がかかっているのです。

    元来、人間の脳はマルチタスクができるような構造になっていません。

    ひとつのことに集中する場合は能力を一極集中、マルチタスクの場合は能力を半分ずつ割り振っている、というイメージを抱く方は多いと思いますが、これは大きな間違いです。

    実はマルチタスクをしているつもりでも、それは脳が集中する仕事を高速で切り替えているだけであり、複数同時並行をしているわけではありません。

    そして、その激しい切り替えが脳にとって新たな刺激となってドーパミンが分泌され、脳はこの刺激が快感となるため、日常的にマルチタスクを繰り返すようになってしまいます。

    そして、マルチタスクが習慣化すると、集中力の切り替えばかりを行うようになり、だんだんとひとつのことに集中する力が衰えていってしまうのです。

    引用元-テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

    スポンサーリンク



    この症状は特に女性に注意が必要

    女性は左右の脳を繋ぐ脳梁が太いので

    右と左の脳の情報交換が激しく行われます

    家事と育児を同時にこなすなど

    女性は複数のことを同時に行う事に長けているのですが

    その分マルチタスクが男性よりも

    激しいため脳が疲れやすい

    脳をより酷使している女性は男性よりも

    20分長く睡眠が必要で

    脳を休ませることが大事だという研究結果が明らかになりました

    知らず知らずのうちに健康を損ねてしまうことになるので

    脳のためにも適度な休憩が必要ですね

    引用元-初耳学 テレビを見ながらスマホでSNSの操作は脳機能を破壊

    テレビやSNSによるデジタル認知症にも注意

    「デジタル認知症」とは、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器に頼りすぎる生活を続けた結果、記憶力、思考力が低下する症状のこと。

    インターネットで何か調べ物をすると、本来必要のない情報まで大量に目にすることになり、脳が処理できず、記憶力、思考力が低下。これが認知症に似た症状であるため、「デジタル認知症」というそうですが、怖いのは、そのままにしておくと本当に認知症になってしまうリスクを抱えていることです。

    番組によれば、インターネットやゲームを毎日10時間以上使用すると、脳内で「ドーパミン」が過剰に分泌され、脳の中のホルモンバランスが崩れて脳細胞が死滅、さらには認知機能が低下したり、幻覚をみたりするリスクがあるとのこと。

    この「ドーパミン」は別名「快楽ホルモン」と呼ばれ、脳内で増えると、「もっともっと」という欲求が起こる結果、デジタル機器への依存度が高まっていきます。「スマホ依存」「ネット依存」とは最近いわれる言葉ですが、便利だから依存、というだけではなかったのですね。

    引用元-ネットやSNSのし過ぎで「デジタル認知症」になる人が増加! 原因と予防法は?|セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

    デジタル認知症を予防するために

    デジタル認知症の治療あるいは予防としては、「デジタルダイエット」つまり、デジタル機器に対する依存を減らして、適切な休息と一緒に脳をよく活用する習慣をつけるということが一番のようです。

    具体的な方法がいろいろ紹介されていますが、例えば、「寝る1時間前はデジタル機器を使わない」「起きてすぐにケータイをチェックしない」「インターネットで調べ物をしたらメモを取る(コピペをしない)」「リアル空間で他者と触れ合う」「意識的にスマートフォンから距離をおく(食事中・トイレ・お風呂・寝室 にはスマートフォンを持ちこまない)」など、可能な範囲で「デジタルダイエット」に心掛け、デジタル認知症にならないようにしたいものです。

    引用元-デジタル認知症 | IoT

    twitterの反応

     - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学