ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

   

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

手のツボにはどんな効果が?合谷や陽谿とは

足の裏と同様に、手も第二の心臓と呼ばれるほど、

ツボがあります。効果的な手のツボを押して、

生活を快適にしましょう。

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

ロードバイク人気が上昇!初心者の女性でも大丈夫なの?

ロードバイクは、最近女性人気が高まっているようです。

女性だからと諦めていた方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

女性用ロードバイクの特徴などについても確認しておきましょう。

脳は2つのことを同時にできない

実際の見た目では色々なことが同時の処理されているように見えるんですが、人の脳は2つの事を同時の処理することができないんです。

同時に2つ以上の物事をすることを、マルチタスクといいます。スマホやパソコンでも一般的に使われる言葉なので、知っている人は知っていますよね。

テレビを見ながらスマホを見ているという状態は、いわゆるマルチタスクです。

見た目、上は同時にスマホを操作し、テレビをみるということが同時に進めれているように感じますが、これは同時にできていると思い込んでいるだけなんです。

引用元-テレビとスマホでSNS。マルチタスクで脳が壊れる!女性は注意!

スポンサーリンク



  人気記事

テレビを観ながらSNSをすることは脳に大きな負担となる

脳にとって良くないといわれているのは、いわゆる「マルチタスク」と呼ばれる行為です。

複数のことを同時に行うことは脳の負荷となり、生産性が著しく低下することが研究によってわかっています。

テレビを見ながらスマホやSNSを行う行為もこのマルチタスクにあたり、本人は平気なつもりでも、実は思っている以上に脳に負荷がかかっているのです。

元来、人間の脳はマルチタスクができるような構造になっていません。

ひとつのことに集中する場合は能力を一極集中、マルチタスクの場合は能力を半分ずつ割り振っている、というイメージを抱く方は多いと思いますが、これは大きな間違いです。

実はマルチタスクをしているつもりでも、それは脳が集中する仕事を高速で切り替えているだけであり、複数同時並行をしているわけではありません。

そして、その激しい切り替えが脳にとって新たな刺激となってドーパミンが分泌され、脳はこの刺激が快感となるため、日常的にマルチタスクを繰り返すようになってしまいます。

そして、マルチタスクが習慣化すると、集中力の切り替えばかりを行うようになり、だんだんとひとつのことに集中する力が衰えていってしまうのです。

引用元-テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

スポンサーリンク



この症状は特に女性に注意が必要

女性は左右の脳を繋ぐ脳梁が太いので

右と左の脳の情報交換が激しく行われます

家事と育児を同時にこなすなど

女性は複数のことを同時に行う事に長けているのですが

その分マルチタスクが男性よりも

激しいため脳が疲れやすい

脳をより酷使している女性は男性よりも

20分長く睡眠が必要で

脳を休ませることが大事だという研究結果が明らかになりました

知らず知らずのうちに健康を損ねてしまうことになるので

脳のためにも適度な休憩が必要ですね

引用元-初耳学 テレビを見ながらスマホでSNSの操作は脳機能を破壊

テレビやSNSによるデジタル認知症にも注意

「デジタル認知症」とは、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器に頼りすぎる生活を続けた結果、記憶力、思考力が低下する症状のこと。

インターネットで何か調べ物をすると、本来必要のない情報まで大量に目にすることになり、脳が処理できず、記憶力、思考力が低下。これが認知症に似た症状であるため、「デジタル認知症」というそうですが、怖いのは、そのままにしておくと本当に認知症になってしまうリスクを抱えていることです。

番組によれば、インターネットやゲームを毎日10時間以上使用すると、脳内で「ドーパミン」が過剰に分泌され、脳の中のホルモンバランスが崩れて脳細胞が死滅、さらには認知機能が低下したり、幻覚をみたりするリスクがあるとのこと。

この「ドーパミン」は別名「快楽ホルモン」と呼ばれ、脳内で増えると、「もっともっと」という欲求が起こる結果、デジタル機器への依存度が高まっていきます。「スマホ依存」「ネット依存」とは最近いわれる言葉ですが、便利だから依存、というだけではなかったのですね。

引用元-ネットやSNSのし過ぎで「デジタル認知症」になる人が増加! 原因と予防法は?|セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

デジタル認知症を予防するために

デジタル認知症の治療あるいは予防としては、「デジタルダイエット」つまり、デジタル機器に対する依存を減らして、適切な休息と一緒に脳をよく活用する習慣をつけるということが一番のようです。

具体的な方法がいろいろ紹介されていますが、例えば、「寝る1時間前はデジタル機器を使わない」「起きてすぐにケータイをチェックしない」「インターネットで調べ物をしたらメモを取る(コピペをしない)」「リアル空間で他者と触れ合う」「意識的にスマートフォンから距離をおく(食事中・トイレ・お風呂・寝室 にはスマートフォンを持ちこまない)」など、可能な範囲で「デジタルダイエット」に心掛け、デジタル認知症にならないようにしたいものです。

引用元-デジタル認知症 | IoT

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学