ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

   

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

昼食後の眠気が異常なほどある場合は病気の可能性?

学生も社会人も昼食は撮ると思いますが、

昼食後の授業や仕事中に眠くなること多くありませんか?

この眠気が起きていられないほどの異常な眠気である場合、

病気の可能性もあるそうです。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

脳は2つのことを同時にできない

実際の見た目では色々なことが同時の処理されているように見えるんですが、人の脳は2つの事を同時の処理することができないんです。

同時に2つ以上の物事をすることを、マルチタスクといいます。スマホやパソコンでも一般的に使われる言葉なので、知っている人は知っていますよね。

テレビを見ながらスマホを見ているという状態は、いわゆるマルチタスクです。

見た目、上は同時にスマホを操作し、テレビをみるということが同時に進めれているように感じますが、これは同時にできていると思い込んでいるだけなんです。

引用元-テレビとスマホでSNS。マルチタスクで脳が壊れる!女性は注意!

スポンサーリンク



  人気記事

テレビを観ながらSNSをすることは脳に大きな負担となる

脳にとって良くないといわれているのは、いわゆる「マルチタスク」と呼ばれる行為です。

複数のことを同時に行うことは脳の負荷となり、生産性が著しく低下することが研究によってわかっています。

テレビを見ながらスマホやSNSを行う行為もこのマルチタスクにあたり、本人は平気なつもりでも、実は思っている以上に脳に負荷がかかっているのです。

元来、人間の脳はマルチタスクができるような構造になっていません。

ひとつのことに集中する場合は能力を一極集中、マルチタスクの場合は能力を半分ずつ割り振っている、というイメージを抱く方は多いと思いますが、これは大きな間違いです。

実はマルチタスクをしているつもりでも、それは脳が集中する仕事を高速で切り替えているだけであり、複数同時並行をしているわけではありません。

そして、その激しい切り替えが脳にとって新たな刺激となってドーパミンが分泌され、脳はこの刺激が快感となるため、日常的にマルチタスクを繰り返すようになってしまいます。

そして、マルチタスクが習慣化すると、集中力の切り替えばかりを行うようになり、だんだんとひとつのことに集中する力が衰えていってしまうのです。

引用元-テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

スポンサーリンク



この症状は特に女性に注意が必要

女性は左右の脳を繋ぐ脳梁が太いので

右と左の脳の情報交換が激しく行われます

家事と育児を同時にこなすなど

女性は複数のことを同時に行う事に長けているのですが

その分マルチタスクが男性よりも

激しいため脳が疲れやすい

脳をより酷使している女性は男性よりも

20分長く睡眠が必要で

脳を休ませることが大事だという研究結果が明らかになりました

知らず知らずのうちに健康を損ねてしまうことになるので

脳のためにも適度な休憩が必要ですね

引用元-初耳学 テレビを見ながらスマホでSNSの操作は脳機能を破壊

テレビやSNSによるデジタル認知症にも注意

「デジタル認知症」とは、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器に頼りすぎる生活を続けた結果、記憶力、思考力が低下する症状のこと。

インターネットで何か調べ物をすると、本来必要のない情報まで大量に目にすることになり、脳が処理できず、記憶力、思考力が低下。これが認知症に似た症状であるため、「デジタル認知症」というそうですが、怖いのは、そのままにしておくと本当に認知症になってしまうリスクを抱えていることです。

番組によれば、インターネットやゲームを毎日10時間以上使用すると、脳内で「ドーパミン」が過剰に分泌され、脳の中のホルモンバランスが崩れて脳細胞が死滅、さらには認知機能が低下したり、幻覚をみたりするリスクがあるとのこと。

この「ドーパミン」は別名「快楽ホルモン」と呼ばれ、脳内で増えると、「もっともっと」という欲求が起こる結果、デジタル機器への依存度が高まっていきます。「スマホ依存」「ネット依存」とは最近いわれる言葉ですが、便利だから依存、というだけではなかったのですね。

引用元-ネットやSNSのし過ぎで「デジタル認知症」になる人が増加! 原因と予防法は?|セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

デジタル認知症を予防するために

デジタル認知症の治療あるいは予防としては、「デジタルダイエット」つまり、デジタル機器に対する依存を減らして、適切な休息と一緒に脳をよく活用する習慣をつけるということが一番のようです。

具体的な方法がいろいろ紹介されていますが、例えば、「寝る1時間前はデジタル機器を使わない」「起きてすぐにケータイをチェックしない」「インターネットで調べ物をしたらメモを取る(コピペをしない)」「リアル空間で他者と触れ合う」「意識的にスマートフォンから距離をおく(食事中・トイレ・お風呂・寝室 にはスマートフォンを持ちこまない)」など、可能な範囲で「デジタルダイエット」に心掛け、デジタル認知症にならないようにしたいものです。

引用元-デジタル認知症 | IoT

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学