ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

   

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

昼食後の眠気が異常なほどある場合は病気の可能性?

学生も社会人も昼食は撮ると思いますが、

昼食後の授業や仕事中に眠くなること多くありませんか?

この眠気が起きていられないほどの異常な眠気である場合、

病気の可能性もあるそうです。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

糖尿病ってどんな病気?

国民の5人に1人以上が患者かその予備軍と言われている糖尿病。
一度発症したら完治はしないものの、血糖値を正常レベルに保つことでコントロールが可能です。そのためには食事療法、運動療法が必要で、薬を使用することもあります。
糖尿病の主治医は、あなた自身です。
いつ何を食べるか、運動するか、糖尿病薬を実際にどのように飲むか、注射するか、あなた自身の行動によって、血糖値を正常に保つことができるのです。
また、糖尿病の病態は時の経過とともに変化します。よって、医師に相談の上、使用する薬や治療計画をたてて管理していく必要があります。
将来合併症が起こるリスクを少しでも減らすために、糖尿病の正しい知識を身につけ、体調を良い方向に持っていきましょう。

引用元-糖尿病ってどんな病気? | Diabetes.co.jp

スポンサーリンク



  人気記事

糖尿病の初期症状を見逃さないように

糖尿病の人は、初期症状になかなか気がつきにくい事が多いようですね。
 
ところが、糖尿病初心者の人でも少し注意するだけで、とても解りやすい初期症状があります。
 
それが尿の臭いです。
 
 
糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。
 
糖尿病という名前の通り、尿の中に糖分が含まれてしまう病気です。
 
 
では、尿に糖が含まれると、尿の臭いはどんな臭いがするのでしょうか。
 
実は、糖分なので、甘い臭いがします。
 
糖尿病の初期症状として、甘い尿の臭いがしたら、糖尿病を疑ってみても良いでしょう。
 
 
しかし、糖尿病の初期症状でこのように尿の臭いが甘く感じられるようになっても、糖尿病と断定することは出来ません。
 
その理由は、糖尿病の尿の臭いは、血糖値が180mg/dlを超えると尿に糖が出てくるようになり、甘い臭いがしてくるからです。
 
 
さらに、腎臓が悪いと尿が泡立ってきますので、糖尿病の初期症状として尿の臭いが甘くなってきたら、お医者様ではなくても「糖尿病かな?」と実感する事が出来ます。
 
でも、糖尿病の初期症状で尿の臭いが甘くなってきても確定するにはまだ早いので、自己診断をするまえに、まずは血糖値を調べてもらうと良いでしょう。
 
 
このように糖尿病の初期症状として尿の臭いが甘くなってきたことで糖尿病かもと感じる方が多いようですので、アルコールを飲んだ後以外で尿の臭いが甘くなってきたら、一度内科を受診して尿検査を受けてみると良いでしょう。

引用元-糖尿病の初期症状:尿の臭いが甘いのは糖尿病のサイン?!

スポンサーリンク



糖尿病になると尿や体から甘いにおいがする

 例えば、糖尿病になると「甘いにおい」がすると言われる。「糖尿病の初期は尿や体から甘いにおいがするが、進行すると甘酸っぱいにおいになる」と外﨑さん。糖尿病が進んで糖がうまく代謝されなくなると、糖の代わりに脂肪がエネルギー源として使われるようになる。この結果、体内で生成されるのが、アセトン(ケトン体)という物質だ。甘酸っぱいにおいで、「ケトン臭」と呼ばれる。これが血液とともに全身を巡るため、汗や尿、吐く息、体臭が甘酸っぱくなるというわけだ。心当たりのある人は、ぜひ糖尿病の検査を!

 なお、糖質を制限するダイエットをしていると、同様に甘酸っぱいにおいが出てくることがある。このため、ケトン臭は「ダイエット臭」などと呼ばれることもある。

 また、ずばり甘い香りを連想させる病気もある。「メープルシロップ尿症」という乳児の病気だ。その名前の通り、メープルシロップのような甘いにおいの尿や汗が出る。必須アミノ酸のロイシン、バリン、イソロイシンを代謝する酵素が働かないために起こり、治療をしないと発育障害などを来し、死に至るケースもあるという。「赤ちゃんの尿や体から甘いにおいがするので、お母さんが気づくことが多い」と外﨑さん。

引用元-体臭で何の病気かがわかるの!? (page 2):おとなのカラダゼミナール:日経Gooday(グッデイ)

尿の色や頻度で糖尿病をセルフチェック

その他に糖尿病のセルフチェックとして使えるのが、尿の色、頻度、においです。健康な方の場合、尿の色は淡黄色や麦わら色で、頻度は一日に4~6回、においはほとんどありません。
 
しかし、糖尿病の肩の場合、尿の色は非常に薄い淡黄色や無職で、頻度は一日に10回近く、においは甘酸っぱかったり甘いにおいがします。
 
糖尿病の方の尿は、尿に糖が溶け出すことで上記のような状態となります。糖尿病は初期症状があまりなく、自覚症状も少ない病気です。しかし、普段から自分の尿の様子をチェックすることで糖尿病に気付くことができます。糖尿病が気になる方は健康の指針として自分の尿をチェックするようにしましょう。

引用元-糖尿病の有無を見る尿の泡立ち

糖尿病の症状について

1、多尿、排尿回数の増加
高血糖の状態が続くと尿と一緒に糖分を排出しようとします。
 
この時に大量の水分を必要とするために多尿、または排尿回数が増えるのです。
 
2、口渇、多飲
多尿の為に脱水状態が続き、喉が渇きます。
また高血糖により唾液の分泌量も減るので喉がカラカラな状態が続くのです。
 
3、体重増加、体重減少、倦怠感
糖の代わりにたんぱく質や脂肪がエネルギーに変わるのに体力を消耗するので
体重は減少し、常に倦怠感が続きます。
 
4、足や手のしびれ、知覚鈍麻
手や足の末梢神経の働きが鈍くなり、血の巡りが悪くなるためにしびれが起きます。
 
また、ひどくなると感覚がなくなり、けがをしても痛みさえ感じなくなるほどの
知覚鈍麻となるのです。
 
5、味覚異常
感覚がマヒしてくることで味覚も麻痺します。
急に味が薄く感じたり、濃い味付けの料理を濃いと感じなくなったら要注意です。

引用元-糖尿病の前兆、症状、原因

 - 生活の知恵, 美容・健康