ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

      2017/04/25

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

スポンサーリンク

  関連記事

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

入浴後から寝る前のストレッチの効果とは?ダイエットや冷えにも効果的

ストレッチには様々な効果が言われていますが、

そのストレッチをする時間帯は入浴後が良いとされています。

入浴後のストレッチが効果的なのはなぜなのでしょうか?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

猫のびポーズでダイエット?やり方や効果は?

猫のびポーズはもともとヨガのポーズであるそうです。

このポーズはダイエットの効果が期待されており、

猫のびダイエットとも呼ばれるそうです。

その効果や、やり方について確認してみましょう。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

糖尿病の原因と症状について

(1)糖尿病の原因

糖尿病の原因は、主に遺伝的なものと、生活習慣による後天的なものに分けられます。家系的に糖尿病になりやすい遺伝子を保有していると糖尿病になる確率が高くなります。

また、ストレスの高い生活、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、喫煙習慣などの生活習慣も糖尿病になる要因となります。

(2)糖尿病の症状

糖尿病は、体内の糖の代謝がうまくいかないことにより、血糖値上昇をはじめとする諸症状を発症します。かかりはじめは症状を自覚しにくく、頻尿、手足のしびれ、身体のだるさ、のどの渇き、空腹感といった症状が現れたころには病気がかなり進行してしまっている場合が多くあります。

糖尿病にかからないために、また早期発見のために、定期的に健康診断などで血糖値や尿糖値を確認しましょう。

引用元-糖尿病が原因で口臭が発生する? | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

糖尿病の4つのタイプについて

糖尿病には、4つのタイプがあります。

① 1型糖尿病
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子どものうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。
② 2型糖尿病
インスリンの出る量が不足して起こる場合と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用を起こしにくくなるために、ブドウ糖をうまく吸収できなくなって起こる場合がある。2型糖尿病の多くは、両者が併存している。
③ 遺伝子の異常やほかの病気が原因になるもの
遺伝子の異常や肝臓、膵臓の病気、感染症、免疫の異常などほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。
④ 妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病に至らない程度の血糖異常。わずかな血糖異常でも新生児に合併症が出るので、それを疾病として定義している。

日本の糖尿病の95%は2型糖尿病で、主な原因は内臓脂肪の増加や過食・運動不足。これら以外にストレス、加齢といった環境因子、そして体質(遺伝因子)も原因になるといわれています。

引用元-「糖質」に注意して予防改善!糖尿病 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

スポンサーリンク



ストレスと糖尿病の関係とは

まず、ストレスと糖尿病の関係について説明します。

緊張や不安などのストレスがあるときに、胸がどきどき(心拍数が増加)したり血圧が上がったりした経験はないでしょうか。
この現象は、ストレスによって分泌されたアドレナリンやコルチゾールというホルモンが影響しています。
加えて、実はこの2つのホルモンは、心拍数の増加や血圧の上昇以外にも、血糖値を上昇させる作用があるのです。

糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度、すなわち血糖値が慢性的に高い状態のときに診断されます。
普段は余分なブドウ糖は筋肉などの細胞に蓄えられていますが、ストレスによりアドレナリンやコルチゾールが多量に分泌されると、蓄えられたブドウ糖が血液中に放出され、血糖値が上昇してしまいます。

上昇した血糖値は、膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンにより下げることができますが、ストレスは上記の2つのホルモンを分泌させて、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きを悪くしてしまいます。
身体が血糖値の高い状態に反応してインスリンを分泌しても、血糖値が下がりにくくなってしまうのです。

慢性的にストレスを受けている状態が続くと、血糖値も慢性的に高い状態が続くことになり、糖尿病になりやすい状態になるのです。

引用元-ストレスによる糖尿病の悪化を予防 | 糖尿病症状セルフチェック.com

糖尿病の食事制限の秘訣

● まず間食をやめましょう
3食のカロリーは比較的良くても、お菓子・果物・牛乳・ヨーグルト・トマトなどの間食でかなりカロリーオーバーになっている方が多いようです。偏見といわれるかもしれませんが、女性にその傾向が強いようです。血糖値は1日のうちでも、食事によって大きく変動します。間食が多いと血糖値が下がる時がなくなってしまい、膵臓が休まる時間がありません。

● 食事は時間をかけてゆっくりと
1回の食事はよくかんで20分以上かけて食べましょう。その理由は満腹感(満足感)は血糖値が上昇することによって得られるからです。5分で食べ終わってしまうと血糖値がまだ上がってこないので満足感は得にくいのです。食事の前に甘いものを食べると食欲が落ちるのはこのためですね。

● 「甘いものは食べてはいけない」は間違い
糖尿病は甘いものを食べてはいけないと思われがちですが、嗜好品として過量に摂取するのがよくないのです。でもやはり甘いジュースを1本(200ml)飲んだり、まんじゅうを立て続けに2個食べたりすると血糖値はかなり上がってしまいます。量を加減して下さい。

● 「ごはんをへらせ」はまちがい
医者から「ごはんをもっと減らしなさい」といわれて、小さなごはん茶碗に半分しか食べない方がおられます。しかしなぜか体重は減らないし血糖も良くなりません。よく話をきくと「おかずは若い人と同じにしています」といいます。医者の言う「ごはん」は”朝ごはん”の”ごはん”を指していてパンを食べても朝ごはんです。食事全体を減らしなさいと言っています。もちろんこういった誤解が生じるのは医者の言い方がまずいのです。主食のご飯やパン、いも、かぼちゃなどはまんじゅうと同じ糖質です。ご飯もほどほどに減らす必要はありますが、それよりも同じ量でもカロリ-の高い蛋白質(肉・魚・卵などの動物性、大豆も蛋白が豊富)や、脂質(揚げ物、肉の脂、ドレッシング、マヨネーズなど)を減らす方が効果的です。要するに、人間の進化とともに、”美味なもの=カロリーの高いもの”が増えてきたのですね。揚げ物よりも焼き物や煮物にしましょう。

引用元-大変そう。でも何をしたらいいの?糖尿病の食事制限について知ろう! | Healthil[ヘルシル]

家族が糖尿病と診断されたら一緒に食事療法を

糖尿病は生活習慣病であり、家族の一人が診断されたということは、一緒に生活している家族にも糖尿病になる危険が秘められています。
糖尿病の食事療法の基本は規則正しい時間に栄養バランスの良い食事をとること、特に甘いもの・塩辛いもの・油っぽいものは控えることにあります。

それらのことは糖尿病患者さんだけでなく家族も一緒に改善していけると望ましいです。
そうすることで、家族の糖尿病の予防になるだけでなく、糖尿病患者さん自身の励みになります。

しかし、全てのメニューを一緒にすると、成長期の子どもや一日の活動量が多い人の場合ではカロリー不足に陥ってしまう可能性があります。このような場合には、個別に一品追加する、量を増やすなどで対応しましょう。

長期間に渡って続けなければならない糖尿病の食事療法は、糖尿病者さん本人も大変ですが、食事を準備をする家族も大変です。
糖尿病食の宅配やレトルト食品もあるので、そういったものを上手く利用して根気よく食事療法を続けていくことが大切です。

引用元-糖尿病管理のサポート。大切な家族が糖尿病と診断されたとき | 糖尿病の治療と予防ナビ.com

 - 生活の知恵, 美容・健康