ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

      2017/04/25

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

スポンサーリンク

  関連記事

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

糖尿病の原因と症状について

(1)糖尿病の原因

糖尿病の原因は、主に遺伝的なものと、生活習慣による後天的なものに分けられます。家系的に糖尿病になりやすい遺伝子を保有していると糖尿病になる確率が高くなります。

また、ストレスの高い生活、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、喫煙習慣などの生活習慣も糖尿病になる要因となります。

(2)糖尿病の症状

糖尿病は、体内の糖の代謝がうまくいかないことにより、血糖値上昇をはじめとする諸症状を発症します。かかりはじめは症状を自覚しにくく、頻尿、手足のしびれ、身体のだるさ、のどの渇き、空腹感といった症状が現れたころには病気がかなり進行してしまっている場合が多くあります。

糖尿病にかからないために、また早期発見のために、定期的に健康診断などで血糖値や尿糖値を確認しましょう。

引用元-糖尿病が原因で口臭が発生する? | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

糖尿病の4つのタイプについて

糖尿病には、4つのタイプがあります。

① 1型糖尿病
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子どものうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。
② 2型糖尿病
インスリンの出る量が不足して起こる場合と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用を起こしにくくなるために、ブドウ糖をうまく吸収できなくなって起こる場合がある。2型糖尿病の多くは、両者が併存している。
③ 遺伝子の異常やほかの病気が原因になるもの
遺伝子の異常や肝臓、膵臓の病気、感染症、免疫の異常などほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。
④ 妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病に至らない程度の血糖異常。わずかな血糖異常でも新生児に合併症が出るので、それを疾病として定義している。

日本の糖尿病の95%は2型糖尿病で、主な原因は内臓脂肪の増加や過食・運動不足。これら以外にストレス、加齢といった環境因子、そして体質(遺伝因子)も原因になるといわれています。

引用元-「糖質」に注意して予防改善!糖尿病 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

スポンサーリンク



ストレスと糖尿病の関係とは

まず、ストレスと糖尿病の関係について説明します。

緊張や不安などのストレスがあるときに、胸がどきどき(心拍数が増加)したり血圧が上がったりした経験はないでしょうか。
この現象は、ストレスによって分泌されたアドレナリンやコルチゾールというホルモンが影響しています。
加えて、実はこの2つのホルモンは、心拍数の増加や血圧の上昇以外にも、血糖値を上昇させる作用があるのです。

糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度、すなわち血糖値が慢性的に高い状態のときに診断されます。
普段は余分なブドウ糖は筋肉などの細胞に蓄えられていますが、ストレスによりアドレナリンやコルチゾールが多量に分泌されると、蓄えられたブドウ糖が血液中に放出され、血糖値が上昇してしまいます。

上昇した血糖値は、膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンにより下げることができますが、ストレスは上記の2つのホルモンを分泌させて、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きを悪くしてしまいます。
身体が血糖値の高い状態に反応してインスリンを分泌しても、血糖値が下がりにくくなってしまうのです。

慢性的にストレスを受けている状態が続くと、血糖値も慢性的に高い状態が続くことになり、糖尿病になりやすい状態になるのです。

引用元-ストレスによる糖尿病の悪化を予防 | 糖尿病症状セルフチェック.com

糖尿病の食事制限の秘訣

● まず間食をやめましょう
3食のカロリーは比較的良くても、お菓子・果物・牛乳・ヨーグルト・トマトなどの間食でかなりカロリーオーバーになっている方が多いようです。偏見といわれるかもしれませんが、女性にその傾向が強いようです。血糖値は1日のうちでも、食事によって大きく変動します。間食が多いと血糖値が下がる時がなくなってしまい、膵臓が休まる時間がありません。

● 食事は時間をかけてゆっくりと
1回の食事はよくかんで20分以上かけて食べましょう。その理由は満腹感(満足感)は血糖値が上昇することによって得られるからです。5分で食べ終わってしまうと血糖値がまだ上がってこないので満足感は得にくいのです。食事の前に甘いものを食べると食欲が落ちるのはこのためですね。

● 「甘いものは食べてはいけない」は間違い
糖尿病は甘いものを食べてはいけないと思われがちですが、嗜好品として過量に摂取するのがよくないのです。でもやはり甘いジュースを1本(200ml)飲んだり、まんじゅうを立て続けに2個食べたりすると血糖値はかなり上がってしまいます。量を加減して下さい。

● 「ごはんをへらせ」はまちがい
医者から「ごはんをもっと減らしなさい」といわれて、小さなごはん茶碗に半分しか食べない方がおられます。しかしなぜか体重は減らないし血糖も良くなりません。よく話をきくと「おかずは若い人と同じにしています」といいます。医者の言う「ごはん」は”朝ごはん”の”ごはん”を指していてパンを食べても朝ごはんです。食事全体を減らしなさいと言っています。もちろんこういった誤解が生じるのは医者の言い方がまずいのです。主食のご飯やパン、いも、かぼちゃなどはまんじゅうと同じ糖質です。ご飯もほどほどに減らす必要はありますが、それよりも同じ量でもカロリ-の高い蛋白質(肉・魚・卵などの動物性、大豆も蛋白が豊富)や、脂質(揚げ物、肉の脂、ドレッシング、マヨネーズなど)を減らす方が効果的です。要するに、人間の進化とともに、”美味なもの=カロリーの高いもの”が増えてきたのですね。揚げ物よりも焼き物や煮物にしましょう。

引用元-大変そう。でも何をしたらいいの?糖尿病の食事制限について知ろう! | Healthil[ヘルシル]

家族が糖尿病と診断されたら一緒に食事療法を

糖尿病は生活習慣病であり、家族の一人が診断されたということは、一緒に生活している家族にも糖尿病になる危険が秘められています。
糖尿病の食事療法の基本は規則正しい時間に栄養バランスの良い食事をとること、特に甘いもの・塩辛いもの・油っぽいものは控えることにあります。

それらのことは糖尿病患者さんだけでなく家族も一緒に改善していけると望ましいです。
そうすることで、家族の糖尿病の予防になるだけでなく、糖尿病患者さん自身の励みになります。

しかし、全てのメニューを一緒にすると、成長期の子どもや一日の活動量が多い人の場合ではカロリー不足に陥ってしまう可能性があります。このような場合には、個別に一品追加する、量を増やすなどで対応しましょう。

長期間に渡って続けなければならない糖尿病の食事療法は、糖尿病者さん本人も大変ですが、食事を準備をする家族も大変です。
糖尿病食の宅配やレトルト食品もあるので、そういったものを上手く利用して根気よく食事療法を続けていくことが大切です。

引用元-糖尿病管理のサポート。大切な家族が糖尿病と診断されたとき | 糖尿病の治療と予防ナビ.com

 - 生活の知恵, 美容・健康