ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

   

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

朝起きたら腰が痛い原因とは?対処法は?

朝起きたら腰が痛いと感じたことはありませんか?

疲労や寝具が原因となることもありますが、

他の原因も考えられるそうです。

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

3種類のめまいについて

めまいには大きく分けて、回転性のめまい、不動性あるいは動揺性のめまい、失神や眼前暗黒感を伴うめまいの3つの種類があります。

<回転性のめまい>

天井がぐるぐる回るような感覚に陥るめまいです。吐き気や嘔吐などの症状を伴います。
片側の内耳や前庭神経の病気が原因になっていることが多く、脳幹や小脳などの中枢神経の病気の症状としても見られることがあります。

<浮動性あるいは動揺性のめまい>

自分がふわふわと宙に浮いているような感覚に陥ります。前庭神経の障害が両側に起こった場合や片側のみの障害でも比較的症状が軽い場合、あるいは回転性のめまいの回復期に見られます。

<立ちくらみ等を伴うめまい>

目の前が急に暗くなったり気が遠くなったりするようなめまいで、ひどい場合には失神したり意識を失ったりすることもあります。立ちくらみや脳貧血もこのめまいの1つです。不整脈や低血圧などの心臓や血管系の病気や貧血・心因反応などが原因となっていることが多いです。

引用元-危険な病気の可能性も!めまいが起こる原因と対処法は? | いしゃまち

スポンサーリンク



  人気記事

クラッとする立ちくらみのようなめまいの場合

立ち上がった瞬間クラッときたり、目の前が一瞬真っ暗になる・・そんな方は立ちくらみ系のめまいの可能性があります。
貧血や低血圧といった血液循環に問題のある方に特に起こりやすく、脳に酸素が届いていないことでクラッとなります。
お風呂上りや炎天下での運動後は特に起こりやすいので注意が必要です。

またダイエット中の方は、貧血とともに低血糖も起こしやすいので症状が悪化しやすいです。
場合によっては、転倒事故や失神を引き起こすことにもなります。
血流を良くするために、こまめな水分補給を行うなど日頃からケアにつとめましょう。

引用元-突然のめまい!これって貧血?メニエール病?それとも良性発作性頭位めまい症?症状別に原因をまとめました|ミナカラ

スポンサーリンク



突然のめまいの時に念のため気をつけたい脳について

 まずは脳のチェックです。脳梗塞など、重大な病気の前触れの可能性があるため、一番最初にチェックします。
 1つでも当てはまるようなら、すぐに救急車を呼びましょう。脳梗塞の可能性があります。
 
顔のしびれや麻痺がある?
 顔を触って感覚を確かめたり、きちんと動くか確認しましょう。
 
ろれつが回らない?
 文章を読んだり、早口言葉を言ったりして確認しましょう。
 
手足のしびれや麻痺がある?
 きちんと動くか、触った感覚はどうか確認しましょう。
 
ものが二重に見える?
 指を一本立てて、それが2本に見えてしまわないか確認しましょう。
 
立てない?歩けない?
 ゆっくり立ち上がって、歩行が出来るか確認しましょう。

引用元-突然のめまいの正しい対処法

めまいから考えられる良性発作性頭位めまい症とは

めまいの中でもポピュラーなもので、頭を特定の方向へ動かした時に起こります。特に起床時に起こりやすく、部屋がぐるんぐるんと回るような回転性の激しいめまいが特徴です。

多くは安静にしていれば数十秒で収まります。また吐き気をともなう場合はあるものの、難聴など耳の障害はありません。

原因の多くは、頭の動きを感じる「内耳」の前庭気管で「耳石のずれ」が起こることです。炭酸カルシウムでできた「耳石」が本来の位置から外れると、頭を動かした時に正常な感覚をつかめなくなり、めまいにつながると考えられています。

この症状では、むしろ普段から頭を動かすようにする治療法が効果的です。めまいを専門とする耳鼻科で指導を受けられますので、ぜひ相談しましょう。

引用元-突然の「めまい」で天井が回る!~命の危険性がある重大な病気の場合も

突然めまいが起きた時の対処法について

まずは安静が大切

めまいは姿勢によって程度が変わることがあるため、めまいが起きたときは動かずにできるだけ安静にする必要があります。

ネクタイやベルトなど体を締め付けているものを緩め、自分がいちばんラクな姿勢で休みましょう。できるだけ頭を動かさずに安静にすることが望ましいです。病院で薬を処方されている場合は、少し落ち着いたら早めに服用してください。

また、光や音が脳を刺激することでめまいの症状がひどくなるケースがあります。

屋外では日陰に入り、自宅などではカーテンを閉めるなどして薄暗くしてください。テレビやパソコンなども消して、音や光を遮断するようにしましょう。できるだけ刺激が少ない方が望ましいので目を閉じて安静にするようにしてください。

引用元-めまいが起きたときの対処法 | ヘルスケア大学

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康