ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

   

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

手のツボにはどんな効果が?合谷や陽谿とは

足の裏と同様に、手も第二の心臓と呼ばれるほど、

ツボがあります。効果的な手のツボを押して、

生活を快適にしましょう。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

3種類のめまいについて

めまいには大きく分けて、回転性のめまい、不動性あるいは動揺性のめまい、失神や眼前暗黒感を伴うめまいの3つの種類があります。

<回転性のめまい>

天井がぐるぐる回るような感覚に陥るめまいです。吐き気や嘔吐などの症状を伴います。
片側の内耳や前庭神経の病気が原因になっていることが多く、脳幹や小脳などの中枢神経の病気の症状としても見られることがあります。

<浮動性あるいは動揺性のめまい>

自分がふわふわと宙に浮いているような感覚に陥ります。前庭神経の障害が両側に起こった場合や片側のみの障害でも比較的症状が軽い場合、あるいは回転性のめまいの回復期に見られます。

<立ちくらみ等を伴うめまい>

目の前が急に暗くなったり気が遠くなったりするようなめまいで、ひどい場合には失神したり意識を失ったりすることもあります。立ちくらみや脳貧血もこのめまいの1つです。不整脈や低血圧などの心臓や血管系の病気や貧血・心因反応などが原因となっていることが多いです。

引用元-危険な病気の可能性も!めまいが起こる原因と対処法は? | いしゃまち

スポンサーリンク



  人気記事

クラッとする立ちくらみのようなめまいの場合

立ち上がった瞬間クラッときたり、目の前が一瞬真っ暗になる・・そんな方は立ちくらみ系のめまいの可能性があります。
貧血や低血圧といった血液循環に問題のある方に特に起こりやすく、脳に酸素が届いていないことでクラッとなります。
お風呂上りや炎天下での運動後は特に起こりやすいので注意が必要です。

またダイエット中の方は、貧血とともに低血糖も起こしやすいので症状が悪化しやすいです。
場合によっては、転倒事故や失神を引き起こすことにもなります。
血流を良くするために、こまめな水分補給を行うなど日頃からケアにつとめましょう。

引用元-突然のめまい!これって貧血?メニエール病?それとも良性発作性頭位めまい症?症状別に原因をまとめました|ミナカラ

スポンサーリンク



突然のめまいの時に念のため気をつけたい脳について

 まずは脳のチェックです。脳梗塞など、重大な病気の前触れの可能性があるため、一番最初にチェックします。
 1つでも当てはまるようなら、すぐに救急車を呼びましょう。脳梗塞の可能性があります。
 
顔のしびれや麻痺がある?
 顔を触って感覚を確かめたり、きちんと動くか確認しましょう。
 
ろれつが回らない?
 文章を読んだり、早口言葉を言ったりして確認しましょう。
 
手足のしびれや麻痺がある?
 きちんと動くか、触った感覚はどうか確認しましょう。
 
ものが二重に見える?
 指を一本立てて、それが2本に見えてしまわないか確認しましょう。
 
立てない?歩けない?
 ゆっくり立ち上がって、歩行が出来るか確認しましょう。

引用元-突然のめまいの正しい対処法

めまいから考えられる良性発作性頭位めまい症とは

めまいの中でもポピュラーなもので、頭を特定の方向へ動かした時に起こります。特に起床時に起こりやすく、部屋がぐるんぐるんと回るような回転性の激しいめまいが特徴です。

多くは安静にしていれば数十秒で収まります。また吐き気をともなう場合はあるものの、難聴など耳の障害はありません。

原因の多くは、頭の動きを感じる「内耳」の前庭気管で「耳石のずれ」が起こることです。炭酸カルシウムでできた「耳石」が本来の位置から外れると、頭を動かした時に正常な感覚をつかめなくなり、めまいにつながると考えられています。

この症状では、むしろ普段から頭を動かすようにする治療法が効果的です。めまいを専門とする耳鼻科で指導を受けられますので、ぜひ相談しましょう。

引用元-突然の「めまい」で天井が回る!~命の危険性がある重大な病気の場合も

突然めまいが起きた時の対処法について

まずは安静が大切

めまいは姿勢によって程度が変わることがあるため、めまいが起きたときは動かずにできるだけ安静にする必要があります。

ネクタイやベルトなど体を締め付けているものを緩め、自分がいちばんラクな姿勢で休みましょう。できるだけ頭を動かさずに安静にすることが望ましいです。病院で薬を処方されている場合は、少し落ち着いたら早めに服用してください。

また、光や音が脳を刺激することでめまいの症状がひどくなるケースがあります。

屋外では日陰に入り、自宅などではカーテンを閉めるなどして薄暗くしてください。テレビやパソコンなども消して、音や光を遮断するようにしましょう。できるだけ刺激が少ない方が望ましいので目を閉じて安静にするようにしてください。

引用元-めまいが起きたときの対処法 | ヘルスケア大学

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康