ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

人気の北海道トマム雲海テラス 冬は霧氷テラスへ変身!

      2016/02/11

夏に人気だったトマムの雲海テラスは多くの人が訪れています。

そんな雲海テラスが冬の間は霧氷テラスへと変身します。

氷点下の神秘的な世界を体験しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

LINEやゲームなどのニックネームのつけ方や例について

LINEやゲームで自分につけるニックネームって、

意外と悩んだりしませんか?どうせならかっこいい、かわいいネームを

つけたいと思いますよね。

ニックネームの例や、つけ方などを参考にしてみましょう。

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

青森県の寒い冬に温もりのストーブ列車

青森県津軽鉄道のストーブ列車は、

車内にダルマストーブをつけて温まったり、

窓から地吹雪の景色を眺めるのが醍醐味です。

東北最大級の小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜

冬の小岩井農場の夜を彩るイルミネーションイベントです。

農場のかわいい動物たちが表現された巨大キャンバス絵や

光の動物園、SL機関車、トラクターバスのイルミネーションなど

綺麗に彩られています。

サイダーとソーダの違いとは?ラムネはどっち?

違いが曖昧なものの一つにサイダーとソーダの違いが

あると思います。もちろん知っている方もいると思いますが、

休憩中のちょっとした話題になるかもしれませんね。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

岩手県のこたつ列車で冬の三陸を満喫

2006年から続くこたつ列車をご存知ですか?

冬季限定で久慈―宮古間を走るこたつ列車は、

食べ物も景色も、もちろん列車も大変魅力的です。

東北の冬は寒そうですが、行ってみたいですね。

金沢金箔の装飾 花嫁のれん観光列車とは

2015年の10月より運行が開始された、

石川県金沢市の観光列車「花嫁のれん」

装飾も綺麗でぜひ乗ってみたいですね。

札幌雪まつりの会場へのアクセスや見所は?防寒も大事!

毎年全国から人が集まる冬のイベントの一つである

札幌の雪まつり。会場へのアクセスや見所についてご紹介します。

午前中だと比較的空いているみたいですよ!

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

母智丘公園で桜を楽しむ 交通や周辺のオススメは?

母智丘公園は、桜の名所として知られ、

日本のさくらの名所100選にも選ばれています。

2,600本の桜並木を眺めてみませんか?

寒さに負けず北海道各所のイルミネーションを見よう

北の大地北海道でイルミネーションを堪能しませんか?

北海道イルミネーションのおすすめスポットをご紹介します。

そこにはきっと寒さも忘れるくらい素敵な風景があるでしょう。

北海道トマムの夏は雲海テラス 冬は霧氷テラス

占冠村(しむかっぷむら)のリゾートホテル・星野リゾート トマムが運営する「雲海テラス」が、この冬、「霧氷テラス」へと変身。氷点下がつくり出す絶景を楽しめる場として営業中だ。

「雲海テラス」は、例年5月中旬から10月中旬まで営業する星野リゾート トマムの人気スポット。「てんぼうかふぇ」や「雲海ヨガ」などのプログラムを提供するほか、今年(2015)は標高1088メートルに設置された新デッキ「Cloud Walk(クラウドウォーク)」がオープンし話題を集めた。

さて、「霧氷」とは、氷点下の環境で空気中の水蒸気や霧が樹氷に着く現象のこと。アイスモンスターの名称で知られる山形県・蔵王の“樹氷”も、この霧氷の一種だ。

「霧氷テラス」は山麓のリゾートセンターから雲海ゴンドラで13分。テラスには「てんぼうかふぇ」があり、数量限定のスペシャルコーヒー「霧氷コーヒー」も用意している。また、「雪山さんぽ道」というルートも設定されており、今年オープンした「Cloud Walk(クラウドウォーク)」までの約200メートルの区間、雪中の散歩を楽しめる。

営業期間は来年(2016)3月31日までを予定。営業期間内でも気象条件により霧氷が発生しない、また営業を中止する場合があるため、詳細は公式サイトを参照してほしい。

引用元-“氷点下の絶景”を見渡す新空間。星野リゾート トマムに「霧氷テラス」が登場! – ニュース | たびらい

スポンサーリンク



  人気記事

[wpp limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100 stats_comments=0 stats_views=0 excerpt_length=55 post_html="
  • {thumb} {text_title}
    {summary}
  • "]

    トマムの霧氷テラスで絶景を堪能

    北海道のほぼ中心、占冠村のトマム山麓に展開する「星野リゾート トマム」のゲレンデに、見逃せない絶景スポットが新登場しました! その名も「霧氷テラス」。夏季の人気施設・雲海テラスを利用したもので、標高1088mの高所までゴンドラで上がると、そこには厳寒の世界ならではの絶景が…。霧が樹木に付着し、凍ることで枝先まで真っ白く輝く「霧氷」がどこまでも広がり、神秘的な景観を作りだしています。吸い込まれそうな青空と眼下の純白のコントラストは、まさに非日常の美しさ。テラスにはカフェも併設され、霧氷をイメージしたコーヒーなどが味わえます。霧氷観賞のあとは、そのままゲレンデでスキー・スノボを楽しむもよし。滑らなくてもゴンドラで下まで降りられるので、誰でも気軽に足を運ぶことができます。この冬、厳しい寒さを逆手にとったトマムならではの絶景を楽しみに、出かけてみては。

    引用元-冬山の神秘と絶景を楽しむ! トマムの「霧氷テラス」へ:るるぶ.com

    スポンサーリンク



    2015年に作られたクラウドウォークからの眺めも神秘的

    「霧氷テラス」を楽しんだら、歩いて200mくらい先にある“クラウドウォーク”というデッキまで足を運んでみましょう。

    “クラウドウォーク”は、2015年に作られた雲の形のデッキ。雲海が出ていれば雲の上を歩いているような不思議な感覚をお楽しみいただけます。冬になると“クラウドウォーク”に雪がつき、白色に染まります。夏より冬の方がより神秘的!まさに、ここだけの絶景が広がります。

    そして、もう一つ。“クラウドウォーク”は吊り橋上の構造になっていますので、風が強かったり人が走ったりすると、かなり揺れます。スリリングなドキドキ感も一緒にお楽しみいただけますよ。

    引用元-雲海テラスが冬だけ「霧氷テラス」に!北海道トマムの霧氷でできた美しい冬景色 | 北海道 | トラベルjp<たびねす>

    カフェスペースの「てんぼうかふぇ」の霧氷コーヒー

    「霧氷テラス」には、大自然に囲まれた“てんぼうかふぇ”というカフェが併設しています。

    ここのオススメは霧氷コーヒー。
    白くてふわふわっとしたものは、霧氷を模したという細かな飴細工です。その下に隠れているコーヒーは、ちゃんと一杯ずつドリップして淹れるという本格派!

    飴細工というと、かなり甘いのでは?というイメージがありますが、飴細工を入れてもコーヒーの味が変わらないよう、甘さ控えめになっています。

    引用元-雲海テラスが冬だけ「霧氷テラス」に!北海道トマムの霧氷でできた美しい冬景色:マピオンニュース

    各会場の2015〜2016年の営業時間について

    ■霧氷テラス(夏期「雲海テラス」)
    営業期間:
    2015年12月1日~2016年3月31日
    営業時間:
    9:00から15:30(ゴンドラ営業終了30分前まで)
    料金:
    大人1,900円 小学生1,200円
    ※ゴンドラ往復料金。リフト券を持っている場合は無料
     
    ■トマムスキー場 2015-16ウインターシーズン営業
    営業期間:
    2015年11月28日~2016年4月3日
    リフト運行:
    9:00~16:00(タワーエキスプレスは8:45~)
    リフト料金:
    1日券大人5,400円、小学生・シニア3,800円
     
    ■アイスビレッジ
    営業期間:
    2015年12月1日~2016年3月中旬
    営業時間:
    17:00~22:00(最終入場21:30)

    引用元-星野リゾートトマムに『霧氷テラス』が登場、標高1088mの絶景ポイント!|GoodDay北海道(旧北海道ぐるり旅)|北海道観光振興機構

     - イベント, スポット グルメ, 北海道地方, 自然, 趣味