ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

天空の里と呼ばれる長野の秘境で日々の疲れを癒す

      2016/01/22

長野県飯田市上村は日本の秘境と名高く、

遠山郷のさらに奥地に位置する下栗集落は

天空の里とも呼ばれているそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

サイダーとソーダの違いとは?ラムネはどっち?

違いが曖昧なものの一つにサイダーとソーダの違いが

あると思います。もちろん知っている方もいると思いますが、

休憩中のちょっとした話題になるかもしれませんね。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

北海道のスキー場のオープン状況は?

スキー・スノーボートの季節となりました。

しかし、北海道のスキー場では続々とオープン延期が

出ているようです。雪が少ないのが原因のようですね。

北海道礼文島の味覚や景色と自然を知ろう

日本最北端の離島である礼文島の魅力や美味しい名産に

触れてみませんか?礼文はウニが有名で、

新鮮なウニを自ら剥いて食べる体験センターもあります。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

岩手県のこたつ列車で冬の三陸を満喫

2006年から続くこたつ列車をご存知ですか?

冬季限定で久慈―宮古間を走るこたつ列車は、

食べ物も景色も、もちろん列車も大変魅力的です。

東北の冬は寒そうですが、行ってみたいですね。

母智丘公園で桜を楽しむ 交通や周辺のオススメは?

母智丘公園は、桜の名所として知られ、

日本のさくらの名所100選にも選ばれています。

2,600本の桜並木を眺めてみませんか?

東北最大級の小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜

冬の小岩井農場の夜を彩るイルミネーションイベントです。

農場のかわいい動物たちが表現された巨大キャンバス絵や

光の動物園、SL機関車、トラクターバスのイルミネーションなど

綺麗に彩られています。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

金沢の温泉巡りを楽しく!女子旅おすすめの温泉

金沢には素敵な温泉がたくさんあります。

女子旅で疲れを癒すために最適な温泉を見つけて、

姫気分を味わいましょう。

日本の世界遺産白川郷・五箇山の合掌造り集落の魅力

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、

飛越地方の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落群です。

1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、

日本では6件目の世界遺産となりました。

青森県の寒い冬に温もりのストーブ列車

青森県津軽鉄道のストーブ列車は、

車内にダルマストーブをつけて温まったり、

窓から地吹雪の景色を眺めるのが醍醐味です。

東京ドイツ村イルミネーション 今年のテーマはおもちゃ箱

家族連れには大変人気のスポットである東京ドイツ村。

毎年11月中旬~3月末までウィンターイルミネーションが開催されています。

人気のあるイルミネーションのため、園内は大変混雑します。

早い時間帯に訪れた方がいいかもしれませんね。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

イルミネーションを横浜で楽しむ

横浜でイルミネーションを楽しみましょう。

カップルや家族、女性同士でイルミネーションに

癒されませんか?

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

温泉へ女子旅 全国のおすすめ温泉

寒くなってきて温泉が恋しくなります。

女子旅で行きたいおすすめの温泉をご紹介します。

おしゃれな温泉や美容にいい温泉など、

素敵な温泉ばかりです。

全国1位の足利市のイルミネーションについて

2014年に4,300人の夜景鑑賞士が選んだ

2014年イルミネーションの全国1位に選ばれました。

今年も期待して見に行く価値ありですね!

福岡でもつ鍋! 他地域でもおいしいもつ鍋を

気温も下がり、肌寒い日が続きます。

そうなるとお鍋が恋しくなります。

福岡県から都内また北海道のもつ鍋店の

おすすめをご紹介します。

日本のチロルとも呼ばれる長野県の下栗の里

長野県飯田市上村に位置するこの遠山郷「下栗の里」は、
標高800m~1000m、谷底に向かう最大傾斜38度の傾斜面に耕地や民家が点在しています。
景観の美しさ・自然と調和した暮らしが、オーストリア・チロル地方に似ていることから「日本のチロル」とも呼ばれています。

この景色が見ることができる 天空の里ビューポイントへは…
上村小学校横の車道を上り、下栗の里中心部を通りぬけ、標高約1000m地点にある そば処「はんば亭」に駐車。
駐車場から車道と山道を経由し、徒歩片道約20分で天空の里ビューポイント「おおぎびら展望台」に到着します。

※展望台への山道は急斜面に作られた細い道のため、歩きやすい靴のほうがいいです。
※里内にいくつかのビューポイントがありますが、↑ご覧のとおり停車できる場所がほとんどありません。
皆さんのご迷惑にならないよう、広い路肩に停車して景色を楽しみましょう。

引用元-天空の里・遠山郷「下栗の里」@長野| ウーマンエキサイト みんなの投稿

スポンサーリンク



  人気記事

下栗の里が眺望できる天空の里ビューポイントとは

南アルプスの聖岳と対峙する標高1000mの尾根、傾斜約30度の南東斜面にへばりつくように民家や耕地が点在する山村で、「日本の原風景が残る山の里」として、「日本のチロル」と呼ばれる。集落の戸数は約60戸で150人余りの人々が農業や林業などを営んでいる。2009年(平成21年)秋に下栗の里が眺望できる天空の里ビューポイント(おおぎびら展望台)への遊歩道が開設された。
主な産物は「下栗いも(二度イモ)」と呼ばれる特産のジャガイモと、蕎麦、小黍、粟などの雑穀類である。
観光施設として、地元女性グループ経営のそば処「はんば亭」や農産物直売所、家具・木製品の制作販売を行っている手仕事工房「山のみのりや」があり、宿泊施設も「高原ロッジ下栗」をはじめ、民宿「みやした」、民宿「ひなた」と充実している。

引用元-遠山郷 – Wikipedia

スポンサーリンク



天空の里ビューポイントの眺めの後はしらびそ峠もおすすめ

60c38fde69e4f0083357ed4757925e81_s

下栗の里からの道をさらに車で40分程度進んで行くと、標高1,833mに位置する「しらびそ峠」に着きます。ここからは南アルプスの雄大な美しい山々を眺めることができ、ここも絶好の展望ポイントになっています。また見晴らしが良ければ少し遠くに中央アルプスを眺望することも出来ます。

「下栗の里」は最近では旅行本や、絶景を紹介する記事等で掲載されたり、テレビのCMのロケ地にもなったりと、ここが紹介される機会も出てきています。地元の方にも伺いましたが、この風景に魅せられて遠くから訪れる方も多いようです。私もここの風景は多くの旅先の中でも特に印象が強い場所です。ぜひ機会を作って一度は訪れてみて下さい。

また遠山郷周辺には温泉や資料館、少し足を延ばせば中央構造線の露頭、国盗綱引合戦で知られる長野・静岡県境の兵越峠等のみどころもありますので、時間があればあわせて見てまわるのも良いと思います。

尚、このエリアは山間にあり最寄駅から離れ、バスも下栗の里までは行きませんのでマイカーまたは飯田などからレンタカーの利用が便利です。

公共交通機関利用の場合は飯田駅からバスで、飯田市上村地区(上町バス停)まで行きそこからタクシーを利用することとなりますが、バスの本数がとても少ないので確認してお出かけ下さい。

また、下栗の里は冬でも道が通じていますが、その先の「しらびそ峠」方面へは冬期は閉鎖となりますので道路状況を確認してお出かけ下さい。

引用元-信州の秘境・遠山郷 天空の里「下栗の里」へ | 長野県 | トラベルjp<たびねす>

長野の天空の里遠山郷に伝わる霜月祭

遠山郷和田にある『かぐらの湯』では次のように解説していた。

<遠山の霜月祭りは、鎌倉・鶴岡八幡宮の荘園儀礼として鎌倉時代に伝わった湯立て神楽の祭。すなわち太陽の力が衰え、そしてふたたびよみがえる旧暦の霜月に、神々に聖なる湯を捧げて、万物の命の再生を祈る。

遠山郷の村内9つの神社では夕刻から夜半にかけて、神楽歌をうたいながら湯立てと舞を繰り返し、その後、村の神々が面(おもて)となって現れる。>

もともと、<伊勢神宮の内宮の湯立の系統をひく> ということなら、冒頭にあげた東海道筋から街道を通じてもたらされたひとつの古典的習慣であり文化だろう。

写真の、面をつけた像は『水の王』であり、『しずめ様』と呼ばれる。煮えたぎる湯を手ではねかけて、人々の命を清めてくれる。

そしてここ下栗でも湯立て神楽は行われる・・・。

***

さて、「千と千尋の神隠し」を観た方なら、あの大騒ぎの祭りの迫力を思い起こすことができるでしょう。

舞台となる不思議の町に建つ油屋という湯治場には、人間たちだけでなく、人間たちの信仰する八百万の神々が訪れる。

神も疲れて湯治にやって来るという人間くささが面白いが、神も元はといえば人間だ。

人間あっての神様だ。

この地にはいつも神と人間が密接に結びついている。

田舎の伝承話からヒントを得ることの多い宮崎氏は“霜月祭り”を見て、『千と千尋の神隠し』の湯屋の祭りシーンを再現した。

引用元-南信州の旅 新野から天空の里・下栗へ

天空の里長野県飯田市上村の特産品

デンプン価が高く肉質が硬い「二度芋」は、独特の味わいがある。これまた地元特産のエゴマ※の「じゅうねん味噌」を塗って焼き上げた田楽は遠山郷の名物で あり、煮物などにしても、他のジャガイモには替えられない味だ。ウイルスフリー化の進展で収量拡大の道が見えてきたのに沿って、遠山郷から飯田市へ、さら には東京の料理店や居酒屋へと、販路は拡大してきた。「霜月祭りの里・秘境遠山郷の味」は、それ自体で人を魅了する。用途拡大を目指し、下栗芋のせんべい や焼酎も新たに製品化された。軌を一にするように、これまた特産のソバ・豆・シイタケなどの栽培と販売も充実してきたという。

引用元-「天空の里」=飯田市上村下栗の明日にかける伝統的作物「下栗芋」による活性化を中心にして 信州大学田園環境工学研究会 | 産学官地域連携

 - スポット グルメ, 中部地方, 歴史