ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

      2018/09/01

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

北海道礼文島の味覚や景色と自然を知ろう

日本最北端の離島である礼文島の魅力や美味しい名産に

触れてみませんか?礼文はウニが有名で、

新鮮なウニを自ら剥いて食べる体験センターもあります。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

群馬県で紅葉を楽しむ おすすめスポット

群馬県の紅葉は11月上旬が見頃です。

伊香保温泉など様々な名所で

紅葉を存分に楽しみましょう。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

女性にも人気のソロキャンプの魅力とは?一人だからこその楽しみ方

キャンプとは複数人数で行うものだと思っていませんか?

最近は一人でキャンプをするソロキャンパーが増えているそうです。

ソロキャンプの魅力とは、どのようなものなのでしょうか?

サイダーとソーダの違いとは?ラムネはどっち?

違いが曖昧なものの一つにサイダーとソーダの違いが

あると思います。もちろん知っている方もいると思いますが、

休憩中のちょっとした話題になるかもしれませんね。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

金沢の温泉巡りを楽しく!女子旅おすすめの温泉

金沢には素敵な温泉がたくさんあります。

女子旅で疲れを癒すために最適な温泉を見つけて、

姫気分を味わいましょう。

青森県の寒い冬に温もりのストーブ列車

青森県津軽鉄道のストーブ列車は、

車内にダルマストーブをつけて温まったり、

窓から地吹雪の景色を眺めるのが醍醐味です。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

江ノ島を彩るイルミネーションについて

湘南のシンボルとして親しまれている

江の島シーキャンドル(展望灯台)を中心に江の島内各所が

イルミネーションに彩られる。

デートなどで楽しいひと時を。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

ソロキャンプの道具は少なめに!1人の時のテントや持ち物はどんなものがいい?

ソロキャンプでは、あまり道具が多くならないようにしましょう。

また、一人でキャンプする場合のテントの選び方やポイントをおさえて、

より快適なソロキャンプができるようにしたいですね。

震災犠牲者鎮魂の意を込める神戸ルミナリエイルミネーション

神戸ルミナリエのイルミネーション、

今年は、日本初公開となる屋根つきの回廊「ガレリアコぺルタ」を展示し、

光のトンネルを通り抜けることができるそうです。

北海道で芝桜の名所は?人気の滝上や東藻琴の芝桜公園

芝桜といえば、富士芝桜が有名ですが、

5月中旬から6月上旬にかけて北海道の芝桜も見頃を迎えます。

北海道のまた一味違った芝桜も素敵かもしれません。

アイスクリームの発祥とは?人気店のようなアイスクリームの作り方

暑い時期のアイスクリームは最高に美味しいですね。

そんなアイスクリームの発祥はご存知ですか?

美味しいアイスクリームの作り方とは?

伊豆の温泉へ女子旅 ゆったりとした時間を

温泉に浸かっておいしい食事を伊豆の温泉で。

女子旅でも人気のある伊豆の温泉で

日頃のストレスから解放されませんか?

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

日本三大秘境を謳う地 祖谷渓について

吉野川支流の祖谷川にあり、全長は10kmにも及ぶ。高さ数十~100mの高低差もさることながら、降水量も多いために樹木が生い茂り、隔絶された深山幽谷の景観を擁する。また一帯は平家の隠れ里(地理学的には隠田集落と呼ぶ)として名高く、日本三大秘境を謳う地であり、山麓にへばりつくように住宅が点在する。とくしま88景に選定。
四国三郎ともいわれた吉野川は暴れ川で知られ、支流のこの川も例外ではなかった。加えて河谷の急峻さもあって、川を跨ぐのは至難の業であった。そのために集落を跨ぐ橋が設けられた。それが西祖谷山にあるかずら橋(重要有形民俗文化財)であり、また東祖谷山には奥祖谷二重かずら橋がある。
名物の祖谷そばは有名。また他にこんにゃくなどを産する。祖谷温泉が湧出してからは観光地としての色も一段と高まった。標高が高いために冬期には降雪も確認される。
東祖谷には次郎笈や三嶺、西に進むと大歩危、小歩危がある。いずれも剣山国定公園の指定地域。

引用元-祖谷渓 – Wikipedia

スポンサーリンク



  人気記事

桃源郷祖谷の山里に今年4月新棟がオープン

全8棟、お好みの過ごし方で “選べる” 落合集落の茅葺き民家宿

今回の新棟のオープンで、桃源郷祖谷の山里の運営する東祖谷「落合集落」内の茅葺き民家宿は、既存の浮生(ふしょう)、晴耕(せいこう)、雨読(うどく)、雲外(うんがい)、蒼天(そうてん)、悠居(ゆうきょ)と合わせて全8棟となりました。
各宿はロケーションや建物の大きさだけでなく、間取りやインテリアにそれぞれ特徴があり、宿泊人数やお好みの過ごし方によって選択の幅が一気に広がりました。
※宿泊料金もそれぞれで異なります。

ますます “非日常を過ごす日常感のある集落” に

ゆるやかな時が流れ、平熱感漂う山里。
桃源郷祖谷の山里の茅葺き民家ステイの目指す究極は、滞在される方々が当地での「日常」へのひとときの同化を体験して頂くことにあります。
それはおそらく、滞在される方にとっては普段感じるのが難しい、けれどもとても自然に過ごせる「非日常」ではないかと思います。

「宿」だけではなく、宿のある「集落」こそが、遠くお越し頂いたお客様にとっての山里時間を過ごす場所ということ。集落内に茅葺き民家宿が増えるにつれ、お客様を受け入れる落合集落の空気は、ますますそのにおいが濃くなってきています。
8棟の茅葺き民家宿のある落合集落では、静かに皆様の滞在をお待ちしています。

引用元-新棟「談山」「天一方」4/25(土)よりオープンします! | 祖 谷 の も ろ も ろ

スポンサーリンク



ケーブルカーで行く天空露天風呂新祖谷温泉

ケーブルカーで登る天空露天風呂と囲炉裏端でのお食事がセットになった温泉満喫プランです。

特典もりだくさん!当プラン限定のお得なプランです。
★昼食時に徳島産やまももワイン1杯またはジュース1本付
★お土産にすだちワイン又はやまももワイン(720ml)1本プレゼント
★また、通常有料のタオル、バスタオルを無料でお使いいただけます。

大浴場はもちろんケーブルカーの天空露天風呂(男湯・女湯・混浴)も入り放題!
ご昼食は囲炉裏端での祖谷の手作り郷土料理をお楽しみ下さい。
※そばアレルギーの方は、予めご連絡ください。該当の食材を除外し、代わりの食材を使用します。

●館内滞在可能時間 10:00~16:00
●ご入浴可能時間 10:00~16:00 
●ご昼食場所 昼食は囲炉裏会食場

引用元-温泉予約-新祖谷温泉ケーブルカーで行く天空露天風呂と囲炉裏

徳島県三好市西祖谷の古民家宿「空音遊」がおすすめ

 

old-houses-792771_12801 (1) (1)

空音遊での宿泊の魅力は、そこにいる人々と不思議な連帯感を持てることです。

夕食は宿泊客とスタッフがテーブルを囲んで一緒にし、
就寝時も布団を川の字に並べて寝るなど、まるで家族と過ごすような感覚です。

自然にそこに溶け込み、他の旅人たちと共に楽しめる時間は幸福感に満たされます。

日頃、他人と距離を取っていても、
こんなにも距離を自然に縮められるのだということを教えてもらえます。

人見知りの方でも空音遊の優しい空気が後押ししてくれます。

人生観が180度変わったという人もいるそうです。

世界中から集まってくる旅人たちの言葉からは、得るものがたくさんあります。

天空の里にある宿「空音遊」でゆったりとした時間を

古民家をそのまま生かした宿が居心地よすぎて、外出せずに一日中まったりとすごす観光客やリピーターさん達も続出。夜はもちろん星空が綺麗すぎてヤバい。流れ星もしょっちゅうながれますし、天の川ももちろんみえます。満月に近い日は、月明かりの明るさに驚く事でしょう。
また、朝起きたとき、山々の間にもやが立ちこめる様子も「天空感」満載です。
そして、ここのオーナー「のりさん」がまさに仙人級の生き方をしています。
それは「楽しく生きること=仕事=生活」というまさに当ブログで私が目指す生き方をすでに10年かけて実践されています。
その暮らしには、仕事感がありません。
自然体で生活する中にゲストさんを受け入れて、楽しく一緒に時間を過ごして、お金をいただいて、自然の恵みをいただいて、生きるというような風なんです。無理がありません。
また、お客さんから人生相談等を持ちかけられると、アドバイスをくれるんですが、それがまるで天からメッセージが降りてきているかのように的確な事が少なくありません。
そんな環境下のもと、人生を見つけたい、探したいと訪れるリピーターも続出中なんです。

引用元-天空の里、徳島県の大歩危にある宿「空音遊」で癒し体験イベント | 生き方・ナリワイ情報サイト(旧:人物図鑑)

twitterの反応

 - スポット グルメ, 四国地方, 建造物, 自然