ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

      2018/12/28

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

スポンサーリンク

  関連記事

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

子供の落書きなど油性ペンを消したい壁や床 革やプラスチックは?

誤って油性ペンのインクが床や物に付いてしまったり、

子供がいるとイタズラで壁に書いてしまったりした場合に、

油性インクを消す方法をご紹介します。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

てんかんとは?

脳の神経細胞(ニューロン)は、その数は数百億ともいわれますが、基本的に電気的活動を行っているため、強い電気刺激により異常で過剰な電気活動(電気発射)を起こす性質があります。「てんかん発作」は、このニューロンの電気発射が外部からの刺激なしに自発的に起こる現象を指し、また「てんかん」は、この「てんかん発作」をくりかえし起こすことを特徴とする病気です。
てんかんは、原因が不明な「特発性てんかん」と、頭部外傷、脳卒中、脳腫瘍、アルツハイマー病など原因が明らかな「症候性てんかん」に分けられ、前者が全体の約6割、後者が残りの約4割を占めるとされます。乳幼児から、小児、学童、思春期、成人、高齢者のいずれの年齢層でも発症しますが、特に小児と高齢者で発症率が高いといわれています。
重症度は千差万別で、小児期に発病し数年に一度程度の発作で成人になれば完治してしまう良性の特発性てんかんがある一方、頻繁に発作をくりかえし様々な脳機能障害が進行する難治の症候性てんかんもあります。

引用元-てんかん|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

スポンサーリンク



  人気記事

てんかんの症状について

突然意識を失う全般発作
脳波の異常が大脳全体に広がる全般発作では、突然意識を失い倒れることがあります。倒れた直後に手足を突っ張るような硬直が起こります。そして、手足をガクンガクンと曲げたり、伸ばしたりする発作が30秒~1分ほど続き、その後、筋肉が緩んだ格好になって発作はおさまります。発作が止まったときに口から泡のようなよだれを吹くことがあります。発作の中には、意識を失って20~30秒後には何もなかったかのように意識が戻るというパターンもあります。

意識がある部分発作
脳の一部分に異常が起こる部分発作では、手や顔の一部がピクピク動いたり、皮膚の一部がチクチクと感じたり、汗が出たり顔が赤くなったり、言葉が出なくなるなどの症状があらわれます。発作は突然始まり、1分程度で終わります。これらの症状に加え、だんだんと意識が曇ってくるような発作が起きるケースもあります。

引用元-てんかん 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

スポンサーリンク



てんかんの診断をするために

癲癇(てんかん)の診断をするためには、脳波の検査を行う必要があります。上の写真はちょっと電極をつけすぎだと思いますが、頭に電極をつけて脳の電気活動を測定します。起きている時と寝ている時の脳波を記録するのが基本となります。

痛みのない検査なので、小さい子どもでもできます。また、繰り返し検査しても危険はありません。

通常の脳波検査では診断が困難な場合、ビデオ撮影と脳波が連続検査できる特殊な専門病棟で、患者さんを観察しながら検査することもあるそうです。

また、癲癇(てんかん)発作の症状の変化や薬の効果による変化を経時的にみるために、定期的に脳波検査を行うことが多いようです。
なお脳波検査の他に、CT検査やMRI検査など脳を画像で確認する検査や血液検査、尿検査なども必要に応じて行われるそうです。

引用元-癲癇(てんかん)は脳の病気!癲癇(てんかん)の症状や発作の予防法は?|welq [ウェルク]

てんかんは子供に多い病気

「てんかん」は、種類によっては成人で発症するものもありますが、患者全体の7割は小児で、てんかんは乳幼児期から学童期に発症しやすい病気です。きちんと治療すれば治っていく良性てんかんが多いですが、中には乳児重症ミオクロニーてんかん、ウエスト症候群、レノックス・ガストー症候群、ドラベ症候群といった難治性のてんかんもあります。
「てんかん」と聞くと、口から泡を吹いて突然倒れる病気という印象がありますが、てんかん発作は人によって多彩で、意識障害、けいれん(ひきつけ)を起こしたり、視覚、聴覚、言語に障害が出ることもあります。
てんかんは珍しい病気のように思われるかもしれませんが、全国のてんかん患者数は100万人にのぼると推定されており、100人に対し1人の割合で見られる決して珍しくない病気ですので、てんかんについて正しい知識を知ってもらいたいと思います。

引用元-有病率は100人に1人。子どもに多い神経の病気「てんかん」|むらき小児科|村木幸太郎 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

てんかん発作の前後の性格の変化について

発作の起きる前後から不機嫌になってしまったり
いつもと言動が違ってしまったり
 
こういった症状が見られた場合にはまずはご自身が落ち着いて、
てんかん患者の方にも
・深呼吸をさせる
・横にして安静にする
などの対処をとって落ち着かせてあげると良いです。
 
 
てんかん発作の起きた後にこういった症状が出た場合はいつまで続くかはわかりませんので
落ち着くまでゆっくりと相手のペースに合わせてあげましょう。
 
 
てんかん患者自身もこういった症状に常日頃悩まされていたりするので
周囲がそういった辛さなどを理解してあげることもストレスの緩和に繋がり
てんかん発作 発症の抑制にもなります。
 
 
その他に、薬を服用することによっててんかん発作は抑えられますので
日頃から薬の服用を促してあげることなども大事です。

引用元-てんかん 症状 性格

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て