ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

      2018/12/28

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

スポンサーリンク

  関連記事

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

てんかんとは?

脳の神経細胞(ニューロン)は、その数は数百億ともいわれますが、基本的に電気的活動を行っているため、強い電気刺激により異常で過剰な電気活動(電気発射)を起こす性質があります。「てんかん発作」は、このニューロンの電気発射が外部からの刺激なしに自発的に起こる現象を指し、また「てんかん」は、この「てんかん発作」をくりかえし起こすことを特徴とする病気です。
てんかんは、原因が不明な「特発性てんかん」と、頭部外傷、脳卒中、脳腫瘍、アルツハイマー病など原因が明らかな「症候性てんかん」に分けられ、前者が全体の約6割、後者が残りの約4割を占めるとされます。乳幼児から、小児、学童、思春期、成人、高齢者のいずれの年齢層でも発症しますが、特に小児と高齢者で発症率が高いといわれています。
重症度は千差万別で、小児期に発病し数年に一度程度の発作で成人になれば完治してしまう良性の特発性てんかんがある一方、頻繁に発作をくりかえし様々な脳機能障害が進行する難治の症候性てんかんもあります。

引用元-てんかん|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

スポンサーリンク



  人気記事

てんかんの症状について

突然意識を失う全般発作
脳波の異常が大脳全体に広がる全般発作では、突然意識を失い倒れることがあります。倒れた直後に手足を突っ張るような硬直が起こります。そして、手足をガクンガクンと曲げたり、伸ばしたりする発作が30秒~1分ほど続き、その後、筋肉が緩んだ格好になって発作はおさまります。発作が止まったときに口から泡のようなよだれを吹くことがあります。発作の中には、意識を失って20~30秒後には何もなかったかのように意識が戻るというパターンもあります。

意識がある部分発作
脳の一部分に異常が起こる部分発作では、手や顔の一部がピクピク動いたり、皮膚の一部がチクチクと感じたり、汗が出たり顔が赤くなったり、言葉が出なくなるなどの症状があらわれます。発作は突然始まり、1分程度で終わります。これらの症状に加え、だんだんと意識が曇ってくるような発作が起きるケースもあります。

引用元-てんかん 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

スポンサーリンク



てんかんの診断をするために

癲癇(てんかん)の診断をするためには、脳波の検査を行う必要があります。上の写真はちょっと電極をつけすぎだと思いますが、頭に電極をつけて脳の電気活動を測定します。起きている時と寝ている時の脳波を記録するのが基本となります。

痛みのない検査なので、小さい子どもでもできます。また、繰り返し検査しても危険はありません。

通常の脳波検査では診断が困難な場合、ビデオ撮影と脳波が連続検査できる特殊な専門病棟で、患者さんを観察しながら検査することもあるそうです。

また、癲癇(てんかん)発作の症状の変化や薬の効果による変化を経時的にみるために、定期的に脳波検査を行うことが多いようです。
なお脳波検査の他に、CT検査やMRI検査など脳を画像で確認する検査や血液検査、尿検査なども必要に応じて行われるそうです。

引用元-癲癇(てんかん)は脳の病気!癲癇(てんかん)の症状や発作の予防法は?|welq [ウェルク]

てんかんは子供に多い病気

「てんかん」は、種類によっては成人で発症するものもありますが、患者全体の7割は小児で、てんかんは乳幼児期から学童期に発症しやすい病気です。きちんと治療すれば治っていく良性てんかんが多いですが、中には乳児重症ミオクロニーてんかん、ウエスト症候群、レノックス・ガストー症候群、ドラベ症候群といった難治性のてんかんもあります。
「てんかん」と聞くと、口から泡を吹いて突然倒れる病気という印象がありますが、てんかん発作は人によって多彩で、意識障害、けいれん(ひきつけ)を起こしたり、視覚、聴覚、言語に障害が出ることもあります。
てんかんは珍しい病気のように思われるかもしれませんが、全国のてんかん患者数は100万人にのぼると推定されており、100人に対し1人の割合で見られる決して珍しくない病気ですので、てんかんについて正しい知識を知ってもらいたいと思います。

引用元-有病率は100人に1人。子どもに多い神経の病気「てんかん」|むらき小児科|村木幸太郎 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

てんかん発作の前後の性格の変化について

発作の起きる前後から不機嫌になってしまったり
いつもと言動が違ってしまったり
 
こういった症状が見られた場合にはまずはご自身が落ち着いて、
てんかん患者の方にも
・深呼吸をさせる
・横にして安静にする
などの対処をとって落ち着かせてあげると良いです。
 
 
てんかん発作の起きた後にこういった症状が出た場合はいつまで続くかはわかりませんので
落ち着くまでゆっくりと相手のペースに合わせてあげましょう。
 
 
てんかん患者自身もこういった症状に常日頃悩まされていたりするので
周囲がそういった辛さなどを理解してあげることもストレスの緩和に繋がり
てんかん発作 発症の抑制にもなります。
 
 
その他に、薬を服用することによっててんかん発作は抑えられますので
日頃から薬の服用を促してあげることなども大事です。

引用元-てんかん 症状 性格

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て