ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

      2016/04/20

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

朝シャンの効果とは?ハゲるって本当?

朝シャンするのは、すっきりして気持ちいいものです。

ですが、朝シャンはハゲるという話もあります。

朝シャンによる効果とは?メリットやデメリットは何なのでしょうか?

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

突然起こるてんかん発作

てんかんを持っている人は、突然目の前でてんかん発作を起こすことがあります。発作の時間は数秒のこともありますし、数分続くこともあります。発作そのものは致命的になることはありませんが、見える症状が突然で重大な症状に見えることから、周りの人は冷静さを失ってしまいがちです。しかしだからこそ、正しく理解して冷静に対応する必要があります。

引用元-突然起こるてんかん発作~こんな症状がでたときの対応の仕方は?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

スポンサーリンク



  人気記事

てんかん発作を見かけたときの対応でまずすべきこととは

①意識確認がまず第一
目の前で突然人が倒れた時、その人に意識があるかどうかを、確認することが重要となります。「大丈夫ですか?」と声をかけ、反応があれば意識があります。反応がなければ意識はない状態と判断し、呼吸状態の確認を行います。その時点で、救急車を呼ぶことが重要となり、周囲へのサポートを頼みます。
また、てんかんかどうかの確認は、目の向きを確認し、目が上を向いていればてんかん発作の可能性が高くなります。その場合は、数秒から数分で意識回復することがあります。
 
②安全性を優先する
てんかん発作は、全身が揺れ動いてけがをすることもあり、さらに周囲への危害を加えてしまうこともあります。本人には意識がないため、周囲がけがをしない場所へ動かし、安全を確保することが重要となります。
また、無理に声をかけたり呼んだりせず、何時から何時まで発作が起こっていたのかを記録することが重要です。さらに、本人の意識が回復した際に、全身状況を確認しけががないかチェックすることが重要です。

引用元-正しい知識で、てんかん発作に対応しましょう | ウチシルベ

スポンサーリンク



てんかんの発作が長引く場合の対応について

一回の発作は普通5分以内におさまることが多いのですが、重積の場合それ以上続くことや、間隔は短くても何度も繰り返すことがあります。
以前は30分以上続く場合と考えられていましたが、現在は5~10分以上で重積状態とみなすようになってきました。
重積状態では脳への深刻なダメージや生命の危険が考えられます。
この場合は、救急車を呼び、病院での緊急処置を受けることが必要となります。
そのため、周りの人が何分くらい発作が続いているのか、間隔は短くても繰り返してはいないか、状態を観察することが大事です。
自然に回復せず5~10分以上続く場合は、救急車を呼ぶべき状態と判断した方が良いでしょう。
本人は意識がなく、回復した後も記憶がないことが多いため、状態を観察しておくことは診察やその後の治療の上での判断材料にもなります。

引用元-救急車を呼んだ方が良いてんかん発作の種類と対処方法について

てんかん発作で入浴時に心がけたいこと

入浴する時に心掛けたいことは、

シャワー浴はもっとも安全です。
風呂場には危険な物は置かず、整理整頓し、セラピーマットなどを敷いてすべらないようにするとよいでしょう。
発作が頻発している間は、入浴を中止します。どうしても入浴したい場合は、家族の人に一緒に入ってもらうか、そばにいてもらいましょう。
ひとりで入浴する場合は、家族の人に「今からお風呂に入るからね。」と声をかけてから入ることを習慣にしましょう。家族の方には、ときおり声を掛けてあげたり、様子をみるなどの配慮をお願いします。
熱傷を起こすこともあるので、火を止めてから入浴します。シャワーでは湯加減の調整が大事です。
もし入浴中に発作が起きたら、浴槽から出して介護します。水をのんでいないかを確かめます。溺水状態であれば、救急処置を施します(ご本人が重くて浴槽から引き出せない場合は、まず浴槽の栓をぬき排水させましょう)。
けいれん発作だけでなく、ごく軽い意識減損発作でも、溺れて大事に至る場合があります。てんかん発作をもつ人にとって、浴槽は危険な場所のひとつであると認識しておきましょう。

引用元-入浴に際してはどのような注意が必要ですか? | てんかん情報センター

てんかん発作の治療方法とは

脳の興奮を抑える抗てんかん薬を服用して発作を減らします。
規則正しく薬を服用すれば、7~8割の患者で発作は抑えられます。

薬で治らない場合は、
発作にかかわる脳の部位を一部切り取る開頭手術などを検討します。

最近は、体内に埋め込んだ小型装置を使い、
脳から首につながる自律神経(迷走神経)に電気刺激を与えて
脳の興奮を抑える「迷走神経刺激療法」も登場しています。

副作用が少なく、うつ症状の改善も期待できるとされています。

発作は無理をした後でおこりやすく、
睡眠不足や過労、暴飲、暴食、過激な運動、
ストレスなどが引き金で起こりやすくなると言われています。

1日6時間以上の睡眠を確保し、発作が起こしにくい生活を心がけるといいそうです。

引用元-てんかん発作の原因と症状!発作時の対処法や治療法とは!!

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康