ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

      2016/04/20

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

突然起こるてんかん発作

てんかんを持っている人は、突然目の前でてんかん発作を起こすことがあります。発作の時間は数秒のこともありますし、数分続くこともあります。発作そのものは致命的になることはありませんが、見える症状が突然で重大な症状に見えることから、周りの人は冷静さを失ってしまいがちです。しかしだからこそ、正しく理解して冷静に対応する必要があります。

引用元-突然起こるてんかん発作~こんな症状がでたときの対応の仕方は?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

スポンサーリンク



  人気記事

てんかん発作を見かけたときの対応でまずすべきこととは

①意識確認がまず第一
目の前で突然人が倒れた時、その人に意識があるかどうかを、確認することが重要となります。「大丈夫ですか?」と声をかけ、反応があれば意識があります。反応がなければ意識はない状態と判断し、呼吸状態の確認を行います。その時点で、救急車を呼ぶことが重要となり、周囲へのサポートを頼みます。
また、てんかんかどうかの確認は、目の向きを確認し、目が上を向いていればてんかん発作の可能性が高くなります。その場合は、数秒から数分で意識回復することがあります。
 
②安全性を優先する
てんかん発作は、全身が揺れ動いてけがをすることもあり、さらに周囲への危害を加えてしまうこともあります。本人には意識がないため、周囲がけがをしない場所へ動かし、安全を確保することが重要となります。
また、無理に声をかけたり呼んだりせず、何時から何時まで発作が起こっていたのかを記録することが重要です。さらに、本人の意識が回復した際に、全身状況を確認しけががないかチェックすることが重要です。

引用元-正しい知識で、てんかん発作に対応しましょう | ウチシルベ

スポンサーリンク



てんかんの発作が長引く場合の対応について

一回の発作は普通5分以内におさまることが多いのですが、重積の場合それ以上続くことや、間隔は短くても何度も繰り返すことがあります。
以前は30分以上続く場合と考えられていましたが、現在は5~10分以上で重積状態とみなすようになってきました。
重積状態では脳への深刻なダメージや生命の危険が考えられます。
この場合は、救急車を呼び、病院での緊急処置を受けることが必要となります。
そのため、周りの人が何分くらい発作が続いているのか、間隔は短くても繰り返してはいないか、状態を観察することが大事です。
自然に回復せず5~10分以上続く場合は、救急車を呼ぶべき状態と判断した方が良いでしょう。
本人は意識がなく、回復した後も記憶がないことが多いため、状態を観察しておくことは診察やその後の治療の上での判断材料にもなります。

引用元-救急車を呼んだ方が良いてんかん発作の種類と対処方法について

てんかん発作で入浴時に心がけたいこと

入浴する時に心掛けたいことは、

シャワー浴はもっとも安全です。
風呂場には危険な物は置かず、整理整頓し、セラピーマットなどを敷いてすべらないようにするとよいでしょう。
発作が頻発している間は、入浴を中止します。どうしても入浴したい場合は、家族の人に一緒に入ってもらうか、そばにいてもらいましょう。
ひとりで入浴する場合は、家族の人に「今からお風呂に入るからね。」と声をかけてから入ることを習慣にしましょう。家族の方には、ときおり声を掛けてあげたり、様子をみるなどの配慮をお願いします。
熱傷を起こすこともあるので、火を止めてから入浴します。シャワーでは湯加減の調整が大事です。
もし入浴中に発作が起きたら、浴槽から出して介護します。水をのんでいないかを確かめます。溺水状態であれば、救急処置を施します(ご本人が重くて浴槽から引き出せない場合は、まず浴槽の栓をぬき排水させましょう)。
けいれん発作だけでなく、ごく軽い意識減損発作でも、溺れて大事に至る場合があります。てんかん発作をもつ人にとって、浴槽は危険な場所のひとつであると認識しておきましょう。

引用元-入浴に際してはどのような注意が必要ですか? | てんかん情報センター

てんかん発作の治療方法とは

脳の興奮を抑える抗てんかん薬を服用して発作を減らします。
規則正しく薬を服用すれば、7~8割の患者で発作は抑えられます。

薬で治らない場合は、
発作にかかわる脳の部位を一部切り取る開頭手術などを検討します。

最近は、体内に埋め込んだ小型装置を使い、
脳から首につながる自律神経(迷走神経)に電気刺激を与えて
脳の興奮を抑える「迷走神経刺激療法」も登場しています。

副作用が少なく、うつ症状の改善も期待できるとされています。

発作は無理をした後でおこりやすく、
睡眠不足や過労、暴飲、暴食、過激な運動、
ストレスなどが引き金で起こりやすくなると言われています。

1日6時間以上の睡眠を確保し、発作が起こしにくい生活を心がけるといいそうです。

引用元-てんかん発作の原因と症状!発作時の対処法や治療法とは!!

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康