ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

      2016/04/20

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

リウマチの原因はストレスかも?男性患者も増加している原因とは

精神的なストレスが積み重なる事が、

リウマチの原因となるようです。女性に多いとされるリウマチですが、

男性の患者も増加しているそうです。

また、既に関節リウマチになっている人でも、

ストレスによって進行を悪化させる場合もあります。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

突然起こるてんかん発作

てんかんを持っている人は、突然目の前でてんかん発作を起こすことがあります。発作の時間は数秒のこともありますし、数分続くこともあります。発作そのものは致命的になることはありませんが、見える症状が突然で重大な症状に見えることから、周りの人は冷静さを失ってしまいがちです。しかしだからこそ、正しく理解して冷静に対応する必要があります。

引用元-突然起こるてんかん発作~こんな症状がでたときの対応の仕方は?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

スポンサーリンク



  人気記事

てんかん発作を見かけたときの対応でまずすべきこととは

①意識確認がまず第一
目の前で突然人が倒れた時、その人に意識があるかどうかを、確認することが重要となります。「大丈夫ですか?」と声をかけ、反応があれば意識があります。反応がなければ意識はない状態と判断し、呼吸状態の確認を行います。その時点で、救急車を呼ぶことが重要となり、周囲へのサポートを頼みます。
また、てんかんかどうかの確認は、目の向きを確認し、目が上を向いていればてんかん発作の可能性が高くなります。その場合は、数秒から数分で意識回復することがあります。
 
②安全性を優先する
てんかん発作は、全身が揺れ動いてけがをすることもあり、さらに周囲への危害を加えてしまうこともあります。本人には意識がないため、周囲がけがをしない場所へ動かし、安全を確保することが重要となります。
また、無理に声をかけたり呼んだりせず、何時から何時まで発作が起こっていたのかを記録することが重要です。さらに、本人の意識が回復した際に、全身状況を確認しけががないかチェックすることが重要です。

引用元-正しい知識で、てんかん発作に対応しましょう | ウチシルベ

スポンサーリンク



てんかんの発作が長引く場合の対応について

一回の発作は普通5分以内におさまることが多いのですが、重積の場合それ以上続くことや、間隔は短くても何度も繰り返すことがあります。
以前は30分以上続く場合と考えられていましたが、現在は5~10分以上で重積状態とみなすようになってきました。
重積状態では脳への深刻なダメージや生命の危険が考えられます。
この場合は、救急車を呼び、病院での緊急処置を受けることが必要となります。
そのため、周りの人が何分くらい発作が続いているのか、間隔は短くても繰り返してはいないか、状態を観察することが大事です。
自然に回復せず5~10分以上続く場合は、救急車を呼ぶべき状態と判断した方が良いでしょう。
本人は意識がなく、回復した後も記憶がないことが多いため、状態を観察しておくことは診察やその後の治療の上での判断材料にもなります。

引用元-救急車を呼んだ方が良いてんかん発作の種類と対処方法について

てんかん発作で入浴時に心がけたいこと

入浴する時に心掛けたいことは、

シャワー浴はもっとも安全です。
風呂場には危険な物は置かず、整理整頓し、セラピーマットなどを敷いてすべらないようにするとよいでしょう。
発作が頻発している間は、入浴を中止します。どうしても入浴したい場合は、家族の人に一緒に入ってもらうか、そばにいてもらいましょう。
ひとりで入浴する場合は、家族の人に「今からお風呂に入るからね。」と声をかけてから入ることを習慣にしましょう。家族の方には、ときおり声を掛けてあげたり、様子をみるなどの配慮をお願いします。
熱傷を起こすこともあるので、火を止めてから入浴します。シャワーでは湯加減の調整が大事です。
もし入浴中に発作が起きたら、浴槽から出して介護します。水をのんでいないかを確かめます。溺水状態であれば、救急処置を施します(ご本人が重くて浴槽から引き出せない場合は、まず浴槽の栓をぬき排水させましょう)。
けいれん発作だけでなく、ごく軽い意識減損発作でも、溺れて大事に至る場合があります。てんかん発作をもつ人にとって、浴槽は危険な場所のひとつであると認識しておきましょう。

引用元-入浴に際してはどのような注意が必要ですか? | てんかん情報センター

てんかん発作の治療方法とは

脳の興奮を抑える抗てんかん薬を服用して発作を減らします。
規則正しく薬を服用すれば、7~8割の患者で発作は抑えられます。

薬で治らない場合は、
発作にかかわる脳の部位を一部切り取る開頭手術などを検討します。

最近は、体内に埋め込んだ小型装置を使い、
脳から首につながる自律神経(迷走神経)に電気刺激を与えて
脳の興奮を抑える「迷走神経刺激療法」も登場しています。

副作用が少なく、うつ症状の改善も期待できるとされています。

発作は無理をした後でおこりやすく、
睡眠不足や過労、暴飲、暴食、過激な運動、
ストレスなどが引き金で起こりやすくなると言われています。

1日6時間以上の睡眠を確保し、発作が起こしにくい生活を心がけるといいそうです。

引用元-てんかん発作の原因と症状!発作時の対処法や治療法とは!!

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康