ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

      2016/04/20

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

男性のスキンケア!顔の乾燥への対策について

乾燥肌によってもたらされる問題は女性に限らず、

男性もあると思います。ある調査では、男性の肌に対する悩みは、

1位のアブラに次ぐ2位が乾燥であるそうです。

どのようなケアをしていったらいいのでしょうか?

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

突然起こるてんかん発作

てんかんを持っている人は、突然目の前でてんかん発作を起こすことがあります。発作の時間は数秒のこともありますし、数分続くこともあります。発作そのものは致命的になることはありませんが、見える症状が突然で重大な症状に見えることから、周りの人は冷静さを失ってしまいがちです。しかしだからこそ、正しく理解して冷静に対応する必要があります。

引用元-突然起こるてんかん発作~こんな症状がでたときの対応の仕方は?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

スポンサーリンク



  人気記事

てんかん発作を見かけたときの対応でまずすべきこととは

①意識確認がまず第一
目の前で突然人が倒れた時、その人に意識があるかどうかを、確認することが重要となります。「大丈夫ですか?」と声をかけ、反応があれば意識があります。反応がなければ意識はない状態と判断し、呼吸状態の確認を行います。その時点で、救急車を呼ぶことが重要となり、周囲へのサポートを頼みます。
また、てんかんかどうかの確認は、目の向きを確認し、目が上を向いていればてんかん発作の可能性が高くなります。その場合は、数秒から数分で意識回復することがあります。
 
②安全性を優先する
てんかん発作は、全身が揺れ動いてけがをすることもあり、さらに周囲への危害を加えてしまうこともあります。本人には意識がないため、周囲がけがをしない場所へ動かし、安全を確保することが重要となります。
また、無理に声をかけたり呼んだりせず、何時から何時まで発作が起こっていたのかを記録することが重要です。さらに、本人の意識が回復した際に、全身状況を確認しけががないかチェックすることが重要です。

引用元-正しい知識で、てんかん発作に対応しましょう | ウチシルベ

スポンサーリンク



てんかんの発作が長引く場合の対応について

一回の発作は普通5分以内におさまることが多いのですが、重積の場合それ以上続くことや、間隔は短くても何度も繰り返すことがあります。
以前は30分以上続く場合と考えられていましたが、現在は5~10分以上で重積状態とみなすようになってきました。
重積状態では脳への深刻なダメージや生命の危険が考えられます。
この場合は、救急車を呼び、病院での緊急処置を受けることが必要となります。
そのため、周りの人が何分くらい発作が続いているのか、間隔は短くても繰り返してはいないか、状態を観察することが大事です。
自然に回復せず5~10分以上続く場合は、救急車を呼ぶべき状態と判断した方が良いでしょう。
本人は意識がなく、回復した後も記憶がないことが多いため、状態を観察しておくことは診察やその後の治療の上での判断材料にもなります。

引用元-救急車を呼んだ方が良いてんかん発作の種類と対処方法について

てんかん発作で入浴時に心がけたいこと

入浴する時に心掛けたいことは、

シャワー浴はもっとも安全です。
風呂場には危険な物は置かず、整理整頓し、セラピーマットなどを敷いてすべらないようにするとよいでしょう。
発作が頻発している間は、入浴を中止します。どうしても入浴したい場合は、家族の人に一緒に入ってもらうか、そばにいてもらいましょう。
ひとりで入浴する場合は、家族の人に「今からお風呂に入るからね。」と声をかけてから入ることを習慣にしましょう。家族の方には、ときおり声を掛けてあげたり、様子をみるなどの配慮をお願いします。
熱傷を起こすこともあるので、火を止めてから入浴します。シャワーでは湯加減の調整が大事です。
もし入浴中に発作が起きたら、浴槽から出して介護します。水をのんでいないかを確かめます。溺水状態であれば、救急処置を施します(ご本人が重くて浴槽から引き出せない場合は、まず浴槽の栓をぬき排水させましょう)。
けいれん発作だけでなく、ごく軽い意識減損発作でも、溺れて大事に至る場合があります。てんかん発作をもつ人にとって、浴槽は危険な場所のひとつであると認識しておきましょう。

引用元-入浴に際してはどのような注意が必要ですか? | てんかん情報センター

てんかん発作の治療方法とは

脳の興奮を抑える抗てんかん薬を服用して発作を減らします。
規則正しく薬を服用すれば、7~8割の患者で発作は抑えられます。

薬で治らない場合は、
発作にかかわる脳の部位を一部切り取る開頭手術などを検討します。

最近は、体内に埋め込んだ小型装置を使い、
脳から首につながる自律神経(迷走神経)に電気刺激を与えて
脳の興奮を抑える「迷走神経刺激療法」も登場しています。

副作用が少なく、うつ症状の改善も期待できるとされています。

発作は無理をした後でおこりやすく、
睡眠不足や過労、暴飲、暴食、過激な運動、
ストレスなどが引き金で起こりやすくなると言われています。

1日6時間以上の睡眠を確保し、発作が起こしにくい生活を心がけるといいそうです。

引用元-てんかん発作の原因と症状!発作時の対処法や治療法とは!!

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康