ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

      2017/03/27

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

  関連記事

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

退職願と退職届の違いや辞表の意味は?

会社を辞めようと決意した時、退職願と退職届のどちらを

提出したらいいのでしょうか?そもそも違いとは?

また、辞表と2つの違いは何なのでしょうか?

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

子供の落書きなど油性ペンを消したい壁や床 革やプラスチックは?

誤って油性ペンのインクが床や物に付いてしまったり、

子供がいるとイタズラで壁に書いてしまったりした場合に、

油性インクを消す方法をご紹介します。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

炭酸入浴剤とは?またその効果について

入浴剤には、保温や保湿を目的としたもの、アロマによるリラックス効果を目的としたものなどさまざまなタイプがありますが、炭酸入浴剤は、医療の分野でも高血圧や動脈硬化、ケガの症状改善などにも活用されている炭酸泉の効能に着目して開発された、血流を促すことを目的としたものです。主に錠剤や粒状、タブレットの状態で販売されています。

浴槽に投入するとシュワシュワと出る泡が炭酸ガス。この泡が消えたら炭酸が水に溶けた合図です。入浴剤によっては、溶けてから2時間程度は炭酸がしっかり溶け込んでおり、炭酸の効果を得ることができます。

炭酸入浴剤に期待できる効果
こうした入浴剤は、炭酸ガスの血管拡張効果を得ることを主な目的にしています。お湯に溶けた炭酸ガス(二酸化炭素)が皮膚から吸収されて体内に蓄積すると、体が二酸化炭素を異物とみなし、酸素を吸収しようと毛細血管が広がります。血管が広がることで血流が良くなります。また、温かいお湯に入っているので、体表面の熱が、改善された血流によって全身へと運ばれ、身体の芯まで温まります。そうした結果、全身の新陳代謝が促進され、疲れや肩こり、冷え症などの改善、肌のターンオーバーの正常化といった効果が期待できるのです。

また炭酸には、皮脂や角質などのタンパク汚れを吸着し、浮かせて取りのぞくという清浄効果も期待できます。全身の毛穴の汚れをやさしく落としてくれるのも、入浴剤のうれしい効果です。

引用元-炭酸入浴剤の効果と選び方 | スキンケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

炭酸入浴剤を入れるベストなタイミングとは

炭酸入浴剤を入れる時、どのタイミングで入れていますか?

まさかお湯に浸かってから入れるなんてことしてませんよね…。

炭酸入浴剤から出ているシュワシュワっとした泡を直接浴びた方が効果があるなんて思っていたら勘違いです。

炭酸入浴剤を使う場合は、入浴剤が溶けきってから入浴することが正解です。

炭酸入浴剤をお湯に入れた時に炭酸ガスの泡が出てきていますが、あの段階では入浴剤がお湯に溶けきる途中の段階なのです。すべて溶けきった後に目に見えない炭酸ガスがお湯に充満しているのです。

ですから、すべて溶けきった状態でお風呂に入るほうが、炭酸ガスが溶けきっていて炭酸入浴剤の効果が得られやすい状態なのです。

そして、炭酸ガスの効果は溶かしてから2時間は持続するので一つ入れれば、家族数人は炭酸ガスの効果を楽しめます。

引用元-炭酸入浴剤を入れるベストなタイミングとは

スポンサーリンク



お湯には炭酸が抜けやすい・溶けにくい

a0782_000456_m

炭酸水には天然のものと人工のものがあり、40℃(お風呂)の状態だと1000ppmが限界となります。

水が0℃の状態では3000ppm~6000ppmくらいの炭酸ガスを溶かすことができます。高い圧力で3000〜6000ppm以上の炭酸ガスを溶かしていますが、栓を抜いた途端に炭酸ガスが抜けて3000ppmくらいにまで下がってしまうのです。身近なもので言うと、サイダーやビール・炭酸水などです。

また、水の温度が20℃の場合だと、炭酸濃度は約1700ppmに減少し、40℃では1000ppmくらいまで抜けてしまいます。多くの方のお風呂の温度が40℃前後なので、お風呂では1000ppmの炭酸ガスを溶けこませるのが限界となります。

また、40℃ほどのお湯だと炭酸はとても抜けやすい状態です。コーラやサイダーなどを飲み残し、置いておいたらすぐに炭酸が抜けてしまった、ということが誰しも1度はあるかと思いますが、お風呂もそれと同じで置いておくとすぐに炭酸は抜けてしまうのです。特に40℃前後では、0℃の状態と比べてもとても抜けやすい状態です。

引用元-炭酸入浴剤の効果とその秘密

生活習慣病が気になる方におすすめの炭酸入浴剤

生活習慣病を緩和するために、
炭酸ガス含有無機塩類系の入浴剤がおすすめされています。

これは、温浴効果を高めることにより、
体温の上昇や血流の促進に効果が期待できます。

中性脂肪が減るという研究報告もあるそうですよ。

入浴方法については、
全身浴で10分程度しっかり浸かるようにしましょう。

お湯の温度は41度くらいがいいとされています。

これにより、血流を高める効果が期待できます。

また、体温を上げることで血管を広げる効果もあるそうです。

入浴しながら、軽い肩の上げ下げや腰の屈曲などの運動を
行うようにするといいそうです。

大切なことは継続することです。
無理なく体の負担にならぬように続けていきましょう。

入浴で美肌になるための基本3つ

(1)湯温は42度未満!

副交感神経を優位にしてリラックスするためには、湯温は38〜40度に設定しましょう。また、42度以上の熱いお湯に浸かると、体にとって必要な角質までも落として乾燥を招いてしまいますので、心身ともに入浴の効果を十分に得るためにも、湯温は高くとも41度までにしましょう。

(2)目的別の入浴剤を入れることで効果アップ

入浴剤と言っても種類によって効能は様々。血行促進をしたいなら炭酸ガスの入ったものを、リラックスしたいなら好きな色や香りのものを、肌荒れが気になるならクレイ重曹の入浴剤を…などと、自分の目的に沿った入浴剤を選んでみましょう! いつものお風呂がますます充実したものになるはず。

(3)朝?夜?入るタイミングで効果は全然ちがう!

1日の汚れや疲れを落とし、副交感神経を優位にしてくれる夜のお風呂は、心身ともにゆっくり休めたい時に最適です。反対に、体をシャキッとさせたい時には、朝のお風呂がおすすめ。朝は40~42℃の比較的熱いお湯に短時間浸かったり、シャワーを浴びることで、交感神経が活発になり、体も気持ちも目覚めてくれるはず。気分に合わせてバスタイムを活用してみることで、疲れや辛さを和らげられるかもしれません。

引用元-女性の美肌・美容マガジンLBR

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学