ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

痰がからむ咳は病気?風邪?

      2016/05/03

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

手のツボにはどんな効果が?合谷や陽谿とは

足の裏と同様に、手も第二の心臓と呼ばれるほど、

ツボがあります。効果的な手のツボを押して、

生活を快適にしましょう。

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

10日以上痰がからむような咳がでる時は

咳には痰(たん)が絡む咳と空咳とがあります。
空咳が出る病気には肺がん、間質性肺炎、肺腺維症、咳ぜん息、血圧を下げる薬(降圧剤)によるものなどがあります。
痰の絡む咳が出る病気にはぜん息、慢性気管支炎、肺結核、副鼻腔-気管支症候群、気管支拡張症などがあります。

 痰の色や咳がどのようなときに出るのかはこれらの病気をみわける重要な手がかりになります。
例えば、夜や夜中から明け方にかけて出るようでしたら、ぜん息や咳ぜん息が強く疑われます。咳以外の症状-微熱など-があるかどうかもチェックして下さい。肺結核は過去の病気だと思われていましたが、最近、増える傾向があります。痰が出て、咳が3週間以上続くようでしたら、胸部のレントゲン、痰、血液などの検査を受けましょう。

 降圧剤の中には飲み始めて3週間位たつと空咳の出る薬とぜん息を悪くしたり、ぜん息を発症させる薬とがあります。主治医の先生に確認しましょう。

 呼吸困難やゼーゼーはなく、咳だけが症状のせきぜん息というのがあります。レントゲンや血液検査では異常が見つからず、アレルギーの検査や気道過敏性という特殊な検査とで診断されます。通常の咳止めは効果がありません。ぜん息の薬が有効です。専門医への受診が必要です。

引用元-10日間前から痰の絡む咳が続いています。常に喉には痰が絡んで… – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク



  人気記事

痰や咳の進行は冷静な判断と行動を

風邪症状の咳は市販の咳止めを使えば1週間ほどでおさまります。薬では治まらない咳に痰がからみます。

からんだ痰が切れない様子は咳をしている本人より、咳をしている様子を見聞きしている人が冷静に判断できますね。

痰の色が緑色の場合は感染症や副鼻腔炎の可能性があります。専門医である耳鼻咽喉科で痰の原因が判明することが多いようです。

緑色の痰が出る症状に併せて声が出ないという方。気管支にまで炎症が進行している可能性もあり、体調は悪化傾向にあります。この場合は大至急病院に行ってくださいね。

痰は様々なコトを教えてくれますがもう痰の注意点をもう一つ。同様の疾患に罹っても、痰が出ない場合もあります。

痰の原因や症状の重さが関係しています。回復か悪化かを判断するのは熱・頭痛・不眠・だるさなど全身で判断する事が重要です。

原因が判明して処方された薬を飲むだけで治るなど、咳や痰を軽く見る事も症状が長引く原因になります。

咳や痰は身体からの危険信号です。処方された薬を正しく服用して、安静にして全身を休養させることが早期完治への第一歩です。

引用元-風邪の症状♪咳に痰がからむ時注意したいのはココ!!  | acestrategy.jp

スポンサーリンク



風邪の時の痰のからむ咳は治っているサイン

風邪をひいた時に咳(せき)が止まらなくなると非常につらいもの。しかし、咳(せき)にも種類があり、薬などで無理して止めないほうが良い咳(せき)もあれば、出るに任せておくとさらに害となる咳(せき)もあります。正しい対処でつらい症状と早くおさらばできるよう、正しい咳(せき)の知識を身につけましょう。

●咳は2種類
まず、咳(せき)には乾性咳(せき)と湿性咳(せき)の2種類があります。前者は、コンコンと痰(たん)がからまない乾いた咳(せき)。後者はゴホゴホと痰(たん)がからむ咳(せき)です。

●痰が混じる咳は治っているサイン
どちらも長時間続くと体力を消耗しますが、湿性咳(せき)の場合は気道に大量に分泌された痰(たん)を排出する体の防御反応であるため、これは風邪が治ってきているサインであり、むやみにせき止め薬で止めない方が良い場合があります。

薬を使用する場合は、医師の判断を仰いだほうが良いでしょう。痰(たん)がからんで苦しい場合は、誰かに手の指で下から上に向かって左右の背中をトントンと軽くたたいてもらうと痰(たん)が切れやすくなります。

●乾性の咳は思い切りしない
乾性の咳(せき)の場合、注意しなければいけないことは、思い切り咳(せき)をしないこと。激しく咳(せき)を繰り返すと、気管までの粘膜が傷ついてしまいます。

この傷により、粘膜の神経線維が冷たい空気を吸い込んだだけで刺激され、ますます咳(せき)をひどくしてしますのです。つまり、激しいせきをすればするほど、自らその傷を増やしさらに咳(せき)の回数を増やす結果となってしまうということ。

引用元-あなたの咳の仕方は間違ってる!「正しい咳の方法」とは? – Ameba News [アメーバニュース]

痰から考えられる風邪以外の病気とは

痰から考えられる可能性のある病気

COPD(慢性閉塞性肺疾患)
慢性気管支炎と肺気腫のことを慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。肺の生活習慣病の一つで、主な原因は喫煙が考えられています。
症状としては痰や咳の他にも息切れなどの症状が見られます。
詳しくはこちら⇒COPD(治療・予防)

慢性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎は鼻の副鼻腔に慢性的な炎症が生じている状態です。
膿状の鼻水がのどに到達して、炎症を起こし、痰やせきなどの症状を引き起こす可能性があります。

引用元-痰がからむ・痰で咳が出る

痰がからむ咳が多く息が苦しい場合は病気の可能性

息苦しくなるのはさまざまな原因が考えられます。
呼吸をする際に使う肺、喉などのあらゆる呼吸器官に腫れといった異常が発生している可能性が高いですが、他にも胃などに問題があったりストレスなどによる原因で上手く息づかいができなくなってしまっている可能性もあります。
症状の原因として特にわかりやすいのは、痰が喉に絡んでしまった場合でしょう。
痰が絡んでしまった時は喉に引っ掛かりがあるので、どうしても呼吸するのが困難になってしまうものです。
簡単な対処としては、うがいや鼻スプレーなどがあります。
ですが、あまりにも頻繁であったり、そのせいで日常生活に支障がでてしまうような状態であるのならば、それはもしかしたら病気であるかもしれないと思った方がいいかもしれません。
病気であれば、その症状に合わせた対策が必要になってきます。

引用元-息苦しい、痰が絡むのは病気の可能性ある!

 - 生活の知恵, 美容・健康