ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

痰がからむ咳は病気?風邪?

      2016/05/03

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

焼きみかんで美容などの効果が期待できる栄養素とは?

みかんを焼いて焼きみかんにすることで、

皮に含まれるβクリプトキサンチンという栄養素が、

皮から浸み出して、含まれる油と一緒に果肉に入っていき、

美容などの効果を生むそうです。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

10日以上痰がからむような咳がでる時は

咳には痰(たん)が絡む咳と空咳とがあります。
空咳が出る病気には肺がん、間質性肺炎、肺腺維症、咳ぜん息、血圧を下げる薬(降圧剤)によるものなどがあります。
痰の絡む咳が出る病気にはぜん息、慢性気管支炎、肺結核、副鼻腔-気管支症候群、気管支拡張症などがあります。

 痰の色や咳がどのようなときに出るのかはこれらの病気をみわける重要な手がかりになります。
例えば、夜や夜中から明け方にかけて出るようでしたら、ぜん息や咳ぜん息が強く疑われます。咳以外の症状-微熱など-があるかどうかもチェックして下さい。肺結核は過去の病気だと思われていましたが、最近、増える傾向があります。痰が出て、咳が3週間以上続くようでしたら、胸部のレントゲン、痰、血液などの検査を受けましょう。

 降圧剤の中には飲み始めて3週間位たつと空咳の出る薬とぜん息を悪くしたり、ぜん息を発症させる薬とがあります。主治医の先生に確認しましょう。

 呼吸困難やゼーゼーはなく、咳だけが症状のせきぜん息というのがあります。レントゲンや血液検査では異常が見つからず、アレルギーの検査や気道過敏性という特殊な検査とで診断されます。通常の咳止めは効果がありません。ぜん息の薬が有効です。専門医への受診が必要です。

引用元-10日間前から痰の絡む咳が続いています。常に喉には痰が絡んで… – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク



  人気記事

痰や咳の進行は冷静な判断と行動を

風邪症状の咳は市販の咳止めを使えば1週間ほどでおさまります。薬では治まらない咳に痰がからみます。

からんだ痰が切れない様子は咳をしている本人より、咳をしている様子を見聞きしている人が冷静に判断できますね。

痰の色が緑色の場合は感染症や副鼻腔炎の可能性があります。専門医である耳鼻咽喉科で痰の原因が判明することが多いようです。

緑色の痰が出る症状に併せて声が出ないという方。気管支にまで炎症が進行している可能性もあり、体調は悪化傾向にあります。この場合は大至急病院に行ってくださいね。

痰は様々なコトを教えてくれますがもう痰の注意点をもう一つ。同様の疾患に罹っても、痰が出ない場合もあります。

痰の原因や症状の重さが関係しています。回復か悪化かを判断するのは熱・頭痛・不眠・だるさなど全身で判断する事が重要です。

原因が判明して処方された薬を飲むだけで治るなど、咳や痰を軽く見る事も症状が長引く原因になります。

咳や痰は身体からの危険信号です。処方された薬を正しく服用して、安静にして全身を休養させることが早期完治への第一歩です。

引用元-風邪の症状♪咳に痰がからむ時注意したいのはココ!!  | acestrategy.jp

スポンサーリンク



風邪の時の痰のからむ咳は治っているサイン

風邪をひいた時に咳(せき)が止まらなくなると非常につらいもの。しかし、咳(せき)にも種類があり、薬などで無理して止めないほうが良い咳(せき)もあれば、出るに任せておくとさらに害となる咳(せき)もあります。正しい対処でつらい症状と早くおさらばできるよう、正しい咳(せき)の知識を身につけましょう。

●咳は2種類
まず、咳(せき)には乾性咳(せき)と湿性咳(せき)の2種類があります。前者は、コンコンと痰(たん)がからまない乾いた咳(せき)。後者はゴホゴホと痰(たん)がからむ咳(せき)です。

●痰が混じる咳は治っているサイン
どちらも長時間続くと体力を消耗しますが、湿性咳(せき)の場合は気道に大量に分泌された痰(たん)を排出する体の防御反応であるため、これは風邪が治ってきているサインであり、むやみにせき止め薬で止めない方が良い場合があります。

薬を使用する場合は、医師の判断を仰いだほうが良いでしょう。痰(たん)がからんで苦しい場合は、誰かに手の指で下から上に向かって左右の背中をトントンと軽くたたいてもらうと痰(たん)が切れやすくなります。

●乾性の咳は思い切りしない
乾性の咳(せき)の場合、注意しなければいけないことは、思い切り咳(せき)をしないこと。激しく咳(せき)を繰り返すと、気管までの粘膜が傷ついてしまいます。

この傷により、粘膜の神経線維が冷たい空気を吸い込んだだけで刺激され、ますます咳(せき)をひどくしてしますのです。つまり、激しいせきをすればするほど、自らその傷を増やしさらに咳(せき)の回数を増やす結果となってしまうということ。

引用元-あなたの咳の仕方は間違ってる!「正しい咳の方法」とは? – Ameba News [アメーバニュース]

痰から考えられる風邪以外の病気とは

痰から考えられる可能性のある病気

COPD(慢性閉塞性肺疾患)
慢性気管支炎と肺気腫のことを慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。肺の生活習慣病の一つで、主な原因は喫煙が考えられています。
症状としては痰や咳の他にも息切れなどの症状が見られます。
詳しくはこちら⇒COPD(治療・予防)

慢性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎は鼻の副鼻腔に慢性的な炎症が生じている状態です。
膿状の鼻水がのどに到達して、炎症を起こし、痰やせきなどの症状を引き起こす可能性があります。

引用元-痰がからむ・痰で咳が出る

痰がからむ咳が多く息が苦しい場合は病気の可能性

息苦しくなるのはさまざまな原因が考えられます。
呼吸をする際に使う肺、喉などのあらゆる呼吸器官に腫れといった異常が発生している可能性が高いですが、他にも胃などに問題があったりストレスなどによる原因で上手く息づかいができなくなってしまっている可能性もあります。
症状の原因として特にわかりやすいのは、痰が喉に絡んでしまった場合でしょう。
痰が絡んでしまった時は喉に引っ掛かりがあるので、どうしても呼吸するのが困難になってしまうものです。
簡単な対処としては、うがいや鼻スプレーなどがあります。
ですが、あまりにも頻繁であったり、そのせいで日常生活に支障がでてしまうような状態であるのならば、それはもしかしたら病気であるかもしれないと思った方がいいかもしれません。
病気であれば、その症状に合わせた対策が必要になってきます。

引用元-息苦しい、痰が絡むのは病気の可能性ある!

 - 生活の知恵, 美容・健康