ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

痰がからむ咳は病気?風邪?

      2018/06/05

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

焼きみかんで美容などの効果が期待できる栄養素とは?

みかんを焼いて焼きみかんにすることで、

皮に含まれるβクリプトキサンチンという栄養素が、

皮から浸み出して、含まれる油と一緒に果肉に入っていき、

美容などの効果を生むそうです。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

10日以上痰がからむような咳がでる時は

咳には痰(たん)が絡む咳と空咳とがあります。
空咳が出る病気には肺がん、間質性肺炎、肺腺維症、咳ぜん息、血圧を下げる薬(降圧剤)によるものなどがあります。
痰の絡む咳が出る病気にはぜん息、慢性気管支炎、肺結核、副鼻腔-気管支症候群、気管支拡張症などがあります。

 痰の色や咳がどのようなときに出るのかはこれらの病気をみわける重要な手がかりになります。
例えば、夜や夜中から明け方にかけて出るようでしたら、ぜん息や咳ぜん息が強く疑われます。咳以外の症状-微熱など-があるかどうかもチェックして下さい。肺結核は過去の病気だと思われていましたが、最近、増える傾向があります。痰が出て、咳が3週間以上続くようでしたら、胸部のレントゲン、痰、血液などの検査を受けましょう。

 降圧剤の中には飲み始めて3週間位たつと空咳の出る薬とぜん息を悪くしたり、ぜん息を発症させる薬とがあります。主治医の先生に確認しましょう。

 呼吸困難やゼーゼーはなく、咳だけが症状のせきぜん息というのがあります。レントゲンや血液検査では異常が見つからず、アレルギーの検査や気道過敏性という特殊な検査とで診断されます。通常の咳止めは効果がありません。ぜん息の薬が有効です。専門医への受診が必要です。

引用元-10日間前から痰の絡む咳が続いています。常に喉には痰が絡んで… – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク



  人気記事

痰や咳の進行は冷静な判断と行動を

風邪で出る症状の咳は咳止めを使用することで、
おさめたりしますが、それでは治まらない咳が出ることもあります。

その咳は痰がからむことが多いそうです。

痰の色が緑色の場合、感染症や副鼻腔炎の可能性が考えるとされます。

専門医の耳鼻咽喉科で痰の原因が判明することが多いそうです。

緑色の痰が出て声も出ないという場合は、
気管支にまで炎症が進行している可能性があり、
体調が悪化するかもしれませんので、病院に行くようにしましょう。

同様の疾患を罹った場合でも、
痰が出ない場合があるそうなので注意が必要です。

咳や痰は身体からの危険信号でもあります。

処方された薬を正しく服用し、
休養することが早期完治へ大切なこととなるでしょう。

スポンサーリンク



風邪の時の痰のからむ咳は治っているサイン

風邪をひいた時に咳(せき)が止まらなくなると非常につらいもの。しかし、咳(せき)にも種類があり、薬などで無理して止めないほうが良い咳(せき)もあれば、出るに任せておくとさらに害となる咳(せき)もあります。正しい対処でつらい症状と早くおさらばできるよう、正しい咳(せき)の知識を身につけましょう。

●咳は2種類
まず、咳(せき)には乾性咳(せき)と湿性咳(せき)の2種類があります。前者は、コンコンと痰(たん)がからまない乾いた咳(せき)。後者はゴホゴホと痰(たん)がからむ咳(せき)です。

●痰が混じる咳は治っているサイン
どちらも長時間続くと体力を消耗しますが、湿性咳(せき)の場合は気道に大量に分泌された痰(たん)を排出する体の防御反応であるため、これは風邪が治ってきているサインであり、むやみにせき止め薬で止めない方が良い場合があります。

薬を使用する場合は、医師の判断を仰いだほうが良いでしょう。痰(たん)がからんで苦しい場合は、誰かに手の指で下から上に向かって左右の背中をトントンと軽くたたいてもらうと痰(たん)が切れやすくなります。

●乾性の咳は思い切りしない
乾性の咳(せき)の場合、注意しなければいけないことは、思い切り咳(せき)をしないこと。激しく咳(せき)を繰り返すと、気管までの粘膜が傷ついてしまいます。

この傷により、粘膜の神経線維が冷たい空気を吸い込んだだけで刺激され、ますます咳(せき)をひどくしてしますのです。つまり、激しいせきをすればするほど、自らその傷を増やしさらに咳(せき)の回数を増やす結果となってしまうということ。

引用元-あなたの咳の仕方は間違ってる!「正しい咳の方法」とは? – Ameba News [アメーバニュース]

痰から考えられる風邪以外の病気とは

痰から考えられる可能性のある病気

COPD(慢性閉塞性肺疾患)
慢性気管支炎と肺気腫のことを慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。肺の生活習慣病の一つで、主な原因は喫煙が考えられています。
症状としては痰や咳の他にも息切れなどの症状が見られます。
詳しくはこちら⇒COPD(治療・予防)

慢性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎は鼻の副鼻腔に慢性的な炎症が生じている状態です。
膿状の鼻水がのどに到達して、炎症を起こし、痰やせきなどの症状を引き起こす可能性があります。

引用元-痰がからむ・痰で咳が出る

痰がからむ咳が多く息が苦しい場合は病気の可能性

息苦しくなるのはさまざまな原因が考えられます。
呼吸をする際に使う肺、喉などのあらゆる呼吸器官に腫れといった異常が発生している可能性が高いですが、他にも胃などに問題があったりストレスなどによる原因で上手く息づかいができなくなってしまっている可能性もあります。
症状の原因として特にわかりやすいのは、痰が喉に絡んでしまった場合でしょう。
痰が絡んでしまった時は喉に引っ掛かりがあるので、どうしても呼吸するのが困難になってしまうものです。
簡単な対処としては、うがいや鼻スプレーなどがあります。
ですが、あまりにも頻繁であったり、そのせいで日常生活に支障がでてしまうような状態であるのならば、それはもしかしたら病気であるかもしれないと思った方がいいかもしれません。
病気であれば、その症状に合わせた対策が必要になってきます。

引用元-息苦しい、痰が絡むのは病気の可能性ある!

 - 生活の知恵, 美容・健康