ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

台湾ランタンフェスティバルの多種多彩なランタンアート

      2016/01/30

海外旅行でも人気の台湾で毎年旧暦の正月に

ランタンフェスティバルというイベントが行われます。

幻想的なランタンアートを味わいましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

天空の里と呼ばれる長野の秘境で日々の疲れを癒す

長野県飯田市上村は日本の秘境と名高く、

遠山郷のさらに奥地に位置する下栗集落は

天空の里とも呼ばれているそうです。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

初夢とはいつ見る夢のこと 一富士二鷹三茄子とは?

初夢とは、何日に見たものが初夢となるのでしょう。

大晦日の夜?元日の夜?

一富士二鷹三茄子の意味とは?

東北最大級の小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜

冬の小岩井農場の夜を彩るイルミネーションイベントです。

農場のかわいい動物たちが表現された巨大キャンバス絵や

光の動物園、SL機関車、トラクターバスのイルミネーションなど

綺麗に彩られています。

伊豆の温泉へ女子旅 ゆったりとした時間を

温泉に浸かっておいしい食事を伊豆の温泉で。

女子旅でも人気のある伊豆の温泉で

日頃のストレスから解放されませんか?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

イルミネーションを横浜で楽しむ

横浜でイルミネーションを楽しみましょう。

カップルや家族、女性同士でイルミネーションに

癒されませんか?

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

北海道で芝桜の名所は?人気の滝上や東藻琴の芝桜公園

芝桜といえば、富士芝桜が有名ですが、

5月中旬から6月上旬にかけて北海道の芝桜も見頃を迎えます。

北海道のまた一味違った芝桜も素敵かもしれません。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

寒さに負けず北海道各所のイルミネーションを見よう

北の大地北海道でイルミネーションを堪能しませんか?

北海道イルミネーションのおすすめスポットをご紹介します。

そこにはきっと寒さも忘れるくらい素敵な風景があるでしょう。

ソロキャンプの道具は少なめに!1人の時のテントや持ち物はどんなものがいい?

ソロキャンプでは、あまり道具が多くならないようにしましょう。

また、一人でキャンプする場合のテントの選び方やポイントをおさえて、

より快適なソロキャンプができるようにしたいですね。

青森県の寒い冬に温もりのストーブ列車

青森県津軽鉄道のストーブ列車は、

車内にダルマストーブをつけて温まったり、

窓から地吹雪の景色を眺めるのが醍醐味です。

カラオケで歌いやすい曲や盛り上がる曲とは?

カラオケでみんなで盛り上がれる曲や、

カラオケが苦手な人も、

歌いやす曲と一緒にご紹介します。

台湾の各地で開催されるランタンフェスティバル

お正月の終わりを告げる元宵節

旧暦文化の台湾では、旧暦のお正月を盛大にお祝いします。

そして旧暦の1月15日の元宵節(ユェン・シャオ・ジエ)は、そのお正月の最終日。

人々は湯圓(タンユェン※)と呼ばれるお餅を食べ、家族円満や吉祥を祈ります。

そして、この時期のもう一つのお楽しみが工夫をこらしたランタンを見に行くこと。

このふたつは、台湾では外せない行事で、私も台湾に住んでいた頃は台湾の人に混じって体験していました。

※正確にはこの時食べるお餅は元宵といわれ、湯圓とは作り方が異なるようです。現在は区別も曖昧であまり気にされていない様子。

ランタンフェスティバルとは

ランタン=ちょうちん、灯籠などを意味する英語ですね。

ランタンフェスティバル(中国語:燈會/ダン・フウィ)は、その名の通り創意工夫して作られたランタンを集結させ、目で見て楽しむイベントです。

大きな広場や公園に政府機関、企業、学校などの団体が作品を出店し、さらにランタンの創意工夫と出来栄えを競うコンテストなども開かれます。

主要なランタンフェスは「台北燈會」、「高雄燈會」、そして台湾政府観光局が毎年場所を変えて行う「台灣燈會」。

いずれも元宵節前後から2週間程度開催されています。

引用元-一生に一度は見たい!冬の台湾を彩る平渓ランタンフェスティバル。 | 台湾とあくしゅ

スポンサーリンク



  人気記事

台湾ランタンフェスティバルの伝統的要素と先進的な技術の融合

台湾ランタン・フェスティバルは、毎年、元宵節(旧暦の1月15日)の時期に行われる台湾最大級の国家的イベントです。1990年から台湾政府・交通部の観光局により運営されており、毎年、台湾国内で開催地を変えて行われるのが特徴。会場には台湾各地の趣向を凝らしたランタンの数々が一堂に会して明りを灯す、とても幻想的なお祭りです。
無数の赤提灯が織りなすレトロな灯りもあれば、動物や人気キャラクターを型どった大掛かりな電飾オブジェも多数出展され、さながらディズニーランドのエレクトリカル・パレードを彷彿とさせるものがあります。 電飾には無数のLEDやコンピューター制御を用いたものも多く、台湾が誇るハイテク技術を駆使した先進的な側面と伝統的な祭り的要素とが見事に融合しながら台湾の夜を彩ります。会期中に並行して行われる多彩なショーの数々も必見です!

引用元-台湾ランタンフェスティバル | ena(イーナ)の海外ツアー

スポンサーリンク



2016年の台湾フェスティバルの会場は桃園

台湾政府交通部観光局が主催するランタンフェスティバルは今年、台湾北部の桃園市で開催される。毎年元宵節(旧暦正月十五日)の前後に開催される大型イベントで、その年の干支をテーマとしたメインランタンや地方の特色を取り入れた大小のランタンが屋外展示される。今年の幕開けを彩る桃園ランタンフェスティバルは「文化」と「ハイテク」がテーマ。多様な民族文化と地方の伝統芸術を二週間にわたって華麗に披露する。

 会場は高速鉄道桃園駅前広場から1.2キロ郊外の青塘園までと広大。交通部観光局が設置した「金猴献桃」と名付けられたメインランタンのほか、ハイテク王国「桃園」を象徴する「インテリジェンスシティ」、観光工場による「童話夢工場」、史上初長さ500メートルを超す「桃園物語回廊」、プロ野球チームLamigoが参与した「多元交流」、青塘園の景観とコラボさせた「新桃花源」といった各エリアが企画されており、内外の旅客に桃園の魅力をアピールする。

引用元-NEWSーー2016台湾ランタンフェスティバルin 桃園|台湾観光のブログ

元宵節の由来について

元宵節の由来は漢代にまでさかのぼることができる。漢朝の実権を掌握した呂后が崩御すると国内では諸呂の乱が発生、これを平定した陳平等により劉桓が皇帝に推戴された。反乱平定を達成したのが正月15日であったことより、以降皇帝は毎年この日に宮殿を出て民衆と共に祝賀したことに由来する。この日を文帝により元宵節或いは元夜、元夕と命名された。
また道教も元宵節に大きな影響を与えている。道教における三元神、即ち上元天官、中元地官、下元水官をそれぞれ正月15日、7月15日、10月15日に割り当て、それぞれ上元節、中元節、下元節として祭祀が行われ、そのため元宵節は上元節とも称される。元宵節に天官を祭祀するにあたり、人々はランタンを作り華やかな雰囲気を創出し吉祥、邪気払いを行っていた。これらの宗教性が次第に希薄になったが、現在でも元宵節には色とりどりのランタンが用いられ、そのため灯節とも称される。『史記』楽書には漢武帝の時代には、元宵節には太一神の祭祀が行われていたと記載され、夜通しランタンが灯されていたと記載されている。
元宵節が民間の風俗となったのは仏教の影響を受けた後である。後漢になると仏教が中国に伝播し、明帝の時代には蔡愔がインドより帰国しインドでは正月15日に仏舎利を祭ることを伝えたことによる。仏教では灯明が仏具に用いられていたため、元宵節には各寺院で灯明を灯し法会を開くようになった。

引用元-元宵節 – Wikipedia

桃園近郊でお勧めの観光スポットは?

桃園だったら大渓老街とかありますが、台湾鉄道の
桃園駅か中壢駅からバスになると思います。

新幹線の駅は台湾鉄道の駅から遠いので、
無難に台北で過ごして15時くらいに新幹線で
桃園へ向かったほうがよさそうな気もします。

あとは逆に新竹まで行って観光して
桃園へ戻ってくるとか。

新幹線の桃園駅から桃園国際空港までは
通常で約20分くらいです。
普通だったら22時にバスに乗れれば間に合います。
が、ランタンフェスティバルは新幹線駅周辺が
会場なんですよね。

最終日にランタンフェスティバルを見るなら
新幹線の駅に到着したらまずバス停を確認して
所要時間をあらかじめ聞いてから
会場を散策してはどうでしょうか?

引用元-台湾、ランタンフェスティバル2016について。台北へ2泊3日で行く予定です… – Yahoo!知恵袋

 - イベント, スポット グルメ, 歴史, 海外