ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

      2016/04/26

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

ストレートネックかも チェックリストで確認してみよう

ストレートネックのチェックリスト

・毎日5時間以上パソコンを使う
・パソコン作業時、脚を組むことが多い
・キーボートの位置が遠い
・ノートパソコンを使うことが多い
・目が疲れやすい。トライアイになりやすい
・腕を上げると、とちらかの腕が耳につきにくい
・1日に歩く時間は30分以下
・1日l時間はスマートフォンを使っている
・まくらがない方が寝やすい
・あおむけで寝にくい

0~2個 特に問題ありません。良い姿勢が維持できていると考えられます。
3~5個 痛みがある場合は要注意です。
6個以上 ストレートネックになっている可能性が高い。

引用元-−-ストレートネック マル秘解消法

スポンサーリンク



  人気記事

タオルを使ったストレッチでストレートネックを解消

まず、タオルをちょっと短めに持って下さい。そして、こんな感じで首にかけてあげます。
タオルの位置は髪の毛の生え際の下あたりで、手の位置はなるべくギリギリを持つようにします。
ピッタリでは無くていいです。
そして、「ごく軽く」の力で下方向に引っ張ります。気持ち程度です。
この状態で、首をゆっくり後ろに倒して行きます。基本的にはこれだけです(笑)
何でこれが良いのかって言うと、首の今のタオルがかかっている場所って言うのが、骨がちょこっとだけ動いてくれる部分なんです。
そこにタオルをかけてあげて、少し下向きに引っ張る。その状態で首を後ろに上げます。
ただ頭を後ろに上げるだけでは、骨が動いて欲しい方向に動いてくれません。
なのでタオルを補助的に使い、首の骨がカーブを付ける様な方向に矯正する事が出来ます。

このタオルを使った首の体操を行うペースについて

この運動を大体一回五秒位の時間をかけて行いたいですね。
首を後ろに倒すのに五秒、戻すのに五秒と言った感じです。
これを五セット行います。そこで注意点なのですが、くれぐれもタオルは強くひかない事。軽く腕の重みで下に引く程度にして下さい。
実はさっきお話ししたストレートネックの状態だと、頭の方にも血液が行きにくくなります。
そういう状況を改善する為にも、色々な体操と組み合わせてやってあげると効果が有ります!やってみてくださいね。

引用元-−-タオル一本で簡単に出来る!ストレートネックに効く運動をご紹介

スポンサーリンク



ストレートネックを解消するストレッチ体操

a1640_000247_m

両手を後ろに組みます。息を吐きながら、上体をそらしストレッチします。このとき同時に組んだ両腕を上へ持ち上げます。(一連の動作で行ってください。)

その状態のまま、2~3呼吸保持します。
息を吐きながら、ゆっくりと戻り、手をほどきます。

この体操は、無理をせずにゆっくりおこなってください

簡単そうな動きですが、猫背などで背筋が伸びにくい人の場合は、かなりきつい動きかと思います。無理に行おうとすると体幹部をネジってしまい、かえってゆがみが大きくなってしまう場合もあります。

筋力トレーニングやストレッチなどでは、どの筋肉を鍛えているの、効かせているのかを意識ながら行うことが重要であることは周知の通りですが、この体操の場合も、『何のためにそれを行い、どんな効果があるのか! という理屈を知ることが大切になります。』

テレビや雑誌などで、同じような動作をおこなう体操を見かけた人もいると思いますが、正確に行うためには、それを知ってやるのか知らないでやるのかでは効果も違ってきます。

引用元-−-ストレートネックの体操やストレッチ

椅子に座ったままでストレートネックを改善するストレッチ

会社でデスクワーク中に首が痛いときに有効です。

忙しくても10秒ほどで終わるので、スイッチの切り替えにもいいと思います。

まずは、いすに座った状態で両腕を上げてバンザイするようにし、上体を反らせていきます。

このときいすの背もたれに上体が当たらないようにしましょう。

足は肩幅くらいに広げておけば大丈夫です。

背中ももちろん背もたれから離れた上体で行ってください。

ちょっときついなと感じる場合は背中と背もたれの間にクッションなどをあてるといいかもしれません。

背中に背もたれが当たった状態だと姿勢の矯正効果が薄れてしまうので注意しましょう。

この姿勢を10秒保ちます。

また、このストレッチにより猫背も解消できるそうなので、気分転換のためにもたまにやってみましょう。

タオルストレッチで肩こりも解消しよう

タオルストレッチ・その1:V字ストレッチ

まず肩幅に足を開き、全身はリラックスさせます。タオルの両端を手でもってゆっくりと頭上に上げます。腕をのばしきったらちょうど頭上にVの字が出来るようにするのですが、無理がある人はタオルの端よりも内側をもって少しVの字を幅を狭くするとか、肘を曲げてもらっても大丈夫です。
セットが完了したら息を吐きながらゆっくりとタオルの端を左右どちらかに引っ張っていきます。
この時背筋はのばしたままタオルを引っ張ると肩関節が動く事を意識しつつ、痛くなる寸前まで引っ張っていきましょう。
痛くなる寸前まで引っ張ったら5秒間その姿勢をキープします。この時呼吸は自然と行ないます。
その後もとの起立時のV字姿勢までゆっくりと戻して逆方向にストレッチします。
※これは肩関節周囲の様々な筋肉をストレッチして血流を上げる効果があり、肩関節の柔軟性を養うため慢性の筋疲労性肩こりに効果があります。左右交互に行なうのを1セットとして1日3セットを目安に行なうようにしてください。

タオルストレッチ・その2:肩甲骨のストレッチ

まず肩幅に足を開き、全身はリラックスさせます。タオルの両端を手でもって肘を伸ばしゆっくりと胸の前まで持ってきます。
ゆっくりと息を吐きながら左右どちらかの方向にタオルを引っ張ります。
引っ張ってる間は頑張って腰をひねらないようにしてください。(腰は正面を向くようにします)
痛くなる寸前まで引っ張ったら5秒間その姿勢をキープします。この時呼吸は自然と行ないます。
その後元の姿勢までゆっくりと戻して逆方向にストレッチします。
※この運動は「02-16.肩こり体操って何ですか?」で紹介した「肩関節の後方から上腕にかけてのストレッチ」と同じ効果がありますが、タオルを使う分楽に行なう事が出来ます。四十肩や五十肩で骨と筋肉が癒着を起こしているような場合にはこちらの方が無理無く行なう事が出来るので試してみてください。1日の目安は左右交互に行なうのを1セットとして1日3セット程度です。

タオルストレッチ・その3:上半身ひねり

まず肩幅に足を開き、全身はリラックスさせます。タオルの両端を手でもって肘を伸ばしゆっくりと胸の前まで持ってきます。
次にタオルを持っている腕はそのままの幅をキープしてゆっくりと左右どちらかに引っ張っていきます。これは体側のストレッチになりますので肩から上は頭も一緒に動かします。
ただし、この時腰は正面を向いたままの位置をキープします。
痛くなる寸前まで引っ張ったら5秒間その姿勢をキープします。この時呼吸は自然と行ないます。
その後もとの姿勢までゆっくりと戻して逆方向にストレッチします。

引用元-−-意外と使える!タオルでできる肩こり改善ストレッチ – コラム – シュギjp

 - 生活の知恵, 美容・健康