ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

青森県の寒い冬に温もりのストーブ列車

      2017/03/28

青森県津軽鉄道のストーブ列車は、

車内にダルマストーブをつけて温まったり、

窓から地吹雪の景色を眺めるのが醍醐味です。

スポンサーリンク

  関連記事

寒さに負けず北海道各所のイルミネーションを見よう

北の大地北海道でイルミネーションを堪能しませんか?

北海道イルミネーションのおすすめスポットをご紹介します。

そこにはきっと寒さも忘れるくらい素敵な風景があるでしょう。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

日本の世界遺産白川郷・五箇山の合掌造り集落の魅力

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、

飛越地方の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落群です。

1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、

日本では6件目の世界遺産となりました。

天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

サイコロの1だけが赤いのはなぜ?

普段何気なく使っているサイコロ。

どうして1だけ赤いのでしょうか。

諸説あるようです。

台湾ランタンフェスティバルの多種多彩なランタンアート

海外旅行でも人気の台湾で毎年旧暦の正月に

ランタンフェスティバルというイベントが行われます。

幻想的なランタンアートを味わいましょう。

金沢金箔の装飾 花嫁のれん観光列車とは

2015年の10月より運行が開始された、

石川県金沢市の観光列車「花嫁のれん」

装飾も綺麗でぜひ乗ってみたいですね。

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

北海道の函館で桜を楽しもう!名所や見頃は?

北海道の桜は見たことありますか?

函館にはとても桜が綺麗な名所がたくさんあります。

新幹線も開通したので、ぜひ今年の桜の見頃に函館へ足を運んでみましょう。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

東北最大級の小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜

冬の小岩井農場の夜を彩るイルミネーションイベントです。

農場のかわいい動物たちが表現された巨大キャンバス絵や

光の動物園、SL機関車、トラクターバスのイルミネーションなど

綺麗に彩られています。

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

サイダーとソーダの違いとは?ラムネはどっち?

違いが曖昧なものの一つにサイダーとソーダの違いが

あると思います。もちろん知っている方もいると思いますが、

休憩中のちょっとした話題になるかもしれませんね。

津軽鉄道が冬季に運行するストーブ列車とは

機関車のヘッドマークにダルマストーブをあしらったストーブ列車。
前方に排雪板(ブレード)を装着した姿は如何にも雪国の列車と感じさせてくれます。

この列車の運行期間は冬ダイヤ期間中の12月1日から3月31日までで、乗車には300円のストーブ列車券が必要ですが、この切符は乗車記念に持ち帰りが出来るので、良いお土産になります。

津軽鉄道は全線が単線、非電化の典型的なローカル線で、冬場は一面の雪景色が広がり、沿線の金木町ではこの雪を逆手に取って地吹雪体験ツアーなども企画して好評を博している様です。

引用元-ダルマストーブで焼いたスルメを食べながら楽しむ雪景色、冬の風物詩、津軽鉄道ストーブ列車の旅! | 青森県 | トラベルjp<たびねす>

スポンサーリンク



  人気記事

ストーブ列車の情緒ある魅力

どんなに寒い日も、黙々と自分の仕事をこなす。その姿が、どこか寡黙な印象の東北男児(…という言葉があるかわからないが)を思わせる。『ストーブ列車』は、雪深い津軽の冬に、皆を暖めるストーブを乗せて走る列車だ。

1・2両目に2つずつ設置された石炭ダルマストーブ。1両目は団体用、2両目が自由席だ。暖をとったり、スルメを焼いたりと、人々がストーブの前に集う。外の寒さから逃れ、自然と顔がほころんできそうだ。

始発の津軽五所川原駅で乗車すると、早々に「旧十川」を渡る。ここでは、白鳥の姿を見かけることもあるのだという。そして、天気がよければ、“津軽富士”と親しまれる「岩木山」が、すぐにその美しい姿を車窓に見せてくれるはず。

引用元-津軽鉄道ストーブ列車~青森県津軽平野を走るストーブ列車の旅 |観光スポット 地図 – MapFan Web(マップファン)

なにしろ、昭和5年の「津軽鉄道」開業時から走っているというのだから、かなりの年季が入っている列車だ。客車も国鉄時代に使用されていたもので、さらには運転システムも伝統の方式を残しているという。

列車が、嘉瀬から金木間にさしかかると、見渡す限りの田園風景。建物など、視界をさえぎるものが何もない雪原は、写真好きにもファンが多いというすばらしい風景だ。また、同じように美しい雪原が、芦野公園から川倉間でも見られる。

また、予約をすると味わえる、地元の食材を中心とした「ストーブ弁当」もぜひ一緒に楽しみたい。ストーブが焚かれた暖かい車内で、津軽の雪原を眺めながらの食事…なんとも風流で、心和む旅になりそうだ。

引用元-津軽鉄道ストーブ列車~青森県津軽平野を走るストーブ列車の旅 |観光スポット 地図 – MapFan Web(マップファン)

スポンサーリンク



ストーブ列車を運行する津軽鉄道の歴史について

本州最北の民鉄津軽鉄道の歴史は、五所川原で接続する五能線の変遷と深い関わりを持っている。
元々五能線の川部~五所川原間は、陸奥鉄道という私鉄が運営していたが、後に国に買収されると、
買収額を受けた旧陸奥鉄道の株主が新たに鉄道建設計画を立ち上げた。これが津軽鉄道の全ての大元だ。
五所川原を起点として中里まで線路を延ばし、全通したのが1930年。全線非電化で12の駅を有している。

見た感じは「ホントに動くのコレ??」と思わざるを得ない、古びた旧型客車がホームに停まっている。
津軽鉄道の名物「ストーブ列車」。昔から津軽の冬の風物詩として親しまれてきた伝統の列車だ。
運行しているのは基本冬季のみだが、期間中は休日・平日問わず毎日走っているという。
乗車の際には、普通運賃の他にストーブ列車料金を払う必要がある。

引用元-津軽鉄道とストーブ列車|鈍行列車一人旅

ストーブ列車内のダルマストーブでするめ焼き

ストーブ列車に乗ったらやってみたいのはストーブでのスルメ焼き!
車内で焼きたてのスルメが食べられる所はそうそうありません。

このスルメは駅の売店や車内で販売しています(300円)。自分で焼いても構いませんがアテンダントの女性に頼むと上手に焼いてくれます。
2~3分くらいで直ぐに焼けるので、希望者が周りに沢山いても焦らずに待ちましょう。

車内ではスルメの他、ストーブ酒(300円)、ストーブどら焼き(150円)など色々なものを販売しています。
ストーブで焼くものは自分で持ち込んだものでもOKですが、煙が出ず、汁が出ないものに限ります。
従って焼肉は当然NGです。

もっとも始発の津軽五所川原駅から終点の津軽中里駅まで全区間乗車しても45分程度ですから、あれこれ焼いたり飲んだりする時間は無いので、ストーブを使ってやってみたい事は予め決めておいた方が良いですね。
特に混んでいる時はスルメ1枚焼くのがやっとかと思います。

引用元-ダルマストーブで焼いたスルメを食べながら楽しむ雪景色、冬の風物詩、津軽鉄道ストーブ列車の旅! | 青森県 | トラベルjp<たびねす>

津軽鉄道ストーブ列車の概要について

■津軽鉄道 ストーブ列車■
運行期間:12/1~翌3/31
区間:五所川原→津軽中里
   津軽中里→五所川原
   一日3往復
   ※時刻表http://tsutetsu.com/station/20141201.html
料金:普通運賃 片道850円+ストーブ列車料400円
お問い合わせ先:津軽鉄道本社 0173-34-2148

■ストーブ弁当■
価格:1,100円
予約:利用日の3日前までに要予約 ※2個以上から受け付け
予約受付:津軽鉄道本社 0173-34-2148
受け渡し時間:11:00~14:00
キャンセル:前日まで ※当日キャンセルは有料になります  

引用元-こたつ&ストーブ列車でほっこり♪ あったかい冬の鉄道旅に出よう! | キナリノ

 - イベント, スポット グルメ, 東北地方, 歴史, 鉄道