ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

      2016/01/25

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

胃が痛い時の食事はどんなものがいい?消化のいい食べ物を

胃の痛みを抱えている時の悩みの一つが食事かもしれません。

食べたいけど胃が痛いなんてこともあると思います。

胃が痛い時の食事は、どんなことを気を付けたら良いのでしょうか?

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

あなたもスマホ首かも?セルフチェックしてみよう

「スマホ首」とは?
スマホなどを使い続けた結果、首の筋肉が前に引っ張られてしまい異常が起きている状態のことを「スマホ首」と定義しました。
慢性的な肩こり、首こり、頭痛、二重あご、イライラ、眼精疲労、ドライアイなど様々な不調の原因は「スマホ首」あるのかも知れません。気になる方はセルフチェックをしてみて下さい。

該当する場合は□に✓マークを入れて下さい。
✓マークが3つ以上入ったあなたはスマホ首の可能性が大です。

 セルフチェックシート

□スマホを使っている時に、首こり、肩こりを感じる
□見上げる時、首に違和感がある
□首がつまって上を向くことができない
□長時間うつむき姿勢でいて、姿勢を変えることが少ない
□目が疲れやすい
□ドライアイである
□猫背の姿勢がほとんど
□1日5時間以上、スマホやパソコンを使っている
□疲れやすいと感じる
□やる気が起きない
□スマホを枕元に置いて寝ている
□睡眠不足を感じることが多い
□何となく身体に不調がある

3つ以上✓マークがあった方は「スマレッチ」をおススメ致します。1日30秒のストレッチで簡単に改善出来ます。方法は非常に簡単です。

引用元-−-「スマホ首」セルフチェック | リラクゼーションサロン 御影フィール

スポンサーリンク



  人気記事

スマホ首とストレートネックの違いとは?

通常の姿勢では、耳の下に肩がきます。しかし、この頭を前に倒し見下ろす不自然な姿勢では首に大きな負担をあたえ、肩こりや首の痛み、慢性頭痛などのいろいろな症状を引き起こす原因になります。

ストレートネックと混同しやすい

ストレートネックは首がまっすぐであるという状態を示した言葉です。なので原因はスマホに限りません。逆に、スマホ首はスマホをしているときの首の形なので、ストレートネックになっているかは問いません。ストレートネックでないスマホ首の方もたくさんいます。首が前にとび出ていればストレートネックと思っている方がたまにいますがそれは間違えです。

引用元-−-スマホ首、テキストネックとは~原因・症状・対処~

スポンサーリンク



スマホ首はテキストネックのこと テキストネックとは

ニューヨークの脊椎&リハビリテーションの専門家は、メールやテキスト機能を利用することも含めて、携帯電話を見下ろす時の姿勢と頸椎に与える圧力の関連性に関する研究結果を発表した。大多数の人口層はスマートフォンを毎日数時間使用していることが判明しているが、首や背骨にかける負担は想像以上である。今日、地球上で携帯電話を使用している人口は億単位であるが、ほとんどの人は基本的に健康上に問題のある姿勢で利用していると指摘している。

外科テクノロジー.インターナショナル誌に掲載された最新の報告によると、スマートフォンを利用する人達は、平均2時間から4時間、首を下方に曲げた状態で利用している。これは年間で700から1,400時間、頸椎(脊椎骨最上部の七個)に余分なストレスを与えている。特に、携帯電話を一番多く使用する高校生は、乏しい姿勢で年間推定5,000時間もメールやテキストを利用している可能性がある。携帯電話テクノロジーの利用を避けることは不可能であるが、悪い姿勢で長時間利用しないことを心がけるべきであると指摘している。

引用元-−-テキスト.ネックの人はご用心   | アメリカ ウオッチ Yuko’s Blog

スマホ首を自覚するために

「もしかしたら“スマホ首”かも…」と思ったら、横から自分の写真を撮ってもらい、首の状態を判断してみるのもいいでしょう。“スマホ首”の場合、首が斜めになって頭が突き出ているほか、猫背やおなかが出ているのも特徴です。

 でも、どうして“スマホ首”はなかなか治らないのでしょうか。
 本書の付録であるサポーターは、首の前部にある「胸鎖乳突筋」という筋肉をサポートする構造になっていますが、実は“スマホ首”の改善には、この筋肉を意識する必要があります。
 「胸鎖乳突筋」は約5キロある頭を支えている筋肉です。うつむき姿勢をとり続けていると、この筋肉に負担がかかり、さらに後ろ側にある「僧帽筋」などと引っ張り合いをしてお互いが疲れてしまいます。
 首に不調を感じると、どうしても背部の筋肉を揉んだりしてしまいがち。でも、“スマホ首”を根本から治すことはできません。大事なのは、「胸鎖乳突筋」に負担をかけない正しい姿勢を手に入れることなのです。

引用元-−-そのままだと危険!? 現代人を苦しめる“スマホ首”とは – 新刊JPニュース

スマホ首はストレートネックに繋がる

スマホなどを使い続けた結果、首の筋肉が前に引っ張られてしまい異常が起きている状態のことを“スマホ首”と言われています。

あなたのその慢性的な肩こり、首こり、頭痛、二重あご、イライラ、眼精疲労、ドライアイなど、様々な不調はスマホ首が原因かも……。

『“スマホ首”があらゆる不調を引き起こす!30秒ストレッチで簡単改善』(鄭信義著、講談社)は、新しい国民病ともいえるスマホ首の状態を改善するストレッチや枕の選び方などを、整体師の鄭信義さんが伝授する本。

今回はこの本から、そんなスマホ首を改善するポーズをお伝えします。

■スマホ首はストレートネックにつながる

まず、鄭さんによるとスマホ首とは“胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)”が過緊張を起こしている状態のこと。

胸鎖乳突筋は、首を上下左右に動かし、呼吸を補助する働きも担っており、首の後ろ側にある板状筋群や僧帽筋などと引っ張り合いをしている筋肉。

スマホ首を放置すると、筋肉に関節が引っ張られ続け、頸椎(けいつい)のカーブがなくなってしまうストレートネックになりやすいそう。

引用元-−-1日20回「足上げ」するだけ!スマホ不調を防ぐ超簡単なポーズ-Suzie(スージー)

 - 生活の知恵, 美容・健康