ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

      2017/01/27

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

スポンサーリンク

  関連記事

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

心理的要因で頻尿になる心因性頻尿

「心因性頻尿」とは、緊張や不安、ストレスなどの心理的な要因で起こる頻尿のことです。「今のうちにトイレに行っておいたほうがいいかな」などと、トイレのことを意識すると、実際にトイレをしたくなってくるという経験が、誰にでもあるとは思いますが、心因性頻尿の人は、それが強迫観念のようになってしまい、日常生活にも支障が出てしまいます。

心因性頻尿の人は、尿や膀胱、尿道などの尿路系に、異常があるわけではないので、眠っているときやリラックスしているときには、症状が見られません。また、通気電車の中や会議中、ある特定の人物に会うときなど、決まった場面で起こりやすいというのも特徴です。

引用元-心因性頻尿とは | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

心因性頻尿が起こる原因とは

人間の体には、自律神経という本人の意志とは関係無く働く神経があり、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は体が活発に動くときに心臓の動きを速くしたり筋肉を緊張させたりする働きをします。一方、副交感神経は体が休んでいるときに内臓の働きを活発にします。

通常、交感神経と副交感神経は交代で働き、どちらかが働いているときはどちらかが休んでいます。ところが緊張すると、このメカニズムが狂ってしまい、両方の神経が活発に働いてしまいます。それが自律神経失調といわれる状態です。

交感神経が興奮すると、血液の循環が速くなり動悸が激しくなってドキドキします。そのうえで副交感神経も興奮して腎臓や消化器の働きも活発になると、尿が速くたまってしまいトイレが近いようになるのです。

引用元-心因性頻尿 トイレが近いのはストレスが原因?

スポンサーリンク



心因性頻尿は勤勉な性格の男性がなりやすい?

心因性頻尿は繊細で勤勉な性格を持つ男性が患いやすい病気です。
 
この頃、年のせいかトイレが近くなった、と感じる男性は年齢以外のリスクにも目を向けてみましょう。
受験失敗や仕事での挫折、人間関係の激しい変化、家庭環境の悪化など、そういった出来事を経験した男性はストレスと心配から心因性頻尿になりやすいです。
過去のトラウマと似たシチュエーションに遭遇すると、普段から抱いていた不安感がメンタルに溢れるてしまう予期不安を同時に抱える人々もいらっしゃいます。
 
心因性頻尿はそれ自体がストレスの原因になっているため、自覚症状を感じ次第、不安へのトレーニングを講じておきたいところです。
まずは反射的にトイレに行きたくなる気持ちを理性でコントロールしましょう。
 
脳は不安が強くなり過ぎると軽いパニックを起こし、体調とは関係なく、トイレに向かわせる司令を送ります。
その司令を言わば理性的にスルーし、出来る範囲でトイレに行く間隔をのばしていきましょう。
 
「トイレに行かなければならない」といった強迫観念は心因性頻尿の特徴であり、5分、10分とトイレに立つタイミングを遅らせる事で、徐々にではありますが、おしっこを自然に我慢できるようになります。

引用元-心因性頻尿

心因性頻尿の治療法とは

心因性頻尿の治療は、薬物療法やカウンセリングによる治療が中心になります。膀胱に病変はみられませんが、薬によって膀胱の過敏性を抑えたり、ストレスが多い場合などには、抗不安剤や抗うつ剤が使われることもあります。
  
その他の治療法としては、膀胱訓練、骨盤底筋体操なども有効です。膀胱訓練は、膀胱の容量を増加させるために、尿意を催してもトイレに行かないようにし、トイレに行く感覚を少しずつ長くしていく方法です。骨盤底筋体操は、体操をすることにより、尿道周りにある骨盤底筋を鍛え、尿意を催しても我慢できるようにする方法です。また、排尿日誌を付けて客観的に観察することも効果的です。

引用元-心因性頻尿の症状・原因・治療【Doctors Me】

心因性頻尿を改善するためにまずは気にしすぎないこと

重要な会議中や試験の最中などにトイレに行きたくなると、我慢するのはとても大変です。大切な会議や試験なのに集中できなくなってしまいます。神経性頻尿であれば、まずそれを自覚し排尿を気にし過ぎないことが一番の対策になります。とはいっても、それができないので悩まれる方も多いのが現実です。
 
なるべく規則正しい生活やリラックスできるような訓練を少しづつでよいので行いましょう。あまり症状がひどい場合などは、病院の診察を受け医師のアドバイスを聞くというのも解決の糸口になります。

引用元-心因性の神経性頻尿とは

 - 生活の知恵, 美容・健康