ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

      2017/01/27

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

スポンサーリンク

  関連記事

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

心理的要因で頻尿になる心因性頻尿

「心因性頻尿」とは、緊張や不安、ストレスなどの心理的な要因で起こる頻尿のことです。「今のうちにトイレに行っておいたほうがいいかな」などと、トイレのことを意識すると、実際にトイレをしたくなってくるという経験が、誰にでもあるとは思いますが、心因性頻尿の人は、それが強迫観念のようになってしまい、日常生活にも支障が出てしまいます。

心因性頻尿の人は、尿や膀胱、尿道などの尿路系に、異常があるわけではないので、眠っているときやリラックスしているときには、症状が見られません。また、通気電車の中や会議中、ある特定の人物に会うときなど、決まった場面で起こりやすいというのも特徴です。

引用元-心因性頻尿とは | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

心因性頻尿が起こる原因とは

人間の体には、自律神経という本人の意志とは関係無く働く神経があり、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は体が活発に動くときに心臓の動きを速くしたり筋肉を緊張させたりする働きをします。一方、副交感神経は体が休んでいるときに内臓の働きを活発にします。

通常、交感神経と副交感神経は交代で働き、どちらかが働いているときはどちらかが休んでいます。ところが緊張すると、このメカニズムが狂ってしまい、両方の神経が活発に働いてしまいます。それが自律神経失調といわれる状態です。

交感神経が興奮すると、血液の循環が速くなり動悸が激しくなってドキドキします。そのうえで副交感神経も興奮して腎臓や消化器の働きも活発になると、尿が速くたまってしまいトイレが近いようになるのです。

引用元-心因性頻尿 トイレが近いのはストレスが原因?

スポンサーリンク



心因性頻尿は勤勉な性格の男性がなりやすい?

心因性頻尿は繊細で勤勉な性格を持つ男性が患いやすい病気です。
 
この頃、年のせいかトイレが近くなった、と感じる男性は年齢以外のリスクにも目を向けてみましょう。
受験失敗や仕事での挫折、人間関係の激しい変化、家庭環境の悪化など、そういった出来事を経験した男性はストレスと心配から心因性頻尿になりやすいです。
過去のトラウマと似たシチュエーションに遭遇すると、普段から抱いていた不安感がメンタルに溢れるてしまう予期不安を同時に抱える人々もいらっしゃいます。
 
心因性頻尿はそれ自体がストレスの原因になっているため、自覚症状を感じ次第、不安へのトレーニングを講じておきたいところです。
まずは反射的にトイレに行きたくなる気持ちを理性でコントロールしましょう。
 
脳は不安が強くなり過ぎると軽いパニックを起こし、体調とは関係なく、トイレに向かわせる司令を送ります。
その司令を言わば理性的にスルーし、出来る範囲でトイレに行く間隔をのばしていきましょう。
 
「トイレに行かなければならない」といった強迫観念は心因性頻尿の特徴であり、5分、10分とトイレに立つタイミングを遅らせる事で、徐々にではありますが、おしっこを自然に我慢できるようになります。

引用元-心因性頻尿

心因性頻尿の治療法とは

心因性頻尿の治療は、薬物療法やカウンセリングによる治療が中心になります。膀胱に病変はみられませんが、薬によって膀胱の過敏性を抑えたり、ストレスが多い場合などには、抗不安剤や抗うつ剤が使われることもあります。
  
その他の治療法としては、膀胱訓練、骨盤底筋体操なども有効です。膀胱訓練は、膀胱の容量を増加させるために、尿意を催してもトイレに行かないようにし、トイレに行く感覚を少しずつ長くしていく方法です。骨盤底筋体操は、体操をすることにより、尿道周りにある骨盤底筋を鍛え、尿意を催しても我慢できるようにする方法です。また、排尿日誌を付けて客観的に観察することも効果的です。

引用元-心因性頻尿の症状・原因・治療【Doctors Me】

心因性頻尿を改善するためにまずは気にしすぎないこと

重要な会議中や試験の最中などにトイレに行きたくなると、我慢するのはとても大変です。大切な会議や試験なのに集中できなくなってしまいます。神経性頻尿であれば、まずそれを自覚し排尿を気にし過ぎないことが一番の対策になります。とはいっても、それができないので悩まれる方も多いのが現実です。
 
なるべく規則正しい生活やリラックスできるような訓練を少しづつでよいので行いましょう。あまり症状がひどい場合などは、病院の診察を受け医師のアドバイスを聞くというのも解決の糸口になります。

引用元-心因性の神経性頻尿とは

 - 生活の知恵, 美容・健康