ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

      2017/01/27

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

スポンサーリンク

  関連記事

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

心理的要因で頻尿になる心因性頻尿

「心因性頻尿」とは、緊張や不安、ストレスなどの心理的な要因で起こる頻尿のことです。「今のうちにトイレに行っておいたほうがいいかな」などと、トイレのことを意識すると、実際にトイレをしたくなってくるという経験が、誰にでもあるとは思いますが、心因性頻尿の人は、それが強迫観念のようになってしまい、日常生活にも支障が出てしまいます。

心因性頻尿の人は、尿や膀胱、尿道などの尿路系に、異常があるわけではないので、眠っているときやリラックスしているときには、症状が見られません。また、通気電車の中や会議中、ある特定の人物に会うときなど、決まった場面で起こりやすいというのも特徴です。

引用元-心因性頻尿とは | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

心因性頻尿が起こる原因とは

人間の体には、自律神経という本人の意志とは関係無く働く神経があり、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は体が活発に動くときに心臓の動きを速くしたり筋肉を緊張させたりする働きをします。一方、副交感神経は体が休んでいるときに内臓の働きを活発にします。

通常、交感神経と副交感神経は交代で働き、どちらかが働いているときはどちらかが休んでいます。ところが緊張すると、このメカニズムが狂ってしまい、両方の神経が活発に働いてしまいます。それが自律神経失調といわれる状態です。

交感神経が興奮すると、血液の循環が速くなり動悸が激しくなってドキドキします。そのうえで副交感神経も興奮して腎臓や消化器の働きも活発になると、尿が速くたまってしまいトイレが近いようになるのです。

引用元-心因性頻尿 トイレが近いのはストレスが原因?

スポンサーリンク



心因性頻尿は勤勉な性格の男性がなりやすい?

心因性頻尿は繊細で勤勉な性格を持つ男性が患いやすい病気です。
 
この頃、年のせいかトイレが近くなった、と感じる男性は年齢以外のリスクにも目を向けてみましょう。
受験失敗や仕事での挫折、人間関係の激しい変化、家庭環境の悪化など、そういった出来事を経験した男性はストレスと心配から心因性頻尿になりやすいです。
過去のトラウマと似たシチュエーションに遭遇すると、普段から抱いていた不安感がメンタルに溢れるてしまう予期不安を同時に抱える人々もいらっしゃいます。
 
心因性頻尿はそれ自体がストレスの原因になっているため、自覚症状を感じ次第、不安へのトレーニングを講じておきたいところです。
まずは反射的にトイレに行きたくなる気持ちを理性でコントロールしましょう。
 
脳は不安が強くなり過ぎると軽いパニックを起こし、体調とは関係なく、トイレに向かわせる司令を送ります。
その司令を言わば理性的にスルーし、出来る範囲でトイレに行く間隔をのばしていきましょう。
 
「トイレに行かなければならない」といった強迫観念は心因性頻尿の特徴であり、5分、10分とトイレに立つタイミングを遅らせる事で、徐々にではありますが、おしっこを自然に我慢できるようになります。

引用元-心因性頻尿

心因性頻尿の治療法とは

心因性頻尿の治療は、薬物療法やカウンセリングによる治療が中心になります。膀胱に病変はみられませんが、薬によって膀胱の過敏性を抑えたり、ストレスが多い場合などには、抗不安剤や抗うつ剤が使われることもあります。
  
その他の治療法としては、膀胱訓練、骨盤底筋体操なども有効です。膀胱訓練は、膀胱の容量を増加させるために、尿意を催してもトイレに行かないようにし、トイレに行く感覚を少しずつ長くしていく方法です。骨盤底筋体操は、体操をすることにより、尿道周りにある骨盤底筋を鍛え、尿意を催しても我慢できるようにする方法です。また、排尿日誌を付けて客観的に観察することも効果的です。

引用元-心因性頻尿の症状・原因・治療【Doctors Me】

心因性頻尿を改善するためにまずは気にしすぎないこと

重要な会議中や試験の最中などにトイレに行きたくなると、我慢するのはとても大変です。大切な会議や試験なのに集中できなくなってしまいます。神経性頻尿であれば、まずそれを自覚し排尿を気にし過ぎないことが一番の対策になります。とはいっても、それができないので悩まれる方も多いのが現実です。
 
なるべく規則正しい生活やリラックスできるような訓練を少しづつでよいので行いましょう。あまり症状がひどい場合などは、病院の診察を受け医師のアドバイスを聞くというのも解決の糸口になります。

引用元-心因性の神経性頻尿とは

 - 生活の知恵, 美容・健康