ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

      2017/01/27

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

スポンサーリンク

  関連記事

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

腸内環境をチョコレートで改善?含まれる成分とは

腸内環境を整えることは健康維持のために大事なことです。

チョコレートは腸に作用し、肌の悩みや便の悩みを

解決してくれるそうです。チョコレートの効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

リウマチの原因はストレスかも?男性患者も増加している原因とは

精神的なストレスが積み重なる事が、

リウマチの原因となるようです。女性に多いとされるリウマチですが、

男性の患者も増加しているそうです。

また、既に関節リウマチになっている人でも、

ストレスによって進行を悪化させる場合もあります。

心理的要因で頻尿になる心因性頻尿

「心因性頻尿」とは、緊張や不安、ストレスなどの心理的な要因で起こる頻尿のことです。「今のうちにトイレに行っておいたほうがいいかな」などと、トイレのことを意識すると、実際にトイレをしたくなってくるという経験が、誰にでもあるとは思いますが、心因性頻尿の人は、それが強迫観念のようになってしまい、日常生活にも支障が出てしまいます。

心因性頻尿の人は、尿や膀胱、尿道などの尿路系に、異常があるわけではないので、眠っているときやリラックスしているときには、症状が見られません。また、通気電車の中や会議中、ある特定の人物に会うときなど、決まった場面で起こりやすいというのも特徴です。

引用元-心因性頻尿とは | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

心因性頻尿が起こる原因とは

人間の体には、自律神経という本人の意志とは関係無く働く神経があり、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は体が活発に動くときに心臓の動きを速くしたり筋肉を緊張させたりする働きをします。一方、副交感神経は体が休んでいるときに内臓の働きを活発にします。

通常、交感神経と副交感神経は交代で働き、どちらかが働いているときはどちらかが休んでいます。ところが緊張すると、このメカニズムが狂ってしまい、両方の神経が活発に働いてしまいます。それが自律神経失調といわれる状態です。

交感神経が興奮すると、血液の循環が速くなり動悸が激しくなってドキドキします。そのうえで副交感神経も興奮して腎臓や消化器の働きも活発になると、尿が速くたまってしまいトイレが近いようになるのです。

引用元-心因性頻尿 トイレが近いのはストレスが原因?

スポンサーリンク



心因性頻尿は勤勉な性格の男性がなりやすい?

心因性頻尿は繊細で勤勉な性格を持つ男性が患いやすい病気です。
 
この頃、年のせいかトイレが近くなった、と感じる男性は年齢以外のリスクにも目を向けてみましょう。
受験失敗や仕事での挫折、人間関係の激しい変化、家庭環境の悪化など、そういった出来事を経験した男性はストレスと心配から心因性頻尿になりやすいです。
過去のトラウマと似たシチュエーションに遭遇すると、普段から抱いていた不安感がメンタルに溢れるてしまう予期不安を同時に抱える人々もいらっしゃいます。
 
心因性頻尿はそれ自体がストレスの原因になっているため、自覚症状を感じ次第、不安へのトレーニングを講じておきたいところです。
まずは反射的にトイレに行きたくなる気持ちを理性でコントロールしましょう。
 
脳は不安が強くなり過ぎると軽いパニックを起こし、体調とは関係なく、トイレに向かわせる司令を送ります。
その司令を言わば理性的にスルーし、出来る範囲でトイレに行く間隔をのばしていきましょう。
 
「トイレに行かなければならない」といった強迫観念は心因性頻尿の特徴であり、5分、10分とトイレに立つタイミングを遅らせる事で、徐々にではありますが、おしっこを自然に我慢できるようになります。

引用元-心因性頻尿

心因性頻尿の治療法とは

心因性頻尿の治療は、薬物療法やカウンセリングによる治療が中心になります。膀胱に病変はみられませんが、薬によって膀胱の過敏性を抑えたり、ストレスが多い場合などには、抗不安剤や抗うつ剤が使われることもあります。
  
その他の治療法としては、膀胱訓練、骨盤底筋体操なども有効です。膀胱訓練は、膀胱の容量を増加させるために、尿意を催してもトイレに行かないようにし、トイレに行く感覚を少しずつ長くしていく方法です。骨盤底筋体操は、体操をすることにより、尿道周りにある骨盤底筋を鍛え、尿意を催しても我慢できるようにする方法です。また、排尿日誌を付けて客観的に観察することも効果的です。

引用元-心因性頻尿の症状・原因・治療【Doctors Me】

心因性頻尿を改善するためにまずは気にしすぎないこと

重要な会議中や試験の最中などにトイレに行きたくなると、我慢するのはとても大変です。大切な会議や試験なのに集中できなくなってしまいます。神経性頻尿であれば、まずそれを自覚し排尿を気にし過ぎないことが一番の対策になります。とはいっても、それができないので悩まれる方も多いのが現実です。
 
なるべく規則正しい生活やリラックスできるような訓練を少しづつでよいので行いましょう。あまり症状がひどい場合などは、病院の診察を受け医師のアドバイスを聞くというのも解決の糸口になります。

引用元-心因性の神経性頻尿とは

 - 生活の知恵, 美容・健康