ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

      2016/06/29

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

スポンサーリンク

  関連記事

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

初動負荷トレーニングとは?得られる効果について

有名スポーツ選手も行っているとされる、

初動負荷トレーニングとはどんなトレーニングなのでしょうか?

また、それによって得られる効果とは?

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

ケイ素とは?ケイ素の働きについて

最近の研究で、珪素は、人間にとっても必須で、非常に重要な
役割を担っているということが明らかになってきました。
 
ケイ素は、組織間の結合を担うコラーゲンの結びつきを強める
働きが認められ、また、骨や腱、血管、歯、爪などの
主要な組織を形成する大切な元素でもあり、松果体や胸腺にも
多く含まれています。
 
このように、珪素はあらゆる生物に必須の元素であり、
人間が健康に生きていく上でも必要不可欠なものです。
 
しかし、珪素は、体内で生成することができないため
加齢とともに減少していき、骨粗鬆症や動脈硬化などの症状
との関連性も高まってきます。

引用元-珪素とは何か? – 水晶エキスの効果効能と副作用

スポンサーリンク



  人気記事

ケイ素は健康や美容にも関係する

微量しか人体に含まれていないケイ素(シリカ)ですが、数多くの役割を担っています。
中でも注目してほしいのはコラーゲンとの関わりであり、ケイ素(シリカ)は生成や補強、維持をサポートする仕事をしています。
ケイ素(シリカ)自体も皮膚の保湿力に優れており、潤いやハリ・弾力のある皮膚を維持したい人を応援してくれます。
また、ケイ素(シリカ)を十分に補給している人とあまり補給していない人を比較した場合、前者のほうが骨密度が高いという調査結果も出ています。
なお、骨密度の低下は女性の患者割合が圧倒的に高い、骨粗しょう症の主要な原因です。

引用元-ケイ素(シリカ)の効果・効能と摂り方や注意点

スポンサーリンク



ケイ素の効能について

ケイ素とは、皮膚に最も多く存在し、爪・毛・髪・骨にも比較的多く存在するミネラルで、コラーゲンの力を強くする働きがあります。
ケイ素は、ホタテ、ホヤ、サザエなどの魚介類や、豆類、ほうれん草、にんじんなどの野菜、レバーや玄米に多く含まれています。
ケイ素が不足すると、爪が割れたり、皮膚のたるみや、脱毛、更には動脈硬化の促進、ガンに対する抵抗力の低下など様々な症状をきたす恐れがあります。
また、ケイ素は血液中でケイ酸となり、コレステロールを体外に排出しやすくする働きがあります。
こういった効果を保つためにも、バランスのよい食事やサプリメントなどでケイ素が不足しないように注意する必要があります。

引用元-ケイ素の効能 効果と注意点 | 栄養BOX

ケイ素の身体への効果とは

ケイ素には健康・美容に嬉しい効果があります。
ケイ素の効果・効能
① 新陳代謝の活性化
② デトックス効果
③ 血管を強くし、傷ついた血管を修復
④ コラーゲンを強化する
⑤ 腸内環境を改善する
⑥ 強い抗酸化力により病気を改善
などが挙げられます。

ケイ素はケイ酸塩として皮膚や骨、毛髪、爪、血管、細胞壁など
人体の様々な部位に含まれており、コラーゲン、エラスチン、

ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを構成する物質として
結合組織を丈夫にする働きをします。

そしてその働きが肌の保湿、骨や毛髪、爪などの再生を手助けし
健やかな素肌や強い骨、しなやかな髪にはケイ素の働きが関係していると
言われています。

引用元-ケイ素(シリカ)の効果効能と多く含む食品とおすすめのサプリを紹介 | 健美ステーション

ケイ素を体内へ取り入れるには?

シリカが含まれる食品
加齢により次第に減少すると言われているシリカですが、日常ではどのような形で摂取できるのでしょうか。以下が、シリカを多く含む食品です。

ワカメの茎、アサリ、昆布、大豆、ゴボウ

なかでもワカメのケイ素含有量は4.8mg/100gと、特に多いと言われています。大人が1日当たりに必要とするケイ素は9mgですから、含有量の多いワカメで考えても、毎日200gずつ食べなければならないという計算になります。

シリカを食事以外で取り入れることの必要性
白米や精白パン、加工食品が多く取り入れられている現代の典型的な食事内容からは、シリカの摂取量は非常に少ないと推測されます。上記にもあるように、そもそも食事で1日に必要なシリカを摂取しつづけるのは非常に困難であることが分かります。

これらの理由からも、サプリメントなどの健康食品や化粧品などからシリカを取り入れることが効果的と言えます。

引用元-【医師が監修】シリカ(ケイ素・珪素)の体内での働きと効果・効能 | スキンケア大学

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学