ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

   

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

スポンサーリンク

  関連記事

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

しゃっくりが止まらない原因とは?

しゃっくりは横隔膜周辺の組織が何らかの原因で刺激されることで起こり、別名「横隔膜けいれん」ともいわれます。横隔膜は肺の下にある筋肉のことです。肺は自ら動くことはできませんが、横隔膜が上下に動くことで肺が膨らんだり縮んだりして、呼吸をスムーズにしてくれる役割があります。

しかし、横隔膜に何らかの原因で刺激が加わり横隔膜が痙攣してしまうと急に肺の中に空気が取り込まれてしまいます。それと同時に脳から喉の近くにある筋肉にも指令がいき、その筋肉が急に収縮してしまい「ひっく」としゃっくりをしてしまうわけです。

横隔膜が痙攣する理由は様々あり、ただの笑いすぎが原因の場合もあります。しかしあまり続くようであれば何らかの病気が潜んでいる可能性もあるようです。

引用元-しゃっくりが止まらないのは病気のサイン!?しゃっくりの止め方8つのまとめやその原因について|welq [ウェルク]

スポンサーリンク



  人気記事

しゃっくりが止まらないと死ぬのは本当?

「しゃっくりを100回すると死ぬ」。

仮にこの伝説が本当ならば、「岡崎さ、この間急逝しちゃったじゃん? 死因はしゃっくりらしいぜ。最後の1時間はなんとか止めようと、泣きながら必死にいろいろ試していたみたい」などと言われる可能性があるってこと? なんかそれ、悲しい……。というか、100回って意外とすぐにカウントできてしまうのでは?

いてもたってもいられなくなったので、高島平中央総合病院脳神経外科の福島崇夫医師に「このうわさ、本当なんですか? 」と直撃してみた。すると、「よほどのことがない限り、しゃっくりだけで死ぬというのはありえないですね」との回答があった。どうやら、この都市伝説は「嘘」らしい。ほっと一安心……。

「ただですね、吃逆(きつぎゃく: しゃっくりのこと)が脳幹の機能障害である可能性はあります」と続ける福島医師。うん? 脳幹??

「脳幹は脳の生命維持装置とも呼べる大切な場所です。吃逆が出ているだけで『脳の病気です』というのは乱暴ですが、嚥下(えんげ: 食べ物を飲み込む作業)障害や物が2重に見えるなどの眼球運動障害、さらにはろれつが回っていないといった症状を伴う場合は、脳梗塞や脳腫瘍が隠されている可能性があります」。

マ、マジ……!? ということは、あくまで脳の病気の複合要素の一つではあるものの、しゃっくりが何かしらの脳疾患の”サイン”という可能性があるということか……。

今後しゃっくりに襲われた場合は、すぐに止めようと躍起になる前に、その他に「いつもの自分」と違う点がないかをしっかりと見極めるようにしよう。

引用元-「健康都市伝説」の謎を追え! (3) しゃっくりが止まらない…「100回で死亡説」は本当? | マイナビニュース

スポンサーリンク



しゃっくりが止まらない男性がいた!

68年間しゃっくりをし続けた男

アメリカのチャールズ・オズボーンという男性は、約68年間しゃっくりをし続けたそうです。その間にしたしゃっくりの回数は、なんと4億3千万回以上!毎分20回ほどのしゃっくりをし続けていたそうです。
この記録?は「最も長くしゃっくりし続けた人物」としてギネスブックにも認定されています。
 
この男性のしゃっくりは1990年に突然おさまりました。しかし、その1年後にしゃっくりとは関係ない病気によってこの世を去ったそうです。
 
というわけで、100回くらいのしゃっくりでは死なないので安心しましょう!

引用元-しゃっくりを100回すると死ぬ理由とは?

食後など食べ過ぎが原因でしゃっくりが止まらないことも

食後にしゃっくりが出る人は、下記の原因が考えられます。

・食べる量が多い

・食べるスピードが速い

・お酒を飲む量が多い

・冷たいものを食べている、あるいは飲んでいる

・七味などの刺激物を摂取する

・炭酸飲料を飲んでいる

・しゃべりながらものを食べている

しゃっくりは、横隔膜の痙攣が原因です。極端に熱いものや冷たいものを摂取したり、炭酸飲料や香辛料などの刺激物を体内に取り込んだりすると横隔膜が刺激され、痙攣を引き起こします。また、食べ過ぎや早食いによって胃が膨らむことでもしゃっくりは発生します。さらに、話をしながら、ものを食べたり飲んだりすると、食べものや飲料と共に空気が体内に入るので、しゃっくりが起こりやすくなります。

引用元-食後のしゃっくりの原因と予防方法 | ヘルスケア大学

しゃっくりが止まらない時は病院へ行くべき?

しゃっくりが数時間も続くと疲れてきます。止める方法もいろいろ試してみたけど止まらない。

止まってもしばらくするとまた出る。

 

こんな状況が翌日までつづいたら、いよいよ病気ということを考えたほうがよさそうです。

 

48時間以上続くものは持続性吃逆(きつぎゃく)、一か月以上つづくもの難治性しゃっくりなどと呼ばれ、

何らかの病気がかなり高い確率で疑われます。

 

病院は何科が良いのか

どこに異常があったとしてもしゃっくりはまったく同じで見分けがつきません。

原因により特徴がある症状が併発していることがありますので、それで見当がつく事があります。

 

胃の調子が悪い、胸焼けがする、であれば胃腸科。

たばこの本数が最近増えた、喘息の持病がある、呼吸が苦しい、であれば呼吸器科 といった具合です。

 

状況で判断

また抗免疫薬などの作用が強い薬を使っているのなら、処方してくれた病院で相談しましょう。

薬が原因かもしれません。

 

アルコール依存症と診断されているのであれば、診断してくれた精神科へ行ってください。

中枢神経に異常があるのかもしれません。

 

わからなかったら内科

もし他の症状が何もない、しゃっくりだけで原因は思いつかないのであれば、内科へ行きましょう。

もっとも守備範囲の広い診療科だからです。

引用元-しゃっくりが止まらない原因はコレ!癌などの病気に注意! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学