ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

   

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

スポンサーリンク

  関連記事

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

焼きみかんで美容などの効果が期待できる栄養素とは?

みかんを焼いて焼きみかんにすることで、

皮に含まれるβクリプトキサンチンという栄養素が、

皮から浸み出して、含まれる油と一緒に果肉に入っていき、

美容などの効果を生むそうです。

ロードバイク人気が上昇!初心者の女性でも大丈夫なの?

ロードバイクは、最近女性人気が高まっているようです。

女性だからと諦めていた方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

女性用ロードバイクの特徴などについても確認しておきましょう。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

年賀状のマナー特に気をつけたいビジネス関係への書き方とは

ビジネスの上で年賀状は感謝や抱負を述べる大切な

ツールとなります。マナー違反な年賀状にならないように、

注意して書きましょう。

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

しゃっくりが止まらない原因とは?

しゃっくりは横隔膜周辺の組織が何らかの原因で刺激されることで起こり、別名「横隔膜けいれん」ともいわれます。横隔膜は肺の下にある筋肉のことです。肺は自ら動くことはできませんが、横隔膜が上下に動くことで肺が膨らんだり縮んだりして、呼吸をスムーズにしてくれる役割があります。

しかし、横隔膜に何らかの原因で刺激が加わり横隔膜が痙攣してしまうと急に肺の中に空気が取り込まれてしまいます。それと同時に脳から喉の近くにある筋肉にも指令がいき、その筋肉が急に収縮してしまい「ひっく」としゃっくりをしてしまうわけです。

横隔膜が痙攣する理由は様々あり、ただの笑いすぎが原因の場合もあります。しかしあまり続くようであれば何らかの病気が潜んでいる可能性もあるようです。

引用元-しゃっくりが止まらないのは病気のサイン!?しゃっくりの止め方8つのまとめやその原因について|welq [ウェルク]

スポンサーリンク



  人気記事

しゃっくりが止まらないと死ぬのは本当?

「しゃっくりを100回すると死ぬ」。

仮にこの伝説が本当ならば、「岡崎さ、この間急逝しちゃったじゃん? 死因はしゃっくりらしいぜ。最後の1時間はなんとか止めようと、泣きながら必死にいろいろ試していたみたい」などと言われる可能性があるってこと? なんかそれ、悲しい……。というか、100回って意外とすぐにカウントできてしまうのでは?

いてもたってもいられなくなったので、高島平中央総合病院脳神経外科の福島崇夫医師に「このうわさ、本当なんですか? 」と直撃してみた。すると、「よほどのことがない限り、しゃっくりだけで死ぬというのはありえないですね」との回答があった。どうやら、この都市伝説は「嘘」らしい。ほっと一安心……。

「ただですね、吃逆(きつぎゃく: しゃっくりのこと)が脳幹の機能障害である可能性はあります」と続ける福島医師。うん? 脳幹??

「脳幹は脳の生命維持装置とも呼べる大切な場所です。吃逆が出ているだけで『脳の病気です』というのは乱暴ですが、嚥下(えんげ: 食べ物を飲み込む作業)障害や物が2重に見えるなどの眼球運動障害、さらにはろれつが回っていないといった症状を伴う場合は、脳梗塞や脳腫瘍が隠されている可能性があります」。

マ、マジ……!? ということは、あくまで脳の病気の複合要素の一つではあるものの、しゃっくりが何かしらの脳疾患の”サイン”という可能性があるということか……。

今後しゃっくりに襲われた場合は、すぐに止めようと躍起になる前に、その他に「いつもの自分」と違う点がないかをしっかりと見極めるようにしよう。

引用元-「健康都市伝説」の謎を追え! (3) しゃっくりが止まらない…「100回で死亡説」は本当? | マイナビニュース

スポンサーリンク



しゃっくりが止まらない男性がいた!

68年間しゃっくりをし続けた男

アメリカのチャールズ・オズボーンという男性は、約68年間しゃっくりをし続けたそうです。その間にしたしゃっくりの回数は、なんと4億3千万回以上!毎分20回ほどのしゃっくりをし続けていたそうです。
この記録?は「最も長くしゃっくりし続けた人物」としてギネスブックにも認定されています。
 
この男性のしゃっくりは1990年に突然おさまりました。しかし、その1年後にしゃっくりとは関係ない病気によってこの世を去ったそうです。
 
というわけで、100回くらいのしゃっくりでは死なないので安心しましょう!

引用元-しゃっくりを100回すると死ぬ理由とは?

食後など食べ過ぎが原因でしゃっくりが止まらないことも

食後にしゃっくりが出る人は、下記の原因が考えられます。

・食べる量が多い

・食べるスピードが速い

・お酒を飲む量が多い

・冷たいものを食べている、あるいは飲んでいる

・七味などの刺激物を摂取する

・炭酸飲料を飲んでいる

・しゃべりながらものを食べている

しゃっくりは、横隔膜の痙攣が原因です。極端に熱いものや冷たいものを摂取したり、炭酸飲料や香辛料などの刺激物を体内に取り込んだりすると横隔膜が刺激され、痙攣を引き起こします。また、食べ過ぎや早食いによって胃が膨らむことでもしゃっくりは発生します。さらに、話をしながら、ものを食べたり飲んだりすると、食べものや飲料と共に空気が体内に入るので、しゃっくりが起こりやすくなります。

引用元-食後のしゃっくりの原因と予防方法 | ヘルスケア大学

しゃっくりが止まらない時は病院へ行くべき?

しゃっくりが数時間も続くと疲れてきます。止める方法もいろいろ試してみたけど止まらない。

止まってもしばらくするとまた出る。

 

こんな状況が翌日までつづいたら、いよいよ病気ということを考えたほうがよさそうです。

 

48時間以上続くものは持続性吃逆(きつぎゃく)、一か月以上つづくもの難治性しゃっくりなどと呼ばれ、

何らかの病気がかなり高い確率で疑われます。

 

病院は何科が良いのか

どこに異常があったとしてもしゃっくりはまったく同じで見分けがつきません。

原因により特徴がある症状が併発していることがありますので、それで見当がつく事があります。

 

胃の調子が悪い、胸焼けがする、であれば胃腸科。

たばこの本数が最近増えた、喘息の持病がある、呼吸が苦しい、であれば呼吸器科 といった具合です。

 

状況で判断

また抗免疫薬などの作用が強い薬を使っているのなら、処方してくれた病院で相談しましょう。

薬が原因かもしれません。

 

アルコール依存症と診断されているのであれば、診断してくれた精神科へ行ってください。

中枢神経に異常があるのかもしれません。

 

わからなかったら内科

もし他の症状が何もない、しゃっくりだけで原因は思いつかないのであれば、内科へ行きましょう。

もっとも守備範囲の広い診療科だからです。

引用元-しゃっくりが止まらない原因はコレ!癌などの病気に注意! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学