ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

      2017/06/05

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

猫のびポーズでダイエット?やり方や効果は?

猫のびポーズはもともとヨガのポーズであるそうです。

このポーズはダイエットの効果が期待されており、

猫のびダイエットとも呼ばれるそうです。

その効果や、やり方について確認してみましょう。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

北海道で人気のスキー場ニセコでスキーやスノボを楽しもう

北海道で人気の高いスキー場といえば、

やはりニセコスキー場でしょう。

広くて色々なコースが楽しめます。

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

ストレートネックの症状に注意 頭痛が主な症状

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

セルライトに効果があるのは有酸素運動

セルライトを落とすには、普通のダイエットでは効果がないと言われています。

でも、これはあくまでも繊維化したり、筋肉がセルライトになって固くなってしまったものに対してだけのことです。セルライトはもともと脂肪ですから、セルライトが柔らかいのであれば、ダイエットもセルライトを落とすのに効果的です。

ただ、食事制限だと、肥大化したセルライトには効果がありません。セルライトに効果があるのは、有酸素運動です。

有酸素運動は、心拍数を上げながら、酸素をたっぷり取り入れることが出来るので、脂肪燃焼効果がとても高いダイエットです。ですから、柔らかいセルライトも十分に燃焼させることが出来るのですね。

引用元-セルライトに効果がある有酸素運動とは – セルライトを除去する

スポンサーリンク



  人気記事

セルライト除去に効果的な有酸素運動はウォーキング

もちろん、どんな歩き方をしていても下半身のお肉が燃えてなくなってくれる、
というわけではありません。

ダラダラ歩いたり、ずるずる脚を引きずったりするような歩き方では、
かんじんの皮下脂肪を燃やすことはできません。

どんなときでも、リズミカルにスピーディーに歩くことが肝心です。

ウォーキングは、脂肪燃焼効果だけにとどまりません。

脚のうっ血、リンパ液の停滞によるむくみの解消に、
もっとも適しているといってもいいかもしれません。

足は第二の心臓と言われていますが、
ウォーキングにより足が地面から離れるときに
つま先や足首がよく曲げられ、

これが血行を促す重要なポンプの役割を果たしているので、
心臓の働きと似ています。

このポンプが働くことで、脚に溜まった水分は
静脈やリンパ管を通って、

太ももをへて上半身へと送り出されるわけです。

これが速歩になると、足が地面から離れるとき、
足首がギュッと伸ばされ、
血行がさらに促進されることになります。

しかも、全身の6割以上の筋肉が鍛えられることになるのです。

つまりエアロビクス効果で無駄な脂肪をメラメラ燃やしてくれるばかりか、
全身の血液の流れ、リンパ液の流れが改善されることで、
体内の老廃物の排泄も促進され、

脂肪は落ちる、居座っていたセルライトは去ってくれる、
たるんだ筋肉は引き締められ、むくみや冷え症も解消!

と、ありがたいことばかりなのです。

引用元-セルライトに運動で効果があるのは? | セルライト除去解消方法情報館

スポンサーリンク



水泳で有酸素運動に加えてマッサージ効果も

2215adf3f974fb9915fe69bd8187095c_m

セルライトに伴い足が太くなり重くなってしまっている方にはウォーキングさえも辛く思えることもあります。また、ひざや足首に痛みのある方にはさらに負担をかけてしま恐れもあります。そのような方におすすめの運動は水泳(アクアビクス)です。
水泳は全身の筋肉をバランスよく使い、水の浮力により関節に負担をかけない理想的な有酸素運動です。水の抵抗を受けながら水中を進んでいくことでマッサージ効果が得られ、血行をよくします。
もちろんクロールや背泳ぎといった競泳のような激しい運動の必要ななく、水中ウォーキングまたは、負担が大きい方は水と戯れるだけでも十分です。やりすぎは禁物!適度が大切!運動はセルライト除去解消にはもちろん、長く継続させることが大切です。そのためには辛く厳しいノルマを課していては続ける事が困難になります。もともとスポーツは楽しむものです。たとえ治療を目的としていても楽しく行えることが理想と言えます。

引用元-セルライト除去解消に運動は必須(ウォーキングでセルライトを撃退)

買い物は自転車で 日頃の生活でセルライトに効果

ジョギングやウォーキングをやってみたけれどなかなか継続できない・・・一人でウォーキングとかジョギングというのがなかなかできない・・・という方におすすめなのが、サイクリングです。特に主婦の方は、お買い物に行く時に自転車で行くという感覚でできるので、おすすめです。

サイクリング、自転車に乗るという行為も、実は有酸素運動。酸素を吸い吐きながら、足を動かすという運動なんです。つまり、ウォーキングやジョギングと同じ効果を持つ運動ということになります。

ジョギングやウォーキングなどが理想的なセルライト対策の有酸素運動といわれますが、膝や腰が痛い、また体重があり過ぎてウォーキングやジョギングは膝に負担がかかり過ぎる、という方もいます。

そういった方はサイクリングが最適です。お買いものに行く時にちょっと遠くのスーパーまで、自転車でいってみませんか?

最初は普通にサイクリングをして、慣れてきたら、徐々にスピードアップしていきましょう。そして坂道などを選んできつい道コースなどを作って走るのもいい刺激になります。

引用元-サイクリングでセルライト対策 -太ももを細くする方法-

激しい運動はセルライトは逆効果

実は”激しい”運動をすることによって私たちの体はむくみやすくなってしまうという性質があるのです。

むくみが起こるということは、リンパの流れが悪くなっているために体内に老廃物が溜まりますね。

老廃物と脂肪が結合したものがセルライトなので、運動をすることで体がむくみやすくなるということは、セルライトができやすい体になってしまうことですね。

そのため、「運動はセルライトにとっては逆効果である」という意見がでてきたものと思われます。

ただし、気を付けなければならないのは、ここで言っている”激しい”運動というのは、私たちがエクササイズとしてやるようなジョギングや筋トレの負荷をはるかに超えたものだということです。

イメージとしては「短時間でもうこれ以上動かせない」というくらい筋肉をいじめるような運動を指しているのです。

軽い運動(ジョギングやウォーキングなどの数十分続けられるもの)であれば、血流もリンパの流れもよくなるのでセルライトの予防や除去には効果的なんです。

⇒セルライトを予防するために必要なことは?

よって、運動をすること自体はセルライトにとっては効果的なんですが、やり過ぎると逆効果になることもあるというのが正解なんですね。

引用元-セルライトに運動は逆効果?

 - スポーツ, 生活の知恵, 美容・健康