ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

      2016/12/05

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

セルライトの原因のひとつは食生活の乱れにある

セルライトを作り出す原因1つ目が、食生活の乱れによるものです。

中でも外食が多く、自分の好んだものを栄養問わずに食べる方、ファーストフードを好んで食べる方は危険です。

油たっぷりの食べ物や甘い食べ物、コレストロールたっぷりの食べ物は消化が悪く、体内に残りやすくなってしまいます。

食べ物が消化されずに体内に残ってしまうと、そのまま体内に脂肪として蓄積されてしまいます。

脂肪が溜まってしまうと老廃物も溜まりやすくなります。

また、寝る直前に食事をとる方も、食べた物が消化されずにそのまま脂肪として蓄えられてしまいます。

引用元-セルライトを除去するには?セルフケアとサロンの違い!

スポンサーリンク



  人気記事

セルライトの原因となる食べ物について

・加工食品や添加物を多く含んだもの
添加物は体に吸収されず外に排出されますが、排出作業を体の中で行う際に多くの酵素を必要とします。

酵素の量は体の中で一定量しかないため酵素を添加物を排出するために使ってしまうと、体の代謝を行うための酵素量が少なくなってしまい”むくみ”を誘発します。

添加物だけではなく人口甘味料や着色料などにも同様のことが言えるので、極力これらの摂取を最小限にとどめていきましょう。

・塩分の高いもの
基本的に味の濃いものを食べると体はナトリウム濃度を下げるべく水分を欲しがります。そのため塩分を過剰に摂取すればするほど、本来排泄されるはずの水分が体に蓄えられてしまうのです。

お味噌汁なども減塩みそなどを使い、塩分の量を減らすなど薄味にする工夫が大切です。

・糖分の高いもの、カフェインを多く含んだもの
糖分やカフェインは体を冷やす成分の代名詞です。体が冷えてしまうと血流が滞ってしまうため、むくみを発生させます。

冷えた体は筋肉までも硬直させるため脂肪の燃焼が行われずどんどん皮下脂肪が溜まっていくという悪循環になります。

冷えに関しては糖分やカフェインに気をつけることはもちろん、冷えた飲み物や食べ物にも注意が必要です。

引用元-セルライトの原因【食事編】 | Miss Beautiful

スポンサーリンク



セルライトと食べ物の関係とは

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_m

セルライトが出来ている部分というのは、言い換えれば「代謝が悪い部分」と言うことができます。基礎代謝をあげるために重要なのが、まずは食事改善です。
1日3食きちんと食べる。
セルライト除去と同時に痩せたいと思っている人も多いと思いますが、痩せるためにも食事を減らすのではなく、正しい食事、正しい栄養素を身体に取り込んで、身体の中からセルライトを除去するのがいいです。
食事を抜くと、次に口にした食べ物を身体はできるだけたくさん吸収しようとします。身体に必要な栄養素はもちろん、ダイエットに大敵な脂肪分やセルライト除去にNGと言われているナトリウムまでしっかり吸収してしまいます。
ですので、セルライトを除去するためには、まず決められた時間に、適切な食事を取ることが大切なのです。

引用元-これは注意!セルライトを増やしてしまういけない食事 | セルライト解消研究所 ~あなたのセルライトの除去、ケア方法がわかる!~

セルライト対策になる食べ物とは

(1)生姜(ショウガ)
身体を温める効果があることで有名な生姜ですが、その効果は生の生姜ではなく、加熱・乾燥した生姜に強く現れます。また、生姜を加熱・乾燥させることで産まれるジンゲロンという成分には、ノルアドレナリンの分泌を促し、体脂肪を燃焼させて体温をあげる効果があります。身体が温まり血行が良くなるだけでなく、体脂肪を燃焼させる効果もある生姜は、セルライト対策にもってこいですね!

(2)レバー
レバーには、脂肪の代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれています。特にビタミンB2が豊富で、レバー5切れで、厚生労働省の定める推奨量の150%のビタミンB2を摂ることができます。糖質・脂質・タンパク質は、エネルギーとして使い切ってしまえば良いのですが、エネルギーに変える際に必要なビタミンが不足していると、使いきれずに脂肪として体内に蓄積されます。セルライトの原因の一つである皮下脂肪を溜めこまないためには、積極的にビタミンB群を摂ることが大切です。

(3)アマランサス
体内のミネラルバランスが悪いと水分代謝が上手くいかずむくんでしまいます。ミネラルバランス、というように、ミネラルは単体で摂るのではなく、バランス良く摂ることが大切です。アマランサスには、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなど13種類のミネラルが含まれていて、意識しないと摂りづらいミネラルがお手軽に摂れ、むくみの解消に役立つ食べ物です。

(4)エノキ
エノキなどのキノコに含まれるキノコキトサンには脂肪の吸収を抑える働きがあります。特にエノキが注目されているのは、エノキだけに含まれるエノキタケリノール酸が内臓脂肪を分解し、肥満を抑制する効果があるからです。内臓脂肪が分解され、内臓が本来の働きを取り戻すことで、代謝UPに繋がりセルライトの原因となる脂肪や老廃物を溜めこまない身体が作られます。

(5)ゴーヤ
ゴーヤの種に含まれる共役リノール酸には、体内でエネルギーとして使われずに残ってしまった脂質が脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きがあります。また、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを活性化させる効果もありますので、すでに蓄積されてしまった脂肪の分解にも効果的です。炒めて食べれば、種もワタもさほど苦みを感じませんので、種ごと良く噛んで食べるのがおススメです。苦みが苦手な方は、ゴーヤ茶を飲むと良いでしょう!

引用元-セルライトを撃退する食べ物・5つ | ハウコレ

セルライトは少しの心がけで原因を排除できる

冷え・むくみを改善し余計な脂肪を付けない食生活は、体内のめぐりを良くし代謝を上げます。

逆に、下半身の代謝が悪くなるとセルライトが出来やすくなります。

ましてや、ボコボコと目立つ状態になってしまったセルライトは、自分で改善するのは困難と言われるほど頑固!

エステなどでセルライトを解消しようと思えばお金も時間も掛かりますよね。

 

一日のうちで、何を食べようか選択する期会って何度もあります。

●「ジュースよりはミネラルウォーターにしよう」

●「お菓子を食べたいけどフルーツにしておこう」

●「もうちょっと食べたいけど、やめておこう」

といった、あなたの選択がセルライトを予防します。

女性の美は、毎日の積み重ねが大切です。

ぜひ心掛けてみて♪

引用元-セルライトを予防する食べ物・食生活 | 美脚ダイエットNavi

 - 生活の知恵, 美容・健康