ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

      2016/12/05

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

セルライトの原因のひとつは食生活の乱れにある

セルライトを作り出す原因1つ目が、食生活の乱れによるものです。

中でも外食が多く、自分の好んだものを栄養問わずに食べる方、ファーストフードを好んで食べる方は危険です。

油たっぷりの食べ物や甘い食べ物、コレストロールたっぷりの食べ物は消化が悪く、体内に残りやすくなってしまいます。

食べ物が消化されずに体内に残ってしまうと、そのまま体内に脂肪として蓄積されてしまいます。

脂肪が溜まってしまうと老廃物も溜まりやすくなります。

また、寝る直前に食事をとる方も、食べた物が消化されずにそのまま脂肪として蓄えられてしまいます。

引用元-セルライトを除去するには?セルフケアとサロンの違い!

スポンサーリンク



  人気記事

セルライトの原因となる食べ物について

・加工食品や添加物を多く含んだもの
添加物は体に吸収されず外に排出されますが、排出作業を体の中で行う際に多くの酵素を必要とします。

酵素の量は体の中で一定量しかないため酵素を添加物を排出するために使ってしまうと、体の代謝を行うための酵素量が少なくなってしまい”むくみ”を誘発します。

添加物だけではなく人口甘味料や着色料などにも同様のことが言えるので、極力これらの摂取を最小限にとどめていきましょう。

・塩分の高いもの
基本的に味の濃いものを食べると体はナトリウム濃度を下げるべく水分を欲しがります。そのため塩分を過剰に摂取すればするほど、本来排泄されるはずの水分が体に蓄えられてしまうのです。

お味噌汁なども減塩みそなどを使い、塩分の量を減らすなど薄味にする工夫が大切です。

・糖分の高いもの、カフェインを多く含んだもの
糖分やカフェインは体を冷やす成分の代名詞です。体が冷えてしまうと血流が滞ってしまうため、むくみを発生させます。

冷えた体は筋肉までも硬直させるため脂肪の燃焼が行われずどんどん皮下脂肪が溜まっていくという悪循環になります。

冷えに関しては糖分やカフェインに気をつけることはもちろん、冷えた飲み物や食べ物にも注意が必要です。

引用元-セルライトの原因【食事編】 | Miss Beautiful

スポンサーリンク



セルライトと食べ物の関係とは

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_m

セルライトが出来ている部分というのは、言い換えれば「代謝が悪い部分」と言うことができます。基礎代謝をあげるために重要なのが、まずは食事改善です。
1日3食きちんと食べる。
セルライト除去と同時に痩せたいと思っている人も多いと思いますが、痩せるためにも食事を減らすのではなく、正しい食事、正しい栄養素を身体に取り込んで、身体の中からセルライトを除去するのがいいです。
食事を抜くと、次に口にした食べ物を身体はできるだけたくさん吸収しようとします。身体に必要な栄養素はもちろん、ダイエットに大敵な脂肪分やセルライト除去にNGと言われているナトリウムまでしっかり吸収してしまいます。
ですので、セルライトを除去するためには、まず決められた時間に、適切な食事を取ることが大切なのです。

引用元-これは注意!セルライトを増やしてしまういけない食事 | セルライト解消研究所 ~あなたのセルライトの除去、ケア方法がわかる!~

セルライト対策になる食べ物とは

(1)生姜(ショウガ)
身体を温める効果があることで有名な生姜ですが、その効果は生の生姜ではなく、加熱・乾燥した生姜に強く現れます。また、生姜を加熱・乾燥させることで産まれるジンゲロンという成分には、ノルアドレナリンの分泌を促し、体脂肪を燃焼させて体温をあげる効果があります。身体が温まり血行が良くなるだけでなく、体脂肪を燃焼させる効果もある生姜は、セルライト対策にもってこいですね!

(2)レバー
レバーには、脂肪の代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれています。特にビタミンB2が豊富で、レバー5切れで、厚生労働省の定める推奨量の150%のビタミンB2を摂ることができます。糖質・脂質・タンパク質は、エネルギーとして使い切ってしまえば良いのですが、エネルギーに変える際に必要なビタミンが不足していると、使いきれずに脂肪として体内に蓄積されます。セルライトの原因の一つである皮下脂肪を溜めこまないためには、積極的にビタミンB群を摂ることが大切です。

(3)アマランサス
体内のミネラルバランスが悪いと水分代謝が上手くいかずむくんでしまいます。ミネラルバランス、というように、ミネラルは単体で摂るのではなく、バランス良く摂ることが大切です。アマランサスには、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなど13種類のミネラルが含まれていて、意識しないと摂りづらいミネラルがお手軽に摂れ、むくみの解消に役立つ食べ物です。

(4)エノキ
エノキなどのキノコに含まれるキノコキトサンには脂肪の吸収を抑える働きがあります。特にエノキが注目されているのは、エノキだけに含まれるエノキタケリノール酸が内臓脂肪を分解し、肥満を抑制する効果があるからです。内臓脂肪が分解され、内臓が本来の働きを取り戻すことで、代謝UPに繋がりセルライトの原因となる脂肪や老廃物を溜めこまない身体が作られます。

(5)ゴーヤ
ゴーヤの種に含まれる共役リノール酸には、体内でエネルギーとして使われずに残ってしまった脂質が脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きがあります。また、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを活性化させる効果もありますので、すでに蓄積されてしまった脂肪の分解にも効果的です。炒めて食べれば、種もワタもさほど苦みを感じませんので、種ごと良く噛んで食べるのがおススメです。苦みが苦手な方は、ゴーヤ茶を飲むと良いでしょう!

引用元-セルライトを撃退する食べ物・5つ | ハウコレ

セルライトは少しの心がけで原因を排除できる

冷え・むくみを改善し余計な脂肪を付けない食生活は、体内のめぐりを良くし代謝を上げます。

逆に、下半身の代謝が悪くなるとセルライトが出来やすくなります。

ましてや、ボコボコと目立つ状態になってしまったセルライトは、自分で改善するのは困難と言われるほど頑固!

エステなどでセルライトを解消しようと思えばお金も時間も掛かりますよね。

 

一日のうちで、何を食べようか選択する期会って何度もあります。

●「ジュースよりはミネラルウォーターにしよう」

●「お菓子を食べたいけどフルーツにしておこう」

●「もうちょっと食べたいけど、やめておこう」

といった、あなたの選択がセルライトを予防します。

女性の美は、毎日の積み重ねが大切です。

ぜひ心掛けてみて♪

引用元-セルライトを予防する食べ物・食生活 | 美脚ダイエットNavi

 - 生活の知恵, 美容・健康