ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

      2016/09/13

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

スポンサーリンク

  関連記事

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

むくみを放置するとセルライトの原因に

■むくみは、そのまま放置しておくと、「セルライト」になってしまいます。
 
「水分+脂肪=セルライト」
 
なのですね。
 
 
セルライトというのは、みかんの皮のようにボコボコした部分です。
 
主に、太ももやおしりにできやすい。
 
セルライトは、いきなりできるのではなく、少しづつ少しづつ範囲を拡大していきます。
 
 
セルライトは一度できてしまうと、消し去るのがとっても大変なのです。
 
だから、むくみの段階で、解消しておくことが望ましいんですね。
 
 
 
■また、むくみは冷え性を誘発します。
 
余分な水分が体に残っているわけですから、冷えますよね。
 
 
体が冷えれば血行が悪くなる。
 
つまり、
 
むくみ→冷え性→血行不良→頭痛・肩こり・便秘
 
というように、連鎖的な悪循環を招くのが、むくみなのです。

引用元-むくみが足痩せの天敵。セルライト化。冷え性・むくみ解消法

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

冷え性の人に多いのがセルライト

セルライトに悩む女性はとても多いですが、その中でも特にむくみや冷え性の人にとっては深刻な悩みのようです。

セルライトとむくみや冷え性は深い関わりがありますから、これは仕方のないことかもしれません。

むくみや冷え性は、女性にとても多く見られる症状で、特に冷え性は半数以上の女性が悩んでいるとまでいわれています。

けれど、むくみや冷え性の悩みがある人に、セルライトができやすいのはどうしてなのでしょうか?

これは、むくみや冷え性の女性には循環器官などに問題がある人が多いためのようです。

循環器官に問題があり血行が悪くなると、むくみや冷え性になりやすくなります。

普通の状態では、血管とくっついている脂肪細胞が循環器官が悪く、血行不良などが起きるとその脂肪細胞が血管から離れていってしまい、これがセルライトの原因になるのです。

ですから、冷え性の人にセルライトができやすいのは事実のようです。

引用元-冷え性の人に多いのがセルライト | セルライト完全除去をめざそう!

スポンサーリンク



セルライトの原因は冷え まずは温めよう

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

セルライトは冷えから来ているのですから、まず温めることが第一です。
太ももやヒップなどセルライトが出来ている箇所はもちろんの事、子宮などの臓器の冷えも解消して行かなければなりません。
セルライトを一度付けてしまうと中々取る事は出来ません。
また、セルライトは冷えを加速させ、痩せにくい体質を作ってしまう要因にもなるのでとても厄介な存在です。
しかし、適切なセルライトケアを行えば取り除く事は可能ですし、中には下半身のむくみが取れて数キロ痩せる人もいます。
セルライト対策には冷えないからだつくりが大切で、極度な食事制限など太りやすい体質を作る事は避けるべきです。
現在痩せている人もセルライトはあり、下半身の血行が悪ければ誰にでも起こることなのです。

引用元-冷え性とセルライト

血行不良はセルライトの原因となる

血行不良を引き起こす原因に、食生活の乱れや運動不足、ストレスなどがあげられます。
血行不良は、セルライトの原因となる冷え・むくみと大きく関係しています。
血液がうまく循環しないことにより、新鮮で温かい動脈血が体のすみずみまで行き渡らなくなり、末端や下半身などに冷えを生じてしまいます。
また、血行が悪くなると、体の水分代謝も悪くなります。そのため、余分な水分や老廃物を蓄積させ、むくみを生じます。

むくみや冷えが血行不良を生じる場合もありますし、血行不良・むくみ・冷えの症状のうちの一つでも見られる場合には、セルライトができやすい体質であると言えるでしょう。

老廃物とは、基礎代謝などの物質代謝で生じる栄養分やエネルギーの燃え残った代謝産物や不要な物質を言います。
老廃物は、血液やリンパ液によって運搬され、腎臓→肝臓→腸から排出されるように出来ているのですが、血液循環が悪く、代謝が低下することで体外への排出が行われずに体内に溜まっていくことになります。すると、老廃物と脂肪細胞、コラーゲンなどが結びつき、セルライトが作られる原因になります。

引用元-【セルライトの原因】老廃物蓄積が原因?冷え性/浮腫の人に多い | ダイエット特集 | ダイエットSlism

肥満がセルライトの原因ではない

たしかに、皮膚にできた凸凹は気になりますね。そんなセルライトは太っている人だけに付く脂肪の塊だと思われがちですが、それは間違いで、太っていない人にもセルライトはできます。そもそもセルライトの正体は脂肪なわけですが、脂肪細胞の肥大化やむくみなどが原因でリンパ管や毛細血管が圧迫されることによって起こるとされています。肥満がセルライトの原因ということではないのです。
代謝が悪いことが頑固なセルライトに
 リンパ管や毛細血管が圧迫されると余分な水分や老廃物が排出されずに溜まってしまいます。これが酸素や栄養素の運搬を妨げますから、更に代謝を悪くしてしまうわけです。代謝が悪くなると、脂肪細胞は燃焼されにくくなりますから、溜まった老廃物や余分な水分が脂肪細胞にこびりつくようになります。 するとコラーゲンが老廃物の付着した脂肪細胞に絡みつくようになり、さらに頑固なセルライトになるといわれています。
美容業界と医学会では、セルライトに対する見解が異なる?

 実は上記の説明は、美容業界における定番の解説です。医療界における解釈では、医学的には、セルライトが原因とされる肌の凹凸は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態に過ぎないというのが一般的な見解であるようです。
 
 女性にセルライトが多く見られるのは、もともと皮下脂肪が多いためであり、これらは病気や異常と見なされてはいません。また、むくみとセルライトの関係に関してもはっきりわかっていないというのが医学会の見解のようです。

引用元-むくみとセルライトの関係

 - 生活の知恵, 美容・健康