ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

      2016/09/13

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

スポンサーリンク

  関連記事

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

むくみを放置するとセルライトの原因に

■むくみは、そのまま放置しておくと、「セルライト」になってしまいます。
 
「水分+脂肪=セルライト」
 
なのですね。
 
 
セルライトというのは、みかんの皮のようにボコボコした部分です。
 
主に、太ももやおしりにできやすい。
 
セルライトは、いきなりできるのではなく、少しづつ少しづつ範囲を拡大していきます。
 
 
セルライトは一度できてしまうと、消し去るのがとっても大変なのです。
 
だから、むくみの段階で、解消しておくことが望ましいんですね。
 
 
 
■また、むくみは冷え性を誘発します。
 
余分な水分が体に残っているわけですから、冷えますよね。
 
 
体が冷えれば血行が悪くなる。
 
つまり、
 
むくみ→冷え性→血行不良→頭痛・肩こり・便秘
 
というように、連鎖的な悪循環を招くのが、むくみなのです。

引用元-むくみが足痩せの天敵。セルライト化。冷え性・むくみ解消法

スポンサーリンク



  人気記事

冷え性の人に多いのがセルライト

セルライトに悩む女性はとても多いですが、その中でも特にむくみや冷え性の人にとっては深刻な悩みのようです。

セルライトとむくみや冷え性は深い関わりがありますから、これは仕方のないことかもしれません。

むくみや冷え性は、女性にとても多く見られる症状で、特に冷え性は半数以上の女性が悩んでいるとまでいわれています。

けれど、むくみや冷え性の悩みがある人に、セルライトができやすいのはどうしてなのでしょうか?

これは、むくみや冷え性の女性には循環器官などに問題がある人が多いためのようです。

循環器官に問題があり血行が悪くなると、むくみや冷え性になりやすくなります。

普通の状態では、血管とくっついている脂肪細胞が循環器官が悪く、血行不良などが起きるとその脂肪細胞が血管から離れていってしまい、これがセルライトの原因になるのです。

ですから、冷え性の人にセルライトができやすいのは事実のようです。

引用元-冷え性の人に多いのがセルライト | セルライト完全除去をめざそう!

スポンサーリンク



セルライトの原因は冷え まずは温めよう

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

セルライトは冷えから来ているのですから、まず温めることが第一です。
太ももやヒップなどセルライトが出来ている箇所はもちろんの事、子宮などの臓器の冷えも解消して行かなければなりません。
セルライトを一度付けてしまうと中々取る事は出来ません。
また、セルライトは冷えを加速させ、痩せにくい体質を作ってしまう要因にもなるのでとても厄介な存在です。
しかし、適切なセルライトケアを行えば取り除く事は可能ですし、中には下半身のむくみが取れて数キロ痩せる人もいます。
セルライト対策には冷えないからだつくりが大切で、極度な食事制限など太りやすい体質を作る事は避けるべきです。
現在痩せている人もセルライトはあり、下半身の血行が悪ければ誰にでも起こることなのです。

引用元-冷え性とセルライト

血行不良はセルライトの原因となる

血行不良を引き起こす原因に、食生活の乱れや運動不足、ストレスなどがあげられます。
血行不良は、セルライトの原因となる冷え・むくみと大きく関係しています。
血液がうまく循環しないことにより、新鮮で温かい動脈血が体のすみずみまで行き渡らなくなり、末端や下半身などに冷えを生じてしまいます。
また、血行が悪くなると、体の水分代謝も悪くなります。そのため、余分な水分や老廃物を蓄積させ、むくみを生じます。

むくみや冷えが血行不良を生じる場合もありますし、血行不良・むくみ・冷えの症状のうちの一つでも見られる場合には、セルライトができやすい体質であると言えるでしょう。

老廃物とは、基礎代謝などの物質代謝で生じる栄養分やエネルギーの燃え残った代謝産物や不要な物質を言います。
老廃物は、血液やリンパ液によって運搬され、腎臓→肝臓→腸から排出されるように出来ているのですが、血液循環が悪く、代謝が低下することで体外への排出が行われずに体内に溜まっていくことになります。すると、老廃物と脂肪細胞、コラーゲンなどが結びつき、セルライトが作られる原因になります。

引用元-【セルライトの原因】老廃物蓄積が原因?冷え性/浮腫の人に多い | ダイエット特集 | ダイエットSlism

肥満がセルライトの原因ではない

たしかに、皮膚にできた凸凹は気になりますね。そんなセルライトは太っている人だけに付く脂肪の塊だと思われがちですが、それは間違いで、太っていない人にもセルライトはできます。そもそもセルライトの正体は脂肪なわけですが、脂肪細胞の肥大化やむくみなどが原因でリンパ管や毛細血管が圧迫されることによって起こるとされています。肥満がセルライトの原因ということではないのです。
代謝が悪いことが頑固なセルライトに
 リンパ管や毛細血管が圧迫されると余分な水分や老廃物が排出されずに溜まってしまいます。これが酸素や栄養素の運搬を妨げますから、更に代謝を悪くしてしまうわけです。代謝が悪くなると、脂肪細胞は燃焼されにくくなりますから、溜まった老廃物や余分な水分が脂肪細胞にこびりつくようになります。 するとコラーゲンが老廃物の付着した脂肪細胞に絡みつくようになり、さらに頑固なセルライトになるといわれています。
美容業界と医学会では、セルライトに対する見解が異なる?

 実は上記の説明は、美容業界における定番の解説です。医療界における解釈では、医学的には、セルライトが原因とされる肌の凹凸は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態に過ぎないというのが一般的な見解であるようです。
 
 女性にセルライトが多く見られるのは、もともと皮下脂肪が多いためであり、これらは病気や異常と見なされてはいません。また、むくみとセルライトの関係に関してもはっきりわかっていないというのが医学会の見解のようです。

引用元-むくみとセルライトの関係

 - 生活の知恵, 美容・健康