ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

   

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

スポンサーリンク

  関連記事

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

洗濯物を入れる順番とは

①かさばる大きなもの
 バスタオル、厚手のアウターなど
②普通の洗濯物
 シャツ、パンツ、フェイスタオルなど
③小さいもの、デリケートなもの
 下着、ネットに入れて洗うものなど

ちょっとしたことですがこれで洗濯機の回転が速くなり、汚れも良く落ちるようになるのです。

しかも、より汚れを落とすためには、
①水
②洗剤
③洗濯物
と、洗濯機へ入れていくのが良いそうです。
洗濯物を最初に入れてその上から水、洗剤と入れた場合、洗剤が直接洗濯物についてしまって、衣類にダメージを与えてしまうことがあるのです。

最初に水を入れて、洗剤を入れて溶かしてから洗濯物を入れる方が洗濯物にとって良いのです。

引用元-便利な洗濯の裏ワザ大公開! 洗濯物を入れる順番で洗濯機の回転が速くなる?!

スポンサーリンク



  人気記事

洗濯前にすべきことや洗濯の時間について

洗濯をする前は、必ずほこりやごみなど払っておきましょう。ポケットの中もチェックし、中にものが入っていたら、取り出しましょう。洗濯した後では、ごみなどが付着してしまうと、かなり取りにくいです。
ファスナーは閉めておきましょう。ファスナーに他の衣類が絡まって、傷んでしまう原因になります。痛みやすい生地は洗濯ネットに入れて洗いましょう。白物と色柄物に仕分けしておき、白いものから先に洗いましょう。
洗濯時間について
洗濯機を長い間回せば、汚れが落ちるという訳ではありません。長く回せば、それだけ生地も痛みますし、落ちた汚れも再び付着してしまいます。
洗いは5~10分ぐらいで充分です。すすぎも同じような理由で、溜めすすぎ3~5分を2回+注水すすぎ3分くらいです。脱水は5分もかければ充分に脱水することができます。

引用元-正しい洗濯の方法

スポンサーリンク



洗濯する水の温度は関係ある?

汚れ落ちがいいのは水温の高い25~40度。冬は、水道水より風呂の残り湯を使うのが効率的。

 汚れやにおいが気になると、多めに洗剤を入れがちだが、効果はあまり変わらない。むしろ洗濯後に洗剤が残っているとシミの原因になったり、すすぎに時間がかかったりと、時間ロスになる。正しい順番で適量の洗剤を投入することで、効果的に汚れを落とし、きれいに仕上げられる。

 洗濯物は繊維同士がこすれ合って汚れを落とすため、少な過ぎると空回りして効果が半減する。汚れものは6、7割までを目安にためて洗う。

 衣類を洗濯機に入れる時には、汚れのひどい物やトレーナーなどの重い服を先に、下着などのデリケートな素材は上にくるようにすれば、効果的ですすぎも早い。繊維の傷みを防ぐために、服を裏返す方法も有効。衣類どうしの絡み防止のためには、ファスナーやボタンを止めておくといい。

引用元-【男の生活練習帖】時短につながる洗濯機の使い方 水、洗剤、洗濯物が正しい順序 – 経済・マネー – ZAKZAK

洗濯物の各衣類の洗い方のポイントについて

素材や取り扱い絵表示、その他の注意表示を見て、どの洗い方が一番適切か判断しよう!
初めて洗うものや濃色の衣類等は、1点だけで洗うか、色落ちの有無を確かめることも重要だよ。
◇おしゃれ着の衣類
おしゃれ着専用の洗剤を使って手洗いを。洗濯機の場合は、汚れやすい部分を表にしてたたんでネットに入れ、手洗いコースを選択。
◇Tシャツ
スパンコールや刺繍入り等飾りの付いた物、色の濃い物は手洗いがオススメ。プリント付きは裏返してネットに入れるとよい。
◇女性下着
シルクやレース等は手洗いで。洗濯機を使用する場合は、裏返してホックは留めておく。ネットを使用し手洗いコースを選択。 中性洗剤を使用する。
◇ニット
中性洗剤を使用して、手洗いか洗濯機へ。洗濯機の場合に毛玉を抑えるには、裏返してネットに入れ手洗いコースが○。
◇デニム
色の薄いものと一緒に洗わない。色落ちしやすいので単独で洗うのがオススメ。裏返したりネットに入れて洗うことで色落ちを抑えることができる。
◇カーテン
フックを外し、洗う前にホコリ等を払っておく。ヒダに合わせてたたみ、ネットに入れて手洗いコースで。
脱水はシワにならないよう短めに。
◇毛布
綿等、一部の素材は水洗い可能。屏風のようにたたんで洗濯槽に入れるか、毛布用の洗濯ネットを使用し、一番多い水量で洗う。

引用元-花嫁1年生に贈るお洗濯&お掃除バイブル|結婚準備マニュアル[新生活準備]|ウェディングスタイル・ネット

洗濯物に付いたシミは素早い対処が大事!

衣類についた汚れは、時間の経過とともに取れにくくなります。汚れは時間の経過とともに、「付着段階→吸着段階→粘着段階→染着段階」といった具合で素材との結びつきを強めていきます。それで時間が立てばたつほど落ちにくくなるというわけです。また時間の経過がしみの酸化を招き変色の原因にもなります。しみはその日のうちに対処するようにしましょう。

コーヒーやジュースなどのしみはタオルに移し取る
コーヒーやジュースなどの油分を含まない水性のしみがついたときには、まずしみのついた部分の下にタオルか布をひきます。次にブラシを水でぬらしてしみの上からトントンとたたいて、汚れを下の布に移し取っていきます。汚れがうつったら布をきれいな部分へとずらして、また移し取りを繰り返します。きれいに移し取ったらおしまいです。

水ではきれいに写し取れないという場合には、中性洗剤を溶かした水でやってみてください。ただし移し終わったあとは、そのまま乾燥させると中性洗剤の液がついたところの周囲の部分が、輪じみとして残ってしまいます。そこで液がついた周辺部を霧吹きなどでぼかし、両側を布ではさんで、水分をよくとってから乾燥させてください。

しみには水性のものと油性のものがある
しみは大きく水性のものと、油性のものとに分けることができます。一度に両方のしみをつけた場合には、まずは油性のしみ取り対策から始めましょう。油性のしみ取り対策で水をつけてしまうと、油性の汚れと水が合わさって固まってしまうので、余計に取りにくくなってしまいます。

出先でしみがついたときには
出先でしみがついたときには、応急処置としてしみがついた部分の下にティッシュをひきます。そしてハンカチをぬらしてしみのうえからトントンとたたき、ティッシュに移し取っていきます。そうしておけばかえってからの染み抜きがうんと楽になります。間違ってもしみがついた部分をこすったりしないようにしてください。汚れが周囲に広がりますし、繊維の奥の方にまで入り込んでしまい余計に取れにくくなってしまいます。

引用元-裏技・裏情報ファイル! <お洗濯裏ワザ>

 - 生活の知恵, 雑学