ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

      2017/03/27

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

スポンサーリンク

  関連記事

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

背中の激痛で動けないのはぎっくり背中?

ぎっくり背中の症状

背中の激痛

特に何かを持った時やくしゃみなどのちょっとした動作の時にグキッと行くぎっくり腰と同じ典型的な症状です。背中の激痛が主になり捻ったりする動作が特に出来なくなります。

背中の筋肉がつる

特に慢性化した場合は、背中の痛みだけでなく、背中がつってしまうこともあります。

ぎっくり背中の原因

日常的な筋肉の固さ

ぎっくり背中は男性に多く、日常的に背中の筋肉に固い人に発生します。くしゃみや重いものを持つを体が捻じれてしまうので普段固い筋肉が無理やり捻じれて肉離れのような状態になります。日常的な筋肉の固さは特に動かない高齢者や運動をあまりしなくなった男性に多く見られます。

体の捻じれ

ぎっくり腰もそうですが、ぎっくり系は体の捻じれが顕著にでています。足首を捻ったイメージです。怪我と思って頂いてもよろしいかと思います。体の捻じれは、日常の癖(アヒル座り、女の子座り、片足重心等)で少しずつ蓄積され起こります。

ストレス

ストレスが溜まると交感神経が優位になり筋肉が常に緊張してしまいます。その状態でくしゃみや重いものを持つ動作が急激に加わるとぎっくり背中になることがあります。ストレスが溜まると胃がキリキリするのが良い例です。

内臓の疲れ

内臓の疲れは、お腹や背中に顕著にでます。食べ過ぎ、飲み過ぎなどで内臓が弱ってくるとその反応は背中、お腹に現れ筋肉が固くなります。内臓が疲れると骨格を引っ張って骨格を歪ませてしまいます。

引用元-ぎっくり背中は改善できる!ぎっくり背中の原因と自分で治せるセルフ整体 | 「触れるだけ」の無痛整体で内臓調整-ボーンタッチセラピー-

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

激痛のぎっくり背中はどんな時に起こりやすい?

2-1.最も多いのは重い荷物を持った時!

ぎっくり背中になるきっかけとして最も多いのが、重い荷物を持った時です。とくに、前かがみで足元の荷物を持ち上げようとする場合、荷物と上半身の重さが腰や背中にかかり大きな負担となります。また、高いところにある重いものを取る場合はさらに負担が大きくなることもあるため注意が必要です。

2-2.寝ている間にぎっくり背中になる?

寝ている時の姿勢が原因でぎっくり背中になることもあります。これは寝違えが背中に起こったものです。不自然な体勢を続けたり寝返りによって無理に背中が動かされたりすることで、筋肉に過度な負担がかかり、ぎっくり背中が起こります。

2-3.クシャミや咳をしただけでなることも!

ぎっくり背中のきっかけとして意外と多いのが、クシャミや咳をした時です。クシャミや咳をする時、反射的に体が大きく前後に動くことはありませんか? 実は、この急激な動作が背中に大きな衝撃を与えるのです。

引用元-急な背中の痛みに悩む方必見! ぎっくり背中を解消する3つのポイント

スポンサーリンク



ぎっくり背中の対処法について

運動不足や同じ体勢を続けていることによる筋肉疲労(コリ)などによって、筋繊維の伸縮性が悪く筋肉が固い状態となっています。柔らかいゴムがよく伸びるのに対し、硬くなったゴムは引っ張るとすぐに切れてしまいますよね。それと同じで柔らかい筋肉は急な動きや衝撃にも耐えることができますが、固い筋肉は耐えることができず細かい筋繊維が切れてしまい損傷を受けるのです。
もしぎっくり背中になってしまったら、できるだけうつぶせで安静にして患部の炎症を鎮めるために冷やしましょう。受傷直後は筋肉が痛んでいる状態なので、マッサージや入浴は控えます。そのうえで整形外科を受診するというのが正しい対処法です。
ぎっくり背中は誰にでも起こりますから、日ごろから筋肉が固まらないように軽いストレッチや運動を心がけるのが理想です。寒くなったからといって縮こまらず、体を伸ばしてみることからはじめましょう。

引用元-ぎっくり背中って知ってますか? 背中の激痛の原因と対処法| 必要なサプリメントが見つかる情報サイト「サプリ」

動けないとならないためのぎっくり背中を予防するために

ぎっくり背中で動けなくならないために、
どんな予防法があるのでしょうか?

まず、日常的な癖がある場合はこれを直すようにしましょう。

例えば、足組みや座り方などを気を付けるだけで予防になります。

立っている場合も、片足に重心を乗せるような立ち方は注意が必要です。

また、座ったままでもグッと伸びをするだけで、予防につながります。

また、足を組みたくなったりすることもあると思います。

これはお尻の筋肉を伸ばしたい状況であることが多く、
貧乏ゆすりをするように足を揺らしますことで、
リンパや血流が動くため予防できるそうです。

座り方だけでなく、パソコンの位置についても、
画面への目線が真正面になるように調節することで予防につながります。

ぎっくり背中に効果的で簡単なエクササイズとは?

もちろん、既に急な背中の痛みがある場合には痛みを落ち着かせてからですが、簡単なエクササイズで予防対策することも可能です。

まずは、自分の肩よりも低く腰よりも高い背中くらいの高さの台に手を付いて、少し離れた場所で両足を肩幅くらい広さに開いて向かい合います。
次に、顔を起こして背中を反らせて思いっきり息を吐きながら、上半身を直角に倒して15秒くらいキープします。
このエクササイズでは、硬くなった背中の筋肉を適度に動かしてほぐすことが出来ます。

引用元-急な背中の痛みでぎっくり背中になったら、冷やして安静にすることが大切|ヘルモア

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学