ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

      2017/03/27

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

スポンサーリンク

  関連記事

ロードバイク人気が上昇!初心者の女性でも大丈夫なの?

ロードバイクは、最近女性人気が高まっているようです。

女性だからと諦めていた方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

女性用ロードバイクの特徴などについても確認しておきましょう。

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

背中の激痛で動けないのはぎっくり背中?

ぎっくり背中の症状

背中の激痛

特に何かを持った時やくしゃみなどのちょっとした動作の時にグキッと行くぎっくり腰と同じ典型的な症状です。背中の激痛が主になり捻ったりする動作が特に出来なくなります。

背中の筋肉がつる

特に慢性化した場合は、背中の痛みだけでなく、背中がつってしまうこともあります。

ぎっくり背中の原因

日常的な筋肉の固さ

ぎっくり背中は男性に多く、日常的に背中の筋肉に固い人に発生します。くしゃみや重いものを持つを体が捻じれてしまうので普段固い筋肉が無理やり捻じれて肉離れのような状態になります。日常的な筋肉の固さは特に動かない高齢者や運動をあまりしなくなった男性に多く見られます。

体の捻じれ

ぎっくり腰もそうですが、ぎっくり系は体の捻じれが顕著にでています。足首を捻ったイメージです。怪我と思って頂いてもよろしいかと思います。体の捻じれは、日常の癖(アヒル座り、女の子座り、片足重心等)で少しずつ蓄積され起こります。

ストレス

ストレスが溜まると交感神経が優位になり筋肉が常に緊張してしまいます。その状態でくしゃみや重いものを持つ動作が急激に加わるとぎっくり背中になることがあります。ストレスが溜まると胃がキリキリするのが良い例です。

内臓の疲れ

内臓の疲れは、お腹や背中に顕著にでます。食べ過ぎ、飲み過ぎなどで内臓が弱ってくるとその反応は背中、お腹に現れ筋肉が固くなります。内臓が疲れると骨格を引っ張って骨格を歪ませてしまいます。

引用元-ぎっくり背中は改善できる!ぎっくり背中の原因と自分で治せるセルフ整体 | 「触れるだけ」の無痛整体で内臓調整-ボーンタッチセラピー-

スポンサーリンク



  人気記事

[wpp limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100 stats_comments=0 stats_views=0 excerpt_length=55 post_html="
  • {thumb} {text_title}
    {summary}
  • "]

    激痛のぎっくり背中はどんな時に起こりやすい?

    2-1.最も多いのは重い荷物を持った時!

    ぎっくり背中になるきっかけとして最も多いのが、重い荷物を持った時です。とくに、前かがみで足元の荷物を持ち上げようとする場合、荷物と上半身の重さが腰や背中にかかり大きな負担となります。また、高いところにある重いものを取る場合はさらに負担が大きくなることもあるため注意が必要です。

    2-2.寝ている間にぎっくり背中になる?

    寝ている時の姿勢が原因でぎっくり背中になることもあります。これは寝違えが背中に起こったものです。不自然な体勢を続けたり寝返りによって無理に背中が動かされたりすることで、筋肉に過度な負担がかかり、ぎっくり背中が起こります。

    2-3.クシャミや咳をしただけでなることも!

    ぎっくり背中のきっかけとして意外と多いのが、クシャミや咳をした時です。クシャミや咳をする時、反射的に体が大きく前後に動くことはありませんか? 実は、この急激な動作が背中に大きな衝撃を与えるのです。

    引用元-急な背中の痛みに悩む方必見! ぎっくり背中を解消する3つのポイント

    スポンサーリンク



    ぎっくり背中の対処法について

    運動不足や同じ体勢を続けていることによる筋肉疲労(コリ)などによって、筋繊維の伸縮性が悪く筋肉が固い状態となっています。柔らかいゴムがよく伸びるのに対し、硬くなったゴムは引っ張るとすぐに切れてしまいますよね。それと同じで柔らかい筋肉は急な動きや衝撃にも耐えることができますが、固い筋肉は耐えることができず細かい筋繊維が切れてしまい損傷を受けるのです。
    もしぎっくり背中になってしまったら、できるだけうつぶせで安静にして患部の炎症を鎮めるために冷やしましょう。受傷直後は筋肉が痛んでいる状態なので、マッサージや入浴は控えます。そのうえで整形外科を受診するというのが正しい対処法です。
    ぎっくり背中は誰にでも起こりますから、日ごろから筋肉が固まらないように軽いストレッチや運動を心がけるのが理想です。寒くなったからといって縮こまらず、体を伸ばしてみることからはじめましょう。

    引用元-ぎっくり背中って知ってますか? 背中の激痛の原因と対処法| 必要なサプリメントが見つかる情報サイト「サプリ」

    動けないとならないためのぎっくり背中を予防するために

    ぎっくり背中で動けなくならないために、
    どんな予防法があるのでしょうか?

    まず、日常的な癖がある場合はこれを直すようにしましょう。

    例えば、足組みや座り方などを気を付けるだけで予防になります。

    立っている場合も、片足に重心を乗せるような立ち方は注意が必要です。

    また、座ったままでもグッと伸びをするだけで、予防につながります。

    また、足を組みたくなったりすることもあると思います。

    これはお尻の筋肉を伸ばしたい状況であることが多く、
    貧乏ゆすりをするように足を揺らしますことで、
    リンパや血流が動くため予防できるそうです。

    座り方だけでなく、パソコンの位置についても、
    画面への目線が真正面になるように調節することで予防につながります。

    ぎっくり背中に効果的で簡単なエクササイズとは?

    もちろん、既に急な背中の痛みがある場合には痛みを落ち着かせてからですが、簡単なエクササイズで予防対策することも可能です。

    まずは、自分の肩よりも低く腰よりも高い背中くらいの高さの台に手を付いて、少し離れた場所で両足を肩幅くらい広さに開いて向かい合います。
    次に、顔を起こして背中を反らせて思いっきり息を吐きながら、上半身を直角に倒して15秒くらいキープします。
    このエクササイズでは、硬くなった背中の筋肉を適度に動かしてほぐすことが出来ます。

    引用元-急な背中の痛みでぎっくり背中になったら、冷やして安静にすることが大切|ヘルモア

     - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学