ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

   

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

スポンサーリンク

  関連記事

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

そもそも咳はなぜ出るのか?

人間は、異物の侵入を拒む機能が備わっていますが、そのうちの一つが「咳」です。
 
咳は、空気中のホコリやウイルス、細菌、または食べ物などが気管や気管支、肺に入らないようにするための生理的反応です。
 
食事中にたまに見られる、
 
「ゴホッゴホッ!変なところに入った!」
 
というのは、この「気管」に食べ物が入りそうになったため、咳を出すことで気管から吐き出そうとする防御反応なのです。
 
また、風邪などですでに体内に侵入した菌に対しても、咳を出すことで、少しでも体外へ菌を出そうとします。
 
なお、風邪などで痰が出る原因も、異物(ウイルスや細菌)を痰に絡め、咳と共に外に吐き出そうとする防御反応の一つなのです。
 
※鼻水やくしゃみも同様に、菌を体外に出すための防御反応です。

引用元-咳が止まらない時の原因と対処!咳が続くのは何かの病気!?

スポンサーリンク



  人気記事

夜になると咳が止まらない原因について

咳が止まらない原因は複数あります。
突発的に空気と一緒に異物を吸い込んだと感知して吐き出そうとする咳は、異物が出るか飲み込まれるまで止まりません。
 
また、体内に侵入した菌やウイルスを追い出そうとする咳は、体内の中の抵抗が治まるまでは咳が止まりません。
 
季節や環境が大きく影響しますが、具合が悪いと感じないのに夜中に止まらない咳は睡眠を妨害する原因にもなり、翌日の体調にも悪影響を及ぼす厄介なものです。
 
その原因は、室内の環境を見直すことで分かり、解決に繋がります。
 
まず、夜中に寝返りを繰り返しながら布団の埃を吸い込むことは当然ですが、起きている時とは違い、呼吸による喉の渇きは無意識に起こります。
 
また鼻呼吸がし辛い人は口呼吸で更に喉が乾燥します。
 
これが夜中に咳が止まらない原因としては多いでしょう。

引用元-咳が止まらない原因と対処法

スポンサーリンク



咳が止まらない時は喉の乾燥も注意

喉が乾燥することも咳が止まらなくなる原因の一つです。喉の乾燥が起こる原因は主に2つあると言われています。それが”空気の乾燥”と”口呼吸”です。

■空気の乾燥

空気が乾燥すると喉の粘膜が刺激を受けやすくなり咳が出やすくなります。これに対抗するためには湿度を一定に保つことが大切です。特に冬場は空気が乾燥しやすいので加湿器を設置したり濡れタオルを部屋に干しておくなどの対策を行いましょう。

■口呼吸

口呼吸は夜寝ている間、無意識の内になってしまっている方が多いです。本来、鼻にはフィルターがありウイルスや細菌を取り除いてくれるのですが、口呼吸の場合はフィルターが機能せずウイルスや細菌に感染して風邪を引きやすくなると言われています。

また、口呼吸は唾液が減ることにもつながり口の中や喉の乾燥を招いてしまいます。

引用元-【咳が止まらないときに考えられる10の病気】もしかしたら肺炎の可能性も!痰や微熱などチェックすべき症状とは?|welq [ウェルク]

風邪以外の病気による咳の原因とは

咳を症状とする病気は風邪以外にもたくさんあります。

肺炎
風邪の咳との区別がつかないが、肺炎の咳はとくに激しい。夜間に出ることが多く、一度はじまるとなかなかおさまらない。
マイコプラズマ肺炎
発熱や頭痛が3~4日続き、その間に咳がひどくなってくる。これらの症状が長引くのが特徴。中耳炎、副鼻腔炎などにつながる可能性もある。
百日咳
百日咳菌の飛沫感染による。発熱はなく、鼻水、くしゃみ、咳の順番で症状がでてくる。始めは軽い咳だが徐々に激しさを増す。最終的には激しい咳で嘔吐、呼吸困難などにつながることもある。夜にひどくなる傾向がある。
結核
咳とともに血が混じった痰が出る。感染の可能性があるので十分注意が必要。
慢性閉塞性肺疾患
肺気腫と慢性気管支炎によって起こる閉塞性肺疾患を総合したものをさす。1年以上、気道を拡張する為、痰が伴う咳が続く。喫煙が大きな要因と考えられている。喫煙習慣があり、痰を伴う咳が1年以上顕著な場合はこれを疑う必要もある。
肺がん
がんが気管支や肺を刺激して咳がでる。激しい咳と喘鳴、血痰を伴うことがある。
心臓疾患
心臓の疾患により、肺からの血液が正常に心臓に戻らず、肺に血液が溜まって咳を起こす。生まれつきの心臓疾患だけでなく心筋炎、心外膜炎などで起る場合もある。
心因性
昼間激しく、眠っている間は全く起きない。咳払いのような咳。ストレスを感じたときに起こる。
その他の病気
喘息、花粉症、肺梗塞、肺水腫、胸膜炎、降圧剤の副作用、急性咽頭炎、心筋炎、心外膜炎、間質性肺炎、がん性リンパ管症…など

引用元-咳が長引くとき-その次の病気かもしれない | 名医を探すドクターズガイド

咳が止まらない病気の予防と対策について

咳を予防する方法として、一番大切なことは風邪を引かないことです。風邪を予防することが咳を予防することにもなります。

うがい、手洗い

うがいや手洗いは風邪予防の基本です。インフルエンザや風邪、その他のウイルス性の胃腸炎などが流行る時期は特に念入りに行いましょう。部屋の中に細菌やウイルス持ち込まないようにしたり、汚れた手で目や鼻、口を触らないことも大切です。

体力や気力を充実させる

冬の寒い時期は、運動量が減ったり体温が低めになるなど、免疫力が低下しやすい条件がそろっています。体を動かしたり、温かい食事を心がけて、体の中から温めるようにしましょう。

ストレスを発散し、睡眠と休養を十分にとって、寒い季節を元気に過ごしましょう。

適度な加湿

エアコンや暖房が効いた部屋は乾燥しがちです。喉がイガイガしてくるのは、人の粘膜が乾燥に弱いからです。湿度は40~60%が適しています。

空気中を漂っているウイルスは、湿度が高く紫外線が強い環境では、人への感染リスクが下がることがわかっています。一般的には、多湿で紫外線が強い夏はインフルエンザの流行が少なく、乾燥して紫外線が少ない冬に流行しやすいといえます。

また、湿度や季節に限らず、お天気の悪い日が続いて紫外線が減ると、インフルエンザが流行することがあります。雨が数日続いたら用心しておきましょう。

アレルゲンを遠ざける

部屋のほこりやハウスダスト、食材などに対してアレルギーがある場合は、それが原因で咳が止まらなくなっているかもしれません。

よく掃除をしたり、寝具をまめに取り替える、できるだけ花粉を家に入れないようにするなど工夫をしてみましょう。

引用元-咳が止まらない病気についてでも熱はない!考えられる原因は? | Hapila(ハピラ)

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康