ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

   

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

スポンサーリンク

  関連記事

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

腸内環境をチョコレートで改善?含まれる成分とは

腸内環境を整えることは健康維持のために大事なことです。

チョコレートは腸に作用し、肌の悩みや便の悩みを

解決してくれるそうです。チョコレートの効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

そもそも咳はなぜ出るのか?

人間は、異物の侵入を拒む機能が備わっていますが、そのうちの一つが「咳」です。
 
咳は、空気中のホコリやウイルス、細菌、または食べ物などが気管や気管支、肺に入らないようにするための生理的反応です。
 
食事中にたまに見られる、
 
「ゴホッゴホッ!変なところに入った!」
 
というのは、この「気管」に食べ物が入りそうになったため、咳を出すことで気管から吐き出そうとする防御反応なのです。
 
また、風邪などですでに体内に侵入した菌に対しても、咳を出すことで、少しでも体外へ菌を出そうとします。
 
なお、風邪などで痰が出る原因も、異物(ウイルスや細菌)を痰に絡め、咳と共に外に吐き出そうとする防御反応の一つなのです。
 
※鼻水やくしゃみも同様に、菌を体外に出すための防御反応です。

引用元-咳が止まらない時の原因と対処!咳が続くのは何かの病気!?

スポンサーリンク



  人気記事

夜になると咳が止まらない原因について

咳が止まらない原因は複数あります。
突発的に空気と一緒に異物を吸い込んだと感知して吐き出そうとする咳は、異物が出るか飲み込まれるまで止まりません。
 
また、体内に侵入した菌やウイルスを追い出そうとする咳は、体内の中の抵抗が治まるまでは咳が止まりません。
 
季節や環境が大きく影響しますが、具合が悪いと感じないのに夜中に止まらない咳は睡眠を妨害する原因にもなり、翌日の体調にも悪影響を及ぼす厄介なものです。
 
その原因は、室内の環境を見直すことで分かり、解決に繋がります。
 
まず、夜中に寝返りを繰り返しながら布団の埃を吸い込むことは当然ですが、起きている時とは違い、呼吸による喉の渇きは無意識に起こります。
 
また鼻呼吸がし辛い人は口呼吸で更に喉が乾燥します。
 
これが夜中に咳が止まらない原因としては多いでしょう。

引用元-咳が止まらない原因と対処法

スポンサーリンク



咳が止まらない時は喉の乾燥も注意

喉が乾燥することも咳が止まらなくなる原因の一つです。喉の乾燥が起こる原因は主に2つあると言われています。それが”空気の乾燥”と”口呼吸”です。

■空気の乾燥

空気が乾燥すると喉の粘膜が刺激を受けやすくなり咳が出やすくなります。これに対抗するためには湿度を一定に保つことが大切です。特に冬場は空気が乾燥しやすいので加湿器を設置したり濡れタオルを部屋に干しておくなどの対策を行いましょう。

■口呼吸

口呼吸は夜寝ている間、無意識の内になってしまっている方が多いです。本来、鼻にはフィルターがありウイルスや細菌を取り除いてくれるのですが、口呼吸の場合はフィルターが機能せずウイルスや細菌に感染して風邪を引きやすくなると言われています。

また、口呼吸は唾液が減ることにもつながり口の中や喉の乾燥を招いてしまいます。

引用元-【咳が止まらないときに考えられる10の病気】もしかしたら肺炎の可能性も!痰や微熱などチェックすべき症状とは?|welq [ウェルク]

風邪以外の病気による咳の原因とは

咳を症状とする病気は風邪以外にもたくさんあります。

肺炎
風邪の咳との区別がつかないが、肺炎の咳はとくに激しい。夜間に出ることが多く、一度はじまるとなかなかおさまらない。
マイコプラズマ肺炎
発熱や頭痛が3~4日続き、その間に咳がひどくなってくる。これらの症状が長引くのが特徴。中耳炎、副鼻腔炎などにつながる可能性もある。
百日咳
百日咳菌の飛沫感染による。発熱はなく、鼻水、くしゃみ、咳の順番で症状がでてくる。始めは軽い咳だが徐々に激しさを増す。最終的には激しい咳で嘔吐、呼吸困難などにつながることもある。夜にひどくなる傾向がある。
結核
咳とともに血が混じった痰が出る。感染の可能性があるので十分注意が必要。
慢性閉塞性肺疾患
肺気腫と慢性気管支炎によって起こる閉塞性肺疾患を総合したものをさす。1年以上、気道を拡張する為、痰が伴う咳が続く。喫煙が大きな要因と考えられている。喫煙習慣があり、痰を伴う咳が1年以上顕著な場合はこれを疑う必要もある。
肺がん
がんが気管支や肺を刺激して咳がでる。激しい咳と喘鳴、血痰を伴うことがある。
心臓疾患
心臓の疾患により、肺からの血液が正常に心臓に戻らず、肺に血液が溜まって咳を起こす。生まれつきの心臓疾患だけでなく心筋炎、心外膜炎などで起る場合もある。
心因性
昼間激しく、眠っている間は全く起きない。咳払いのような咳。ストレスを感じたときに起こる。
その他の病気
喘息、花粉症、肺梗塞、肺水腫、胸膜炎、降圧剤の副作用、急性咽頭炎、心筋炎、心外膜炎、間質性肺炎、がん性リンパ管症…など

引用元-咳が長引くとき-その次の病気かもしれない | 名医を探すドクターズガイド

咳が止まらない病気の予防と対策について

咳を予防する方法として、一番大切なことは風邪を引かないことです。風邪を予防することが咳を予防することにもなります。

うがい、手洗い

うがいや手洗いは風邪予防の基本です。インフルエンザや風邪、その他のウイルス性の胃腸炎などが流行る時期は特に念入りに行いましょう。部屋の中に細菌やウイルス持ち込まないようにしたり、汚れた手で目や鼻、口を触らないことも大切です。

体力や気力を充実させる

冬の寒い時期は、運動量が減ったり体温が低めになるなど、免疫力が低下しやすい条件がそろっています。体を動かしたり、温かい食事を心がけて、体の中から温めるようにしましょう。

ストレスを発散し、睡眠と休養を十分にとって、寒い季節を元気に過ごしましょう。

適度な加湿

エアコンや暖房が効いた部屋は乾燥しがちです。喉がイガイガしてくるのは、人の粘膜が乾燥に弱いからです。湿度は40~60%が適しています。

空気中を漂っているウイルスは、湿度が高く紫外線が強い環境では、人への感染リスクが下がることがわかっています。一般的には、多湿で紫外線が強い夏はインフルエンザの流行が少なく、乾燥して紫外線が少ない冬に流行しやすいといえます。

また、湿度や季節に限らず、お天気の悪い日が続いて紫外線が減ると、インフルエンザが流行することがあります。雨が数日続いたら用心しておきましょう。

アレルゲンを遠ざける

部屋のほこりやハウスダスト、食材などに対してアレルギーがある場合は、それが原因で咳が止まらなくなっているかもしれません。

よく掃除をしたり、寝具をまめに取り替える、できるだけ花粉を家に入れないようにするなど工夫をしてみましょう。

引用元-咳が止まらない病気についてでも熱はない!考えられる原因は? | Hapila(ハピラ)

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康