ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

      2016/01/25

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

静電気が起こる要因は2つある

この2つは私たちの生活にとても身近で、
知ればきっと「なるほど!納得!!」と思うかもしれません。
○摩擦帯電これは物と物をこすり合わせることで静電気が発生する、
基本的な静電気の発生要因になります。
皆さん、小学生の時に下敷きを頭にこすりつけて、
髪の毛を立たせて遊んだりした記憶ってありませんか?あれが、この摩擦帯電の基本的な原理になります。
他にも、2つの風船をこすり合わせて、
風船を浮かせて遊べる要因も、
この摩擦帯電の原理があるからなのです。
何だか難しい話を聞いている気分になったかと思いますが、
意外と身近に静電気が発生する要因があったのです!
不思議なものですね・・・
○剥離帯電これは、重なり合った2つの物が離れる時に発生する静電気です。

服を脱いだ時や、マフラーを取った時に
バチッ!となるのは、この剥離帯電が要因だったのです。
人の体には電気が流れていて、また、電気が溜まりやすくもなっています。
先ほど挙げた服やマフラーで起きた静電気は、
人の体の中に再び溜まったりすることもあります。
その溜まった電気が、電気を通すドアノブに触れると、
バチッと静電気が起こる現象もあります。
以上が静電気が起こる要因です。

引用元-静電気の除去方法はコレ!簡単に取る方法大公開! | ALL You NeeD is InformaTion Blog

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

ドアノブの静電気は壁に触れて防ぐ

静電気が起きる時は大体金属に触る時に起こることが多いですよね。これは金属は電気を流しやすいという事からきているのですが、問題は「流れやすすぎる」という事です。

静電気除去の解決方法No1は壁に触っちゃうという事です。壁でなくてもいいです、とにかく金属以外に何秒か触ってしまいましょう。木でもプラスチックでも何でもいいです。市販されている静電気除去パッドを買ってもいいですね。

今言った材質のものは電気を通すのですが、ゆるやかに電気が流れる性質を持っています。なので一旦触って放電しておいてから恐怖の金属部分にタッチしてみて下さい。「バチン!」となる事は少なくなります。

私は静電気が100%起きる自宅のドアノブはもう恐怖でしかありません。なので色々と試した結果壁タッチが一番簡単な解決策かなぁと思っています。

引用元-もう痛くない!静電気を除去する対策6選 | Pando

スポンサーリンク



車の乗り降りの際の静電気について

car-867231_1280

「車から降りたさいドアノブを触ってバチッときた」の対策法
車から降りてドアを閉めようとしたときに静電気の衝撃が来る人は多いです。
 
これは車に乗っている間に衣服と座席シートがこすれて、車から降りる瞬間に体に帯電するのが原因です。
 
とくに座席からお尻や背中を離した瞬間に帯電します。そのときに衣服が車の金属部分に触れているとドアを閉める前にバチッときてしまう人も多いかもしれませんね。
 
対策法はカンタンで車から降りるさいに車のボディ部分(金属の部分)をしっかり触っていれば大丈夫です。私はこれで衝撃が来ないようになりました。
 
これは、最初からクルマのボディに触れていることで体に帯電している電気が徐々に放電されるためです(^_^)

引用元-【写真で見る】車のドアノブの静電気防止法&技ありグッズ

車に乗るさいドアノブを触ってバチッときた」の対策法

車に乗るときは、車から降りるときと違って最初から車のボディー部分に触れていることが出来ないため、上で紹介した除電法はできません。。
 
こういうときは、一度手を軽く地面に触れてからドアノブをさわると衝撃がきません。
 
これは地面をさわることで、体にたまった静電気が手を伝わって出て行ってくれるためです。
 
そんなの面倒くさいというなら、車のかぎやキーホルダー・ピンクリップなどをしっかり握ったうえでドアノブに触ればバチッという音はしますが、金属部分同士でバチッと鳴っているだけなので手に衝撃がくることはありません。
 
ただし、しっかりカギやキーホルダーを握っていないと手に衝撃がきてしまうので、覚悟をきめてから試してください。

引用元-【写真で見る】車のドアノブの静電気防止法&技ありグッズ

髪の毛をブラッシングする時の静電気対策

髪のお手入れのためのブラッシングも、静電気を発生させる大きな要因の一つです。ブラシを静電気が発生しにくいものに変え、髪にダメージを与えないようにしましょう。

プラスチックやポリエステル製のブラシは、帯電して静電気を発生しやすくします。

なるべく木や獣毛(動物の毛)のブラシや櫛を使って、髪に静電気を与えないように注意することが重要です。

なかでも獣毛のヘアブラシがお薦めですよ。豚毛や猪毛のものが広く知られており、ネット通販などでも手に入れやすいです。

プラスチック製より静電気が発生しにくく、なにより髪をサラサラ、ツヤツヤにしてくれる、という効果があるのです。

これは動物の毛が油分を含むため、髪全体に適度な油分がいきわたるからです。とかすたびに髪に油分が与えられ、結果として静電気を防止してくれますよ。

通常のヘアブラシよりもお値段ははりますが、5000円弱で手に入るので、ぜひ使ってみてくださいね。

引用元-LifeHack.com

室外にいる時は静電気が起きやすい?

まず静電気を体内に溜めてしまうのは、地面にうまく逃がせない(放電できない)ときであるとのこと。

そういえば、室内にいるときは、静電気で痛い目にあった記憶が少ない。(外から中に入るときが静電気で感電するパターンですよね。)

それはつまり、靴を履いているときに起こりやすいためで、その理屈は靴底がゴム製の場合に、地面に放電できず、金属に触れる瞬間に体内の静電気が放電されて、イテっとなるわけです。

なお、靴底が皮革であれば、静電気がたまらないらしいのですが、靴底が皮革のものって、高級品しかないじゃないですか・・・

そこで、最近の私の静電気対策はどうしているかといいますと、定期的に靴を脱いで、地面に靴下の足をくっつけて、放電しています。(ちょっと変な所作ですが、効果抜群です。)

その他に、静電気を簡単に放電する方法ですが、天然素材に触れるというのが、比較的安全だそうです。
木、コンクリート、石などです。
家や自動車に入るときは、一度地面に手をつけるなどして、金属に触るというのが効果的らしいです。

私的には一番怖いのは、自動車から降りるときです。これは、よく喰らってしまいますよね。
降りる動作時に静電気が発生してしまうのだから、回避が実に難しいですね。

動作を始める前に金属部分を触るようにしますが、時々失敗してしまいます。悔しいことに、そのときはかなりビリっときてしまいます。
なお、これまで静電気がすごかったのは、真冬の北京に行った時でした。数分おきに強烈にビリっときてましたね。一緒に行った仲間と今でも話題に上るくらいですから

引用元-静電気を逃す方法(静電気をためない方法): スパルタスロンへの遥かなる道

 - 生活の知恵, 雑学