ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

      2017/06/05

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

スポンサーリンク

  関連記事

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

お年玉 小学生や中学生、園児にはいくら?使い道は株式投資?

近年の小学生や中学生のお年玉事情も時代とともに

変化しているようです。

園児には紙幣より貨幣が喜ばれる傾向もあるようです。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

お盆の由来はインドか日本か?その意味とは

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

血液をアルカリ性に保つことです。酸性になるとプラスの電子を持つようになります。
体をアルカリ性に保つ食べ物は「ミネラル」です。
体内に入ると水と溶けてイオンになり静電気を中和します。
とくに植物性のミネラルが効果的ですので、海藻を積極的に摂ることをお勧めします。他には精製されていない雑穀にもミネラルは豊富にありますので、摂るようにしてください。食べにくかったら白米に混ぜるとよいでしょう。最近ミネラルウォーターを飲む人が非常に多くなりましたが、飲むなら硬水を選んでください。ミネラルを豊富に含んでいますので、ミネラルを常に供給できます。
血液をアルカリ性にするために、海藻を簡単に食べられるレシピを紹介します。
海藻と、玉ねぎをスライスして塩でもみした後水にさらします。しっかりと水気を切ったら海藻と玉ねぎにポン酢をかけて食べると簡単に海藻を大量に食べることができます。

引用元-髪の毛の静電気対策とは?食べ物で静電気を予防しよう! | 幸せ節約生活

スポンサーリンク



  人気記事

生活習慣を見直して静電気を溜め込まない体質へ

帯電体質は、改善しようのないような種類の体質ではありません。

静電気を完全に無くせるわけではありませんが、生活習慣やケア方法を見直すことで、静電気でパチッとなりやすい体質はきっと改善されるはずです。

具体的には、
・ドロドロ血液へのケア
・乾燥肌を防ぐ
この2つを目指しましょう。

そのうえで、身に着ける衣類に気をつけたり、グッズを活用したりすれば、働きUPが狙えておすすめです。

引用元-静電気に体質って関係あるの? 原因・改善方法・対策をご紹介

スポンサーリンク



ドロドロ血液にならないために注意すること

vegetables-760860_1280

そこで気をつけたいのが、
ドロドロ血になりやすい、血液に悪いとされている食べ物の代表の、
 ジャンクフード です。

特にジャンクフードはお手軽で簡単なんですが、
栄養をかたよらせて、血液を濃厚にする作用があるといわれているので、頻繁に食べるのは控えた方が良さそうですね。

それと、
 タバコ も血をドロドロにしてしまう原因ですよ。
最近は20代、30代でも血管が詰まってしまう人も多いそうなので、
気をつけましょうね。

 健康的な人の体内(血液)は「弱アルカリ性」、皮膚表面は「弱酸性」とされています。 
「静電気体質かも」思い当たるあなたは、
血液をアルカリ性に保つ食べ物を積極的に食べましょうね!

では、
血液をアルカリ性に保つ食べ物とはどんな食べ物なのでしょうね?

それは「ミネラル」なんです。
ミネラルは、 体内に入ると水に溶けてイオンとなって、静電気を中和 するんです。

ではこのミネラルはどんな食品に含まれているのでしょう。

お肉や魚などの動物性食品にも含まれているのですが、植物性食品に含まれるミネラルがおススメといわれています。

■海藻
ミネラルの宝庫です。
乾燥した海藻を買っておけば、
水で戻すだけでいつでも食べられて便利ですよ!
■雑穀
精製されていない雑穀には、ミネラルが豊富に含まれています。
雑穀だけを食べるのが一番ですが、
食べにくくて苦手な方は白米に混ぜて食べるのがいいですね!

■ミネラルウォーター
水は、ミネラルの含有量によって硬水・軟水に分けられています。
特に硬水はミネラルの含有量が多いです。
ドロドロ血をサラサラ血にしてくれる効果が期待できます。
日ごろから静電気を除去するためだけではなく、
積極的に水分補給をすることは、
健康的にもいいのでぜひ、定期的に摂取しましょう。

引用元-知恵を貸して 人に聞けないこの悩みって常識?

食事は偏り過ぎないようにバランスが大事

アルカリ性とされている食べ物や酸性とされている食べ物を多く食べても、その影響で血液がアルカリ性や酸性に傾くことはないという考えもありますし、アルカリ性食品が体に良くて、酸性食品が体に悪いとは一概には言えません。

肉類は酸性食品で、野菜・果物類はアルカリ性食品です。しかし肉類が体に悪く、野菜・果物類が体に良いとは一概には言えませんよね?人はそれぞれ生活環境も違えば、体質も違うのですから。

またアルカリ性食品は体に良いからと、偏った食生活は他の病気を招くこともありますので、何事も程ほどに、バランスが大切なのです。

引用元-食生活を改善

こんな人は要注意!静電気体質になりやすい習慣

(1)ミネラル不足

昭和大学の堀客員教授によれば、静電気は身体の表面だけでなく、身体の中でも起こっているそう。食べた物が消化管を流れる摩擦、血液が血管を流れる摩擦なども静電気を引き起こす要因となるそうです。
カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは「電解質」とも呼ばれるように、電気を通す性質があります。血液中にミネラルが適度に存在すれば、静電気が中和されるそうですですから、ミネラルは積極的に摂りましょう。

(2)乾燥

湿度が35%を下回ると、静電気が起こりにくいと言われているシルクや木綿などの天然素材でも静電気が起こりやすくなるそう。お肌やのどの乾燥を防ぐためにも、適度な湿度を保ちましょう。

(3)フリースや重ね着が多い

アクリルやナイロンなどの化学繊維や、重ね着などの摩擦で身体からマイナスの電子が逃げてしまうと、身体はプラスの電子を帯びた状態になります。ドアノブなどの金属はマイナスの電子を帯びやすいため、手のプラスの電子と金属のマイナスの電子が引き寄せられてパチっとスパークしてしまうのです。

化学繊維同士の重ね着だけでなく、化学繊維とウールの重ね着も静電気を起こしやすいそうですから、注意しましょう。

引用元-女性の美肌・美容マガジンLBR

 - 生活の知恵, 雑学