ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

      2017/06/05

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

朝シャンの効果とは?ハゲるって本当?

朝シャンするのは、すっきりして気持ちいいものです。

ですが、朝シャンはハゲるという話もあります。

朝シャンによる効果とは?メリットやデメリットは何なのでしょうか?

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

肉の隠語の秘密とは?

食肉のことをボタンやサクラ、モミジ、カシワというのを

耳にしたことはありませんか?

例えば、カシワとは鶏肉のことをさすのです。

なぜそのような隠語が使われることになったのか、

それは歴史を紐解くと理解できるのです。

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

静電気が起こりにくい服の組合せ方

寒い冬は服の重ね着をするので、 服と服にも摩擦 が起きます。

そのために、
帯電した服同士が離れるときにも、
空気中への放電が起こって「バチッ!」の不意な攻撃が起こるのです。

しかし、
 衣類の素材の組み合わせ に気をつけることで、静電気を帯電しにくくすることができるんです。

衣類の繊維には プラス(+) を帯びやすいものと、 マイナス(−) を帯びやすいものがあります。

プラスとマイナスが離れている組み合わせほど静電気を帯電しやすいのです。

上に行くほどプラスに帯電しやすく、
下に行くほどマイナスに帯電しやすくなります。

■プラス(+)側
ウール・羊毛
ナイロン
レーヨン


綿

ポリエステル
アクリル
塩化ビニル

■マイナス(−)側
「遠く離れた素材の組み合わせは、静電気を起こしてください!」
と言わんばかりの組み合わせなんですよ。

簡単にわかりやすく言うと、

ポリエステルのブラウスを着た時は、
ナイロンのスカートよりも、綿のスカートのほうが◎です。

綿のシャツに革のジャケットも◎ですね。

引用元-知恵を貸して 人に聞けないこの悩みって常識?

スポンサーリンク



  人気記事

スカートが静電気でまとわりついて困った時の対処法

■スカートを両手で集めて握ると、静電気を放電できる

人目がつかない場所でスカートの裾を集めるようにして握り、ぎゅっぎゅっと何度か握りしめることで改善することがあります。握ることでスカートにたまった静電気が放電され、まとわりつきがおさまるようです。

■ハンドクリームを足に塗り、さすってみる

静電気は、乾燥度が高い季節ほど起こりやすくなります。乾燥しやすい季節は衣服同士の摩擦や、皮膚との摩擦で静電気が発生しやすく、静電気が衣服にたまりやすくなっています。スカートにたまった静電気を握ることで放電したら、素足にハンドクリームを塗り2~3回なでさするだけでも静電気が起こりにくくなります。また乾燥肌の人ほど静電気を起こしやすいため、ボディークリームやハンドクリームを携帯しておくとよいでしょう。

■靴底が革素材であれば、電気を放電しやすい

労働安全衛生総合研究所によると、靴底が革素材の靴をはいているだけでも、静電気をゆっくり逃がすことができるそうです。静電気を感じやすい体質の方は、なるべく乾燥した季節は、底まで革素材でできている靴を選ぶとよいでしょう。

また、まとわりつくスカートだけでなく、乾燥した季節で嫌なドアノブの静電気も、革グッズで回避できるそうです。ドアノブで静電気を感じやすい、体が帯電しやすい人は革素材の財布や手袋をポケットに入れ、ドアノブに一瞬タッチするだけで静電気によるビリビリとした感覚が防げるそうです。

■水のスプレーをスカートの内側からかける

スカートの裾をぎゅっと握って静電気を放電し、足にハンドクリームを塗ったら、仕上げにスカートの内側から、スプレーで水を吹きかけておきましょう。静電気帯電防止スプレーがあればもっと効果的ですが、なければ水スプレーでも十分です。

引用元-スカートが静電気でまとわりついて困った時 | マイナビニュース

スポンサーリンク



静電気 冬に悩まされる事が多いのはなぜ?

coat-15845_1280

実は一年を通じて発生している静電気。でも湿度が高い夏場は、服や衣類、カラダが電気を通しやすい水分を含んでいるため、水分がいわば「天然のアース」となって足元から地面にゆっくり放電され続けていて、気にならないのです。
逆に空気が乾燥していると自然な放電がされにくいため、カラダにどんどん電気がたまり、ドアノブなどの電気を通しやすいものに触れた瞬間、一気に放電してバチッ!となることに。静電気が気になるという人は、肌や手などが乾燥していませんか? たとえ雨や雪の多い地方でも、暖房などで空気が乾燥している場合は、静電気が起きやすくなるので要注意です。
また、秋冬に出番が多いフリースやウール、毛皮、ナイロンなどはどれも水分を吸収しにくく、電気をためやすい性質。カラダが電気を帯びやすく放電されにくいという2つの原因から、冬場に悩まされる場面が多くなるのです。

引用元-この冬は“バチッ”にさよなら! 不快な静電気を解消する2つの対策(tenki.jpサプリ 2015年1月26日) – 日本気象協会 tenki.jp

衣服のNGな組み合わせ例「ウールセーター×フリース」

衣類の素材にも「+」を帯びやすいものと「-」を帯びやすい素材があります。違う性質の衣類を組み合わせると、より静電気が発生しやすくなってしまいます。

・「+」を帯びやすい素材
ウール、ナイロン、レーヨンなど
・「-」を帯びやすい素材
アクリル、ポリエステルなど

やってしまいがちな「ウールセーター×フリース」は、非常に静電気を引き起こしやすい例なのです。

引用元-セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

静電気を洗濯の仕方で防ぐコツ

「静電気が起こりやすくなるのは、生地の繊維が擦れ合うせいもあります。ですから、洗濯のときにリンスを使えばけっこう抑えられますよ」
リンスって毛髪用の!?
「そうです。髪の毛も静電気が起きるもので、シャンプーの後にはリンスをしますよね? 同様に、洗濯でも仕上げ剤のかわりにリンスを入れれば良いんです」
洗濯槽に入れる衣類は、軽くおさえてせいぜい6〜7分目まで。そこに、リンスをキャップ2杯程度入れるのが目安で、多すぎても少なすぎても良くないのだそうだ。

ちなみに、この季節、ニットを着る機会が増えるけど、家でニットを洗うには……。
「まずネットに1着ずつ入れて、弱水流で5分ほど洗うこと。注意するのは、このとき、すすぎをしないということです。家で洗うときにいちばん怖いのは、『中間脱水』で、これは回転数が800回転にもなり、しぼりがきつすぎるんですよ」
全自動の洗濯機での洗濯は、この中間脱水を含めて、全部で3回脱水をしていることになるそうで、それが繊維を傷つけたり、縮める原因になるのだとか。

引用元-静電気を洗濯の仕方で防ぐコツってある? – Excite Bit コネタ(1/2)

 - 生活の知恵, 雑学