ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

      2019/04/16

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

スポンサーリンク

  関連記事

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

リウマチの症状について

リウマチは免疫の異状によって起こるといわれていますので、微熱やだるさが続いたり、疲労感の継続、体重の減少など風邪ににた症状もみうけられます。
関節の痛みも風邪の症状の一つですが、リウマチが原因である場合は風邪のように1週間前後で治ることはありません。
初期段階ではまさかリウマチだとは考えない人が多いようです。
また、リンパ線の腫れや口の渇き、目の疲れなどを感じる人もいます。
寒いときに手足の先が白く変色することもあります、これも単なる冷え性だと見過ごしてしまいがちです。
関節リウマチの進行度は、関節破壊と機能障害の程度により判定されます。
関節破壊の進行度合いは4段階に分類されます。
初期段階であるステージⅠはX線検査において骨や軟骨の破壊がまだ確認されない状態で、日常生活にほとんど支障をきたすことはありません。
ステージⅡの中期に入ると軟骨が薄くなりはじめており、関節の隙間が狭くなっている状態が見受けられますが、骨の破壊はまだ起こっておらず、行動の制限もさほど厳しくはありません。
進行が進んだステージⅢでは、骨や軟骨に破壊が生じており、痛みも増してくる為、仕事内容によっては制限されることもあります。
最終段階のステージⅣは末期とも分類され、関節の破壊、変形が進み動かなくなってしまった状態です。
この段階では日常生活にもかなりの弊害が出ており、車椅子の使用例もみられます。
X線による検査をしなくとも、症状の進行具合で患者自身でもある程度の段階が認識できますが、

軟骨や関節の破壊は初期段階から始まっているといわれている為、早い段階での検査、処置を受けることが賢明です。

引用元-リウマチとは・・・原因・症状・改善策などのご紹介

スポンサーリンク



  人気記事

関節リウマチは身近な病気である

関節リウマチというと、どんなイメージを持っています
か?多くの方は”まれな病気””お年寄りがなる病気”
と認識しておられるかもしれません。

実際は、1000人に5~10人が患う病気で、働き盛りの
30~50歳代の方に多く発症し、女性の占める割合が
男性の約4倍にもなります。
60歳以降に発症する場合や16歳未満に発症する場合
など、関節リウマチはあらゆる年齢の方に発症する可
能性があり、男性の患者さんも少なくありません。
誰がいつかかってもおかしくない身近な病気だと
いえます。

引用元-まもれ!関節|リウマチの症状から治療法まで詳しく解説-リウマチ(関節痛)ってどんな病気?

スポンサーリンク



関節リウマチの原因は?男性より女性がなりやすい?

実はまだ原因がハッキリしていない…?

結論から言うと、関節リウマチは原因がハッキリしていない病気です。ただ、最近の研究では、免疫が関係しているのではないかと考えられるようになっています。免疫は、本来外部から侵入してきたウィルスや細菌をやっつけるために働いているものです。しかし、この免疫が何らかの原因によって狂ってしまうと、外部から侵入してきた害のあるものではなく、自分の体にある細胞を攻撃してしまいます。このように、免疫の仕組みが狂うことによって関節リウマチが起こるのです。

引用元-その症状、関節リウマチかも?原因と治療法を徹底紹介

男性よりも女性の方が発症しやすい? 

関節リウマチは、男性に比べて女性の方が発症しやすいと言われています。女性が発症する確率は、男性の4倍とされているのです。これについて、ハッキリとした原因は未(いま)だ分かっていません。しかし、近年では女性の場合、出産や閉経などによってホルモンバランスの変化が激しいため、これが引き金になっているのではないか…という説が有力です。

引用元-その症状、関節リウマチかも?原因と治療法を徹底紹介

関節リウマチの症状が起こるメカニズムについて

骨同士をつないでいる関節には、「軟骨」とともに、潤滑油の役割を果たす「関節液」が存在し、スムーズな動きを可能にしています。この関節液は、薄い膜と滑らかな組織からなる「滑膜(かつまく)」で作られています。これらは滑膜組織と呼ばれ、滑膜組織は関節を内側から包み込んでいます。リウマチによる炎症はこの滑膜組織から始まり、その後、軟骨、骨にもダメージが広がっていきます。

さらに、リウマチの炎症が進むと、滑膜組織から炎症を起こす物質「炎症性サイトカイン」や、「中性プロテアーゼ」などの酵素、活性酸素などさらに炎症を悪化させてしまう物質が産出されます。

これらの物質は軟骨や骨を破壊する働きを持ちます。毎日新たにつくられる骨の量よりも壊される量が多くなると、骨組織の破壊が進んでしまい、変形など症状を悪化させてしまいます。最近の研究によって、この骨の破壊は、関節リウマチを発症して比較的早い時期から起こることがわかってきました。

早期に発見し、適切な治療を行うことで、この骨の破壊の進行を予防できるとされています。

関節リウマチが疑われる症状が見られたら、早めに専門医の診察を受けましょう。

引用元-関節リウマチの原因と症状が出るメカニズム | ヘルスケア大学

関節リウマチの治療法とは

関節リウマチは、原因不明の疾患ですが、自己免疫疾患と考えられているため、ストレスなどを避ける生活を送ることも重要とされています。また、同じ姿勢を持続することにより、こわばりが生じるため、長時間同じ姿勢を持続させないことや、疲れなどを感じた場合は休息をとることで、未然に予防する効果が期待できます。
睡眠時間を十分にとり、疲れを感じた場合は昼寝などで体を横にして負荷をかけないことも有効な手段の一つです。
薬物療法は少量の抗がん剤や鎮痛剤、免疫修飾剤、免疫抑制剤、病態に関与が考えられるTNFα/LTαやIL-6という物質に作用する生物学的製剤もケースバイケースで用いられます。

引用元-関節リウマチの症状・原因・治療【Doctors Me】

 - 生活の知恵, 美容・健康