ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

      2016/03/23

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

スポンサーリンク

  関連記事

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

子供の落書きなど油性ペンを消したい壁や床 革やプラスチックは?

誤って油性ペンのインクが床や物に付いてしまったり、

子供がいるとイタズラで壁に書いてしまったりした場合に、

油性インクを消す方法をご紹介します。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

関節リウマチは遺伝するのか?その確率は?

関節リウマチは遺伝病ではありません。

関節リウマチは世界中で見られる病気ですが日本での有病率は0.5~0.8%程度だとされています。関節リウマチには遺伝的因子、環境的因子などが関与していますが、決定的な原因は未だに不明です。親が関節リウマチだと子供が関節リウマチになる可能性は高くなりますがそれでも10%よりかなり低いとされています。

喫煙や感染症など環境的な影響も大きいとされています。

遺伝子が100%一致している一卵性双生児の場合を例にあげてみましょう。もし関節リウマチが遺伝病であるならば、双生児の発症率は100%となるはずです。しかし、一卵性双生児の関節リウマチ発症一致率は25%前後だと考えられています。一般の関節リウマチの発症率と比較すると高いために遺伝的な影響があるとは考えられますが、100%ではないことから、環境的要因なども深く関係していると言えます。

引用元-関節リウマチって遺伝するの? | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

妊娠中にはリウマチの症状が軽くなることも

一般的に、妊娠中は関節リウマチの症状が軽くなることが多いようです。7~8割の方が軽くなっているとされますが、逆に悪化してしまう方もいます。妊娠中に症状が軽くなる理由として、妊娠中は免疫機能が抑えられているからだと考えられます。

妊娠中はおなかに赤ちゃんがいます。その赤ちゃんを異物としてみてしまわないように、免疫機能が抑えられているのです。ただし、妊娠で必要以上に体重が増えてしまうと関節への負担も大きくなりますから、体重を増やし過ぎないように注意しましょう。

また普段から行っていた運動は、妊娠中も続けておくようにしましょう。出産後は、妊娠中に抑えられていた免疫機能が解除されてしまいます。すると自己免疫反応が急に高まってしまい、関節リウマチの症状が悪化してしまうことも多くなります。

また産後は慣れない育児で肉体的にも精神的にもストレスが多くなります。睡眠時間も減ってしまうでしょう。症状が悪化して、思うように育児や家事ができない時には、がんばり過ぎないことも大切です。

関節を保護するための補助具を使ったり、自分で全てをやろうとしないで人に手伝ってもらうようにし、無理をし過ぎないようにしてください。

引用元-関節リウマチの原因は遺伝?なりやすい人の特徴とは | 健康生活

スポンサーリンク



両親がリウマチの場合の子供がリウマチになる確率とは

両親が関節リウマチを患っている場合、その子どもが関節リウマチになる確率は約5%だと報告されています。関節リウマチの一般的な発症率は0.5~1%と言われているので、家族歴のない人と比べると確かに発症率は高くなりますが、遺伝が大きく関係すると言えるほどの高い数字ではありません。遺伝子だけで決まるのではなく、環境要因がより大きく関わってくるわけですが、根本的な原因については不明な部分が多いんです。
明らかに発症リスクを上げると言われているのは、喫煙と歯周病です。歯周病は細菌感染によって歯茎に炎症が起きている状態ですが、慢性的な感染が免疫異常を起こし、関節リウマチ発症のリスクを上げるメカニズムが考えられています。ただ、タバコを吸わない人でも、歯周病でない人でも関節リウマチにかかる人は数多くおられますので、安心できません。
ウイルスや細菌の感染がきっかけで発症する人や、妊娠や出産を契機に発症する人、ストレスが原因で発症する人、傷やケガが契機で発症する人など様々です。中には、何十年ぶりに富士山を登山して、その後から関節リウマチの症状が出たという人もいます。
関節リウマチを引き起こす原因は1つではなく、複数の要因が多岐に渡って複雑に存在するため、特定するのが難しいというのが実情です。

引用元-関節リウマチは早期治療がポイント。「朝のこわばり」は要注意!|広島リウマチ・内科クリニック|山西裕司 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

リウマチの発症確率は40代がピークで女性が多い

関節リウマチは、日本ではよく「リウマチ・神経痛」とひとくくりで語られます。関節(骨)の痛みなのに神経痛と混同され、関節リウマチもお年寄りの病気と考えられがちですが、実際に病気が始まるのは40代がピークで、次いで50代、30代が多くなっています。
患者さんの男女比は、男性1に対して女性は4。関節リウマチは比較的女性に多い病気です。女性に多く発病する理由ははっきりしませんが、女性ホルモンや免疫のしくみが関係すると考えられています。
関節リウマチは世界じゅうに広くみられる病気で、特に欧米諸国に多いですが、日本の患者数も決して少なくありません。患者さんは年々増える傾向にあり、現在70万人といわれますが、すでに100万人を超えているという見方もあります。
厚生労働省疫学研究班の調査(1997年)では、日本での有病率は0.33%になります。つまり300人に1人が、関節リウマチになっていることになります。

引用元-関節リウマチとは(患者数・男女比・年齢)

リウマチの初期症状を見逃さない 最大の特徴は朝のこわばり

関節リウマチの初期症状として最大の特徴は、朝起きてから一時間くらい、朝のこわばりが出ることです。

こわばりとは、重いものを持つと手がしばらく曲げられなくなったり、重いカバンを長く持ったりするとしばらく拳が開けられなくなったりします。

それと似た感覚で、腫れぽったくて動かしにくい症状が出ます。

これは全身の関節にリウマチの症状が現れますが、とくに手指の第二・第三関節(爪に近い関節が第一で、以下手首に向かい第二・第三)が一番気づきやすい部位です。

指の関節の腫れ方はなめらかな「紡錘形」で、指で押すとゴムのような弾力を感じます。

また、右の手首や指が腫れると左の予防や指も腫れるというように、関節リウマチによる関節の腫れは多くの場合「左右対称性」です。

朝のこわばりが続くと日常の動作が辛がったり、億劫になったりします。

手(手指や手首)の関節、特に手指の第2・第3関節は、リウマチの症状が起こりやすいところです。

ほとんどの人が、ここからリウマチの症状がはじまります。

手指の第2・第3関節・・・おかされる頻度91%

手首の関節・・・おかされる頻度78%

しばしば見落とされがちなリウマチの症状は、足の指の付け根の関節の腫れです。

足の指の付け根の関節が腫れる場合には、朝起きて寝床から立ち上かって歩きだすとき、足の裏にまるで砂利道を歩くような不快な痛みを感じます。

この症状を放っておくと、足趾の付け根の関節が脱臼・変形を引き起こし、あとになってたいへんやっかいな歩行トラブルにつなかっていきますので、注意が大切です。

リウマチは放っておけば腫れて痛む関節の数はだんだん増え、手首、足首、肩、ひじ、ひざなどの大きな関節にもリウマチの症状が出てきます。

引用元-リウマチの初期症状のチェック

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て