ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

登山の服装で春や秋はどんなものを選ぶべき?

   

登山の際の服装について、まずは基本を知っておきましょう。

今回は特に春や秋の季節の服装について確認しましょう。

大切なことは体温を調節できるようにすることのようです。

スポンサーリンク

  関連記事

登山靴のお手入れはどうやるの?長く使うための手入れ方法とは

せっかく登山靴が馴染んで来たのに、傷んで履けなくなってしまう

なんてことがないように、お手入れもしっかりしましょう。

安全面から見ても手入れはとても重要なものとなります。

ランニングシューズの寿命は距離や年数?長持ちさせるために!

ランニングシューズが劣化をしていくのは、それだけランニングを

行えているからです。ですが、ランニングシューズが劣化したまま

使用するのは良くありません。

ランニングシューズの寿命を知り、安全にランニングを行える環境を作りましょう。

登山時計をおすすめする理由やポイントは?どんな機能が必要?

登山するときに、登山時計を持つことを勧められたりします。

では、登山の際に時計がある便利な理由とは、どのようなところにあるのでしょうか?

機能などを確認し、自分にあった登山時計を見つけましょう。

キャンプ初心者でテントを購入する際の選び方とは?

キャンプをするためにテントの購入を考えることもあると思います。

ですが初心者である場合、選ぶ基準や選び方を知っておきたいですよね。

価格や人数など、知っておくべき基本について確認しておきましょう。

キャンプ料理の定番は?おすすめの料理でキャンプをより楽しく!

キャンプ料理にちょっと今までと違う料理を取り入れたい!と

いう方にオススメしたい料理をまとめました。

定番のものから、ちょっとおしゃれなレシピまで、

ぜひ真似したいものばかりです!

女性にも人気のソロキャンプの魅力とは?一人だからこその楽しみ方

キャンプとは複数人数で行うものだと思っていませんか?

最近は一人でキャンプをするソロキャンパーが増えているそうです。

ソロキャンプの魅力とは、どのようなものなのでしょうか?

キャンプをより快適に!便利グッズやおすすめアイテムは?

キャンプの時にあると助かるアイテムや便利グッズについて確認しましょう。

必須ではないけれど、そのアイテムがあることによって、

より快適なキャンプができるなら使ってみたいですね!

登山に必要なトレーニング方法は自宅でも?スポーツの体力とは違う?

登山のレベルアップをしたい時、経験を積むことが何よりのトレーニングとなります。

ですが、多く経験を積む時間も少ない人もいるでしょう。

日常生活の中でも意識して行うことで、

登山に必要なトレーニングとなるそうです。

ランニングで記録などができるアプリでオススメは?

ランニングの記録も今やアプリでできる時代です。

記録することにより、意欲がかき立てられたり、

継続して行う手助けにもなるでしょう。

これからランニングを始めようという方にオススメのアプリをご紹介します。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

キャンプを初心者でも楽しむための最低限の道具はどんなもの?

キャンプを初心者が始める時に必要なキャンプ道具とは

どのようものがあるのでしょうか?

簡単ではありますが、

最低限必要になるような道具について確認しておきましょう。

キャンプ料理をお手軽に!子供が喜ぶ簡単な料理とは?

普段の生活では子供があまり食べないようなものでも、

キャンプとなると子供は美味しそうに食べてくれるなんてこともあるかもしれません。

キャンプ料理で子供も喜ぶ簡単な料理を知っておけば、

役に立つこともあるでしょう。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

ロードバイク初心者はまず練習から!乗り方や降り方の練習も!

ロードバイクはママチャリとは全然違います。

ママチャリ感覚で初心者が乗ると、おそらく失敗するでしょう。

まずは練習して乗り方を体に覚えさせましょう。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

登山を始めたい!初心者の持ち物や山選びは?

登山の人気も高まり、自分も登山に挑戦したい!と、

思っている方もいるでしょう。

これから登山を始めようと思っても、持ち物にお金がかかりそうだったり、

どの山を選んだらいいのか、わからなかったりします。

簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

ロードバイクでサイクリングを!その溢れる魅力とは?

何か体を動かしたり、趣味を持ちたいという方に

おすすめしたいのがサイクリングです。

自分のロードバイクを手に入れ、サイクリングの魅力を味わいましょう!

ランニングシューズの選び方で初心者に大切なことは?足の形やサイズを知ろう

ランニングシューズにおいて、おすすめ商品をそのまま買うのは良くないそうです。

各々の足の形や走り方などから自分に合ったシューズを選びましょう。

また初心者である場合は、シューズのクッション性についても注意しましょう。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

登山の基本の服装は3レイヤー?

登山の時の服装は、基本的に3レイヤーといいますが、
これは、もちろん単に3枚着れば良いということではありません。

肌着は汗を出すために着て、その上に中間着を着て体温を保温します。

その上に外着を着ることで雨や風などの気候の変化に対応するというように、
それぞれ役割があるのです。

登山では服装による体温管理や通気性などは大切です。

これらのことを意識して、登山の時の服装選びをするようにしましょう。

スポンサーリンク



  人気記事

春や秋の登山の時の服装について

春や秋の登山の時の服装はあまり変わりません。

夏にはあまり持参しないウィンドブレーカーがあると便利です。

天気も変わりやすく、暖かくなったり寒くなったりするため、
インナーダウンも寒くなった時に活躍してくれるので、
持参した方がいいでしょう。

手袋やネックウォーマーなど、小物類も持っていくことで、
体温の調整をしやすくなります。

スポンサーリンク



春や秋のレイヤリングのパターンについて

春や秋の服装のポイントは、どのようなところにあるのでしょうか。

これは、暖かい服装を心がけるという点と言えるかもしれません。

春や秋の山は、ふもとより気温が低いことも多いです。

肌着は、袖が長いものを着用することをおすすめします。

中間着も保温性の高いものを着用し、体温を下げないようにしましょう。

春の登山でボトムや靴はどんなものを選ぶべき?

春の登山では、靴やボトムはどんなものを選ぶといいのでしょうか。

暖かくなったと感じていても、山に行くと、肌寒いということが多いので、
暖かいものを選ぶようにしましょう。

靴選びはスニーカーを選ばないようにしましょう。

スニーカーは滑りやすく、あまり登山に向いているとは言えないためです。

やはり靴についてはトレッキングシューズを選ぶといいでしょう。

トレッキングシューズは、ハイキングシューズと登山靴の間くらいのもので、
軽装備用の靴と言えることができます。

実際に履いてみると、スニーカーとの違いも実感できるでしょう。

ボトムについては、化繊素材がいいでしょう。

サポートタイツは、歩きやすいように足を補助をしてくれますし、
女性であれば、サポートタイツに短パンのファッションも人気です。

これから始める人は山歩きのルールと安全対策を知っておこう

これから山歩きを始めてみたいという方は、
ルールや安全対策について知っておくようにしましょう。

基本的に登山をする時は、安全を考慮し、
早めの出発と早めの下山のスケジュールを意識しましょう。

特に午後は暗くなって行くため、早めを意識することが大切です。

また、山道を歩いていて、人とすれ違う時は、
登りが優先というのが、一般的なマナーとなります。

ここで道を譲る場合、山側に寄るようにしましょう。
状況によっては、この限りではない場合もあるので、
自分勝手な行動は取らないように注意しましょう。

山の天候は変わりやすいので、天候についても気を付ける必要があります。

登山の前に天気予報を確認しておくのはもちろんですが、
夏には落雷や集中豪雨などの天気が発生する場合もあります。

天候が変わりやすい点からも、レインウェアは持って行くようにするといいでしょう。

万が一、道に迷ったり、日没が迫ってきた場合は、
引き返すことを考えましょう。

例えば、道に迷った場合は、確認できる場所まで引き返すのが最もベターでしょう。

沢や谷に降りることは危険です。

遅い時間までかかる予定ではなくても、ランプ等を持参することで、
日没が迫ってしまった場合も対応できます。

もちろん、このようなことにならないように事前の準備や対策をすることが最も重要です。

 - アイテム, アウトドア, ファッション, 登山