ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

自転車初心者や自転車通勤におすすめのクロスバイク

   

自転車通勤や休日に自転車を楽しみたいという初心者の方に

おすすめなのは、クロスバイクであるそうです。

マウンテンバイクやロードバイクではなく、

クロスバイクが初心者におすすめなのは、なぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

ロードバイク初心者はまず練習から!乗り方や降り方の練習も!

ロードバイクはママチャリとは全然違います。

ママチャリ感覚で初心者が乗ると、おそらく失敗するでしょう。

まずは練習して乗り方を体に覚えさせましょう。

キャンプ料理で初心者も出来る簡単料理は?下準備もしっかり!

キャンプでの食事は主にバーベキューやカレーとなることが多いでしょう。

他に簡単に出来る料理があれば、食事をより楽しむことができます。

初心者でも簡単にできる料理やポイントについて確認しましょう。

ロードバイク人気が上昇!初心者の女性でも大丈夫なの?

ロードバイクは、最近女性人気が高まっているようです。

女性だからと諦めていた方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

女性用ロードバイクの特徴などについても確認しておきましょう。

キャンプ料理の定番は?おすすめの料理でキャンプをより楽しく!

キャンプ料理にちょっと今までと違う料理を取り入れたい!と

いう方にオススメしたい料理をまとめました。

定番のものから、ちょっとおしゃれなレシピまで、

ぜひ真似したいものばかりです!

ランニングシューズの選び方で初心者に大切なことは?足の形やサイズを知ろう

ランニングシューズにおいて、おすすめ商品をそのまま買うのは良くないそうです。

各々の足の形や走り方などから自分に合ったシューズを選びましょう。

また初心者である場合は、シューズのクッション性についても注意しましょう。

ロードバイクを初心者が始める時に知っておきたいこととは?

ロードバイクで走っている方を見て、乗ってみたいと思ったことはありませんか?

ロードバイクは高価なものです。

ですが始めるとやみつきになってしまうそうなので、

興味がある方は、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

登山の服装で春や秋はどんなものを選ぶべき?

登山の際の服装について、まずは基本を知っておきましょう。

今回は特に春や秋の季節の服装について確認しましょう。

大切なことは体温を調節できるようにすることのようです。

登山靴のお手入れはどうやるの?長く使うための手入れ方法とは

せっかく登山靴が馴染んで来たのに、傷んで履けなくなってしまう

なんてことがないように、お手入れもしっかりしましょう。

安全面から見ても手入れはとても重要なものとなります。

登山に必要なトレーニング方法は自宅でも?スポーツの体力とは違う?

登山のレベルアップをしたい時、経験を積むことが何よりのトレーニングとなります。

ですが、多く経験を積む時間も少ない人もいるでしょう。

日常生活の中でも意識して行うことで、

登山に必要なトレーニングとなるそうです。

ランニングシューズの寿命は距離や年数?長持ちさせるために!

ランニングシューズが劣化をしていくのは、それだけランニングを

行えているからです。ですが、ランニングシューズが劣化したまま

使用するのは良くありません。

ランニングシューズの寿命を知り、安全にランニングを行える環境を作りましょう。

ソロキャンプの道具は少なめに!1人の時のテントや持ち物はどんなものがいい?

ソロキャンプでは、あまり道具が多くならないようにしましょう。

また、一人でキャンプする場合のテントの選び方やポイントをおさえて、

より快適なソロキャンプができるようにしたいですね。

登山の時の服装の色でハチに狙われる?ザックやサングラスレンズカラーは?

登山をする時には服装の色にも気をつけましょう。

暖かい時期であると、服装の色によってはハチに狙われやすくなったりもするそうです。

ザックやサングラスレンズの色についても確認してみましょう。

登山を始めたい!初心者の持ち物や山選びは?

登山の人気も高まり、自分も登山に挑戦したい!と、

思っている方もいるでしょう。

これから登山を始めようと思っても、持ち物にお金がかかりそうだったり、

どの山を選んだらいいのか、わからなかったりします。

簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

ランニングウェアはどう選ぶ?初心者から始めるウェアの選び方とは

ランニングを始めようと思っている方や、始めようとしても

中々重い腰が上がらない方は、まずランニングウェアを購入してみるのもいいかもしれません。

おしゃれとしても始められるし、機能もいいウェアが揃っています。

ランニングウェアの選び方について確認し、

自分に合ったものを身につけられるようにしましょう。

キャンプ料理をお手軽に!子供が喜ぶ簡単な料理とは?

普段の生活では子供があまり食べないようなものでも、

キャンプとなると子供は美味しそうに食べてくれるなんてこともあるかもしれません。

キャンプ料理で子供も喜ぶ簡単な料理を知っておけば、

役に立つこともあるでしょう。

キャンプをより快適に!便利グッズやおすすめアイテムは?

キャンプの時にあると助かるアイテムや便利グッズについて確認しましょう。

必須ではないけれど、そのアイテムがあることによって、

より快適なキャンプができるなら使ってみたいですね!

キャンプを初心者でも楽しむための最低限の道具はどんなもの?

キャンプを初心者が始める時に必要なキャンプ道具とは

どのようものがあるのでしょうか?

簡単ではありますが、

最低限必要になるような道具について確認しておきましょう。

キャンプ初心者でテントを購入する際の選び方とは?

キャンプをするためにテントの購入を考えることもあると思います。

ですが初心者である場合、選ぶ基準や選び方を知っておきたいですよね。

価格や人数など、知っておくべき基本について確認しておきましょう。

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

クロスバイクとロードバイクについて

ロードバイクは、舗装道路用の自転車の中で言うと、
最上級にスピードが出せる自転車と言えます。

ドロップハンドルなので前傾姿勢を取ることができ、
タイヤについては細めのものが基本装備となります。

そのため、低速での走行は安定性があまり良くありません。

少し荒れた道になると走行することが難しいため、
街の中で乗るには適していないかもしれません。

クロスバイクは、適度な前傾姿勢と、握りやすいハンドルが特徴となります。

ハンドルの幅についても広めに取られてるため安定した走行が可能です。

タイヤサイズはシティサイクルよりも太めのサイズで、
スピードはロードバイクほど出せませんが、
少々荒れた道でも走行は可能となります。

中距離や遠距離にも使うことができるので、
様々な用途で活躍するでしょう。

こういった特徴の違いもありますが、
価格についても違いがあります。

クロスバイクは5万円程度から購入できるものがありますが、
ロードバイクは10万円以上かかってしまうことが考えられるので、
この点の違いも理解しておきましょう。

スポンサーリンク



  人気記事

クロスバイクは楽に漕げるのも初心者に魅力

クロスバイクは車体の軽さやタイヤが細めであるために、
漕ぎやすいという点があります。

買ったはいいけど、乗りこなすことが難しいということはなく、
初心者でも乗れる点は魅力の1つとなります。

漕ぐ時に重さを感じる場合は、
ギア変速も可能ですので、自分の体調に合わせて変速するといいでしょう。

スポンサーリンク



シティサイクルに近い気軽さも魅力のひとつ

クロスバイクは、ロードバイクより気軽な感覚が魅力の1つとなります。

価格についてもロードバイクより安いですからね。

スポーツ自転車の初心者でも乗りやすく、人気もあります。

街の中を散歩感覚で探索したり、景色の良い川沿いを走ったりなどの
ちょっとしたサイクリングや、とにかく自由に乗りたいといった、
カジュアルな感覚で使うことができる点もおすすめですね。

シティサイクルより乗り心地もいいので、
自転車に乗ることが多いのであれば、
ロードバイクを1台持っていてもいいかもしれません。

初心者でも価格が高いクロスバイクを買うべきなの?

初心者で初めてクロスバイクを購入する場合、
価格が高くていいものを購入すべきなのでしょうか?

これについては、そんなことはないかと思います。

確かに高価なものはいいものも多いかもしれませんが、
人それぞれ用途も違います。

気軽さも魅力であるクロスバイクですから、
自分にあった物を購入するのが一番でしょう。

迷ってとりあえず高いものを購入!なんてことになると、
後々後悔することも多いです。

自分に合うものや、用途をしっかり考えてから購入するようにしましょう。

もし、そこから自転車にのめり込んだのであれば、
その時に高価なものを購入すればいいのです。

自転車で車道を走るときはマナーをしっかり守ろう

最近は、クロスバイクやロードバイクについても人気が高まっています。

その反面、自転車のマナーについても見直されるようになって来ています。

自動車のように運転免許が必要のない分、
あまりマナーを知らない人や守らない人も、
残念ながら多いのです。

例えば、自転車は車道の左側を走行する事となっているのですが、
右側走行する方も見かけます。

これについては、自動車を運転する方なら想像がつきそうですが、
免許を取得したことがない方からすれば、
関係ないと思っている方も多いかもしれません。

また、車道は自動車も走行しています。

自動車のドライバーもマナーが良くない方がいるので、
安全面には十分注意するようにしましょう。

とにかくマナーを守ることは、人に迷惑をかけないこともそうですが、
自分の安全を守るためにも大切なことです。

正しく安全に乗って、サイクリングを楽しみましょう。

 - アイテム, アウトドア, ハウツー, 自転車