ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

      2018/12/28

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

炭酸水の効能は高血圧や生理痛にも効果あり 飲む量が多いとデメリットも

炭酸水は健康や美容に効果があると言われますが、

高血圧や心臓病、生理痛にも効果があるとされています。

炭酸水の作り方や飲む量について確認しましょう。

デメリットもあるので、飲み過ぎには注意です。

独身女性のマンション購入のメリットや選ぶポイント

働く女性の増加、そして独身女性の増加に従い、

マンションを買う女性も増えてきました。

選び方や購入することによるメリットやデメリットとは?

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

質の良い睡眠で快適な日常を

「寝る時間ってもったない。寝なくて良ければ一日数時間別なことができるのに」と思ったことはありませんか?人間の身体になぜ睡眠が必要なのか考えたことはありませんか?

その理由は「起きている間に脳内でつくられた毒素を脳内からとりのぞき脳内を綺麗にするため」「活動すると溜まる乳酸などの身体の疲労物質を排出して身体の中を綺麗にするため」です。

寝ている最中は「脳や身体の中の掃除中」なのです。

寝ても寝ても疲れが取れないと感じている時に頭がすっきりしないのは「睡眠中に除去しきれなかった毒素が脳内にあるため、脳の神経伝達の邪魔をしてしまう」ためです。

毒素が脳に溜まったままになると若年性認知症やアルツハイマー病などの脳や神経系の病気の原因になりやすいです。

ですので睡眠中というのは実は「休んでいる」のではなく脳と身体をスリープモードにしながら「脳や身体の掃除をして新しい細胞に作り替えている」ため実はものすごいエネルギーを使って活動しています。

寝ても寝ても疲れが取れない時は質の良い睡眠を摂ることで脳内や身体の中の毒素が除去されて、次の日に疲労が残らずに頭がすっきりして身体も軽くなり物事に集中出来るようになります。

引用元-寝ても寝ても疲れが取れない!眠りの質を高めるには

スポンサーリンク



  人気記事

寝ても疲れが取れないのは睡眠時の体勢にある

朝起きた時、睡眠を十分に取っても疲れが取れていないことがあります。
これは、寝るときの体勢に問題がある場合があります。

寝るときの体勢は仰向けやうつ伏せ、横向きと人それぞれですが、
最も疲れが回復しやすい寝方は、横向きとされています。

食生活やストレスで疲れが取れないという場合もありますが、
その中でも疲れが溜まり、眠っても疲れが取れない、
一番大きな原因として、いびきが挙げられます。

いびきは、主に仰向けで寝ているときに、
重力によって緩んでしまった首の脂肪や筋肉が、
気道を狭くすることによって、かいてしまいます。

人は眠っている間に、呼吸を4000回くらいすると言われており、
眠っている間に4000個の風船を膨らませているのと、
同じくらいの運動量があるイメージになります。

そうすると、眠っていても運動しているのと同じくらいで、
自律神経もかなり疲れてしまうのです。

それによって疲れが取れないということになってしまいます。

つまり、いびきを解消することが、質の良い睡眠の一番の方法であり、
仰向けで寝るということは、一番疲れが取れにくい体勢ということになります。

また、枕選びの場合も一緒です。

仰向けに合わせた枕では寝づらくなってしまいますから、
横向きに合わせた枕を選ぶといいですね。

スポンサーリンク



食生活が悪いと睡眠の質も落ちて疲れが取れない

食生活が乱れてバランスの悪い食事を常に摂るようになってしまう事で、栄養や内臓への負担などさまざまな症状を引き起こすようになってしまいます。疲れをしっかりと摂る為には欠かせない栄養がありそれらが不足してしまう事で疲れがなかなか取れなくなってしまうのです。

特にビタミンB群は食事で摂取した栄養素をエネルギーに交換するためには欠かせない成分です。ビタミンB群が不足してしまう事でいくら他の栄養を積極的に摂取したとしてもエネルギーに変えることが出来ないため身体の中でエネルギー不足を引き起こすようになってしまいます。

また、鉄分は血液のヘモグロビンと結合して身体中に酸素を運ぶ働きをしている重要な栄養素です。鉄分が不足することで血液中のヘモグロビンが減少して身体中に十分な酸素が運ばれなくなってしまいます。このような現象が起こることで、知らず知らずのうちに身体が酸欠状態になってしまいます。酸欠状態になった細胞は活動が弱くなってしまう為、疲労という症状になって鉄分不足である事がわかるようになります。
ミネラルは生きていく上では欠かせない栄養素となっていますミネラルにはマグネシウムやカリウム、リン、ヨウ素、亜鉛などは含まれますがこのミネラルは不足してしまう事で非常に疲れやすい身体になってしまいます。

引用元-一日の疲れが取れないと思ったら試して欲しい6つの事|welq [ウェルク]

寝る前や起床後の習慣で睡眠の質を上げる

● 起床後は朝日を浴びて、朝食をしっかり食べる。

質の悪い睡眠は、体内時計の乱れが原因になっています。
体内時計を整えるには
朝、太陽の光を浴びて脳で認知する体内時計をリセットすることと
朝食を食べることで体の隅々になる末梢時計を整えることが大切です。

 
● 体温を下げやすくする。

体の深部の体温を下げると自然に眠気が起こります。
しかし、運動不足やクーラーの効いた部屋にいるなど
体温のメリハリがない状態が続くと
自然な体温調整ができなくなります。

寝る前の深部体温を下げやすくするためには
軽い運動や40℃ほどのお湯にゆっくり入浴するなど
ほどよい体温変化が必要です。

引用元-たくさん寝ても体がだるい・疲れが取れない原因とは?長引くストレス・疲労感には病気が潜んでいる場合も!? | ヘルシーメモ

日常生活を改善し疲れが取れない体質を改善

(1)朝晩に腹式呼吸をする

鼻から大きく息を吸い、口から吐き切る腹式呼吸を、5回繰り返しましょう。

(2)エクササイズで肩の力を抜く

背筋を伸ばして両肩を上にグッと上げ、10秒間キープし元に戻す動きを3回繰り返しましょう。その後、両肩に手を乗せ、前後にグルグルと回してください。

引用元-寝ても疲れが取れない人は「睡眠中に力んでる」悪癖が原因 – 健康ダイエット – Yahoo!ヘルスケア

twitterの反応

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康, 雑学