ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

お盆の由来はインドか日本か?その意味とは

      2018/12/28

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

胃が痛い時の食事はどんなものがいい?消化のいい食べ物を

胃の痛みを抱えている時の悩みの一つが食事かもしれません。

食べたいけど胃が痛いなんてこともあると思います。

胃が痛い時の食事は、どんなことを気を付けたら良いのでしょうか?

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

お盆の由来のインド発祥説について

今から二千四百年ほど前、
お釈迦さまが仏教の教えを説いていた頃のインドでは、
毎年7月15日、ウランバナとよばれる、先祖の魂をまつる、仏教の行事がありました。

古代のインドでは多くの先祖が、逆さに吊るされたり、
火あぶりにされるなど、苦しみの世界に落ちると考えられていたようです。

それらの先祖を救う為、お盆が営まれるようになったという考え方があり、
このウランバナが、仏教とともに、中国を経て、日本へ伝わってきたのです。

そのウラバンナを音写すると“盂蘭盆会”、つまり“お盆”のことです。

そのウランバナで読経されていたという、“盂蘭盆経”には、
次のように説かれています。

お釈迦さまの弟子の中で、神通力(何事も見通す力)第一といわれた目連尊者が、
その力で、亡き母の姿を見たところ、
餓鬼(食べることも、飲むことも出来ず、飢えに苦しむ世界)の世界に落ちていましたが、
自分の力では救うことが出来ません。

そこで、お釈迦さまの教えにより、7月15日、多くの僧を招き、供物を供え、
供養したところ、たちどころに、母親は救われたということから、
地獄や餓鬼の世界に落ちた先祖を救うために、お盆が営まれるようになったというのです。

スポンサーリンク



  人気記事

お盆の由来の日本起源説について

お盆の由来として、日本起源説もあります。

日本は昔から神道という考え方があります。
これは自然や動物、物などに霊魂が宿るといったようなものであるそうです。

ご先祖を大切にし、死者の霊魂を祭る風習があり、冬の寒い時期と、夏の暑い時期には霊棚をもうけ、
死者や先祖の霊魂をまつるとされる、たま祭りが永く行われてきました。

それが、いわゆる現代の正月やお盆であるそうです。

ご先祖さまを迎える時に使った容器が昔の言葉で“ボニ”と呼ばれていたそうで、
それがなまって“お盆”となったというのがこの日本起源説になります。

お盆のときに飾る、盆棚は、日本古来の風習によるものだとも考えられます。

スポンサーリンク



お盆の迎え火と送り火について

迎え火
12日夕刻か13日午前中に精霊棚や仏壇のお飾りとお供えをすませ、13日の夕刻、縁側の軒先か精霊棚のところに吊るされた盆堤灯に火を灯す。
家の門口や玄関で素焼の焙烙(ほうろく)にオガラと呼ばれる皮をはいだ麻の茎を折ってつみ重ね、火をつけて燃し、その場で合掌する。
これを迎え火といい、オガラを燃したその煙に乗って先祖の精霊が家に戻ってくるのを迎える。(おがらは最近ではスーパーなどでも手に入る。)
送り火
家に迎えた精霊を今度は送り火をたいてお墓に帰ってもらう。
迎え火をたいた同じ場所で16日(又は15日)オガラをつみ重ねて送り火をたく。
☆京都の夜を美しく彩る大文字焼はこの送り火の名残であるとされる。
☆地域によっては送り火ではなく、九州北部の「精霊流し」のような行事が行われる。

引用元-お盆とは – はてなキーワード

お盆に盆踊りをする由来について

お盆と言えば、もう一つ思い出すのが盆踊り。
今や英語でもBon odoriで通じたりするくらい代表的な日本文化の一つとなりました。
この盆踊りの由来もももちろん、仏教から生まれています。

お盆の元となった盂蘭盆会と空也上人の踊り念仏や、
一遍上人らによって死者を供養するための行事として始まったのが盆踊りです。

それがだんだんと仏教行事から、芸能・娯楽的な要素が強くなり、全国で庶民の結束を固める役割を果たし
ご当地音頭として有名な様々な楽曲が生まれるきっかけになりました。

今では盆踊り用のアニメソングまで作られて、日本の夏の風物詩とも言える行事ですね。

引用元-お盆の由来は仏教から始まった?盆踊りとの関係は? | 21世紀の歳時記

お盆のお供えものについて

実際には、最初に精霊棚又は盆棚とも言われる棚に、位牌を安置し、お供えをします。
茄子(なす)で作った牛や胡瓜(きゅうり)の馬が備えてあるのをよく見かけるのではないでしょうか。
これは、ご先祖様の霊が牛に荷を引かせ、馬に乗って行き来するという言い伝えによるもので「精霊馬(しょうりょううま)」と言われています。
お盆の期間中は飾っておきます。その後、茄子と胡瓜は食べずに川や海に流すか土に埋めるようです。ゴミとして出す際は、塩で清めて白紙に包んでから出しましょう。

引用元-お盆の墓参りや歴史と由来(迎え火・送り火・お供え物の意味):法要・供養について-霊園・墓地の石乃家(いしのや)

 - イベント, マナー, 学習, 歴史, 生活の知恵, 社会 ビジネス, 雑学