ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

   

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

アイスクリームの発祥とは?人気店のようなアイスクリームの作り方

暑い時期のアイスクリームは最高に美味しいですね。

そんなアイスクリームの発祥はご存知ですか?

美味しいアイスクリームの作り方とは?

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

全身麻酔と局所麻酔について

全身麻酔は意識がなくなりますが、普通の睡眠とは体の状態が異なります。全身麻酔の方法は主に静脈注射(静脈麻酔薬)と麻酔ガスの吸入(吸入麻酔薬)があります。静脈麻酔薬には意識や痛みを抑える薬、筋肉を弛緩させる薬があります。吸入麻酔薬にもいくつかの種類があります。
 一方、局所麻酔は脳へ痛みを伝える神経を麻痺させるので体の一部の感覚はなくなりますが、意識ははっきりしています。その方法には、表面麻酔、浸潤麻酔、脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、神経ブロックなどがあります。針を刺したり、チューブを入れたりして、ねらった神経にだけ薬を効かせるようにします。

引用元-麻酔にはどんな種類があるの?

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

全身麻酔の特徴と方法手順について

全身麻酔の特徴

意識がなくなる
痛みを感じなくなる
体が動かなくなる
呼吸ができなくなる
全身麻酔によって意識が無くなり全く痛みを感じませんが、同時に体が動かなくなり呼吸も止まってしまうため人工呼吸が必要になります。

局所麻酔の場合、患者に状態を確認しながら行なうことができますが、全身麻酔の場合は、患者の状態がモニターに映しだされ、それを確認しながら行います。

全身麻酔の手順

酸素マスクで呼吸を安定させる
点滴で麻酔薬を投与する
意識が無くなったら気管内挿管チューブを挿入する
手術を行う
手術が終わったら麻酔薬を止める
意識が戻り自発呼吸できるようになったら人工呼吸器を外す
全身麻酔が効いている状態では、患者は苦痛や症状、変化などを訴えることができませんので、麻酔科医は患者の状態を常にモニタリングする必要があります。

※全身麻酔は点滴で行なうものと吸入で行なうものがあり、点滴による麻酔が一般的です。

引用元-全身麻酔の仕組みや手順 – まだ解明されていない吸入麻酔のメカニズム | はじめてガン保険

スポンサーリンク



麻酔や手術に関わるリスクについて

手術そのもの、出血、麻酔薬などによって、患者さんのからだ(特に心臓、肺、肝臓、腎臓などの大切な臓器)にはいろいろな負担がかかります。ぜんそくや心臓病、糖尿病、高血圧、肝臓病、腎臓病などの病気をもっている方、脳卒中や心筋梗塞(しんきんこうそく)になったことのある方などは、さらに注意が必要です。一見健康そうな方に、こうした合併症がかくれている場合もあるので、手術の前にいろいろな検査を行なってチェックをします(術前検査:じゅつぜんけんさ)。安全を期すために検査を追加したり、手術が延期される場合もあります。
手術中に使う薬(麻酔薬など)に対して、予期せぬ過敏な反応を示す患者さんも中にはいらっしゃいます(アレルギー反応)。麻酔薬によって高い熱を出し、長期の集中管理を必要とする体質の方もいます(悪性高熱症)。血のつながった人の中に、このような体質の方がいらっしゃる場合は、必ず主治医や麻酔科医にお知らせ下さい。
合併症のある方、アレルギー体質の方、脳卒中や心筋梗塞になったことのある方、過去に受けた麻酔や手術で変わったことがあった方などには、より慎重な麻酔の準備を行うために、あらかじめ麻酔科外来を受診していただくことがあります(術前相談<じゅつぜんそうだん>といいます)。
全身麻酔では、気管に入れたチューブや麻酔ガスの影響で、手術の後にのどが痛くなったり声がかすれたりすることがありますが、たいていは2~3日で回復します。声のかすれは、手術中の姿勢や手術そのものによって起きることもあり、回復に数週間かそれ以上かかることもあります。

引用元-周術期麻酔-東北大学病院 麻酔科

全身麻酔の合併症や偶発症について

歯が欠ける、抜ける

 気管にチューブを入れる操作や、麻酔から目覚める時に歯を食いしばることにより、グラグラした歯や義歯が損傷することがあります。
喉の痛み、声がかすれる

 声帯は気管にある膜で、声を出すのに使います。気管にチューブを入れるときや、長時間の人工呼吸で声帯に少し傷がつき、麻酔から覚めたあと、喉の痛みやかすれ声になることがあります。これは数日で自然に治ります。
 まれに、この傷がもとで声帯肉芽腫(粘膜が盛り上がる)ができることや、声帯を動かす反回神経が麻痺することがあります。このような時は声を出しにくい、むせるといった症状があらわれ、回復までに時間がかかることがあります。
肺炎(誤嚥性肺炎)

 麻酔中や麻酔直後は、胃の内容物が気管内に入り、ひどい肺炎が起きることがあります。そのため、手術前の絶食・絶水の指示は必ず守ってください。
 誤嚥性肺炎を起こしやすいのは、消化管に通過障害のある方、胃に食べ物がたまっている方、妊婦さん、お腹に大きな腫瘍のある方、外傷を受けた直後の方などです。
気管支痙攣(喘息発作)、喉頭痙攣

 吸入麻酔薬や喉にいれたチューブの刺激、あるいは使用薬剤のアレルギー反応で気管支痙攣(喘息発作)を起こす可能性があります。
 喘息の持病がある方だけでなく、そういう病歴が無くても発作を起こすことがまれにあります。
アレルギー

 麻酔や手術の消毒などで使用する薬が体に合わなくて、蕁麻疹があらわれたり、呼吸困難になったりすることがあります。
 海外のデータでは1万人から2万人に1人の頻度です。
悪性高熱症

 麻酔薬により筋肉が硬直したり、高熱が生じたりするといった危険な状態になる遺伝的な異常で、このような遺伝を持っている人は2万人から6万人に1人程度ときわめてまれです。
 血縁の方に麻酔でこのような異常反応を起こした方がいれば主治医あるいは麻酔科医に必ずお知らせください。

引用元-麻酔の危険性及び合併症 | 独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター

全身麻酔の子供と大人の違いについて

全身麻酔をかけることは、お子さんの呼吸や循環(血圧や脈拍など)に大きくかかわってきます。麻酔薬は呼吸と共に体の中にとり込まれて作用したり、血管内に麻酔薬を注入して、全身麻酔として力を発揮するからです。

子どもが大人と大きく異なるのは、その予備力が小さいことです。分かり易く言うと、呼吸や循環の安全性のたくわえが少ないということです。麻酔薬の影響によって、大人よりも変化が激しく、短い時間に危険に陥りやすいのです。子どもの麻酔は単に子どもが小さいというだけでなく、大人に比べてより細かい観察と対応が必要なのです。

引用元-子どもにとって全身麻酔って何?|事故・ケガ(子どもの病気)の教えて!ドクター

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学