ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

   

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法を参考にしてみてください。

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

全身麻酔と局所麻酔について

全身麻酔は意識がなくなりますが、普通の睡眠とは体の状態が異なります。全身麻酔の方法は主に静脈注射(静脈麻酔薬)と麻酔ガスの吸入(吸入麻酔薬)があります。静脈麻酔薬には意識や痛みを抑える薬、筋肉を弛緩させる薬があります。吸入麻酔薬にもいくつかの種類があります。
 一方、局所麻酔は脳へ痛みを伝える神経を麻痺させるので体の一部の感覚はなくなりますが、意識ははっきりしています。その方法には、表面麻酔、浸潤麻酔、脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、神経ブロックなどがあります。針を刺したり、チューブを入れたりして、ねらった神経にだけ薬を効かせるようにします。

引用元-麻酔にはどんな種類があるの?

スポンサーリンク



  人気記事

全身麻酔の特徴と方法手順について

全身麻酔の特徴

意識がなくなる
痛みを感じなくなる
体が動かなくなる
呼吸ができなくなる
全身麻酔によって意識が無くなり全く痛みを感じませんが、同時に体が動かなくなり呼吸も止まってしまうため人工呼吸が必要になります。

局所麻酔の場合、患者に状態を確認しながら行なうことができますが、全身麻酔の場合は、患者の状態がモニターに映しだされ、それを確認しながら行います。

全身麻酔の手順

酸素マスクで呼吸を安定させる
点滴で麻酔薬を投与する
意識が無くなったら気管内挿管チューブを挿入する
手術を行う
手術が終わったら麻酔薬を止める
意識が戻り自発呼吸できるようになったら人工呼吸器を外す
全身麻酔が効いている状態では、患者は苦痛や症状、変化などを訴えることができませんので、麻酔科医は患者の状態を常にモニタリングする必要があります。

※全身麻酔は点滴で行なうものと吸入で行なうものがあり、点滴による麻酔が一般的です。

引用元-全身麻酔の仕組みや手順 – まだ解明されていない吸入麻酔のメカニズム | はじめてガン保険

スポンサーリンク



麻酔や手術に関わるリスクについて

手術そのもの、出血、麻酔薬などによって、患者さんのからだ(特に心臓、肺、肝臓、腎臓などの大切な臓器)にはいろいろな負担がかかります。ぜんそくや心臓病、糖尿病、高血圧、肝臓病、腎臓病などの病気をもっている方、脳卒中や心筋梗塞(しんきんこうそく)になったことのある方などは、さらに注意が必要です。一見健康そうな方に、こうした合併症がかくれている場合もあるので、手術の前にいろいろな検査を行なってチェックをします(術前検査:じゅつぜんけんさ)。安全を期すために検査を追加したり、手術が延期される場合もあります。
手術中に使う薬(麻酔薬など)に対して、予期せぬ過敏な反応を示す患者さんも中にはいらっしゃいます(アレルギー反応)。麻酔薬によって高い熱を出し、長期の集中管理を必要とする体質の方もいます(悪性高熱症)。血のつながった人の中に、このような体質の方がいらっしゃる場合は、必ず主治医や麻酔科医にお知らせ下さい。
合併症のある方、アレルギー体質の方、脳卒中や心筋梗塞になったことのある方、過去に受けた麻酔や手術で変わったことがあった方などには、より慎重な麻酔の準備を行うために、あらかじめ麻酔科外来を受診していただくことがあります(術前相談<じゅつぜんそうだん>といいます)。
全身麻酔では、気管に入れたチューブや麻酔ガスの影響で、手術の後にのどが痛くなったり声がかすれたりすることがありますが、たいていは2~3日で回復します。声のかすれは、手術中の姿勢や手術そのものによって起きることもあり、回復に数週間かそれ以上かかることもあります。

引用元-周術期麻酔-東北大学病院 麻酔科

全身麻酔の合併症や偶発症について

歯が欠ける、抜ける

 気管にチューブを入れる操作や、麻酔から目覚める時に歯を食いしばることにより、グラグラした歯や義歯が損傷することがあります。
喉の痛み、声がかすれる

 声帯は気管にある膜で、声を出すのに使います。気管にチューブを入れるときや、長時間の人工呼吸で声帯に少し傷がつき、麻酔から覚めたあと、喉の痛みやかすれ声になることがあります。これは数日で自然に治ります。
 まれに、この傷がもとで声帯肉芽腫(粘膜が盛り上がる)ができることや、声帯を動かす反回神経が麻痺することがあります。このような時は声を出しにくい、むせるといった症状があらわれ、回復までに時間がかかることがあります。
肺炎(誤嚥性肺炎)

 麻酔中や麻酔直後は、胃の内容物が気管内に入り、ひどい肺炎が起きることがあります。そのため、手術前の絶食・絶水の指示は必ず守ってください。
 誤嚥性肺炎を起こしやすいのは、消化管に通過障害のある方、胃に食べ物がたまっている方、妊婦さん、お腹に大きな腫瘍のある方、外傷を受けた直後の方などです。
気管支痙攣(喘息発作)、喉頭痙攣

 吸入麻酔薬や喉にいれたチューブの刺激、あるいは使用薬剤のアレルギー反応で気管支痙攣(喘息発作)を起こす可能性があります。
 喘息の持病がある方だけでなく、そういう病歴が無くても発作を起こすことがまれにあります。
アレルギー

 麻酔や手術の消毒などで使用する薬が体に合わなくて、蕁麻疹があらわれたり、呼吸困難になったりすることがあります。
 海外のデータでは1万人から2万人に1人の頻度です。
悪性高熱症

 麻酔薬により筋肉が硬直したり、高熱が生じたりするといった危険な状態になる遺伝的な異常で、このような遺伝を持っている人は2万人から6万人に1人程度ときわめてまれです。
 血縁の方に麻酔でこのような異常反応を起こした方がいれば主治医あるいは麻酔科医に必ずお知らせください。

引用元-麻酔の危険性及び合併症 | 独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター

全身麻酔の子供と大人の違いについて

全身麻酔をかけることは、お子さんの呼吸や循環(血圧や脈拍など)に大きくかかわってきます。麻酔薬は呼吸と共に体の中にとり込まれて作用したり、血管内に麻酔薬を注入して、全身麻酔として力を発揮するからです。

子どもが大人と大きく異なるのは、その予備力が小さいことです。分かり易く言うと、呼吸や循環の安全性のたくわえが少ないということです。麻酔薬の影響によって、大人よりも変化が激しく、短い時間に危険に陥りやすいのです。子どもの麻酔は単に子どもが小さいというだけでなく、大人に比べてより細かい観察と対応が必要なのです。

引用元-子どもにとって全身麻酔って何?|事故・ケガ(子どもの病気)の教えて!ドクター

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学