ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

   

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

手のツボにはどんな効果が?合谷や陽谿とは

足の裏と同様に、手も第二の心臓と呼ばれるほど、

ツボがあります。効果的な手のツボを押して、

生活を快適にしましょう。

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

年賀状のマナー特に気をつけたいビジネス関係への書き方とは

ビジネスの上で年賀状は感謝や抱負を述べる大切な

ツールとなります。マナー違反な年賀状にならないように、

注意して書きましょう。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

全身麻酔と局所麻酔について

全身麻酔は意識がなくなりますが、普通の睡眠とは体の状態が異なります。全身麻酔の方法は主に静脈注射(静脈麻酔薬)と麻酔ガスの吸入(吸入麻酔薬)があります。静脈麻酔薬には意識や痛みを抑える薬、筋肉を弛緩させる薬があります。吸入麻酔薬にもいくつかの種類があります。
 一方、局所麻酔は脳へ痛みを伝える神経を麻痺させるので体の一部の感覚はなくなりますが、意識ははっきりしています。その方法には、表面麻酔、浸潤麻酔、脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、神経ブロックなどがあります。針を刺したり、チューブを入れたりして、ねらった神経にだけ薬を効かせるようにします。

引用元-麻酔にはどんな種類があるの?

スポンサーリンク



  人気記事

全身麻酔の特徴と方法手順について

全身麻酔の特徴

意識がなくなる
痛みを感じなくなる
体が動かなくなる
呼吸ができなくなる
全身麻酔によって意識が無くなり全く痛みを感じませんが、同時に体が動かなくなり呼吸も止まってしまうため人工呼吸が必要になります。

局所麻酔の場合、患者に状態を確認しながら行なうことができますが、全身麻酔の場合は、患者の状態がモニターに映しだされ、それを確認しながら行います。

全身麻酔の手順

酸素マスクで呼吸を安定させる
点滴で麻酔薬を投与する
意識が無くなったら気管内挿管チューブを挿入する
手術を行う
手術が終わったら麻酔薬を止める
意識が戻り自発呼吸できるようになったら人工呼吸器を外す
全身麻酔が効いている状態では、患者は苦痛や症状、変化などを訴えることができませんので、麻酔科医は患者の状態を常にモニタリングする必要があります。

※全身麻酔は点滴で行なうものと吸入で行なうものがあり、点滴による麻酔が一般的です。

引用元-全身麻酔の仕組みや手順 – まだ解明されていない吸入麻酔のメカニズム | はじめてガン保険

スポンサーリンク



麻酔や手術に関わるリスクについて

手術そのもの、出血、麻酔薬などによって、患者さんのからだ(特に心臓、肺、肝臓、腎臓などの大切な臓器)にはいろいろな負担がかかります。ぜんそくや心臓病、糖尿病、高血圧、肝臓病、腎臓病などの病気をもっている方、脳卒中や心筋梗塞(しんきんこうそく)になったことのある方などは、さらに注意が必要です。一見健康そうな方に、こうした合併症がかくれている場合もあるので、手術の前にいろいろな検査を行なってチェックをします(術前検査:じゅつぜんけんさ)。安全を期すために検査を追加したり、手術が延期される場合もあります。
手術中に使う薬(麻酔薬など)に対して、予期せぬ過敏な反応を示す患者さんも中にはいらっしゃいます(アレルギー反応)。麻酔薬によって高い熱を出し、長期の集中管理を必要とする体質の方もいます(悪性高熱症)。血のつながった人の中に、このような体質の方がいらっしゃる場合は、必ず主治医や麻酔科医にお知らせ下さい。
合併症のある方、アレルギー体質の方、脳卒中や心筋梗塞になったことのある方、過去に受けた麻酔や手術で変わったことがあった方などには、より慎重な麻酔の準備を行うために、あらかじめ麻酔科外来を受診していただくことがあります(術前相談<じゅつぜんそうだん>といいます)。
全身麻酔では、気管に入れたチューブや麻酔ガスの影響で、手術の後にのどが痛くなったり声がかすれたりすることがありますが、たいていは2~3日で回復します。声のかすれは、手術中の姿勢や手術そのものによって起きることもあり、回復に数週間かそれ以上かかることもあります。

引用元-周術期麻酔-東北大学病院 麻酔科

全身麻酔の合併症や偶発症について

歯が欠ける、抜ける

 気管にチューブを入れる操作や、麻酔から目覚める時に歯を食いしばることにより、グラグラした歯や義歯が損傷することがあります。
喉の痛み、声がかすれる

 声帯は気管にある膜で、声を出すのに使います。気管にチューブを入れるときや、長時間の人工呼吸で声帯に少し傷がつき、麻酔から覚めたあと、喉の痛みやかすれ声になることがあります。これは数日で自然に治ります。
 まれに、この傷がもとで声帯肉芽腫(粘膜が盛り上がる)ができることや、声帯を動かす反回神経が麻痺することがあります。このような時は声を出しにくい、むせるといった症状があらわれ、回復までに時間がかかることがあります。
肺炎(誤嚥性肺炎)

 麻酔中や麻酔直後は、胃の内容物が気管内に入り、ひどい肺炎が起きることがあります。そのため、手術前の絶食・絶水の指示は必ず守ってください。
 誤嚥性肺炎を起こしやすいのは、消化管に通過障害のある方、胃に食べ物がたまっている方、妊婦さん、お腹に大きな腫瘍のある方、外傷を受けた直後の方などです。
気管支痙攣(喘息発作)、喉頭痙攣

 吸入麻酔薬や喉にいれたチューブの刺激、あるいは使用薬剤のアレルギー反応で気管支痙攣(喘息発作)を起こす可能性があります。
 喘息の持病がある方だけでなく、そういう病歴が無くても発作を起こすことがまれにあります。
アレルギー

 麻酔や手術の消毒などで使用する薬が体に合わなくて、蕁麻疹があらわれたり、呼吸困難になったりすることがあります。
 海外のデータでは1万人から2万人に1人の頻度です。
悪性高熱症

 麻酔薬により筋肉が硬直したり、高熱が生じたりするといった危険な状態になる遺伝的な異常で、このような遺伝を持っている人は2万人から6万人に1人程度ときわめてまれです。
 血縁の方に麻酔でこのような異常反応を起こした方がいれば主治医あるいは麻酔科医に必ずお知らせください。

引用元-麻酔の危険性及び合併症 | 独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター

全身麻酔の子供と大人の違いについて

全身麻酔をかけることは、お子さんの呼吸や循環(血圧や脈拍など)に大きくかかわってきます。麻酔薬は呼吸と共に体の中にとり込まれて作用したり、血管内に麻酔薬を注入して、全身麻酔として力を発揮するからです。

子どもが大人と大きく異なるのは、その予備力が小さいことです。分かり易く言うと、呼吸や循環の安全性のたくわえが少ないということです。麻酔薬の影響によって、大人よりも変化が激しく、短い時間に危険に陥りやすいのです。子どもの麻酔は単に子どもが小さいというだけでなく、大人に比べてより細かい観察と対応が必要なのです。

引用元-子どもにとって全身麻酔って何?|事故・ケガ(子どもの病気)の教えて!ドクター

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学