ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

   

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

手のツボにはどんな効果が?合谷や陽谿とは

足の裏と同様に、手も第二の心臓と呼ばれるほど、

ツボがあります。効果的な手のツボを押して、

生活を快適にしましょう。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

機能性低血糖症について

「低血糖」という漢字表記から、”血糖が低い状態” “糖尿病と相反する病気” と誤解されがちな病名だが、低血糖症は 『血糖調節異常』 の事を指す

食後血糖の上がり・下がりが上手く制御できない事がこの病気の性質

低血糖状態に陥る(正常な血糖調整が出来ない)事が引き金になって起きる
急激な血糖の乱高下に対処するホルモンの分泌が、
躁鬱状態、パニック症状や手足の震え、攻撃性、突然の動悸などを惹起する

こうした症状を抱える患者が精神科に駆け込むと、鬱や統合失調症、パニック障害との誤診がなされ、一般的な投薬治療が施されるのみで、何ら原因解決に至らないこともある

血糖調節異常が精神に異常を来たす要因だという事を、多くの精神科医は把握していないのが現状だ。

そして、分子整合栄養医学の世界では、精神・自律神経系の症状以外にも、癌や糖尿病、高血圧、花粉症など、生活習慣病の多くは、低血糖症が起因すると考える医師もいる

引用元-機能性低血糖症 – 栄養療法.jp

スポンサーリンク



  人気記事

機能性低血糖症の症状とは

2-1.特徴的な症状

では、機能性低血糖症になるとどのような症状が出てくるのか確認しておきましょう。
機能性低血糖症になると疲労感に包まれます。何かしただけで体を動かすのを面倒に感じてしまうほどです。また、機能性低血糖症になるとうつや精神病を併発しやすくなります。統合失調症、うつ病、パニック障害、慢性疲労症候群、登校拒否、多動性障害などが起こりやすいことを知っておきましょう。
低血糖状態になると動悸(どうき)や頭痛、震えなどが起こりやすくなるのも特徴です。ストレスに弱い人は対応できず症状が悪化する人もいます。

2-2.身体的に出る症状

身体的には極度の疲労や頭痛、めまいが出やすいのが特徴です。また、発汗や震え、心臓の動悸(どうき)なども起こりやすくなります。
ほかには目のかすみや筋肉の引きつけ・筋肉痛。機能性低血糖症の人は、普段から消化不良を感じたり甘いものを異常に欲しがったりします。

2-3.内面・精神的な症状

内面的な症状としては精神が安定しないためうつや不眠、イライラする状態が続くのが特徴です。また、睡魔が突然襲ってきて精神的に安定しない状態が続きます。
血糖の状態が悪くなるとホルモンバランスも崩れて精神的な悪循環に陥る人も多いようです。

引用元-機能性低血糖症になってしまう原因とは ~各症状と治療法について~

スポンサーリンク



機能性低血糖症による過食について

過食症状はまさに典型的な低血糖症状であり、自律神経とホルモンがおこなっている生存本能ですから、自分の意志をはるかに超えてコントロールなどできません。
過食してしまうのは、けっして『意志』が弱いからではなく、カラダの症状なのです。
そんなときに「だらしが無い。甘えてる。根性がない。」などと、周りの家族が非難したらいけません。けっして過食症の患者さまの意志が弱いのではなく「低血糖症がそうさせている」という理解が必要です。
しかし残念ながら、日本では低血糖症は一般的には知られていません。
アメリカでは低血糖症は「コモンディジーズ(どこにでもある病気)」と呼ばれおよそ4千万人の患者数が推定され、一般的な病気として認識されています。
それに対し日本の医学会では未知の病気であり、医学部の教科書にも載っていないため、多くの医師はこの病気の存在すら知りません。
このため、ほんとうは低血糖症が原因で過食症状に苦しんでいるのに、抗うつ剤などの投薬治療や心理カウンセリングなどが標準治療としておこなわれています。当然ですが、根本液な解決にはならないことは、いうまでもありません。

引用元-過食を引き起こす低血糖症 | 摂食障害治療専門 クリニック・ハイジーア

機能性低血糖症の原因とは

機能性低血糖症の最も代表的な原因は、糖質の過剰摂取です。
菓子類やジュースに含まれる糖分は、それだけで身体が即時に対応できる量を超えています。更に私たちが普段当たり前に食べている白米や食パンなどの精製穀物も、ビタミン・ミネラルが含まれる外殻をわざわざそぎ落とした加工品なのです。口にすれば美味しいと感じるかも知れません。しかし私たちの身体は、自然にある状態から糖質のみを取り出したこういった加工品では、その過剰な糖質すらエネルギーに変えることはできず、むしろ元来身体が備えている代謝機能への負担となります。
膵臓はインスリンを分泌することで血中のブドウ糖の濃度を安定させています。しかし繰り返し飛び込んでくる過剰な糖質に対し対応に疲弊した膵臓は、分泌するインスリンの量を制御出来なくなり、必要以上に血糖値を下げてしまいます。

引用元-低血糖症|低血糖症の原因

機能性低血糖症の治療について

機能性低血糖症そのものの治療は、主に糖質制限による食事制限になります。

米・小麦に代表される炭水化物、カフェインやアルコールの含まれる飲料を控え、たんぱく質、脂質、食物繊維を取るようにします。それと同時に筋肉をつけるため運動を取り入れましょう。

機能性低血糖症では投薬療法が使われることはほとんどありません。

糖質制限したバランスの良い食事と、適度な運動が治療法であり予防法でもあります。

引用元-機能性低血糖症の原因は?症状や治療法は? | 摂食障害(拒食症・過食症)

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康