ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

   

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

子供の落書きなど油性ペンを消したい壁や床 革やプラスチックは?

誤って油性ペンのインクが床や物に付いてしまったり、

子供がいるとイタズラで壁に書いてしまったりした場合に、

油性インクを消す方法をご紹介します。

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

アウトレットの買い物は金曜がおすすめ? 攻略情報をお届け

アウトレットモールへは行くだけでも楽しめます。

しかし店舗が多かったり求めている商品がないと残念です。

そうならないために、うまくアウトレットモールで

買い物をするコツを身につけましょう。

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

機能性低血糖症について

「低血糖」という漢字表記から、”血糖が低い状態” “糖尿病と相反する病気” と誤解されがちな病名だが、低血糖症は 『血糖調節異常』 の事を指す

食後血糖の上がり・下がりが上手く制御できない事がこの病気の性質

低血糖状態に陥る(正常な血糖調整が出来ない)事が引き金になって起きる
急激な血糖の乱高下に対処するホルモンの分泌が、
躁鬱状態、パニック症状や手足の震え、攻撃性、突然の動悸などを惹起する

こうした症状を抱える患者が精神科に駆け込むと、鬱や統合失調症、パニック障害との誤診がなされ、一般的な投薬治療が施されるのみで、何ら原因解決に至らないこともある

血糖調節異常が精神に異常を来たす要因だという事を、多くの精神科医は把握していないのが現状だ。

そして、分子整合栄養医学の世界では、精神・自律神経系の症状以外にも、癌や糖尿病、高血圧、花粉症など、生活習慣病の多くは、低血糖症が起因すると考える医師もいる

引用元-機能性低血糖症 – 栄養療法.jp

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

機能性低血糖症の症状とは

2-1.特徴的な症状

では、機能性低血糖症になるとどのような症状が出てくるのか確認しておきましょう。
機能性低血糖症になると疲労感に包まれます。何かしただけで体を動かすのを面倒に感じてしまうほどです。また、機能性低血糖症になるとうつや精神病を併発しやすくなります。統合失調症、うつ病、パニック障害、慢性疲労症候群、登校拒否、多動性障害などが起こりやすいことを知っておきましょう。
低血糖状態になると動悸(どうき)や頭痛、震えなどが起こりやすくなるのも特徴です。ストレスに弱い人は対応できず症状が悪化する人もいます。

2-2.身体的に出る症状

身体的には極度の疲労や頭痛、めまいが出やすいのが特徴です。また、発汗や震え、心臓の動悸(どうき)なども起こりやすくなります。
ほかには目のかすみや筋肉の引きつけ・筋肉痛。機能性低血糖症の人は、普段から消化不良を感じたり甘いものを異常に欲しがったりします。

2-3.内面・精神的な症状

内面的な症状としては精神が安定しないためうつや不眠、イライラする状態が続くのが特徴です。また、睡魔が突然襲ってきて精神的に安定しない状態が続きます。
血糖の状態が悪くなるとホルモンバランスも崩れて精神的な悪循環に陥る人も多いようです。

引用元-機能性低血糖症になってしまう原因とは ~各症状と治療法について~

スポンサーリンク



機能性低血糖症による過食について

過食症状はまさに典型的な低血糖症状であり、自律神経とホルモンがおこなっている生存本能ですから、自分の意志をはるかに超えてコントロールなどできません。
過食してしまうのは、けっして『意志』が弱いからではなく、カラダの症状なのです。
そんなときに「だらしが無い。甘えてる。根性がない。」などと、周りの家族が非難したらいけません。けっして過食症の患者さまの意志が弱いのではなく「低血糖症がそうさせている」という理解が必要です。
しかし残念ながら、日本では低血糖症は一般的には知られていません。
アメリカでは低血糖症は「コモンディジーズ(どこにでもある病気)」と呼ばれおよそ4千万人の患者数が推定され、一般的な病気として認識されています。
それに対し日本の医学会では未知の病気であり、医学部の教科書にも載っていないため、多くの医師はこの病気の存在すら知りません。
このため、ほんとうは低血糖症が原因で過食症状に苦しんでいるのに、抗うつ剤などの投薬治療や心理カウンセリングなどが標準治療としておこなわれています。当然ですが、根本液な解決にはならないことは、いうまでもありません。

引用元-過食を引き起こす低血糖症 | 摂食障害治療専門 クリニック・ハイジーア

機能性低血糖症の原因とは

機能性低血糖症の最も代表的な原因は、糖質の過剰摂取です。
菓子類やジュースに含まれる糖分は、それだけで身体が即時に対応できる量を超えています。更に私たちが普段当たり前に食べている白米や食パンなどの精製穀物も、ビタミン・ミネラルが含まれる外殻をわざわざそぎ落とした加工品なのです。口にすれば美味しいと感じるかも知れません。しかし私たちの身体は、自然にある状態から糖質のみを取り出したこういった加工品では、その過剰な糖質すらエネルギーに変えることはできず、むしろ元来身体が備えている代謝機能への負担となります。
膵臓はインスリンを分泌することで血中のブドウ糖の濃度を安定させています。しかし繰り返し飛び込んでくる過剰な糖質に対し対応に疲弊した膵臓は、分泌するインスリンの量を制御出来なくなり、必要以上に血糖値を下げてしまいます。

引用元-低血糖症|低血糖症の原因

機能性低血糖症の治療について

機能性低血糖症そのものの治療は、主に糖質制限による食事制限になります。

米・小麦に代表される炭水化物、カフェインやアルコールの含まれる飲料を控え、たんぱく質、脂質、食物繊維を取るようにします。それと同時に筋肉をつけるため運動を取り入れましょう。

機能性低血糖症では投薬療法が使われることはほとんどありません。

糖質制限したバランスの良い食事と、適度な運動が治療法であり予防法でもあります。

引用元-機能性低血糖症の原因は?症状や治療法は? | 摂食障害(拒食症・過食症)

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康