ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

      2016/10/24

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

スポンサーリンク

  関連記事

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

朝シャンの効果とは?ハゲるって本当?

朝シャンするのは、すっきりして気持ちいいものです。

ですが、朝シャンはハゲるという話もあります。

朝シャンによる効果とは?メリットやデメリットは何なのでしょうか?

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

脱水症状の種類について

脱水症状は全部で3種類あるとされています。
1つ目は低張性脱水で、電解質の喪失によるものです。

発汗、嘔吐、下痢などを引き起こした際に、水だけ飲むと起こると言われており、進行することで倦怠感や眠気を引き起こします。

2つ目は等張性脱水で、水とナトリウム療法の欠乏によるもので、下痢、出血が原因とされ、症状は頻脈や立ちくらみ、めまいとなっています。

3つ目は高張性脱水で、水分不足による脱水症状です。
原因は水分摂取不足や汗のかきすぎ、尿の出しすぎとされており、口が渇いたり、トイレの回数が減る、舌が乾く、衰弱するといった症状が現れるとされています。

特に1つ目と2つ目は頭痛も起こりやすく、塩分不足による脱水症状ですから、なかなか対処できないことも多いようです。

引用元-いざという時に知っておきたい頭痛と脱水症状の関係性|4health care【フォーヘルスケア】

スポンサーリンク



  人気記事

体内の水分と症状の変化について

脱水症状は、失われた水分量によって異なります。

体重の2%減少

のどの渇き、運動能力の低下。

体重の3%減少

のどの渇きが強い、食欲不振、唇の乾燥、ぼんやりする。

体重の4~5%減少

疲労感、頭痛、吐き気、めまい、体温の上昇、皮膚の紅潮、尿の量が減少、尿の色が濃くなる。

体重の6~7%減少

チアノーゼ、口の中が乾燥する、のどの渇きが激しい、乏尿。

体重の8~10%減少

身体動揺、けいれん。

体重の11~14%減少

皮膚の乾燥、嚥下困難、舌の膨化。

体重の15%減少

難聴、目のかすみ、排尿痛、舌の縮小。

身体の水分を10%以上失うと、命の危険につながります。症状が出てから水分を補給するのではなく、こまめに水分を摂取しておくと予防につながります。特に小さな子供や高齢者は口の渇きに気づきにくい場合がありますので、声をかけてあげることが大切です。

引用元-頭痛や吐き気、死に至ることも…気を付けたい脱水症状の徴候 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



脱水症状によって起こる頭痛

脱水症状による頭痛は、「身体の血液循環が悪化することが原因」で引き起こされていると考えられています。

脱水症状によって体に必要な水分が失われると、血液の循環が悪化していきます。頭部への血液循環に支障が生じると、頭部の血流が滞ってしまったり、血管にストレスが生じて拡張し、周囲の神経を刺激することによって頭痛を引き起こしてしまいます。

また、脱水症状によって頭痛が生じている場合には、体重の4%から6%ほどの水分が失われていると考えられ、脱水症状の症状としては重いものであると考えられます。夏場は特に汗をかきやすいため、脱水症状の解消・予防方法について十分に理解しておくことが大切です。

引用元-脱水症状の時に頭痛が起きる原因と対処方法 | iGotit

脱水症状が起きた時の対処法について

(1)市販のスポーツドリンク

市販のスポーツドリンクを上手に利用しましょう。市販されているスポーツドリンク。最近では、大手飲料メーカーのみならず、 様々なスポーツドリンクがあります。

「上手」にと言うのがポイントですが、実は、糖分が意外にも多いので、日頃から愛飲されている方は、水などに変更したほうが良い場合もあります。

他の病気を併発する可能性もありますので、気をつけたいところです。

(2)点滴

倒れ込んでしまった場合は、周囲の方の協力を得て、病院へ。殆どの場合は、点滴処置をしてくれます。

この場合、このような時は、1時間ほど安静にしている間に、体温も下がってくるので徐々に回復する場合が多いようです。

(3)スイカ、ほうじ茶

スイカ、野菜ジュース、ほうじ茶、なども効果的です。やはり、夏の旬の果物は、スイカ。水分が豊富で、美味しく愛されて果物です。

また、ほうじ茶も緑茶やコーヒー、その他のお茶と比較しても、カフェイン濃度が低いので、水分を適度に日頃から補給するのに役に立つようです。

引用元-脱水症状と頭痛の関係!3つの対処法とは | 頭痛.com

脱水症状を予防するために

脱水による頭痛は本当に辛いですし、命が危険な場合もあります。
ですので日ごろから脱水症状にならないように気を付けましょう。
そのための予防法は喉が渇く前にこまめに水分補給をすることです。
喉が渇いていると感じている時点でもう脱水は始まっています。
起床後や就寝前には必ず1杯の水を飲みましょう。
寝ている間に水分はどんどん不足していきますので予めとっておきます。
出かける前やスポーツ前にも事前に水分をとっておきます。
水分補給をする時はがぶがぶ飲んでも吸収率が悪いので、少しずつゆっくり飲むのがコツです。
お酒を飲む機会がある時は、お酒は体温を上昇させて利尿作用を引き起こしますから飲んだ後は、または飲む最中は必ずチェーサーでお水を飲みましょう。
その日に飲む水分量は環境によってだいぶ変わりますし、脱水症状も急速に悪化することがあります。
ふらついたり、頭痛が強かったり、気分が悪かったり、衰弱が激しい場合は、
自己判断は危険ですから救急外来や場合によっては救急車やタクシーで病院まで行きましょう。
お年寄りや子供は体が未熟なのでより気を付けましょう。
感覚も鈍いので自覚症状がないまま脱水症状になっていることがよくあります。
このように脱水による頭痛は塩分と水分不足から起こります。
脱水しない心がけを常に持ち、出かけるときは常に水分を携帯しましょう。

引用元-脱水症状時が原因で頭痛は起こる!対処法は水分補給を!

twitterの反応

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康