ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

      2018/12/28

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

スポンサーリンク

  関連記事

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

初動負荷トレーニングとは?得られる効果について

有名スポーツ選手も行っているとされる、

初動負荷トレーニングとはどんなトレーニングなのでしょうか?

また、それによって得られる効果とは?

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

お盆の由来はインドか日本か?その意味とは

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

脱水症状の種類について

脱水症状は全部で3種類あるとされています。
1つ目は低張性脱水で、電解質の喪失によるものです。

発汗、嘔吐、下痢などを引き起こした際に、水だけ飲むと起こると言われており、進行することで倦怠感や眠気を引き起こします。

2つ目は等張性脱水で、水とナトリウム療法の欠乏によるもので、下痢、出血が原因とされ、症状は頻脈や立ちくらみ、めまいとなっています。

3つ目は高張性脱水で、水分不足による脱水症状です。
原因は水分摂取不足や汗のかきすぎ、尿の出しすぎとされており、口が渇いたり、トイレの回数が減る、舌が乾く、衰弱するといった症状が現れるとされています。

特に1つ目と2つ目は頭痛も起こりやすく、塩分不足による脱水症状ですから、なかなか対処できないことも多いようです。

引用元-いざという時に知っておきたい頭痛と脱水症状の関係性|4health care【フォーヘルスケア】

スポンサーリンク



  人気記事

体内の水分と症状の変化について

脱水症状は、失われた水分量によって異なります。

体重の2%減少

のどの渇き、運動能力の低下。

体重の3%減少

のどの渇きが強い、食欲不振、唇の乾燥、ぼんやりする。

体重の4~5%減少

疲労感、頭痛、吐き気、めまい、体温の上昇、皮膚の紅潮、尿の量が減少、尿の色が濃くなる。

体重の6~7%減少

チアノーゼ、口の中が乾燥する、のどの渇きが激しい、乏尿。

体重の8~10%減少

身体動揺、けいれん。

体重の11~14%減少

皮膚の乾燥、嚥下困難、舌の膨化。

体重の15%減少

難聴、目のかすみ、排尿痛、舌の縮小。

身体の水分を10%以上失うと、命の危険につながります。症状が出てから水分を補給するのではなく、こまめに水分を摂取しておくと予防につながります。特に小さな子供や高齢者は口の渇きに気づきにくい場合がありますので、声をかけてあげることが大切です。

引用元-頭痛や吐き気、死に至ることも…気を付けたい脱水症状の徴候 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



脱水症状によって起こる頭痛

脱水症状による頭痛は、「身体の血液循環が悪化することが原因」で引き起こされていると考えられています。

脱水症状によって体に必要な水分が失われると、血液の循環が悪化していきます。頭部への血液循環に支障が生じると、頭部の血流が滞ってしまったり、血管にストレスが生じて拡張し、周囲の神経を刺激することによって頭痛を引き起こしてしまいます。

また、脱水症状によって頭痛が生じている場合には、体重の4%から6%ほどの水分が失われていると考えられ、脱水症状の症状としては重いものであると考えられます。夏場は特に汗をかきやすいため、脱水症状の解消・予防方法について十分に理解しておくことが大切です。

引用元-脱水症状の時に頭痛が起きる原因と対処方法 | iGotit

脱水症状が起きた時の対処法について

(1)市販のスポーツドリンク

市販のスポーツドリンクを上手に利用しましょう。市販されているスポーツドリンク。最近では、大手飲料メーカーのみならず、 様々なスポーツドリンクがあります。

「上手」にと言うのがポイントですが、実は、糖分が意外にも多いので、日頃から愛飲されている方は、水などに変更したほうが良い場合もあります。

他の病気を併発する可能性もありますので、気をつけたいところです。

(2)点滴

倒れ込んでしまった場合は、周囲の方の協力を得て、病院へ。殆どの場合は、点滴処置をしてくれます。

この場合、このような時は、1時間ほど安静にしている間に、体温も下がってくるので徐々に回復する場合が多いようです。

(3)スイカ、ほうじ茶

スイカ、野菜ジュース、ほうじ茶、なども効果的です。やはり、夏の旬の果物は、スイカ。水分が豊富で、美味しく愛されて果物です。

また、ほうじ茶も緑茶やコーヒー、その他のお茶と比較しても、カフェイン濃度が低いので、水分を適度に日頃から補給するのに役に立つようです。

引用元-脱水症状と頭痛の関係!3つの対処法とは | 頭痛.com

脱水症状を予防するために

脱水による頭痛は本当に辛いですし、命が危険な場合もあります。
ですので日ごろから脱水症状にならないように気を付けましょう。
そのための予防法は喉が渇く前にこまめに水分補給をすることです。
喉が渇いていると感じている時点でもう脱水は始まっています。
起床後や就寝前には必ず1杯の水を飲みましょう。
寝ている間に水分はどんどん不足していきますので予めとっておきます。
出かける前やスポーツ前にも事前に水分をとっておきます。
水分補給をする時はがぶがぶ飲んでも吸収率が悪いので、少しずつゆっくり飲むのがコツです。
お酒を飲む機会がある時は、お酒は体温を上昇させて利尿作用を引き起こしますから飲んだ後は、または飲む最中は必ずチェーサーでお水を飲みましょう。
その日に飲む水分量は環境によってだいぶ変わりますし、脱水症状も急速に悪化することがあります。
ふらついたり、頭痛が強かったり、気分が悪かったり、衰弱が激しい場合は、
自己判断は危険ですから救急外来や場合によっては救急車やタクシーで病院まで行きましょう。
お年寄りや子供は体が未熟なのでより気を付けましょう。
感覚も鈍いので自覚症状がないまま脱水症状になっていることがよくあります。
このように脱水による頭痛は塩分と水分不足から起こります。
脱水しない心がけを常に持ち、出かけるときは常に水分を携帯しましょう。

引用元-脱水症状時が原因で頭痛は起こる!対処法は水分補給を!

twitterの反応

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康