ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

      2017/01/27

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

スポンサーリンク

  関連記事

リウマチの原因はストレスかも?男性患者も増加している原因とは

精神的なストレスが積み重なる事が、

リウマチの原因となるようです。女性に多いとされるリウマチですが、

男性の患者も増加しているそうです。

また、既に関節リウマチになっている人でも、

ストレスによって進行を悪化させる場合もあります。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

北海道のスキー場で子供でも楽しめるスキー場とは

北海道でスキーやスノボを楽しみたい、でも子供が

心配だったりしますよね。

ここでは子供でも安全に楽しめるスキー場をご紹介します。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

アウトレットの買い物は金曜がおすすめ? 攻略情報をお届け

アウトレットモールへは行くだけでも楽しめます。

しかし店舗が多かったり求めている商品がないと残念です。

そうならないために、うまくアウトレットモールで

買い物をするコツを身につけましょう。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

尋常性疣贅とは良性のイボのこと

尋常性疣贅とは、良性の表皮病変の事でヒトパピローマウイルス感染に関係があると言われています。イボは体中どこでもできる事があり、いろんな形で現れるそうです。誰にでもできやすいイボですが、特に子供に多く、高齢者はあまり多くないと言われています。

よく言われているイボは皮膚が盛り上がってできた物を指しますが、一般的には専門用語でウイルス性疣贅と呼ばれるものを指すようです。イボと言われるものにはミズイボや年寄りイボなどがありますが、中には悪性腫瘍のこともあるので安易な自己判断ではなく、医師の判断を仰いだ方がよいそうです。

性器周りにできるイボは性行為をするだけで感染してしまうそうです。大半のいぼはあまり害のない物が多いのですが、例外もあります。女性の性器の周りにできる一部のイボは子宮頸がんにつながる事があるので注意が必要だそうです。

引用元-尋常性疣贅の原因や症状。治療は自然治癒と液体窒素、レーザー治療のどれがいいの?|welq [ウェルク]

スポンサーリンク



  人気記事

足の裏のイボ タコ魚の目との違いとは

足の裏にできて痛いものといえば、「タコ」や「ウオノメ」もあるので、足底疣贅をこれらと間違ってしまう人も少なくないようです。それぞれの違いを見て行きましょう。

足底疣贅

足の裏にできた小さな傷口から入った、「ヒトパピローマウイルス」というウイルスに感染することで起こります。灰色や茶色い色をしていて、表面が粒上にボコボコしているのが特徴で、よく見ると、点状に血管の断端が見えます。

タコ

同じ場所に、圧力や摩擦が繰り返し加わることで、皮膚の表面の「角質」が厚く、かたくなってできます。少し黄色い色をしていて、足の裏や指の関節部分など、骨の上にできることが多いようです。圧迫すると軽い痛みがあります。

ウオノメ

ウオノメも、できる原因はタコと同じですが、中心に魚の目のような芯があるのが特徴です。タコの場合は、少しずつ盛り上がっていきますが、ウオノメは、皮膚の奥に細い芯が入り込んでいくので、歩くたびにトゲを踏んでいるような激しい痛みを感じます。ウオノメは、足の指やそのまわりにできることが多いようです。

引用元-歩くのが苦痛。足の裏にできたいぼの素早い治し方|メンズスキンケア大学

スポンサーリンク



足の裏のイボの原因や特徴について

イボには、いろいろな種類のものありますが、一般的に足の裏にできやすいのは、「ヒトパピローマウイルス」というウイルスの感染によるものです。これは、目に見えないような小さな傷口から、ウイルスが侵入することによって生じます。イボは、表面が盛り上がっていて、触るとザラザラした感触をしており、痛みやかゆみはありません。ただし、足の裏にできたイボが、大きくなり過ぎると、歩くときに痛みを感じることがあります。

イボはウイルス性のものなので、無闇に触ると、ほかの部位にも感染し、数が増えてしまいます。潰したり、削ったりすると出血し、ウイルスをばら撒いてしまうことになるので注意しましょう。

イボの治療は、液体窒素で凍結させて取る方法が一般的ですが、レーザーで除去したり、「ヨクイニン」というハトムギエキスを内服したりするなど、さまざまな治療法があります。

引用元-足裏にできたのはイボ? ウオノメ?|メンズスキンケア大学

子供にできやすい足の裏のイボへの予防法

ウイルス性のイボの原因は、言うまでもなくウイルスなのですが、比較的どこにでも存在するウイルスが、皮膚に出来た小さな傷から入り込む事が原因なのだそうです。
見た目が「魚の目(ウオノメ)」に似ているものもありますが、体重が軽い(皮膚への負荷が少ない)子供の場合、魚の目が発症するのは稀だそうです。

「ウイルス性のイボは、誰にでもなる可能性がある皮膚の風邪みたいなものなんですよ。」
そんな説明を受けました。

予防法は、ただひとつ。
『保湿』です。
手や足の裏などに出来るウイルス性のイボだけではなく、子供に多い水イボなども乾燥肌の場合に感染する確率が高いのだとか。
肌の表面を潤す事によって、小さな傷が出来る事を防ぐ。という意味があるんですね。

引用元-子供の手や足の裏にできるウイルス性のイボの原因・治療・予防方法など |ただ今子育て(られ)真っ最中☆ |

足の裏のイボ治療 液体窒素治療とは

材料は魔法瓶のような液体窒素の液が入った水筒をベッドのそばに置き、医療用の長い綿棒で液を浸し、患部に押して浸透させていきます。手の場合は椅子に座ったまま向かって行い、足の人は寝かせられます。日本ではまだ、液体を綿棒で押し付ける医師が多いと思います。タイの日本人向けの総合病院のスキンケアクリニックに行きましたが、いきなり大瓶のスプレー式液体窒素でした。どちらが良いとはいいませんが、スプレー式の方は、蒸気が細かい為か、全く痛くありませんでした。

綿棒での液体窒素は、じわっとしみるような感覚があり、子どもは泣いてしまうかもしれません。1秒ではそれほど痛くないので、1秒を数回繰り返すか、3秒以上あてることもあります。目標は5秒以上ですが、普通は耐えられません。マイナス196度以上という超低温度ですので、一瞬「熱い!」と感じます。痛みはどちらかというと、病院を出てからやってきます。「血豆や水ぶくれ」になると、治る確率は上がります。焼いた後は、イボが無くなっても「炎症後色素沈着」としてシミのようになる場合もありますが、イボに比べれば大したことでは無いと思います。

引用元-イボを低温で焼く液体窒素治療の感想 | ウイルス性イボ.com

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て