ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

      2018/12/28

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

スポンサーリンク

  関連記事

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

北海道で芝桜の名所は?人気の滝上や東藻琴の芝桜公園

芝桜といえば、富士芝桜が有名ですが、

5月中旬から6月上旬にかけて北海道の芝桜も見頃を迎えます。

北海道のまた一味違った芝桜も素敵かもしれません。

イルミネーションを横浜で楽しむ

横浜でイルミネーションを楽しみましょう。

カップルや家族、女性同士でイルミネーションに

癒されませんか?

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

群馬県で紅葉を楽しむ おすすめスポット

群馬県の紅葉は11月上旬が見頃です。

伊香保温泉など様々な名所で

紅葉を存分に楽しみましょう。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

牡蠣の生食用と加熱用の違いについて

はい。もちろん鮮度の違いではありません。

そもそも、育てられる海域が違うのです。

生食用にされる牡蠣は、生活排水や工業排水が流れ込むことがないよう厳しいチェックをされた海域で育てられます。

基準にのっとった細かい水質検査をし、品質管理をされ、生で食べても十分な安全を保証できるものが「生食用」として出荷されるのです。

牡蠣は毎日300リットルもの海水を体内に吸い込んで、その成分で成長すると言われています。そのため、雑菌を含め海水の中のいろいろなものを持っているのは仕方のないところです。ですから特に生食用にするものは育てる間の厳格な管理が必要となります。

では、加熱用牡蠣は危ない場所で生産しているのか、危ないものなのかという話になります。

もちろん加熱用にしても極力安全な海域で生産されてはいます。しかし生活排水や産業排水の影響はどうしても排除しきれませんし、その中で全ての牡蠣の安全性を高く保つのは容易ではありません。

安全管理を特に厳格にしたエリアで生食用を、それ以外の場所で、熱を通すことを前提にした加熱用を、というのはやむを得ないところと、私も思います。

引用元-牡蠣の加熱用と生食用の違いは?鮮度の違いと思ったら危険! | 知って得する!お役立ちCLIP

スポンサーリンク



  人気記事

生食用牡蠣の下処理の方法とは

牡蠣というのは、1日に300リットルの海水を吸い込み、その海水からの成分を体内に吸収して大きくなります。

ですから、その生息する海水の様々な成分を取り込んでいるのです。

生食用というのは、指定の方法で滅菌洗浄されているものですが、中には清涼海域といって、海水自体に菌が少なく、そういった海域で獲れる生食用牡蠣というのもあります。

こうした、生食でも安心な「生食用かき」ですが、どのようにして食べたらいいのでしょうか?

以前は大根おろしや塩をつかって牡蠣を揉み洗いするという方法もありましたが、現在では浄化された状態ですので、こういったことをする必要はないそうです。

下処理の方法としては

◆ザルに牡蠣を入れ、流水で振り洗いして水気を切る。

もしくは

◆塩水の中で振り洗いし、2、3回水を変えながら洗い水気を切る。

◆殻付きの場合は、殻ごと良く洗い、殻の表面の汚れを取り、殻を開けます。牡蠣の身を流水でよく洗います。

こうした処理をすることで安心して召し上がれます。

引用元-牡蠣加熱用を生で食べちゃった!?生食用の違い、生の食べ方は | あずかりしる.ブログ

スポンサーリンク



加熱用の牡蠣は栄養分をたくさん吸収している

a0027_000541_m

カキは一日300リットルもの海水を吸い込み、その成分を吸収し成長しています。
つまり、その海域の海水に含まれる様々な成分を体内に保有することになります。

河口など湾や沿岸の方が、山や河川からの栄養分やプランクトンが多いので、その分、身も成長し、味も濃く美味しくなるのですが、保健所が定期的に水質を検査し、 ある成分が、規定量以上検出された場合、 その海域で取れた牡蠣は「加熱用」とされるのです。

沖合いに出てしまえば、 水質も良くなり規定値に値する成分も少なくなるのですが、その分、当然、旨味成分や栄養成分も減少してしまう訳です。「加熱用」も一定の検査は行いますが、それでも生食用よりは 河口や沿岸などの、栄養濃度の高い、含有成分が豊富な海域で育った牡蛎が多いのも事実。

引用元-生食用かきと加熱用かきの違いについて – 境田かき|広島牡蠣を産地直送

加熱用の牡蠣は必ず加熱して食べるようにする

養殖している産地(保健所が指定した海域)にもよりますが、生食用の牡蠣は水揚げ後オゾンや紫外線で消毒・殺菌処理します。

ですからこの時点で牡蠣の栄養素や旨味などは抜けてしまっています。

一方加熱用の牡蠣はほぼ無処理です。

どちらが美味しいかと言えば、何ら処理をされていない加熱用の方が、旨味が強く美味しいのは当たり前ですよね!

つまり生食用の牡蠣をフライにしたり、なべ物の具にしたりするのは、味も素っ気もないということです。

ただし気を付けなければならないのは、美味しいからと言って加熱用の牡蠣を生で絶対に食べてはいけません。

牡蠣は一日に最大100~300リットルもの海水を浄化している海の浄化槽です。

海水を取り込み必要なプランクトンを体内に吸収したあと排水するのですが、この時生活排水など人体に有害なものまで取り込んでしまいます。

特に気を付けなければならないのはノロウイルスですが、加熱することによりその心配は低減されます。

中心温度で85℃で1分以上の加熱処理が必要なのですが、なべ物にする場合は最低でも1~2分、カキフライの場合は180℃の油で4分以上加熱するのが目安です。

前述した通り牡蠣は栄養豊富な食品です!

安全に美味しく頂いて下さい。

引用元-旬の牡蠣を満喫しましょう!加熱用・生食用の違いが分かりますか? | お取り寄せ グルメギフト プレミアム銀鮭専門店「鶴賀屋」

牡蠣があたりやすいのはなぜ?

カキがあたりやすいのは、まるごと生食するためだ。

毒性プランクトンによる貝毒や、ノロウィルスもため込んでしまうのが理由で、傷みやすいのは確かだがカキ自体が毒を持つわけではない。ところが、他の貝と異なり内臓ごと生で食べるため食中毒が起こりやすい。「カキはあたりやすい」と言われているのはそのためで、内臓を取るか加熱すれば、ほかの貝と差はないのだ。

ノロウィルスの場合、85~90℃で90秒ほど加熱すれば感染力が失われる。逆に言えば、半生ならアサリから感染する場合もあるのでご注意を。対して貝毒は熱に強く、調理では除去できない。そのため各自治体が定期的に水質検査をおこなっているので、潮干狩りに出かけるなら、事前にチェックしておこう。

カキも貝毒中毒の原因となるが、養殖海域の水質には厳しい基準があるので、消費者が心配する必要はない。むしろ、漁協や自治体が管理していないところで、勝手に貝を拾って食べるほうが圧倒的に危ない。例え火を通しても消えない毒は多いので、専門家の指導なしで食べるのは止めておこう。

引用元-カキの不思議「カキの生食用と加熱調理用の違いとは?」「あたりやすいのはなぜ?」|「マイナビウーマン」

 - スポット グルメ, 生活の知恵, 美容・健康