ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

   

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

スポンサーリンク

  関連記事

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

ロードバイク人気が上昇!初心者の女性でも大丈夫なの?

ロードバイクは、最近女性人気が高まっているようです。

女性だからと諦めていた方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

女性用ロードバイクの特徴などについても確認しておきましょう。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

京都で女子旅やデートにも 秋に行きたいおすすめスポット

秋は京都へ足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

女子旅で秋の京都を満喫しましょう!

もちろんデートにもおすすめです。

天空の里と呼ばれる長野の秘境で日々の疲れを癒す

長野県飯田市上村は日本の秘境と名高く、

遠山郷のさらに奥地に位置する下栗集落は

天空の里とも呼ばれているそうです。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

親子丼の魅力について

親子丼の魅力?

それはもうジューシーな鶏肉と、とろとろの卵です。

鶏肉好きの自分としては、親子丼は毎日でも食べたいくらいの好物です。

外食で親子丼を頼むと、そこの店によって味付けが全く違うのも魅力の一つです。

味が濃い目だったり、薄目だったり。

卵もだし汁に落としただけのものから、しっかりと混ぜられているものまで様々です。

具を見ても、鶏肉と玉ねぎだけのもの、椎茸が入っているもの、三つ葉がのっているものなど、お店によって違います。

引用元-卵とろとろの親子丼簡単レシピ!

スポンサーリンク



  人気記事

親子丼の歴史について

お昼になると無性に食べたくなる、親子丼。
鶏肉をたまごでとじてご飯に乗せたシンプルな料理ですが、お店によっても味が異なる奥が深いものでもありますね。
親子丼というと長い歴史のある日本の料理に思いますが、意外と歴史が浅いって、ご存知でしたか?
親子丼は、明治時代、日本橋の「玉ひで」という軍鶏料理専門店で出されたことが発祥といわれています。
「玉ひで」は、江戸時代から続く老舗料理店です。
もともとは将軍家の御前で包丁さばきを披露することが許された、「御鷹匠」という職を奉じており、のちに軍鶏鍋専門店へと歩んでいきます。

引用元-親子丼の歴史 | 鶏肉の種類と食べ方

スポンサーリンク



親子丼の発祥について

発祥に関しては諸説あるが、1887年頃、日本橋人形町にある軍鶏料理専門店玉ひででは、鳥寿㐂(軍鶏鍋鳥鍋)を食べていた客が鍋の〆に卵でとじてご飯と共に食べておりこれを「親子煮」と言ったが、食べやすいように飯にかけて一品料理とする事を五代目店主の妻「山田とく」が1891年に考案し[4][5]、「親子丼」と呼ぶようになった説がある。同店では「汁かけ飯を店で出したら店の格が落ちる」として、1979年になるまで店内では提供を行わず出前のみのメニューとしていたが、旧魚河岸の人々に人気となっていき広がった。「元祖親子丼」は、割り下で鶏肉のみを煮て卵とじにしたもので、玉ねぎやみつば等の材料は使われていない。投入する卵は、開発当時は生卵を供する習慣がなかったため、1954年頃までは完熟状態であった[6]。
また、1903年に大阪で開催された第五回内国勧業博覧会のため大阪の料亭とり菊の店主「内本松次郎」が考案したとする説[7]も有る。こちらは、鶏肉と白菜・ネギの煮込みを卵でとじてご飯に乗せた物だった。
映画監督の山本嘉次郎は、自分の父親が忙しいときは立ったままで食え美味で滋養に富んだ料理として考えだしたと主張している。

引用元-親子丼 – Wikipedia

親子丼好きの聖地と言われる日本橋人形町の玉ひで

日本橋と言えばオフィスビルが建ち並ぶ大都会のイメージですが、その一角にある人形町は、異空間のようです。とはいえ決して高級感のある街ではなく、昔ながらの商店が集まり人情を感じさせてくれます。

でも「玉ひで」は違います!親子丼発祥の地として親子丼好きが憧れる聖地の迫力は、半端ないのです!
ここは武家屋敷ですか?と思わず訊ねたくなるような迫力と存在感に、気軽に親子丼ランチにやって来た人は一瞬固まるはずです。でも大丈夫。ランチタイムは自然と行列ができ、平均で20人から30人と言う列に。この列はちょっとした人形町観光名物。若い方から、ご年配の方、カジュアルな方からフォーマルな方までわいわい楽しそうです。「誰でも美味しく食べたまえ」という無言のメッセージが伝わってきます。

引用元-親子丼発祥の店!東京・人形町「玉ひで」でトロトロの親子丼と250年の歴史を堪能! | 東京都 | トラベルjp<たびねす>

「玉ひで」は1760年創業。軍鶏料理専門店なので、元々は鶏鍋がメインでした。何故その店で親子丼が誕生したのでしょう。
店内に入ると、凛々しく上品な雰囲気のモノクロ写真の女性が、何かを訴えかけてきます。この方こそ親子丼を編み出した玉ひで五代目の妻、山田とくさんです。

お店の方に訪ねると、明治20年代にお客さんの一人が鳥鍋の残りの割り下に、卵とじにして食べたのを見て「これはいい!」と、親子丼を考えたんだそう。さすが人形町に集まるグルメなお客さんは違いますね。そのお客さんが居なかったら、今頃私たちはふわとろの親子丼を食べていなかったのかもしれません。そのお客さんと、山田とくさんに大感謝ですね。

引用元-親子丼発祥の店!東京・人形町「玉ひで」でトロトロの親子丼と250年の歴史を堪能! | 東京都 | トラベルjp<たびねす>

自宅でも簡単に!親子丼の作り方

材料*4人分
鶏もも肉150g
卵4個
三つ葉と天かす各適量
ご飯2杯分
割り下(出汁90cc、薄口しょうゆ大さじ1、みりん小さじ1/2、砂糖小さじ2)
作り方
一口大に切った鶏肉にしょうゆ大さじ1(分量外)を入れ、下味をつける。
鍋に割り下と鶏肉を入れ、火にかける
2に天かすと卵を入れ、弱火で熱する。
卵が固まったところを木ベラで突っつくようにしながら大きく混ぜ、ぬれ布巾で鍋底の荒熱を取ったら「親子丼」の出来上がり。
*ぬれ布巾が半熟のフワフワ卵を保つ秘訣ですよ♪

引用元-鶏の親子が丼になるまで・・・【鶏肉ランド】

twitterの反応

 - スポット グルメ, 生活の知恵, 近畿地方, 関東地方, 雑学