ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

   

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

スポンサーリンク

  関連記事

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

金沢の温泉巡りを楽しく!女子旅おすすめの温泉

金沢には素敵な温泉がたくさんあります。

女子旅で疲れを癒すために最適な温泉を見つけて、

姫気分を味わいましょう。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

初夢とはいつ見る夢のこと 一富士二鷹三茄子とは?

初夢とは、何日に見たものが初夢となるのでしょう。

大晦日の夜?元日の夜?

一富士二鷹三茄子の意味とは?

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

北海道礼文島の味覚や景色と自然を知ろう

日本最北端の離島である礼文島の魅力や美味しい名産に

触れてみませんか?礼文はウニが有名で、

新鮮なウニを自ら剥いて食べる体験センターもあります。

島根県の松江城山公園で桜を満喫

島根県松江市殿町の松江城山公園の桜は、

日本さくら名所100選に選ばれています。

周辺には、地元のグルメを堪能できるスポットもあるそうです。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

キャンプをより快適に!便利グッズやおすすめアイテムは?

キャンプの時にあると助かるアイテムや便利グッズについて確認しましょう。

必須ではないけれど、そのアイテムがあることによって、

より快適なキャンプができるなら使ってみたいですね!

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

親子丼の魅力について

親子丼の魅力?

それはもうジューシーな鶏肉と、とろとろの卵です。

鶏肉好きの自分としては、親子丼は毎日でも食べたいくらいの好物です。

外食で親子丼を頼むと、そこの店によって味付けが全く違うのも魅力の一つです。

味が濃い目だったり、薄目だったり。

卵もだし汁に落としただけのものから、しっかりと混ぜられているものまで様々です。

具を見ても、鶏肉と玉ねぎだけのもの、椎茸が入っているもの、三つ葉がのっているものなど、お店によって違います。

引用元-卵とろとろの親子丼簡単レシピ!

スポンサーリンク



  人気記事

親子丼の歴史について

お昼になると無性に食べたくなる、親子丼。
鶏肉をたまごでとじてご飯に乗せたシンプルな料理ですが、お店によっても味が異なる奥が深いものでもありますね。
親子丼というと長い歴史のある日本の料理に思いますが、意外と歴史が浅いって、ご存知でしたか?
親子丼は、明治時代、日本橋の「玉ひで」という軍鶏料理専門店で出されたことが発祥といわれています。
「玉ひで」は、江戸時代から続く老舗料理店です。
もともとは将軍家の御前で包丁さばきを披露することが許された、「御鷹匠」という職を奉じており、のちに軍鶏鍋専門店へと歩んでいきます。

引用元-親子丼の歴史 | 鶏肉の種類と食べ方

スポンサーリンク



親子丼の発祥について

発祥に関しては諸説あるが、1887年頃、日本橋人形町にある軍鶏料理専門店玉ひででは、鳥寿㐂(軍鶏鍋鳥鍋)を食べていた客が鍋の〆に卵でとじてご飯と共に食べておりこれを「親子煮」と言ったが、食べやすいように飯にかけて一品料理とする事を五代目店主の妻「山田とく」が1891年に考案し[4][5]、「親子丼」と呼ぶようになった説がある。同店では「汁かけ飯を店で出したら店の格が落ちる」として、1979年になるまで店内では提供を行わず出前のみのメニューとしていたが、旧魚河岸の人々に人気となっていき広がった。「元祖親子丼」は、割り下で鶏肉のみを煮て卵とじにしたもので、玉ねぎやみつば等の材料は使われていない。投入する卵は、開発当時は生卵を供する習慣がなかったため、1954年頃までは完熟状態であった[6]。
また、1903年に大阪で開催された第五回内国勧業博覧会のため大阪の料亭とり菊の店主「内本松次郎」が考案したとする説[7]も有る。こちらは、鶏肉と白菜・ネギの煮込みを卵でとじてご飯に乗せた物だった。
映画監督の山本嘉次郎は、自分の父親が忙しいときは立ったままで食え美味で滋養に富んだ料理として考えだしたと主張している。

引用元-親子丼 – Wikipedia

親子丼好きの聖地と言われる日本橋人形町の玉ひで

日本橋と言えばオフィスビルが建ち並ぶ大都会のイメージですが、その一角にある人形町は、異空間のようです。とはいえ決して高級感のある街ではなく、昔ながらの商店が集まり人情を感じさせてくれます。

でも「玉ひで」は違います!親子丼発祥の地として親子丼好きが憧れる聖地の迫力は、半端ないのです!
ここは武家屋敷ですか?と思わず訊ねたくなるような迫力と存在感に、気軽に親子丼ランチにやって来た人は一瞬固まるはずです。でも大丈夫。ランチタイムは自然と行列ができ、平均で20人から30人と言う列に。この列はちょっとした人形町観光名物。若い方から、ご年配の方、カジュアルな方からフォーマルな方までわいわい楽しそうです。「誰でも美味しく食べたまえ」という無言のメッセージが伝わってきます。

引用元-親子丼発祥の店!東京・人形町「玉ひで」でトロトロの親子丼と250年の歴史を堪能! | 東京都 | トラベルjp<たびねす>

「玉ひで」は1760年創業。軍鶏料理専門店なので、元々は鶏鍋がメインでした。何故その店で親子丼が誕生したのでしょう。
店内に入ると、凛々しく上品な雰囲気のモノクロ写真の女性が、何かを訴えかけてきます。この方こそ親子丼を編み出した玉ひで五代目の妻、山田とくさんです。

お店の方に訪ねると、明治20年代にお客さんの一人が鳥鍋の残りの割り下に、卵とじにして食べたのを見て「これはいい!」と、親子丼を考えたんだそう。さすが人形町に集まるグルメなお客さんは違いますね。そのお客さんが居なかったら、今頃私たちはふわとろの親子丼を食べていなかったのかもしれません。そのお客さんと、山田とくさんに大感謝ですね。

引用元-親子丼発祥の店!東京・人形町「玉ひで」でトロトロの親子丼と250年の歴史を堪能! | 東京都 | トラベルjp<たびねす>

自宅でも簡単に!親子丼の作り方

材料*4人分
鶏もも肉150g
卵4個
三つ葉と天かす各適量
ご飯2杯分
割り下(出汁90cc、薄口しょうゆ大さじ1、みりん小さじ1/2、砂糖小さじ2)
作り方
一口大に切った鶏肉にしょうゆ大さじ1(分量外)を入れ、下味をつける。
鍋に割り下と鶏肉を入れ、火にかける
2に天かすと卵を入れ、弱火で熱する。
卵が固まったところを木ベラで突っつくようにしながら大きく混ぜ、ぬれ布巾で鍋底の荒熱を取ったら「親子丼」の出来上がり。
*ぬれ布巾が半熟のフワフワ卵を保つ秘訣ですよ♪

引用元-鶏の親子が丼になるまで・・・【鶏肉ランド】

twitterの反応

 - スポット グルメ, 生活の知恵, 近畿地方, 関東地方, 雑学