ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

      2017/04/25

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

年賀状のマナー特に気をつけたいビジネス関係への書き方とは

ビジネスの上で年賀状は感謝や抱負を述べる大切な

ツールとなります。マナー違反な年賀状にならないように、

注意して書きましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

サイコロの1だけが赤いのはなぜ?

普段何気なく使っているサイコロ。

どうして1だけ赤いのでしょうか。

諸説あるようです。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法を参考にしてみてください。

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

重い荷の物持ち方とは

1-1.重い荷物は全身で持とう

重い荷物を持つ際、腕をぴんと伸ばして体の前面で荷物を持つ人も多いでしょう。
しかし、これでは腕だけで荷物を支えることになります。
すぐに腕が疲れますし、持てる量にも限りがあるでしょう。
重い荷物を持つときは、腹筋や背筋も利用してください。
腕を曲げておなかにできるだけ荷物を載せるような形で持ちます。
そうすれば、腹筋や背筋も使って荷物を持つことになりますから、重い荷物を楽に持ち運べるのです。

1-2.四角い箱は対角線に持つ

ダンボールなどの四角い箱に入れられた荷物を持つ際、両腕を平行にして荷物を持つ人は多いでしょう。
ダンボールの両脇に手を入れられる穴が開いていればなおさらです。
しかし、重い荷物を持つ場合は片手を箱の右上部奥に置き、もう片方の手を左下部手前に置きます。
つまり、対角線上に手を置いて荷物を支えるのです。
こうすることで、箱がより体に密着して運びやすくなります。

1-3.床に置いた荷物の持ち上げ方

床に置いた重い荷物を持ち上げるときは、まず片ひざをついて地面に腰を落としましょう。
ひざを伸ばしたまま、腰を支点に荷物を持ち上げようとすると無理な力が腰にかかります。
また、ひざをついても背筋を丸めると荷物がおなかから遠ざかって、力が入れにくいでしょう。
正しい持ち上げ方は、背筋を伸ばして荷物を体に引き寄せてから、そのまま立ち上がってください。
こうすると、ももの筋肉の力で立ち上がることができるため、腰に負担がかかりません。

1-4.歩くときは足全体を使おう

重い荷物を抱えて歩くときは、足元が見えないために緊張して余計な力が入る人が多いです。
特に、階段を上り下りする際はつま先立ちのような姿勢になりがちでしょう。
これでは、足に余計な力が入り疲れやすいです。
そこで、先ほどご紹介したように荷物を対角線に持てば、少し荷物をずらせばすぐに足元が見えるでしょう。
足元を見ながら、足全体を地面につけるようにして歩いてみてください。
重い荷物を運んでも、足が疲れにくくなります。

引用元-重い荷物の持ち方にはコツがあった!! こうすれば持ちやすいです。 | 不用品買取のリサイクルエンジェル公式BLOG

スポンサーリンク



  人気記事

様々な重さの荷物がある時には軽い物を下にする

運ぶ

例えば2つの軽い荷物と重たい荷物があるとしましょう。

この時に重い荷物を下にして運ぶ時と、
軽い荷物を下にして運ぶ時では、
軽い荷物を下にした時の方が重さを感じないのです。

これは、重ねた荷物の重心がより体に近くなることにより、
軽く感じるということなのです。

人の体の重心は通常立っている時、へそあたりになります。
重い荷物が下だと荷物の重心は下の方になりますが、
軽い荷物を下にすると、体の重心のへそに
荷物の重心が近づくのです。

これはリュックサックなどでも同様で下に衣類などの軽い物、
上の方にお弁当などの重い物などを詰めたりしています。

スポンサーリンク



重い物を持ち上げる時の掛け声は意味があるのか?

重い物を持ち上げる時に、
「1・2の3」とか、
「せーの」という様な、
掛け声を、
無意識に出している事が、
あると思います。

これは、
声を出して、
声帯を刺激する事で、
副交感神経の一つである、
迷走神経を、
働かせます。

そうすると、
体はバランスを取る為に、
交感神経を、
働かせて来ます。

交感神経が、
働く事によって、
足を伸ばす筋肉が、
働いて、
今まで以上に、
大きな力を、
出す事が、
出来る様になります。

引用元-重い物を持ち上げる時について

重い荷物を運ぶ時に注意したいこと

1-1.力任せで持ち上げてしまう

体力に自信のある男性ほど、腕の力だけで重い荷物を持ち上げてしまう傾向があるようです。しかし、この方法では短時間しか力が継続しないでしょう。荷物が複数ある場合には、回を重ねるごとに力がはいらなくなります。次第に上手に持ち上げられなくなるので、荷物を落とす可能性も高くなり危険です。

1-2.腰を痛めてしまう

重い荷物をむやみに持ち上げてしまうと、腰を痛めてしまいます。ぎっくり腰や椎間板ヘルニアを発症する可能性もあるので気をつけてください。特に、中腰で荷物を持ち上げると危険です。重い荷物を持ち上げる際には、面倒でも腰を下げて、片膝をつくようにしましょう。足の力を利用することにより、腰へかかる負担を減らすことができるのです。

引用元-重い荷物の持ち方を間違うと大変! コツをつかんでラクに運ぶ方法 | 家具・家電ナビ

注意したいぎっくり腰 中腰に気をつける

■ぎっくり腰になりにくい姿勢

腰痛になりやすい、最も危険な姿勢は「中腰での前かがみ」。立っているだけのときに比べ、中腰の状態のときは腰にかかる力が1.5倍くらいに上がると言われています。だから、中腰で床のものをどかしながら掃除機をかけたりするのは、本当はかなり危険な行為……。

逆に、ぎっくり腰になりにくい姿勢とは、「腰に負担がかかりにくい」姿勢のこと。例えば、重いものを持ち上げるときは膝を曲げるなどして、腰の負担を減らせる姿勢を心がけるとよいでしょう。

■重いものを持つときのコツ

重いものを持たないといけないときは、とにかく中腰にならないことが大事です。腰を中途半端に曲げないために、膝をしっかり曲げて一度しゃがみこみ、体全体を使って持ち上げるようにしましょう。また、このときはできるだけ持ち上げるものに体を近づけ、それをお腹に抱えるようにして足の力で立ち上がるのが正しい姿勢。

さらに運んでいる最中は、荷物を体から離さないことが大切です。体に密着させて運べば、うっかり中腰になるのを防げます。

引用元-ぎっくり腰に注意!重いものを持つときに気をつけておきたいこと「膝をしっかり曲げて一度しゃがみこむ」|「マイナビウーマン」

 - 生活の知恵, 雑学