ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

入浴による効果は高齢者にも有効?

      2016/01/25

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

c087275192da77a069014b0b43a9bacb_s
独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

90faf38802e980efc37c3a15020611aa_s
LINEやゲームなどのニックネームのつけ方や例について

LINEやゲームで自分につけるニックネームって、

意外と悩んだりしませんか?どうせならかっこいい、かわいいネームを

つけたいと思いますよね。

ニックネームの例や、つけ方などを参考にしてみましょう。

bsYUKA_schoolkakaeru15215519
緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

38bd5e0098b6dfe6a21ede20c954523a_s
若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

bsSEP_355215221321
ストレートネックの症状に注意 頭痛が主な症状

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

lemon-tea-937245_1280
寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

0d9d0cffe2f97f30cfbf2e9169c043ba_s
寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

c8496ef9f3c3f0c6146ec2e061c42636_s
だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

28313b5066ea7c85d37f1bfdde335eb3_s
男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

f62c1973406da027b8f7c79c58956f94_s (1)
紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

a18b80b5c1f39f137d68d9611cd56c0f_s
腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

cdb7fee452bcc842141cab687e148abf_s (1)
紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

2d04e1fec4eefff10f308d73798a6405_s
健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

warm-559113_1280
冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

2e0773337eb06153c22fe920fe432529_s
鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

bsDI_IMG_5697
ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

8f5f5d46be5f55ea6b9e8fb2cfdd5b98_s
炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

bf9b365271d57d947b2c28c99b0ddc61_s
昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

26fb195e24bdc39a506402ae876d4985_s
顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

ad0c434baa99cf6dee461ac4c6840ba1_s

入浴が高齢者にもたらす効果について

健康効果

洗身・洗髪で刺激を与え湯船で体を温めると、血行が良くなり新陳代謝が促されます。
 
冷え症や血行不良の高齢者には、入浴が最も手軽で効果的な解決法です。運動不足や疾患で筋肉や関節がこわばっている場合も、入浴によって和らぎます。
 
また、入浴時に裸になると、全身の状態が把握できます。床ずれや皮膚炎の前兆でもある皮膚の赤みや、乾燥度合をさり気なくチェックしましょう。
 
急激な体重減少、関節の変形などにも気づきやすいのが入浴時です。

引用元-入浴が高齢者にもたらす嬉しい効果[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

安眠効果

活動量が落ちている高齢者には、入浴もちょっとした運動です。血行が良くなって発汗もあり、心地よい疲れが訪れます。心身の緊張がほどけ、副交感神経が刺激されて自然な眠りにつくことができるでしょう。

引用元-入浴が高齢者にもたらす嬉しい効果[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

高齢者における入浴の頻度はどのくらいがいいのか

入浴の頻度

昭和の初めごろ、日本人の一般家庭には浴室のない家がごく普通にありました。皆銭湯を利用していたのですが、家族が増えると銭湯代もばかになりません。たいていの家は銭湯へ行くのは隔日で、夏は家で行水をする家が多かったのです。毎日入浴する習慣が一般化したのはガス風呂が開発されて以降のことです。
さて、シニアにとっては毎日の入浴は楽しみではあるものの、疲労の原因でもあります。高血圧や心臓病などがある方が、わざわざ毎日入浴する必要はありません。むしろ、入浴は隔日ぐらいでバスタブとシャワーを組み合わせるようにしておいた方が、体のために良いのかもしれません。

お風呂の効果

入浴にはさまざまな効果があります。
血液の循環がよくなり、体のやハリをほぐします。また、発汗を促しますからデトックスの効果もあります。特に素晴らしいのは、精神的緊張をほぐす作用です。39℃〜40℃ぐらいのお湯で5分程度の入浴は体を適度に疲労させ、精神的な緊張をほぐして快眠に導きます。

お湯の温度

とにかく日本人ほど、熱いお湯が好きな国民は他にいないようです!日本人は普通39℃〜42℃ぐらいのお湯を好むのですが、この温度のお湯に長くつかると相当に体力を消耗してしまいます。人間が最も体力を消耗しない湯温は36℃から37℃、要するに体温に近い温度です。しかし、この温度で納得する日本人は少ないと思います。
現実にこの温度で入浴すると、風邪をひいてしまう人もいるはずです。39℃〜40℃程度のお風呂に入って、温まって、多少の疲労感も楽しみの一つなのかもしれません。その代わりといってはなんですが、お風呂の頻度を隔日にするというのはどうでしょうか?

引用元-本当に正しい入浴法は?高齢者のお風呂について考える | 栄養BOX

スポンサーリンク



高齢者の入浴はヒートショックに注意

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_m

高齢者の入浴で一番気をつけたいのが「ヒートショック」。ヒートショックとは、暖かい場所から寒い場所へ移動するとき体が受ける急激な温度変化のこと。この急激な温度変化によって、血圧が急変動したり脈拍が早くなったりします。ヒートショックは場合によって死亡事故へと繋がるケースも多く、特に高齢者の方々は十分な注意が必要です。
暖かいお部屋から、寒いお風呂場へ、そして熱いお湯へと、温度差の激しい状況に身を置くことになる入浴は深刻な事故に繋がりかねないのです。
これらの事故を防ぐためには、浴室と脱衣所の温度差をなくす「温度のバリアフリー化」が大切です。
おすすめは浴室暖房機を設置することですが、それが無理な場合は、入浴前に浴そうのフタをしばらく開けた状態にしたり、高めの温度に設定したシャワーでお風呂場を温めるなどして、浴室の温度を上げる工夫をしましょう。

引用元-高齢者に安心な入浴法:お風呂を楽しむ『湯の国』

入浴の温熱作用効果は高齢者に逆効果になる可能性も

 温熱作用は、血管拡張による血行促進によって組織への酸素供給を増加させる効果のことで、心臓への負担軽減、心拍出量の増加をもたらす。しかし、高齢者や心機能状態によっては逆効果となる可能性がある。また、この効果は湯温や室温の違いによっても異なってくる。脱衣場が寒いところでは血管が収縮するため血液は心臓、脳、消化管などの臓器に偏って分布する。高温浴(およそ42℃以上)の場合、入浴後温熱作用によって末梢の皮膚(体表面)の血流が著しく増加する。脳や心臓の動脈硬化があるとこれらの臓器を流れる血流量が急激に減少し虚血状態が生じる。また長く高温で入浴すると、発汗による血液量減少や血液凝固亢進状態を起こし脳梗塞や心筋梗塞の引き金になりうる。入浴に伴い血圧の変動も著しい。脱衣場の室温が低い場合は、入浴前にすでに血圧上昇が起こり、高温浴では入浴直後にさらに上昇する。その後血圧は低下し始め、入浴後、およそ4,5分たった頃、収縮期血圧(最高血圧)は入浴前より5-30%低下する。入浴時間が長くなったり、湯温が高温となったり、高齢者、高血圧症の人では変化率がさらに著しくなる。浴槽から出るときの立位動作に伴いさらに下降する場合がある。これは高齢者に多くみられる「食事後性低血圧」「起立性低血圧」と同じメカニズムで起こると考えられる。溺没、溺水の原因となる「意識障害」「湯のぼせ」「湯あたり」が生じる重要な要因である。
 静止した水中では、大気圧と深さに比例した水圧すなわち静水圧が働いている。下肢は血液を心臓に戻す重要な役割を担っておりこれを下肢ポンプ作用(Leg Pumping)というが、水中で下肢は深いところに位置するので、加わる静水圧によって静脈血が心臓に還流され心拍出量が増加する。一方、静水圧によって全身浴では胸囲は1-3cm、腹囲は3-5cm縮小する。胸郭が圧迫され、腹囲が縮小した結果、横隔膜を挙上する。そのため心臓から肺への血流も抑えられるので心臓への負担は増加する。半身浴では、このような負担は少ないと思われる。
 浮力による生理作用への影響はあまりよく分かっていない。体が軽くなった分、温泉プールなどでのリハビリテーションには活用できる。
 
入浴事故予防のための対策
 
湯温は39~41℃くらいで長湯をしない
脱衣場や浴室の室温が低くならない工夫をする
食事直後や深夜に入浴しない
気温の低い日は夜早めに入浴する
心肺の慢性疾患や高血圧症をもつ人では半身浴が望ましい

引用元-高齢者の入浴事故はどうして起こるのか?―特徴と対策― | 耳寄り研究情報 | 一般の方へ | 東京都健康長寿医療センター研究所

入浴後はしっかり水分補給

入浴後は、発汗作用により、水分、特にミネラルが不足します。
また、これにより血液の粘度が高まり、「ドロドロ血」の状態になりやすいです。

そこで、入浴前後は、ミネラルウォーター、麦茶など水分を十分補給してください。
特に高齢者には、水分の補給は必須です。
入浴前後に必ずコップ1杯の水を飲むという習慣をつけたいものです。

「入浴前にも飲む」、大量でなく「コップ1杯ずつ」というのがポイントです。

失われた汗に含まれるナトリウム、カリウムなどが配合されたスポーツドリンクも効果的です。
また、熱により、ビタミンCが損なわれるので、これも併せて補給したいものです。オレンジジュースは理想的なドリンクの一つです。
補給する水分の温度としては、体に負担をかけないぬるめの水がよいのですが、スポーツ選手の水分補給は、10~15℃が腸への到達速度が速いことが知られているので、体調に応じ腹が痛くならない程度に冷やすのもよいでしょう。
アルコールや甘いジュースはかえって喉を渇かすので、温泉療養にあたっては避けたいものです。

引用元-入浴の注意事項

 - 生活の知恵, 美容・健康