ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

      2016/12/12

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

サイコロの1だけが赤いのはなぜ?

普段何気なく使っているサイコロ。

どうして1だけ赤いのでしょうか。

諸説あるようです。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

入浴の健康に対する効果とは

疲れが取れる、夜眠りやすくなる、血行が良くなる、気分がリフレッシュするなど、
実際に体感をしている事が多いと思います。
「温熱効果」とも呼ばれており、自律神経を刺激する効果があります。。
温度によって効果が変わってくるのも特徴。
ぬるめのお湯に長くつかることは、肉体的な疲れよりも精神的な疲れを取ってくれます。
ぬるめのお湯は副交感神経を刺激するので、ゆったりと心が落ち着く効能があります。
反対に熱めのお湯ですと、刺激を受けて気持ちの切り替えなどがしやすいですよね。
眠い時に熱めのシャワーを浴びると目が覚めるなどは交感神経を刺激しているから。
交感神経への刺激は、人間を活発にする効果があります。
つまり夜寝る前は、ぬるま湯と熱めのお湯の中間がちょうどいいことになりますね。
他にもお湯につかる効果があります。

・水圧効果
これはお風呂に入っていると細く見えることがあると思いますが、実際に水圧がかかっているから。
血行が良くなるのはこの水圧のおかげ。
心臓や横隔膜が活発に動くようになる事で呼吸も早めに。
筋肉痛など肉体的な疲労もお風呂に入ると治りが早くなるのも、水圧によるマッサージ効果があるからと言われていますよ。

・浮力効果
プールでもそうですが、水につかることは地上の重力から少し解放されますよね。
足と手を伸ばして湯船につかっている時はとても気持ちがいいものです。
無意識に重力に対抗している力を使わないだけでも、疲れをためない効果があります。

引用元-お風呂の入浴時間、長すぎは健康に良くない!? | ハテナトレンド

スポンサーリンク



  人気記事

体内にHSPを増やす入浴健康法 HSPとは?

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷ついた細胞を修復するタンパク質のこと。免疫力を高めて病気を未然に防いだり、コラーゲンの減少を抑制したり、代謝を活発にして脂肪を燃やしたりと様々な効果があり、美容はもちろん医療の分野でも注目されています。そもそも、人間の身体のあらゆる組織や細胞がタンパク質で構成されています。しかし、タンパク質は傷つきやすい性質であり、過度なストレスを受けると正常な働きができなくなってしまうのです。一方で、タンパク質が傷つくと、それを修復するタンパク質が生まれます。それが、HSP。自己回復力を高めるこのタンパク質が増えれば、美容にも健康にも好ましい効果が見込めるというワケです。

引用元-ベルディアン 公式BLOG

スポンサーリンク



HSPが増加することによる健康の効果と入浴法とは

891363d123eadda049bcf00c7c563d37_m

HSP増加の効果

美肌
コラーゲンの減少を防ぎ、汗で老廃物を輩出することから、高い美肌効果が得られます。

ダイエット効果
代謝が上がるため、脂肪燃焼しやすく痩せやすい体質になる効果が期待できます。

疲れにくい
体が温まると「エンドルフィン」という物質が分泌されて疲労が緩和し、疲労物質「乳酸」が作られにくくなることから、疲労しにくくなります。

運動能力の向上
疲労しにくくなりエネルギーが持続しやすくなることから、運動能力の向上につながります。

病気の予防
体を温めることでリンパ球が増加し、リンパ球が持つ免疫増強効果によって免疫力がアップ。ウイルスなどに感染しにくく、そして治癒しやすくなります。

情緒や精神面での安定
体温が上がることで行動力がアップし気持ちも前向きになるため、病気の治療法としても使われています。

引用元-週2回のHSP入浴法で、美肌とダイエット、健康に大きな効果!

HSP入浴法のやり方

<準備するもの>
口で計れる体温計
お風呂のフタ

<準備しておくこと>
入浴前の水分補給
体温を数回測って自分の平熱を確認しておく

お風呂のお湯を40~42℃に設定して入浴します。
40℃のお湯 …… 20分入る
41℃のお湯 …… 15分入る
42℃のお湯 …… 10分入る

入浴はお湯の温度が下がらないように、お風呂のフタを頭が出る分以外はしっかり覆います。
この時、体温を測って38℃になるようお湯の温度を設定できるとより効果的です。

途中で疲れたらお湯から上がって休憩しても大丈夫。合計で上の時間分、お湯に入っていればOKです。
入浴後は、タオルケットやバスローブで保温し、10~20分かけてゆっくり平熱に戻します。
この時、ゆっくり水分補給しますが、体を急に冷やさないよう冷たい飲み物を飲むのは控えましょう。

引用元-週2回のHSP入浴法で、美肌とダイエット、健康に大きな効果!

入浴中の発作に注意しよう

寒い季節、お風呂にゆったりつかると、身も心も温まります。お風呂に入らないと一日が終わらない、あるいは眠れないという人も少なくありません。 ところがその一方で、入浴中に突然死する人が毎年推定で1万5000人もいることをご存じでしょうか(*1)。原因の多くは、心筋梗塞と脳卒中(脳梗塞、脳出血など)です。そのほか貧血などにともなう溺死や転倒事故などもみられます。
入浴中の突然死が目立って増えるのは、毎年11月から3月の寒い時期です。その理由には、冬は寒冷刺激によって血管が収縮し、血圧が上昇しやすいこと。家の中の温度差が大きく、とくに脱衣室と浴室の温度が低いこと。体を温めるために、お湯の温度を高くすることなどが指摘されています。
こうした条件が重なると、入浴中に血圧の大きな変動が起こり、心筋梗塞や脳卒中の発作を起こしやすくなります。それだけに血圧が高めの人はもちろんですが、血糖値やコレステロール値の高い人、肥満気味の人なども、動脈硬化によって血管が弱っている可能性があるので、寒い時期の入浴には十分気をつける必要があります。
(*1)公式な数値は発表されていませんが、厚生労働省の『人口動態統計』や東京都監察医務院の資料などから、入浴中の死亡事故(病死・溺死)は1万4000~1万5000人程度いると推定されています。

引用元-知っておきたい「寒い季節の健康入浴法」 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

入浴の効果は42℃が分かれ目

熱いお湯が好きという人もいれば、ぬるま湯にゆっくり、という人も。でも実は、42℃を境にして体に働く効果は、まったく逆になるそうです。

42℃以上の熱い湯に入ると、交感神経が高ぶり、興奮状態に。血圧が上がり、脈が早まり、汗をかきますが、内臓の働きは鈍くなります。

一方、40℃程度のぬるま湯は、副交感神経を刺激するので、心身をリラックスさせることに。血圧は下がり、汗もかきません。内臓の働きが活発になり、消化がよくなるそうです。

わずか2℃という温度差で、得られる効果は真逆になるというのが、お風呂の不思議な力。この効果を利用し、自分の体調や目的に合った入浴法を取り入れましょう。

引用元-温度を「1℃」変えるだけで大違い!健康になれるお風呂の入り方-Suzie(スージー)

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学