ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

      2016/12/12

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

サイダーとソーダの違いとは?ラムネはどっち?

違いが曖昧なものの一つにサイダーとソーダの違いが

あると思います。もちろん知っている方もいると思いますが、

休憩中のちょっとした話題になるかもしれませんね。

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

入浴の健康に対する効果とは

疲れが取れる、夜眠りやすくなる、血行が良くなる、気分がリフレッシュするなど、
実際に体感をしている事が多いと思います。
「温熱効果」とも呼ばれており、自律神経を刺激する効果があります。。
温度によって効果が変わってくるのも特徴。
ぬるめのお湯に長くつかることは、肉体的な疲れよりも精神的な疲れを取ってくれます。
ぬるめのお湯は副交感神経を刺激するので、ゆったりと心が落ち着く効能があります。
反対に熱めのお湯ですと、刺激を受けて気持ちの切り替えなどがしやすいですよね。
眠い時に熱めのシャワーを浴びると目が覚めるなどは交感神経を刺激しているから。
交感神経への刺激は、人間を活発にする効果があります。
つまり夜寝る前は、ぬるま湯と熱めのお湯の中間がちょうどいいことになりますね。
他にもお湯につかる効果があります。

・水圧効果
これはお風呂に入っていると細く見えることがあると思いますが、実際に水圧がかかっているから。
血行が良くなるのはこの水圧のおかげ。
心臓や横隔膜が活発に動くようになる事で呼吸も早めに。
筋肉痛など肉体的な疲労もお風呂に入ると治りが早くなるのも、水圧によるマッサージ効果があるからと言われていますよ。

・浮力効果
プールでもそうですが、水につかることは地上の重力から少し解放されますよね。
足と手を伸ばして湯船につかっている時はとても気持ちがいいものです。
無意識に重力に対抗している力を使わないだけでも、疲れをためない効果があります。

引用元-お風呂の入浴時間、長すぎは健康に良くない!? | ハテナトレンド

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

体内にHSPを増やす入浴健康法 HSPとは?

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷ついた細胞を修復するタンパク質のこと。免疫力を高めて病気を未然に防いだり、コラーゲンの減少を抑制したり、代謝を活発にして脂肪を燃やしたりと様々な効果があり、美容はもちろん医療の分野でも注目されています。そもそも、人間の身体のあらゆる組織や細胞がタンパク質で構成されています。しかし、タンパク質は傷つきやすい性質であり、過度なストレスを受けると正常な働きができなくなってしまうのです。一方で、タンパク質が傷つくと、それを修復するタンパク質が生まれます。それが、HSP。自己回復力を高めるこのタンパク質が増えれば、美容にも健康にも好ましい効果が見込めるというワケです。

引用元-ベルディアン 公式BLOG

スポンサーリンク



HSPが増加することによる健康の効果と入浴法とは

891363d123eadda049bcf00c7c563d37_m

HSP増加の効果

美肌
コラーゲンの減少を防ぎ、汗で老廃物を輩出することから、高い美肌効果が得られます。

ダイエット効果
代謝が上がるため、脂肪燃焼しやすく痩せやすい体質になる効果が期待できます。

疲れにくい
体が温まると「エンドルフィン」という物質が分泌されて疲労が緩和し、疲労物質「乳酸」が作られにくくなることから、疲労しにくくなります。

運動能力の向上
疲労しにくくなりエネルギーが持続しやすくなることから、運動能力の向上につながります。

病気の予防
体を温めることでリンパ球が増加し、リンパ球が持つ免疫増強効果によって免疫力がアップ。ウイルスなどに感染しにくく、そして治癒しやすくなります。

情緒や精神面での安定
体温が上がることで行動力がアップし気持ちも前向きになるため、病気の治療法としても使われています。

引用元-週2回のHSP入浴法で、美肌とダイエット、健康に大きな効果!

HSP入浴法のやり方

<準備するもの>
口で計れる体温計
お風呂のフタ

<準備しておくこと>
入浴前の水分補給
体温を数回測って自分の平熱を確認しておく

お風呂のお湯を40~42℃に設定して入浴します。
40℃のお湯 …… 20分入る
41℃のお湯 …… 15分入る
42℃のお湯 …… 10分入る

入浴はお湯の温度が下がらないように、お風呂のフタを頭が出る分以外はしっかり覆います。
この時、体温を測って38℃になるようお湯の温度を設定できるとより効果的です。

途中で疲れたらお湯から上がって休憩しても大丈夫。合計で上の時間分、お湯に入っていればOKです。
入浴後は、タオルケットやバスローブで保温し、10~20分かけてゆっくり平熱に戻します。
この時、ゆっくり水分補給しますが、体を急に冷やさないよう冷たい飲み物を飲むのは控えましょう。

引用元-週2回のHSP入浴法で、美肌とダイエット、健康に大きな効果!

入浴中の発作に注意しよう

寒い季節、お風呂にゆったりつかると、身も心も温まります。お風呂に入らないと一日が終わらない、あるいは眠れないという人も少なくありません。 ところがその一方で、入浴中に突然死する人が毎年推定で1万5000人もいることをご存じでしょうか(*1)。原因の多くは、心筋梗塞と脳卒中(脳梗塞、脳出血など)です。そのほか貧血などにともなう溺死や転倒事故などもみられます。
入浴中の突然死が目立って増えるのは、毎年11月から3月の寒い時期です。その理由には、冬は寒冷刺激によって血管が収縮し、血圧が上昇しやすいこと。家の中の温度差が大きく、とくに脱衣室と浴室の温度が低いこと。体を温めるために、お湯の温度を高くすることなどが指摘されています。
こうした条件が重なると、入浴中に血圧の大きな変動が起こり、心筋梗塞や脳卒中の発作を起こしやすくなります。それだけに血圧が高めの人はもちろんですが、血糖値やコレステロール値の高い人、肥満気味の人なども、動脈硬化によって血管が弱っている可能性があるので、寒い時期の入浴には十分気をつける必要があります。
(*1)公式な数値は発表されていませんが、厚生労働省の『人口動態統計』や東京都監察医務院の資料などから、入浴中の死亡事故(病死・溺死)は1万4000~1万5000人程度いると推定されています。

引用元-知っておきたい「寒い季節の健康入浴法」 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

入浴の効果は42℃が分かれ目

熱いお湯が好きという人もいれば、ぬるま湯にゆっくり、という人も。でも実は、42℃を境にして体に働く効果は、まったく逆になるそうです。

42℃以上の熱い湯に入ると、交感神経が高ぶり、興奮状態に。血圧が上がり、脈が早まり、汗をかきますが、内臓の働きは鈍くなります。

一方、40℃程度のぬるま湯は、副交感神経を刺激するので、心身をリラックスさせることに。血圧は下がり、汗もかきません。内臓の働きが活発になり、消化がよくなるそうです。

わずか2℃という温度差で、得られる効果は真逆になるというのが、お風呂の不思議な力。この効果を利用し、自分の体調や目的に合った入浴法を取り入れましょう。

引用元-温度を「1℃」変えるだけで大違い!健康になれるお風呂の入り方-Suzie(スージー)

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学