ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

      2016/12/02

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

独身男性はどのくらい貯金があるの?平均金額は?

近年ソロ化と言われる程、独身の男性や女性が増加しています。

先のことを考え貯金している方もいると思いますが、

30代男性の30パーセントは貯金がないというデータも

あるそうです。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

入園・入学祝いのお返しは必要?

お祝いを頂いたらお返しはしなくてはいけないと思って、
入学祝いのお返しをする方は多くいらっしゃいます。
 
しかし、本来は入学祝いのお返しは不要です。
 
何故かというと、入学祝いは収入のないお子さんに
頂くわけですから、お返しは必要ないのです。
 
そうは言っても、やっぱり「お返しは必要だ!」という方も
たくさんいらっしゃいます。
 
気を遣う相手からのお祝いなどではなおさらですので、
気になるのであれば、お返しはされたほうがいいでしょう。
 
また、お返しをしなくとも、必ずお祝いを頂いたお子さん本人から、
お礼の言葉を伝えるようにしましょう。
 
そして、お子さんから礼状を送るのもいいですね。
 
自分の似顔絵などの絵を描いて、
それに「ありがとう」も文字を付け加えれば完璧ですね^^
 
親が書いても、単なる見栄であって、喜ばれませんよ。

引用元-入学祝いのお返し!のしの書き方はコレ!時期はいつ? | Marthaのトレンド.Com

スポンサーリンク



  人気記事

入園・入学祝いのお返しの相場とは?

遠い親戚や知人、ご近所の場合はいただいたお祝いの3分の1から半分くらいの予算が一般的です。例えば

・ 洗剤やタオルなどといった日常の消耗品
・ コーヒーやお菓子
・ お子さんがいればそのお子さん向けのもの

また親しい身内であっても、例えばおじいちゃんおばあちゃんから勉強机やランドセルなどの高価な物をもらった場合にお返ししたい時であれば以下のものなど良いかもしれません。

・ カタログギフト
・ コーヒーやお菓子
・ 金券・ギフト券
・ レジャーや会食など子どもと一緒に楽しめるもの

いずれにしても入学祝いのお返しは親からではなく子供からということになりますから、子ども自身からのお礼や手紙、またランドセルや机などを使用している写真などを一緒に贈ると喜ばれます。

引用元-入学祝いのお返しは必要ならいつするの?相場はどれくらい? | モモのいろいろ情報ナビ

スポンサーリンク



入園・入学祝いのお返しはいつまでにすべき?

入学祝いは「入学式前までに贈るもの」とされていますので、早めにいただくことがあるかもしれません。ただ「入学内祝い」は、一般的に入学式の後にお贈りします。あまり日を空けないよう1カ月以内を目安に、お子さまが直接お礼を言えるよう一緒に訪問します。遠方の方や訪問がかなわない場合は、お子さま直筆のお礼状や、入学式の写真を同封して配送するようにしましょう。

引用元-入学祝いのお返し(内祝い)、正しい時期・相場は? | ギフトコンシェルジュ〔リンベル〕

お返しの人気ランキングについて

お祝いやお返しは地域によって風習が違うこともあり、何を贈れば良いものかと悩みがちです。

そんな時に参考にして頂けるように、入学祝いのお返しによく使われるものをランキングにしてまとめました。

 

3位 石鹸・入浴剤・タオル・ハンカチ

石鹸・入浴剤・タオルなどはいくらあっても困ることはないものも、お返しによく選ばれます。

 

2位 商品券・カタログギフト

相手の好みが分からない場合などには商品券を贈る方も多いようです。

また、最近では受け取った側がカタログから欲しいものを選べるカタログギフトも好まれています。

 

1位 お菓子・お茶・コーヒーや紅茶などの詰め合わせ

菓子折りやお茶などであれば値段も無難で日持ちもするため、お返しの品に選ばれているようです。

コーヒーや紅茶は好みもあるので注意が必要ですが、もらって困るようなものではないです。

引用元-入学祝いのお返しは必要?マナーとお返しの品物ランキング2016年!

のしの書き方について

入学内祝いののしは、「何度あってもおめでたいお祝いであり、何度でも結びなおせる」という意味のある蝶結びの水引を使います。

表書きには、のしの上側に「入学内祝」もしくは「内祝」と記入し、下側には子供の名前を入れます。この際名前は、下の名前のみにするのか、フルネームにするのかの決まりはありません。しかし、小学校の入学の場合には下の名前のみにする方が多いようです。

引用元-入学祝いにお返しは必要?入学祝い時期やのしの書き方、相場の疑問を解決! [ママリ]

 - マナー, 生活の知恵, 社会 ビジネス, 育児・子育て, 雑学