ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

   

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

尿はどのようにして作られているのか

正常な尿の状態とは?

さて、正常な尿の状態とはどのような状態でしょうか?

皆さんも経験的にお分かりだと思いますが、正常な尿の色はうすい黄色でにごりがない透き通るような黄色をしています。ちょうどビールを薄めたような色といえば分かりやすいと思います。

尿が異常な状態とは?

では、尿が異常な状態とはどのような状態でしょうか?皆さんも健康診断などで尿検査をしたことがあると思います。見た目には変わったところがなくても試験紙や顕微鏡で調べれば尿の成分に異常があるかどうか分かります。

ましてや尿の色がいつもと違っていたり、尿の臭いや量においても、いつもと違うと目で確認できるようであれば、それは明らかに異常な状態ということになります。
目に見えるほど大きな異常ということです。
ですから、尿の状態にほんの少しでも異常を感じたら、病気を疑ってみることはとても大切なことなのです。

引用元-尿の異常は病気のサイン!尿の「色と臭い」で腎臓病の早期発見 | 健康生活

スポンサーリンク



  人気記事

尿の色の基本は淡黄色で透明 健康な人でも色の変化はある

基本は淡黄色で透明
尿の色はもともと健康(正常)なときは黄色~琥珀のような淡黄色で透明です。健康体で尿の色が淡黄色に見えるのは、胆汁(肝臓から分泌される消化液)に含まれて運ばれてくるビリルビンという尿中色素のためです。逆に水分を多く摂ったときにはほとんど無色透明になります。
 
尿の色は健康な人でも変化します
健康な人でも尿が濃い黄褐色になる場合があります。朝に起きたときや運動、汗をかく、風邪などの発熱時などには尿の色が濃い黄褐色になります。この場合は一時的なものなので病気の心配はありません。
 
朝に目覚めて初めてする尿の色は、濃い黄褐色のおしっこがでます。身体の水分が睡眠中に奪われているために、尿が濃縮されたためです。
 
激しい運動などで多くの汗をかいたり、水分の補給がうまくいかなかったりするときには、尿の色は濃い黄褐色になります。服用した薬の成分の影響でも、尿の色は濃い色になります。
 
食べ物の色素や着色料の中には、その色が尿にでてくるものもあります。この場合は赤褐色や赤色・濃い緑色などさまざまな色になります。尿の色はさらに体調や季節などでも変化します。

引用元-尿の色:尿の病気・原因 知っておこう

スポンサーリンク



尿の色が白い時に考えられる病気とは?

白い尿は、牛乳のような乳白色の液体が出ることがあります。

白い尿の原因は、膀胱炎、尿路細菌感染、乳び尿があげられます。

膀胱炎や尿路細菌感染では、細菌感染による白血球の影響で白色になります。

乳び尿は、腸から吸収したリンパ液(乳び)が腎臓に漏れ出してしまうことがあります。代表的なのはフィラリアという寄生虫によるものが多いです。

引用元-尿の色で分かる病気とは?緑・茶・赤・濃い・薄い色の健康な状態は | 知恵の泉

腎臓の異常を示す尿の色 蛋白尿や血尿について

腎臓からのサインで、最もわかりやすいのが尿の色です。尿の色は、体調によって変わりますが、通常は黄色っぽい澄んだ色をしています(ビタミン剤を飲んだときや疲労時などに、一時的に濃い黄色になることもあります)。
腎臓などに異常があると、尿の色が変わります。とくに注意したいのは、タンパク尿と血尿です。
<タンパク尿>
腎臓のろ過機能が低下すると、本来は出てこないはずのタンパク質が尿に漏れ出てくることがあります。すると尿の色が濁った感じになり、泡立ちが目立つようになります。
ただし、運動をした後や高熱が出たときにも、一時的にタンパク尿が出ることがあります。

<血尿>
腎臓のろ過機能に障害が起こった場合、赤血球が尿に混じって排出されることがあります。すると褐色のような濃い色味の尿が出ます。膀胱や尿道に出血がある場合は、鮮やかな赤い色が混じることもあります。
血尿というと、腎臓がんを心配する人もあるでしょう。血尿は、急性腎炎などさまざまなケースで起こるので、すぐに腎臓がんと判断することはできません。しかし、腎臓にしこりや痛みなどがある場合は、早めに検査を受けましょう。腎臓は、背中側の腰より少し上の両側にあります。

タンパク尿や血尿は、ふだんから自分の尿を見ていると、変化に気付きます。しかし、もう少し正確に知るには、市販の尿試験紙を利用するといいでしょう。
尿試験紙だと、腎臓の健康状態だけでなく、糖尿病や肝臓病、膀胱炎、尿路感染症など、ほかの病気の可能性についても知ることができます(※2)。もし尿試験紙で異常がみつかったら、自己判断せず、必ず病院を受診して原因を突き止めることが大切です。

引用元-腎臓のサインを見逃さない | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

尿の臭いの異常について

(1) 甘いにおい
甘いにおいがするのは、尿の中に糖が含まれていることを意味します。通常、血中の糖分は尿細管で再吸収されて体内に戻るため、尿内に含まれる糖はごくわずかで甘いにおいはしません。
ですが、糖尿病の場合、原尿に含まれる糖の濃度が高すぎて尿細管で再吸収しきれず尿として糖が排出されてしまいます。また、糖尿病ではないのに甘いにおいの尿が出る方もいます。これは生まれつき尿細管で糖の再吸収を行うSGLT2タンパクが機能していない方の場合が多いです。この場合、尿に糖は含まれますが腎機能は正常です。

(2) 刺激臭
尿は排泄当初は無菌のため、ほとんど臭いがありません。ですが、細菌に触れると分解されてアンモニアを生じ、尿特有の臭いとなります。もし最初から尿が臭う場合、尿路感染症を起こしている可能性があります。

尿路を通る時に尿に含まれる尿素と細菌が反応し、アンモニアが発生して刺激臭のある尿が排泄されることになります。

(3) メープルシロップのにおい
尿からメープルシロップのようなにおいがする原因は、アミノ酸が正常に分解されずに分岐鎖ケト酸という物質を生じることにあります。分岐鎖ケト酸が増加すると、血液が酸性になり、痙攣や精神遅滞を生じます。これはメープルシロップ尿症と呼ばれる病気です。

(4) ネズミのにおい
これはフェニルケトン尿症で見られる症状の1つです。フェニルアラニンという必須アミノ酸が原因で生じる病気で、フェニルアラニンを正常に体内で代謝できずに血中濃度が上がると、中枢神経に作用して精神発達遅滞を生じます。

フェニルケトン尿症では、過剰なフェニルアラニンがフェニル酢酸という形で尿中に排泄されます。フェニル酢酸はネズミのにおいがするため、尿からネズミのにおいがするということになります。

引用元-尿の色やにおいが普段と違うと病気なの?尿と病気の関係や尿検査から分かることについてまとめました!|welq [ウェルク]

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学