ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

   

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

ロードバイク初心者はまず練習から!乗り方や降り方の練習も!

ロードバイクはママチャリとは全然違います。

ママチャリ感覚で初心者が乗ると、おそらく失敗するでしょう。

まずは練習して乗り方を体に覚えさせましょう。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

尿はどのようにして作られているのか

正常な尿の状態とは?

さて、正常な尿の状態とはどのような状態でしょうか?

皆さんも経験的にお分かりだと思いますが、正常な尿の色はうすい黄色でにごりがない透き通るような黄色をしています。ちょうどビールを薄めたような色といえば分かりやすいと思います。

尿が異常な状態とは?

では、尿が異常な状態とはどのような状態でしょうか?皆さんも健康診断などで尿検査をしたことがあると思います。見た目には変わったところがなくても試験紙や顕微鏡で調べれば尿の成分に異常があるかどうか分かります。

ましてや尿の色がいつもと違っていたり、尿の臭いや量においても、いつもと違うと目で確認できるようであれば、それは明らかに異常な状態ということになります。
目に見えるほど大きな異常ということです。
ですから、尿の状態にほんの少しでも異常を感じたら、病気を疑ってみることはとても大切なことなのです。

引用元-尿の異常は病気のサイン!尿の「色と臭い」で腎臓病の早期発見 | 健康生活

スポンサーリンク



  人気記事

尿の色の基本は淡黄色で透明 健康な人でも色の変化はある

基本は淡黄色で透明
尿の色はもともと健康(正常)なときは黄色~琥珀のような淡黄色で透明です。健康体で尿の色が淡黄色に見えるのは、胆汁(肝臓から分泌される消化液)に含まれて運ばれてくるビリルビンという尿中色素のためです。逆に水分を多く摂ったときにはほとんど無色透明になります。
 
尿の色は健康な人でも変化します
健康な人でも尿が濃い黄褐色になる場合があります。朝に起きたときや運動、汗をかく、風邪などの発熱時などには尿の色が濃い黄褐色になります。この場合は一時的なものなので病気の心配はありません。
 
朝に目覚めて初めてする尿の色は、濃い黄褐色のおしっこがでます。身体の水分が睡眠中に奪われているために、尿が濃縮されたためです。
 
激しい運動などで多くの汗をかいたり、水分の補給がうまくいかなかったりするときには、尿の色は濃い黄褐色になります。服用した薬の成分の影響でも、尿の色は濃い色になります。
 
食べ物の色素や着色料の中には、その色が尿にでてくるものもあります。この場合は赤褐色や赤色・濃い緑色などさまざまな色になります。尿の色はさらに体調や季節などでも変化します。

引用元-尿の色:尿の病気・原因 知っておこう

スポンサーリンク



尿の色が白い時に考えられる病気とは?

白い尿は、牛乳のような乳白色の液体が出ることがあります。

白い尿の原因は、膀胱炎、尿路細菌感染、乳び尿があげられます。

膀胱炎や尿路細菌感染では、細菌感染による白血球の影響で白色になります。

乳び尿は、腸から吸収したリンパ液(乳び)が腎臓に漏れ出してしまうことがあります。代表的なのはフィラリアという寄生虫によるものが多いです。

引用元-尿の色で分かる病気とは?緑・茶・赤・濃い・薄い色の健康な状態は | 知恵の泉

腎臓の異常を示す尿の色 蛋白尿や血尿について

腎臓からのサインで、最もわかりやすいのが尿の色です。尿の色は、体調によって変わりますが、通常は黄色っぽい澄んだ色をしています(ビタミン剤を飲んだときや疲労時などに、一時的に濃い黄色になることもあります)。
腎臓などに異常があると、尿の色が変わります。とくに注意したいのは、タンパク尿と血尿です。
<タンパク尿>
腎臓のろ過機能が低下すると、本来は出てこないはずのタンパク質が尿に漏れ出てくることがあります。すると尿の色が濁った感じになり、泡立ちが目立つようになります。
ただし、運動をした後や高熱が出たときにも、一時的にタンパク尿が出ることがあります。

<血尿>
腎臓のろ過機能に障害が起こった場合、赤血球が尿に混じって排出されることがあります。すると褐色のような濃い色味の尿が出ます。膀胱や尿道に出血がある場合は、鮮やかな赤い色が混じることもあります。
血尿というと、腎臓がんを心配する人もあるでしょう。血尿は、急性腎炎などさまざまなケースで起こるので、すぐに腎臓がんと判断することはできません。しかし、腎臓にしこりや痛みなどがある場合は、早めに検査を受けましょう。腎臓は、背中側の腰より少し上の両側にあります。

タンパク尿や血尿は、ふだんから自分の尿を見ていると、変化に気付きます。しかし、もう少し正確に知るには、市販の尿試験紙を利用するといいでしょう。
尿試験紙だと、腎臓の健康状態だけでなく、糖尿病や肝臓病、膀胱炎、尿路感染症など、ほかの病気の可能性についても知ることができます(※2)。もし尿試験紙で異常がみつかったら、自己判断せず、必ず病院を受診して原因を突き止めることが大切です。

引用元-腎臓のサインを見逃さない | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

尿の臭いの異常について

(1) 甘いにおい
甘いにおいがするのは、尿の中に糖が含まれていることを意味します。通常、血中の糖分は尿細管で再吸収されて体内に戻るため、尿内に含まれる糖はごくわずかで甘いにおいはしません。
ですが、糖尿病の場合、原尿に含まれる糖の濃度が高すぎて尿細管で再吸収しきれず尿として糖が排出されてしまいます。また、糖尿病ではないのに甘いにおいの尿が出る方もいます。これは生まれつき尿細管で糖の再吸収を行うSGLT2タンパクが機能していない方の場合が多いです。この場合、尿に糖は含まれますが腎機能は正常です。

(2) 刺激臭
尿は排泄当初は無菌のため、ほとんど臭いがありません。ですが、細菌に触れると分解されてアンモニアを生じ、尿特有の臭いとなります。もし最初から尿が臭う場合、尿路感染症を起こしている可能性があります。

尿路を通る時に尿に含まれる尿素と細菌が反応し、アンモニアが発生して刺激臭のある尿が排泄されることになります。

(3) メープルシロップのにおい
尿からメープルシロップのようなにおいがする原因は、アミノ酸が正常に分解されずに分岐鎖ケト酸という物質を生じることにあります。分岐鎖ケト酸が増加すると、血液が酸性になり、痙攣や精神遅滞を生じます。これはメープルシロップ尿症と呼ばれる病気です。

(4) ネズミのにおい
これはフェニルケトン尿症で見られる症状の1つです。フェニルアラニンという必須アミノ酸が原因で生じる病気で、フェニルアラニンを正常に体内で代謝できずに血中濃度が上がると、中枢神経に作用して精神発達遅滞を生じます。

フェニルケトン尿症では、過剰なフェニルアラニンがフェニル酢酸という形で尿中に排泄されます。フェニル酢酸はネズミのにおいがするため、尿からネズミのにおいがするということになります。

引用元-尿の色やにおいが普段と違うと病気なの?尿と病気の関係や尿検査から分かることについてまとめました!|welq [ウェルク]

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学