ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

      2016/01/25

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

ノロウイルスかも 病院に行くのがベスト

健康な成人の方であると、基本的に受診する必要はありません。

何故ならノロウイルスが原因かどうかは、症状だけからでは判断できないためです。

ノロウイルスの有無を調べることもできますが、治療法は変わってこないため、意味がないと言われています。

 

健康な人であると受診しなくとも問題のないことが多いですが、小児や高齢者といった体力のない人であると、合併症(脱水など)や吐しゃ物を誤嚥することにより二次感染を起こすといったことがあるため、経過を慎重に観察しつつ受診したほうがよい場合もあります。

引用元-もしかしてノロウイルス…病院に行ったほうがいい? | いしゃまち

ノロウイルスと同じような症状であっても、ノロウイルスではないロタウイルスといった胃腸炎を引き起こすウイルスに感染していたり、ブドウ球菌や赤痢・サルモネラのような他の疾患であったという危険性もあります。以下の場合は受診したほうがよいでしょう。

 

おう吐が続いて水分が取れない状態が半日以上続く
腹痛がひどい・だんだんと痛みが増してくる
1週間以上下痢が続く
血便が出る
3日以上高熱が続く・歩行が困難である・ぼんやりしているといった普段と異なる様子である
体力がなく、ぐったりしている状態である

引用元-もしかしてノロウイルス…病院に行ったほうがいい? | いしゃまち

スポンサーリンク



  人気記事

ノロウイルスの検査方法とは

ノロウイルスに感染すると嘔吐や下痢発熱などの症状が出ますが、
ノロウイルス以外の病気(胃腸風邪、ロタウイルス、食中毒等)でも
似たような症状が出る場合もあり、
判断が付きにくいので、検査が必要となりなす。

ですが一般医療機関ではノロウイルスの検査はなく、
問診のみで感染しているかを判断されてしまうことが多いです。

検査キットはありますが、
潜伏期間中やその他の理由で陽性反応が出ないことがあるため
幼児や高齢者、どうしても検査の必要な人だけに使われます。

もう一つの検査方法は大掛かりになりますが、
電子顕微鏡を使って嘔吐物や便を調べます。

こちらの方法は確実に結果が出ますが、
一般医療機関では検査が出来なく、
特別な理由がない限りこの検査がされることはありません。

特別な理由とは、
ノロウイルスに感染していると二次感染の恐れのある場合(学校や職場等)、
結果を報告する必要があるので、その場合特別な理由と判断され検査をします。

引用元-ノロウイルスの検査方法とキットとは? 病院での保険適用や期間はどれくらいなの? | 季節の病気ナビ

スポンサーリンク



ノロウイルスかもと思った時の対処法

脱水症状や栄養の不足を防ぐため、水分や栄養を摂る必要がありますが、摂り方を間違えると、下痢や嘔吐を誘引する場合があります。

ノロウイルスに感染している時の、水分や栄養の摂り方についてご紹介します。

・飲み物、食べ物を急に摂らない
のどが乾いている時や、空腹の時でも、水分や食べ物を一度にたくさん摂らないようにしましょう。

胃の中に水分や食べ物が突然摂ると、胃に負担がかかって、下痢や嘔吐を誘発してしまいます。

自分で水分を摂れる大人の場合、少量ずつ時間をかけながら水分や食事を摂るよう心がける程度で良いです。しかし、自分でその量をコントロールできない乳幼児は、大人が時間をかけて少しずつ与えましょう。

・水分の取り方の目安
乳幼児は脱水症状が起きやすいので、大人が注意して水分を摂らせることが大切です。

適切な水分の摂り方は、10ml程度の水分を、5分おきに与えながら、様子を見るようにしてください。

与える水分の目安は、体重1kgにつき、50ml以上を、4時間ほどかけて与えるのが望ましいと言われています。

例:
体重10kgの子ども……500mlの水分を4時間かけて与える
体重15kgの子ども……750mlの水分を4時間かけて与える

※哺乳瓶を使うと飲み過ぎてしまうため、スポイトやスプーンなどを使うと良いです。

・ノロウイルスの時におすすめの飲み物
ノロウイルスで嘔吐や下痢が続いている時は、脱水症状を防ぐために、イオン飲料(アクエリアス、OS-1など)を飲むのがおすすめです。ノロウイルスで失われた、ミネラルを効率よく補うことができます。

また、冷えた飲み物は、胃に負担をかけるので、必ず常温で飲みましょう。

・正しい食事の摂り方
嘔吐が治まっても、しばらくは少量食べるだけで嘔吐する可能性があります。少しずつの量を食べるのと同時に、胃に負担をかけないおかゆなどの流動食から食べ始めてください。

特に控えた方が良いのは、油っぽいものや、冷たいもの、辛いもの、果物(クエン酸を含む、グレープフルーツ、レモン、いちご)など、弱った胃への刺激となるものです。

一度にたくさん食べられない時は、少ない量を1日5回などに分けて摂るようにしましょう。

引用元-【5分で分かる】ノロウイルス検査の注意点と検査の流れ

ノロウイルスの予防には手洗いが基本

a1180_003485_m

ノロウイルスは細菌の30分の1から100分の1ほどと非常に小さく、手のしわなどに深く入り込んで体内に侵入するチャンスを狙っています。
 
そのため、爪の内側やふちのところ、指の又の部分、手のひらのしわの中など、洗い方が不十分になりがちな場所を重点的に石けんを使って丹念に洗いましょう。
※ご心配の方は、ノロウイルスに感染しにくい最適な予防として次亜塩素酸水(除菌効果も高く、食品添加物としても利用されるほど安全)を家庭におきましょう。
 
【手洗いの順序】

①まず流水で表面の汚れや付着物を落とします
②石けんをよく泡立てて、手全体に付けます
③手のひら、手の甲、指の間を両手を組むようにしてもみ洗います
④親指を片方の手で包み、しごくように洗います
⑤指先で手のひらのしわまでしっかりもみ洗います
⑥手首をつかんでもみ洗います
⑦爪ブラシなどを使って爪の間を丹念に洗います
⑧流水でよくすすいで石けんを落とします
⑨ペーパータオルで水分をしっかり取ります
⑩あれば消毒用アルコールを両手につけてすり込みます

引用元-ノロウイルスを予防するには

環境をきれいにするのもノロウイルスの予防に重要

ノロウイルスは、自分自身の対策ももちろん必要ですが、それと合わせて、周囲の環境を清潔にすることも大事です。

特に感染経路となりやすいのは、トイレ、そしてドアノブです。

トイレの便座は、ノロウイルスに非常に感染しやすく、気付かないうちに感染している恐れが大いにあるのです。

そのため、座る前に便座の除菌はしっかりと行いましょう。

その方法ですが…

・便座クリーナーをトイレットペーパーにつける

・便座を拭き、拭いたペーパーを流す

これを2、3回繰り返し行いましょう。

2、3回、上記の除菌を行うにあたっても注意があります。

それは、必ず1度使ったペーパーで、再度便座を拭かないようにすること!

1度使ったもので拭いたら、菌が再び付着してしまい、除菌の意味がなくなってしまいます。

そして、便座の除菌をした後は、自分自身の手洗いを2回することもお忘れなく。

引用元-ノロウイルス2015は新型!潜伏期間や症状と予防対策を4点紹介! | 星々の煌めき

 - 生活の知恵, 美容・健康