ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

   

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

スポンサーリンク

  関連記事

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

読書感想文の書き方は?書き出しや文章構成について

夏休みの課題などになる読書感想文ですが、

書き方がわからなくて、困ったりしていませんか?

ポイントを掴めば難しいことはないので、

書き出しや文章構成について知り、さらっと書いてしまいましょう!

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

扁桃炎を起こすと喉と耳が痛い?

炎症が耳に及んでいる

喉と耳は奥の方でつながっています。

扁桃腺炎は、細菌やウィルスの侵入によって扁桃腺が腫れている状態で、膿をもつことも多いですね。

細菌やウィルスと戦った残骸が”膿栓(のうせん)”となって、扁桃腺に米粒のようにくっついていることもあります。

こうした細菌の増殖が耳の奥に及んで中耳炎を起こすことがあります。

中耳炎の痛みは、炎症で鼓膜が押されることででる痛みですから、炎症が治まるまで痛みが続くケースが多くなっています。

また、炎症が広がっているのでなかなか熱が下がらない事が多いですね。

 

喉の痛みの放散痛

扁桃腺炎を起こすと唾を飲み込むのもつらいほどの痛みが出ます。

唾を飲み込んだつらい痛みが、耳の奥の神経を刺激したと脳が感じ取ってしまうので、耳まで痛くなるのです。

こうした、体の一部に起きている強い痛みが、神経経路が近い他の部分の痛みと感じてしまうことを”放散痛(ほうさんつう)”と呼びます。

中耳炎と違って喉の痛みと連動して痛みを感じるという特徴があります。

首周辺のリンパが詰まって張っているときにも、キューンとした痛みが出ることがあります。

引用元-扁桃腺腫れて耳が痛い!一体何がおきているの? | ヘルシーライフ

スポンサーリンク



  人気記事

急性扁桃炎とはどんな病気?

喉は空気の入り道で様々なウイルスが入り込んできます。
 
 
そのため、様々な細菌やウイルスの感染を受けやすいため、
粘膜下にリンパの集合体が発達しています。
 
 
この集合体を扁桃といい、
通常は免疫力が強いので、ウイルスや細菌の攻撃を受けても、これらを排除しますので感染は起こりません。
 
 
 
しかし、ストレスで免疫が低下している時や、
冬場など空気が乾燥しているときには感染を起こしやすく、
扁桃が炎症を起こしやすくなってしまうのです。
 
 
症状としては、のどの痛みが主で物を飲み込むときに痛みを伴います。
 
 
また、全身の倦怠感や発熱、
重症化してしまうと、頸部のリンパが腫れてしまうこともあります。

引用元-急性扁桃腺炎はうつるの?原因はストレス? | ちょっといい日

スポンサーリンク



急性扁桃炎の原因について

急性扁桃炎の原因は、
ズバリ、

免疫力の低下

です。

ストレスや過労などによって
免疫力が低下すると、
体内に住んでいる細菌、
いわゆる“常在菌”が異常に増殖します。

もちろん、常在菌は扁桃腺付近にも住んでいます。

その常在菌も増殖し、その影響で、
扁桃腺が炎症を起こして腫れあがります。

それが、急性扁桃炎の基本的なメカニズムです。

また、常在菌だけでなく、
ウィルスに感染しても扁桃炎になることがあります。

そのウィルスとは、
EBウイルス、アデノウイルス、
単純ヘルペスウイルス、エンテロウイルス
です。

いずれのウィルスも強いウィルスでは無いので、
通常は、感染しても身体の免疫力で
減少・排除されてしまうことがほとんど。

しかし、免疫力が低下していると
それらのウィルスや常在菌に対する
抵抗力が低下するので、
急性扁桃炎を発症してしまう可能性があります。

引用元-急性扁桃炎はうつるの?原因と症状と対処法をチェック!

急性扁桃炎の症状とは

急性扁桃炎(喉の腫れが進み、喉症状が著しい)
①38℃から40℃の発熱
②食事や唾液(だえき)を飲み込む際に初期段階より痛みが増し、時には扁桃腺に白い膿(うみ)の塊(かたまり)が付く
③頭痛
④倦怠感
⑤関節痛
⑥寒気
⑦頸部リンパ節腫張
⑧中耳炎を併発する場合も
また、ウイルスが原因の急性扁桃炎では肝臓の一時的な機能障害を起こすこともあります。
なお、急性扁桃腺炎が悪化すると「扁桃腺周囲炎」という腫れ・痛みがさらにひどくなる病気に移行します。
扁桃腺周囲炎は、急性扁桃炎が治りかけた際に治療をやめてしまうことに起因していますから、治療は医師からOKが出るまで行いましょう。

引用元-扁桃腺炎:西宮市の梅岡耳鼻咽喉科|ネット予約可!安心して通える理由→ | 梅岡耳鼻咽喉科クリニック(阪神西宮駅前)

扁桃炎はうつるのか?

扁桃腺炎はうつるの!?
 
これは非常によくある問いですが、結論から言うと、
 
扁桃腺炎はうつらない(感染しない)
 
というのが答えです。
 
しかし、扁桃腺炎の原因が、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスによるものであれば、そのウイルスはくしゃみ等により空気感染しますので、他人へ風邪ウイルスがうつり、結果的に扁桃腺炎を引き起こすことはあります。
 
なお、急性扁桃腺炎の場合は、上記のようなウイルス性のタイプや、細菌性のタイプが多いですが、考えられる原因としては蓄膿症や歯周病など、他にも色々あります。
 
そして慢性扁桃腺炎は、急性扁桃腺炎が治りきってない場合や、生活習慣などから炎症が続いていることが多いです。
 
急性・慢性に関わらず、まずは原因を突き止めることで、「結果的に引き起こす可能性があるか」をはっきりさせましょう。

引用元-急性扁桃腺炎や慢性扁桃炎はうつる(感染する)の!?

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て