ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

妊娠中冷えの原因とその影響とは

      2016/01/25

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

妊娠中に冷えやすい原因について

自律神経の乱れ

睡眠不足やつわりによる倦怠感、イライラといったストレスにより、母体の自律神経が乱れ、血管が縮むことが冷えの原因となります。

血行不良

妊娠後期の妊婦さんは大きなお腹を支えるために、お腹を突き出すような姿勢を取っています。この姿勢が骨盤に負担をかけ、全身に血液が巡ることを妨げてしまい、冷えに繋がります。また、ずっと座る、寝るなど同じ姿勢でいることや、きつめの靴や下着で体を締め付けるのも血流を妨げる原因になります。

運動不足による筋肉量の低下

妊婦さんは運動不足になりがちで、全身の筋肉量が減ってしまうので、筋肉運動による発熱や血流が通常の人より良くなく、冷えやすい状態にあります。

女性ホルモンの乱れ

妊娠による女性ホルモンの分泌の乱れが血行を悪化させ、冷えの原因となります。女性ホルモンはストレスの影響によって乱れるので、注意が必要です。

環境の要因

特に夏場はクーラーの効いた部屋で過ごすことが多くなってきますが、体が冷えることそのものが冷え性の原因となります。この他にも、消化機能が低下してエネルギーが作られない、体の水分が多すぎるなども冷えの原因になります。

引用元-妊婦の「冷え」原因と対策、胎児への影響。胎動の変化で冷えがわかる? – こそだてハック

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

冷えの母体や胎児への影響とは

ママへの影響

初期にはつわりがひどくなる
お腹が張りやすくなる
腰痛や便秘になりやすくなる
足がむくむ、足がつりやすくなる
産後の母乳の出が悪くなる
妊娠初期のつわりの悪化は、冷えが招くとも言われています。その他にも、妊娠中に悩む方が多い「便秘」や「こむら返り」「むくみ」「お腹の張り」も冷えが原因で起こることもあります。

胎児への影響

ひどい冷えの場合は、以下の影響がでる事もあります。

切迫流産
切迫早産
逆子
なぜ、逆子と冷えが関係あるのか不思議に思われた方も多いのではないでしょうか。ママの腹部が冷えると、お腹の中の赤ちゃんは温かい場所を探して動き回り、それが原因で逆子になる事があるといわれています。妊娠中は、季節に関係なく手足、腹部などが冷えてしまいます。夏の妊娠は暑くて大変だと思いますが、冷房の聞いた部屋でお腹を出して寝ているとトラブルを招いてしまいますので、腹巻などを着用する習慣をつけましょう。

引用元-妊娠中の体の冷えに注意!-赤ちゃんの部屋

スポンサーリンク



妊娠中の姿勢の変化が冷えにつながることも

冷え性もそうですが、基本的に体の冷えは血行が悪くなるのが原因です。
つまり血液の流れが悪くなると、しっかりと全身に温かい血液が巡らなくなるのです。

一番、実感しやすいのが手足の先だと思います。
これは血液の流れの仕組みに原因があります。
全身に流れる血液を運んでいるのは心臓のポンプのような役割なんです。

だから血液の循環、つまり血行が悪くなると、心臓から遠い手足の先の血液が戻りにくくなるのです。
これによって手足の先が冷えてしまう。ひどいときには腰や下腹部も冷えやすくなります。

では、なぜ妊娠中に冷えやすくなるかというと、大きくなるお腹に合わせた姿勢の変化が原因です。
妊娠中は骨盤に負担がかかり、姿勢が変わります。ちょっとお腹を突き出すような体勢ですね。
これにより骨盤周辺の筋肉が緊張して硬くなるので、血行が悪くなり体が冷えてしますのです。

引用元-妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート

赤ちゃんを冷えから守るために実践したい対策

a0001_013545_m

食事を見直しましょう

生姜、味噌など体に熱を与える食べ物をとくに食べましょう。また、冷たいものには気をつけましょう。冷たい飲みものを飲む回数を極力少なくするか、飲まないように、冷え性に効用のある温かい飲み物を飲みましょう。バランスの良い食事は、冷え性の改善につながっていきます。自分が不足しがちな栄養分は、積極的に取りましょう。
 
また、冷えやすい食材でも、調理や加工の方法で性質が変わるものがあります。塩漬け・発酵・干し物・煮詰めたものなどがそれにあたります。例えば、ナスや大根、白菜の塩漬けやぬか漬け、切干大根、干し柿、トマトピューレ・番茶・ほうじ茶などです。また、野菜は生ではなく火を通して食べるといいでしょう。
 
衣服で体をあたためましょう

普段の生活から着用する衣類をあたたかいものにすることが大切です。冷え性対策は、夏でも冬でも季節に関係ありません。ストッキングやタイツ、靴下、手袋を常に使用しましょう。とくに靴下の重ねばきはとても効果的です。靴下は、とくにハイソックスや5本指ソックスを履くようにしましょう。血行促進につながります。
 
夏は暑いのでつい素足のままかもしれませんが、素足でいることはよくありません。下半身を重点的に暖めることを意識しましょう。もちろん、素足、ミニスカートはNGです。
 
毎日必ず湯船につかる

毎日なかなか長い時間入れない…という方もいるでしょう。ですが、短い時間でも湯船につかりましょう。湯船につかることで血流が良くなります。どうしてもお風呂に入れないときは、足湯で暖めましょう。
 
半身浴や足湯は体を、特に卵巣や子宮のある骨盤内を温めてくれます。逆に、熱いお湯での短時間の入浴や、シャワーだけでの入浴は身体を冷やしてしまうので注意です。

引用元-赤ちゃんを守ろう!女性に多い冷え症状…妊娠中の冷えが起こす胎児への影響とは[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

妊娠中にオススメな生姜 その働きについて

生のショウガには体の抵抗力を高めてくれるジンゲロールという成分があります。
これはショウガの辛味成分。
このジンゲロールが発酵することで、ショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールは体内の血液の巡りを良くする血行促進の働きがとても強いのです。
この働きが「体の内側から温まる効果」を発揮してくれるます☆

ショウガオールの力で体内の血行が促進されると、基礎代謝が高まります。
基礎代謝とは「ずっと寝ていても消費するエネルギー」のこと。

そんな基礎代謝はママにとって、どんな嬉しい働きがあるか。
何もしなくても消費するエネルギーですから、基礎代謝が高い状態は妊娠中の体重管理の助けになります☆
この基礎代謝が高い状態のほうが脂肪燃焼効率も高く、体重増加をし過ぎないようにしてくれるのです。

・体を内側から温めて「冷えとり」をする
・妊娠中の体重増加を管理しやすくする
この二つの働きから、ぜひ妊娠中にはショウガを食べるようにしてくださいね♪

ちなみに私は三人の子どもを出産していますが、冷え性を改善したので三人とも3時間以内の安産でした。産後の戻りや母乳の出も良かったので産後に見られない事があります(笑)
冷えを改善すると良い事がたくさんあるので、皆様もぜひ改善してくださいね♪

引用元-妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響 – 中川広美 [マイベストプロ富山]

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て